Visual Studio 2010によるジャンプリストの操作

先日よりMSDN Subscription上で日本語版 Beta2が公開されています。 今回は、このVisual Studio 2010 Beta 2を使用して、Windows 7 のジャンプリストを操作してみます。 ちなみに、同僚のエバンジェリスト岩田のブログでは、既に手続き型のコードによる手法が記載されていますので、こちらはWPF(XAML)を使用してみます。 ■手順1 WPFアプリケーションを新規作成します。 ■手順2 App.xamlを開きます。 ■手順3 Boldの部分のコードを追加します。 <Application x:Class="Demo.App"              xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"              xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"              StartupUri="MainWindow.xaml">     <Application.Resources>     </Application.Resources>     <JumpList.JumpList>         <JumpList ShowFrequentCategory="True"                          ShowRecentCategory="True">             <JumpTask Title="ワードパッド"                       Description="ワードパッドを開く"                       ApplicationPath="write.exe"                       IconResourcePath="write.exe"/>         </JumpList>     </JumpList.JumpList> </Application> ■手順4 実行して確認します。 上記のように、非常に簡単な手順でジャンプリストを操作することが可能です。 ここには書いていませんが、サムネイルツールバーやサムネイルボタンなどの実装もWPFで可能です。もちろんデータバインドすることも出来ます。…


Windows 7 開発者向け情報

すみません、このところブログかけていません・・・ (Persistence Ignoranceネタも放置されています、近々書きます・・・) その間にWindows7が販売開始されました。イベントも多く報道されましたので、ご存知の方も多いと思います。 それに合わせて開発者の方向けにハンズオンラボも着々と数を増やしています。 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/aa904962.aspx Windows7は現在のところはSDK(ネイティブ)かCodePack(.NET Framework)を使用する形になりますが、Visual Studio 2010 Beta2もリリースされていますので、.NET Frameworkを用いたWondwos7開発を行なうことも出来るようになります。これも機会があればご紹介したいと思います。


Windows 7の開発をこれから知りたい方に向けて

TechEdのキーノートで、 弊社の大場(↓) もご紹介しましたが、 マイクロソフトでは、Winsows7アプリケーション開発の支援をしたいと考えています。 Windows7アプリケーション開発を支援します http://www.microsoft.com/japan/powerpro/developer/default.mspx 最終的には開発ポータルとしてはMSDN Windowsデベロッパーセンターになるはずですが、 上記のページは、その前のはじめの一歩としてご確認いただければと思います。 Windows7は、今後も多くの情報や活動をおこなっていきますので、どうぞご確認ください。


Windows 7 コラム ~新しいユーザーインターフェイス~

今回は主にタスクバーについての開発情報です。 http://www.microsoft.com/japan/powerpro/TF/column/tk_11_1.mspx 次回は大野からSDKの紹介です。 【Windows 7 コラムシリーズ 全 5 回】 第 1 回 開発者のための Windows 7 ~まずはここから~ 第 2 回 新しいユーザーインターフェイス 第 3 回 Windows SDK for Windows 7のご紹介 (大野元久 / 6 月 4 日公開予定) 第 4 回 アプリケーションの互換性 (松崎剛、大野元久 / 6 月 18 日公開予定) 第 5 回 その他 (長沢智治 / 6 月 25 日公開予定)

4

Windows 7 互換性情報

TechFieldersでも Windows 7情報をコラムとしてご提供し始めたように、徐序にWindows7情報が増えています。 MSDN Windowsデベロッパーセンターにも、本日互換性情報がアップされました。 Windows 7 互換性情報 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/dd819177.aspx 中をみると、各種ホワイトペーパーと、HandsOnLaboなど存在しています。また、Application Compatibility Toolkit(ACT):互換性と検証用のツールのホワイトペーパーも翻訳されているのもうれしいのですが、ただApplication Verifier:アプリケーションのお作法チェックツール、が欠けているのが残念なところ。 Application Verifierについてはこの辺りから(英語) http://msdn.microsoft.com/en-us/library/dd371695(VS.85).aspx 実システム開発を行っている方にとっては、Windows7の新機能よりも、まず互換性が気になるところではないでしょうか。ご興味のある方ぜひご確認ください。

5

Windows 7 マルチタッチをデモしてみました

同僚のエバンジェリスト井上大輔にWindows 7 のマルチタッチのデモを行ってもらいました。 通常イベントなどでこうしたデモは、専用のPCが必要になるので紹介しにくいので、ビデオ化してみました。(画像が荒いのはご了承ください。) Silverlight Sreamにアップしたかったのですが、どうもうまくいかないので、Soapboxを使用しています。 Video: マルチタッチデモ 現在タッチでプログラムを行うには、ネイティブAPIを使用しなければなりませんが、マネージで行う場合は、以下などが参考になると思います。 http://windowsteamblog.com/blogs/developers/archive/2009/03/30/windows-7-net-interop-sample-libraries.aspx こちらのエントリはWPFからP/Invokeしています。面白いですね。 http://blog.andreweichacker.com/2009/02/windows-7-multi-touch-using-wpf/   タッチに興味が出た方は、是非以下のホワイトペーパーも参考にしてください。 Windows 7: タッチ テクノロジ http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/dd638005.aspx

3

開発者のためのWindows7 コラムスタートしました

テックフィールダーズに「開発者のためのWindows7」シリーズがスタートしました。 まずは第1回目ということで、まずはここから、という概要をご紹介しています。 http://www.microsoft.com/japan/powerpro/TF/column/tk_10_1.mspx ページ数も限られていますので、概要といってもホンのポインタなのですが、忙しい開発者の皆様にとって、「細かいことはいいんだよ」と思う方もいると思います。そうした人にとってはザックリと情報収集できる記事になっているはずです。 なお、このコラムは下記にある全5回のシリーズの予定です 【Windows 7 コラムシリーズ 全 5 回】 第 1 回 開発者のための Windows 7 ~まずはここから~ 第 2 回 新しいユーザーインターフェイス (小高太郎 / 5 月 28 日 公開予定) 第 3 回 Windows SDK for Windows 7のご紹介 (大野元久 / 6 月 4 日公開予定) 第 4 回 アプリケーションの互換性 (松崎剛、大野元久 / 6 月 18 日公開予定) 第 5…

8

TFセミナー中部支店でミニセッションを行います(Windows7)

すでに大野が書いていますが、5/27に中部支店でTFセミナーを実施いたします。 All about Silverlight 3 http://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032413851&Culture=ja-JP おもな内容はSilverlight3の概要なのですが、こだかはショートセッションの時間がもらえましたので、Windows7の話を予定しています。 RC版のリリースもありますし、開発者にとっても早期に押さえておくべき事柄ではないかと思います。 限られた時間なので、全体をざっと説明させていただいて、新しいタスクバー周りの開発などに触れようかなと考え中です。 ご興味のある方、ぜひご確認ください。

2