Visual Studio 2010 Beta 2

先日よりリリースされています。 Visual Studio 2010 Beta 2 http://msdn.microsoft.com/en-us/vstudio/dd582936.aspx このブログで取り上げているADO.NET Entity FrameworkとADO.NET Data Servicesですが、それぞれUpdateがあります。 EFに関しては、弊社の井上ブログに紹介されています。http://blogs.msdn.com/daisukei/archive/2009/10/21/entity-framework-4-beta-2.aspx ここではADO.NET Data Servicesについてご紹介します。 射影:クライアントとサーバーライブラリに対して射影の機能がサポートされます。要するに、LINQ to ADO.NET DataServicesのSelectでメンバーの選択(列の選択)が可能だと。 データバインド:  WPFとSilverlightでのTwoWayバインディングのサポートです。 Row Count: 行の数のみの取得が可能です、これまではデータの取得が必要でした。 Feed Customization (aka "Web Friendly Feeds"):AtomPubが持つプロパティに対してデータをマップできます。以下が分かりやすいです。http://blogs.msdn.com/phaniraj/archive/2009/08/31/introducing-web-friendly-feeds-aka-friendly-feeds-updated-for-ctp2.aspx 例えば、AtomPubには著者(author)があるのですが、こうした情報の利用が可能です。 Server Driven Paging (SDP):一度のリクエストで取得できるデータ件数の制限が可能です。これによって、例えば写真サービスなどのリクエストでは、自動的にページングができるようになります。AtomPub <link rel="next" …> で次のページリンクが出るようです。 Enhanced BLOB Support: 画像などのBLOBファイルの遅延ロードが可能になります。  Request Pipeline: リクエストのパイプライン処理をある程度カスタマイズ出来るようになるようです。これで細かな動きの確認ができるようになると思われます。 New "Data Service Provider" Interface for Custom Provider…


TechEdフォロー(T2-405:ADO.NET Entity Framework Part2)

引き続きセッションフォローです。 シナリオ2.~ より素早く、より効率よく を 考えてみる  ~ 汎用性を多少犠牲にしても開発効率をあげる方向性で考えてみます。 ここでは、EFに加えてADO.NET Data Servicesと.NET RIA Serviceを使用します。   どちらも、N層の開発を簡素化することが大きなメリットになっています。 今回、DataServicesについては、Astoria Offlineをご紹介しました。 こちらに関しては、以前ご紹介しています。 http://blogs.msdn.com/tarok/archive/2009/01/30/9384583.aspx (現在AlphaPreviewなのですが、コードなどに全く相違はありません。) セッションのビデオも公開されています。http://www.microsoft.com/japan/powerpro/techdays/searchresult.aspx?SessionID=T3-305 特にAstoria Offlineは、オフライン対応が目的なのですが、簡易N層アプリケーション開発を可能にするテクノロジーとしての側面も十分に備えています。クライアントにあるデータソースは、クライアントのデータ操作をトラックして、あたかもUnit of Workのように働くことが可能です。開発においても、データ操作はクライアントのみで考えればよいため非常に明快です。 例えば、今回のデモではExcelをクライアントとして使用したのですが、データの取得は以下のように行いました。 ExcelWorkbook1.ExpensesDbEntities db; public void LoadData() {     db = new ExcelWorkbook1.ExpensesDbEntities();     var query = from ex in db.Expense                 orderby ex.CreatedDate descending                 select ex;     Globals.Sheet1.expenseBindingSource.DataSource = query;…


ADO.NET Data Services v1.5 CTP1

先日お話した、ADO.NET DataServies v1.5 CTP1がリリースされています。 (SDSのドラスティックな変更とイベントにかまけて報告が遅くなりました。申し訳ありません。) こちらでダウンロード可能です。 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=3e3d4eaf-227b-4ad3-ad0d-3613db8aa9df&displaylang=en ADO.NET DataServices Team Blogをみると、連日この情報が書き込まれていますね。http://blogs.msdn.com/astoriateam/default.aspx 以下のような機能が追加になっているようです。  – Row count – Feed customization (aka "web-friendly feeds") – Data binding for WPF and Silverlight 2 – Enhanced blob support – Server-driven paging – A new "Data Service Provider" interface for custom providers – Various bug fixes to V1.0 features ————— インストールにあたり、最初の書き込みにあったFAQの中から少し。(超意訳です。)…

1

SQL Data ServicesのRESTアクセス

再びSQL Data Services Team Blogからです。 Accessing the New Relational SDS with REST http://blogs.msdn.com/ssds/archive/2009/03/20/9492744.aspx 要するに、RESTアクセス可能ですよ~と言った内容ですね。 簡単に解説します。 画像を勝手に使用して説明しますね。(怒られないかな・・・) よくあるアプリケーションの例です ・クライアントはブラウザが多いですよね ・中間層はビジネスロジックです。(WebServer上で動作することも多いです) ・バックエンドはストレージです(RDBが多いです) 使用されるプロトコルに注目すれば、クライアントと中間層はHTTP(REST)が多いでしょう。 中間層とバックエンドはデータベース独自プロトコルになるはずです。 で、このシナリオはリレーショナルSDSになったとしても同様です。 ・SDSをバックエンドデータベースの代わりに使用します。 ・中間層のビジネスロジックはWindowsAzureの中か外で動作するでしょう。 ・クライアントは変わりありません。 と言うことで、現在のところ、ADO.NET Data Servicesを組み合わせることでRESTアクセスが可能だということですね。 TDSを直接扱うよりは現実的ですが、SDS側でもう少しサポートが欲しいところかもしれません。

1

SQL Data Services情報

昨日は、VSTO とShare Point本のイベントでずっと外出でしたが、ふと見るとSDS Team Blogがすごいことに・・・ 前回のポストでSDSの使用変更をお伝えしましたが、それについてのQAがあがっています。 First round of Questions and Answers http://blogs.msdn.com/ssds/archive/2009/03/12/9471765.aspx  これを要約すると大体以下のような感じです。 ・2009年の中ごろCTPラウンチ ・全ての登録ユーザーを招待する ・SDSの基盤は変更していない ・ACIDもあるし、スケーラビリティと一貫性の保証する ・出荷は2009年の後半 ・Database Encryptionはまだ、でもリストにはある ・row level versioningはよくわからない ・statement level snapshot transactionsはサポート ・Change Data Captureのサポートは評価中 ・SDSでサポートしないものなどはMSDN Dev Centerをチェックするべし ・データベースサイズの制限はあるかも ・価格については、もう少しで出せそう ・コアエンジンはSQL Server 2008ベース ・SQL Server Management Studioのサポートはプランにある(hotfixか新しいバージョンのインストールが必要かもしれない) ・BIを使用したインスタンス間のレプリケーションは当初なし ・SSIS/SSAS/SSRSはロードマップ上 ・SQL認証、Windows認証はV1の後、詳細はまだ言えない。 ・RESTでのアクセスをするならば、V1ではADO.NET Data ServicesをAzure Services Platform上に自分で実装する必要がある ・リレーショナルデータベースならSDSで、BlobやスキーマレスストレージならAzure Storageで ・LINQ to…


TFセミナーデモファイル

昨年11月と今年2月から3月にかけて行ったTFセミナーのデモを公開しています。 (TechEdぐらいから言われていたような・・・遅くなりまして申し訳ありません) http://kodaka.info/TF/DAWPF/demo.zip 以下のデモが含まれています。 ・Demo1-3_ADOEF ADO.NET EntityFrameworkのデモです。 EntitySQLを使用した例、多対多、継承表現(Table Per Type)などをおこなったEDMへのデータアクセスをしています ・Demo1-6_AJAX ADO.NET DataServiceのAJAXデモです。 JavaScriptライブラリを用いたCRUD操作の基本的な使用を確認できます。 ・Demo1-6_VE ADO.NET DataServiceのVistualEarthマッシュアップデモです。 ネタ込です(笑) ・Demo1-6_WF ADO.NET DataServiceのWindowsFormデモです。 ・Demo1-7_WPF WPFの動的画面生成のデモです。 XAMLはしょせんXMLですので、どうとでもなります。 ただ、データバインド部分が固定的になっているので多少インチキです ・Demo2-1_SDS_MiscMemo SQL Data Serviceのデモです。 WindowsMobileモバイルでSDSを使用している例になります 次は、Officeのデモですね~ 来週早々には公開します。

1

Astoria Offline Alpha Previewリリース

AsrotiaTeamBlogからです。 Announcing Project Codename “Astoria Offline”, Alpha Preview 前回のブログのポストで、このOffline機能は検討段階といったばかりなのですが、 形になって出てきました。 これが実際にどのようなものかは、過去のポストをご覧ください。 TechDaysセッションフォローアップ 1 また、動作しているイメージはTechDaysのストリームでも確認できます。 TechDaysストリーミング公開 ただ、前回報告したv1.5CTPの中には含まれておらず、最終的なリリースも別口になるようです。 できるだけ早く動くデモを作成して皆様に公開できるようにしたいと思います。 よろしくお願いいたします。 (ただ、実験的なリリースだとも言っていますので、最終的に大きく変わる可能性はありますが・・・) ダウンロードはこちらから http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=479f2216-e6f2-486f-80c9-2cfade5082c1&displaylang=en

2

ADO.NET Data Services v1.5 CTP1

先日ですが、ADO.NET Data Services v1.5 CTP1のアナウンスがありました。 http://blogs.msdn.com/astoriateam/archive/2009/03/01/announcing-ado-net-data-services-v1-5-ctp1.aspx TechDaysでも報告しました、いくつかの機能が実装されるようです。 (BLOBの遅延実行や、ServerDrivenPagingなど) ただし、Offline機能は未だ検討段階だそうです。残念。 いつ提供になるかは、明確になっていませんが、そんなに遠い未来にならないようにすると言っています。

3

TechDaysセッションフォローアップ 1

こんにちは、こだかです。 TechDays参加の皆様、お疲れ様&ありがとうございました 今回自分のセッションは、DataServiceと同期をテーマにお話しました。 キーなるテクノロジーは、AstoriaOfflineとHuronです。 それぞれ、ADO.NET DataServicesとSQL Data Servicesを同期して、オフライン状態のクライアントアプリケーションに対応するためのテクノロジーになります。 どちらも、まだCTPも入手できませんが、将来の方向性という意味でお話したいと思います。 今回はADO.NET DataServicesについてです。次回Huronについて書きたいと思います。 DataServiceの課題 DataServiceを使用する場合、当然ながらオンライン時の使用が前提に考えられています。しかし、システムの利便性を考えると、オフライン時、あるいは細い回線の場合の対応は考慮しなければならないでしょう。これは、クラウドを利用するシステムも同じことが言えるはずです。 ここで、Softwore + Serviceの考え方が生きてきます。 なぜなら、ローカルにあるSoftwareとリソースを利用した対応を考えることができるからです。(SaaSモデルはこの対応が厳しくなりますよね。) ローカルリソースの活用(S+Sの本質でもありますが)、ここから同期の考え方が浮かび上がってくるわけです。 AstoriaOffline このテクノロジーは、ADO.NET Data Servicesのオフライン対応版です。 AstoriaOfflineを使用したアプリケーションのモデルは下図になりますが、ベースはADO.NET Data Services + Sync Framework + ADO.NET Entity Frameworkになり、既存のテクノロジーの応用といった趣です。 Visual Studio IDEに機能が高度に統合され、実際セッションの中でのDemoでは、データベーススキーマの同期用のスクリプトのジェネレートや、クライアント側のEDMやデータストアのジェネレートなども紹介しました。 また、同期処理はSyncFrameworkが担当します。コードもSyncFrameworkを扱ったことのある人であれば、普通に扱えるようになっています。(参考までに、以下に同期部分のソースを載せてみます) private void Sync_Click(object sender, RoutedEventArgs e) {     var dsp = new DataServiceSyncProvider(         new Uri("http://localhost:1812/ExpenseService.svc"), "global");     var…

1

Tech Fieldrs セミナー全国ツアーのお知らせ

こんにちは、こだかです。 よく考えると、2009年初めてのポストになります。大変遅くなり恐縮ですが、今年も1年よろしくお願いいたします。 さて、すでに大野も書いているのですが、2月よりセミナーの全国ツアーを行います。 ・2月4日(水) 名古屋(http://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032401011&Culture=ja-JP)・2月6日(金) 札幌(http://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032401132&Culture=ja-JP)・2月20日(金) 福岡(http://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032401134&Culture=ja-JP)・3月9日(月) 東京(http://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032401133&Culture=ja-JP) 今回のセミナーも大野と小高のコンビでお伝えしていこうと思います。そしてテーマですが、「WPFで業務アプリケーションを考えてみる」をお届けしようかなと思います。 業務システムと言えば、当然データベースアクセスがかかせないですが、これをADO.NET DataServicesを使用して開発してみようといった内容です。小高はこの部分担当ですね。 上記のページに行くと書いてありますが、11月にやはり全国ツアーを行った内容とほぼ同じとあります。(これは、小高担当部分の話です)伝えたいメッセージは同様ですが、2つの視点で異なる内容も含めたいと思います。・将来的な姿・デモ 今でもDataServicesを使用した業務アプリケーションは大変強力なのですが、これが将来的にどうなるのか?クラウドとの関係性は?といった話も含めたいですね。 実はこのあたりはTechDaysでのセッションと関係していますので、TechDaysに参加が難しい方で、この辺に興味のある人はぜひチェックしてください。(そういえばTechDayのことをブログに書いていませんでした。今日書きます。)ライトニングトークや懇親会もありますので、その中で未来像などの話をするのも面白いですよね。 よろしくお願いします。 こだかたろう