CubeConfigTool(J)のページ


NTT Docomo HT1100、および、イー・モバイル EMONSTER lite(S12HT)用のTouchFLO(TouchCube) コンフィグツールです。


もともとCubeConfigToolは、thisguyinoc氏がPPCGeeks(http://forum.ppcgeeks.com/index.php)と言うぺージで公開していたフリーウェアです。


しかし、こだかのHT1100では、このソフトが動作しなかったとこもあり、日本語環境でも正しく動作&多少の機能追加を行いました。
(当然、作者さんの許可はもらっています)




・できること


  6-APP設定
  SCRN0000


  3-APP設定
  SCRN0002
 
  アニメーション設定
  SCRN0001


また、iCubeというツールの設定にも対応しています。
iCubeを使用すると、TouchFLOを大幅にカスタマイズすることができます。

ビデオで見るCubeConfigTool(J)




・実行環境


WindowsMobile6 Professional


NTT Docomo HT1100
イー・モバイル EMONSTER lite(S12HT) :レビューを手伝ったくれた方、ありがとうございます。

.NET CompactFramework2.0 SP2
(HT1100,S12HTにはデフォルトインストールされています)




 


・ダウンロード


Ver1.3
       CubeConfig(J).CAB


 


・修正履歴


    Ver1.3 (2008/08/09) 
        ・S12HT対応  
        ・設定画面の追加
        ・機種自動判別機能の追加
        ・ColorSkinの取得(S12HT用) 
        ・動作に必要な設定値を外部ファイルとして外に出した(datフォルダ内) 
        ・IconPathの自動設定の値を機種によって切り替えるように変更 
        ・3-AppのShortCutにはExeのみが指定できるように改修 
        (TouchCube上で、3-Appのlnkファイル実行に制限がある) 
        ・設定変更後の終了時に、ソフトリセットできる機能を追加 
        ・6-App、3-Appで、ShrotCut変更時にアプリケーション名とパラメータ名を自動セット 
        ・設定の出力の実行ロジック変更(出力ファイルフォーマットの変更はない)


   Ver1.2 (2008/07/22)
        ・バグフィックス 
        ・設定の出力をTRE Pocket PCフォーマットに対応した形に変更 
        ・IconPathの自動設定機能追加 (ConvertBRNとの連携)
        ・S12HTの6-Appに対応
        ・機種の自動認識機能、設定機能を追加


    Ver1.1 (2008/07/03)
        ・バグフィックス 
        ・iCube使用時、アニメーション設定の規定値に変更する機能を追加 
        ・アイコンファイル見直しによるファイルサイズの縮小


    Ver1.0 (2008/06/30)
        ・WindowsMobile6 SDK Refreshを使用し焼き直し 
        ・CubeConfigToolVer4.1を日本語化&修正
        ・.brnファイルのプレビュー機能追加
        ・アニメーションの設定を規定値に戻す機能を追加


 


・インストール方法


.cabファイルをHT1100にコピーして実行してください。  


 


・使い方


6-APP設定と3-APP設定は見ての通りです。
アニメーション設定は以下になります。
 
    SCRN0003











Quick Dial Rotation
Quick Dial Up/Down
Mini Media Hub Rotation    
Mini Media Hub Up/Down
App Launcher Rotation   
App Launcher Up/Down
SCRN0007 SCRN0005 SCRN0008





上記の画面が回転する/上下する場合のアニメーション設定です。
Image1からImage6(Up/DownはImage5)の順番で、brnファイル(画像ファイル)が
連続表示され アニメーションを形成します。


    例)A01.brn → A02.brn → A03.brn → A04.brn → A05.brnを設定した場合


 A01 A02A03A04A05


また、iCubeを導入した場合、アニメーション設定にNewSideのRotationとUp/Downが追加され、それぞれ設定することが可能になります。


・FAQ



-----------------------------------------------------
Q.Iconファイルを設定したい場合は?

A.
ConvertBRNを使用して、Iconファイル(.brn)を作成してください。
ConvertBRNの自動設定機能を用いると、CubeConfigTool(J)のIconPathの自動設定でパスの設定が簡単に実行できます。

-----------------------------------------------------
Q. 機種の判別って?、ColorSkinって?というか、HT1100とS12HTって操作や機能が違うの?
01
A.HT1100とS12HTは、TouchCubeのアイコン表示のルールが異なります。

HT1100
  ・Windowsフォルダの下にある.brnファイルの表示が可能
  (Windowsフォルダの下にあるフォルダの中のファイルでも可能)
  ・Iconファイルの指定は、CubeConfigTool(J)でフルパスを指定する


S12HT
  ・Windowsフォルダの直下にある.brnファイルのみが可能
  ・ファイル名の前にColorSkinの値をつける必要がある
  (ColorSkinはレジストリHKEY_LOCAL_MACHINE\Software\HTC\ColorSkinの
  Colorに存在(規定値はBlue))
  ・Iconファイルの指定は、CubeConfigTool(J)でColorSkinを除いたファイル名を指定

  例)ConvertBRNで Windows\Blue3_1.brn ファイルを作成し、 
  CubeConfigTool(J) (Ver.1.3以上)で IconPath に 3_1.brn と指定する


このルールに従って、CubeConfigTool(J) は動作します。
機種の設定やColorSkinは、万一の逃げ道として用意していますので、ツールの使用中変更しないことをお勧めします。

-----------------------------------------------------
Q. 「IconPathの自動設定」ってなに?

A. 6-AppSideと3-AppSideのIconPathとIcon Pressを機種別に設定します。

以下の設定になります。
これらの.brnファイルはConvertBRNの自動設定機能を用いて、以下の場所に事前に作成しておくと便利です。





















































































































      HT1100 S12HT
6-App Side 1行目左 IconPath \Windows\_CubeConfigTool(J)\6_1_Left.brn 6_1_Left.brn
    Icon PressPath \Windows\_CubeConfigTool(J)\6_1_Left_HL.brn 6_1_Left_HL.brn
  1行目右 IconPath \Windows\_CubeConfigTool(J)\6_1_Right.brn 6_1_Right.brn
    Icon PressPath \Windows\_CubeConfigTool(J)\6_1_Right_HL.brn 6_1_Right_HL.brn
  2行目左 IconPath \Windows\_CubeConfigTool(J)\6_2_Left.brn 6_2_Left.brn
    Icon PressPath \Windows\_CubeConfigTool(J)\6_2_Left_HL.brn 6_2_Left_HL.brn
  2行目右 IconPath \Windows\_CubeConfigTool(J)\6_2_Right.brn 6_2_Right.brn
    Icon PressPath \Windows\_CubeConfigTool(J)\6_2_Right_HL.brn 6_2_Right_HL.brn
  3行目左 IconPath \Windows\_CubeConfigTool(J)\6_3_Left.brn 6_3_Left.brn
    Icon PressPath \Windows\_CubeConfigTool(J)\6_3_Left_HL.brn 6_3_Left_HL.brn
  3行目右 IconPath \Windows\_CubeConfigTool(J)\6_3_Right.brn 6_3_Right.brn
    Icon PressPath \Windows\_CubeConfigTool(J)\6_3_Right_HL.brn 6_3_Right_HL.brn
3-App Side 1行目 IconPath \Windows\_CubeConfigTool(J)\3_1.brn 3_1.brn
    Icon PressPath \Windows\_CubeConfigTool(J)\3_1_HL.brn 3_1_HL.brn
  2行目 IconPath \Windows\_CubeConfigTool(J)\3_2.brn 3_2.brn
    Icon PressPath \Windows\_CubeConfigTool(J)\3_2_HL.brn 3_2_HL.brn
  3行目 IconPath \Windows\_CubeConfigTool(J)\3_3.brn 3_3.brn
    Icon PressPath \Windows\_CubeConfigTool(J)\3_3_HL.brn 3_3_HL.brn

-----------------------------------------------------
Q. 設定の出力で作成したファイルってどうやってインポートするの?


A.CubeConfigTool(J)自体に設定インポートの機能は現状ありません。

出力されるファイルフォーマットを、TRE Pocket PCで取り込める形に合わせましたので、こちらを使用して、取り込んでください。

-----------------------------------------------------
Q. ConvertBRNで.brnファイルを作成して選択しても、Cubeには真っ黒で表示されるんだけど?


A. Cube側の仕様のようです。

HT1100の場合、.brnファイルを\Windows直下においた後(フォルダを作成してもOKです)、CubeConfigTool(J) で指定してください。
S12HTの場合は\Windows直下にColorSkinの値をファイル名につけたファイル名でおく必要があり、さらにCubeConfigTool(J) での指定には、ファイル名からColorSkinを除いたファイル名のみ(フォルダ名は必要ありません)を指定します。 

例)ConvertBRNで Windows\Blue3_1.brn ファイルを作成し、 
  CubeConfigTool(J) (Ver.1.3以上)で IconPath に 3_1.brn と指定する

-----------------------------------------------------
Q. ソフトリセットしても、設定が変わらないんだけど?

A. CubeConfigTool(J)のソフトリセット機能を使用して下さい

CubeConfigTool(J)はレジストリを変更していますが、
ソフトリセットによっては、設定が変更されないことがあります。
設定を確実に反映させるため、CubeConfigTool(J)のソフトリセット機能を使用して下さい。


-----------------------------------------------------
Q.IconPathの自動設定などのパスの値の規定値を変更したいんだけど?


A.以下のファイルを変更することで可能です。
(安易な変更はツールが正しく動作しない原因になりますので、十分注意してください。)
インストールフォルダにあるdatフォルダ内のファイル

========
3AppIcon_1.xml 3AppのIconPath設定 HT1100
3AppIcon_2.xml 3AppのIconPath設定 S12HT
3AppIcon_3.xml 3AppのIconPath設定 その他


<ThreeApp>
  <Index>アプリケーション位置</Index>
  <Name>使用しません</Name>
  <Path>使用しません</Path>
  <Param>使用しません</Param>
  <IconPath>IconPathのIconPathの自動設値</IconPath>
  <IconPressPath>IconPressPathのIconPathの自動設値</IconPressPath>
  <IconPlayingPath>使用しません</IconPlayingPath>
  <IconPlayingPressPath>使用しません</IconPlayingPressPath>
</ThreeApp>

========
3AppSetting_0.xml 3Appの規定値設定 iCube
3AppSetting_1.xml 3Appの規定値設定 HT1100
3AppSetting_2.xml 3Appの規定値設定 S12HT
3AppSetting_3.xml 3Appの規定値設定 その他

<ThreeApp>
  <Index>アプリケーション位置</Index>
  <Name>Name規定値</Name>
  <Path>Path規定値</Path>
  <Param>Param規定値</Param>
  <IconPath>IconPath規定値</IconPath>
  <IconPressPath>IconPressPath規定値</IconPressPath>
  <IconPlayingPath>IconPlayingPath規定値</IconPlayingPath>
  <IconPlayingPressPath>IconPlayingPressPath規定値</IconPlayingPressPath>
</ThreeApp>

========
6AppIcon_1.xml6 AppのIconPath設定 HT1100
6AppIcon_2.xml6 AppのIconPath設定 S12HT
6AppIcon_3.xml6 AppのIconPath設定 その他

<SixApp>
  <Index>アプリケーション位置</Index>
  <Name>使用しません</Name>
  <Path>使用しません</Path>
  <Param>使用しません</Param>
  <IconPath>IconPathのIconPathの自動設値</IconPath>
  <IconPressPath>IconPressPathのIconPathの自動設値</IconPressPath>
</SixApp>

========
6AppSetting_1.xml 6Appの規定値設定 HT1100
6AppSetting_2.xml 6Appの規定値設定 S12HT
6AppSetting_3.xml 6Appの規定値設定 その他


<SixApp>
  <Index>アプリケーション位置</Index>
  <Name>Name規定値</Name>
  <Path>Path規定値</Path>
  <Param>Param規定値</Param>
  <IconPath>IconPath規定値</IconPath>
  <IconPressPath>IconPressPath規定値</IconPressPath>
</SixApp>

========
AmimationSetting_0.xml Animationsの規定値設定 iCube
AmimationSetting_1.xml Animationsの規定値設定 HT1100
AmimationSetting_2.xml Animationsの規定値設定 S12HT
AmimationSetting_3.xml Animationsの規定値設定 その他


<Animation>
  <Type>Animationのタイプ</Type>
  <Image1Path>Image1Path規定値</Image1Path>
  <Image2Path>Image2Path規定値</Image2Path>
  <Image3Path>Image3Path規定値</Image3Path>
  <Image4Path>Image4Path規定値</Image4Path>
  <Image5Path>Image5Path規定値</Image5Path>
  <Image6Path>Image6Path規定値</Image6Path>
</Animation>


 


ご意見ご要望はこちらからお願いします。

注意)
このツールはマイクロソフトの正式サポートツールではありません。
あくまでも、こだかが作成したツールですので、その点ご了承を・・・

それと、
もうひとつ、
このツールのインストール、および使用は自己責任の範囲でお願い致します。当サイトに掲載しているソフトウェアをインストールしたことによる、ご使用のOSやハードウェアのの不具合については当サイトは一切責任を負いません。

よろしくお願いします。

Skip to main content