[考え事] インターネットに接続できれば社内リソースに接続可能にする機能: DirectAccess

災害時やその後に役立つ技術がどんなところにあるのか、マイクロソフトの社員として実感できる技術を利用した様々な解決案を考えてみた… いや、考えている。簡単な答えはない。でも、IT やソフトウェアのテクノロジの進化だって、なんらかの役には立てるはず。 携帯電話の緊急地震速報のようなサービスほど、直接的なものではないが、現在の状況において Forefront UAG DirectAccess (Forefront User Access Gateway と Windows Server 2008 R2/Windows 7 の DirectAccess の連携) が展開されているマイクロソフトの環境は、インターネットさえ確保できれば社内リソースにもアクセスができる為、遠隔からの作業を実施したり、その他のソリューションを考えるためには、すごく役立っている。 情報サイト: リモート アクセスとブランチ オフィス リンク ( http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/r2/technologies/branch-office.mspx ) 事実、通常であれば、いつでもどこでも仕事ができてしまうと言う、チョット嫌にも思えてしまう技術ではあるが (^ー^; ) でも、現在日本で経験している災害時には、有効的なソリューションになっていると思う。。。少なくとも、同僚の皆はそれを実感しているんじゃないかと思う。 例えば: 停電の影響で電車の本数が限られている中、出社する必要がある首都圏の社員さんは沢山いるが、大半のマイクロソフト社員はインターネットへの接続さえ確保できていれば、どこからでも仕事ができるので、似たような環境の元にいない方たちが優先的に電車を利用できるようになる… チョット大袈裟かな。でも、要は、必要な方たちの為のリソース (交通手段) を、MS の人数分くらいはフリーにできると言うこと。 インターネットへの接続が大前提にはなるけど、世界中のどこにいても、社内リソースに接続できる環境ができているので、色んな情報に手が届く。認証もセキュリティも Active Directory、Forefront UAG、IPSEC と連携して組んでいる。これがいかに強力なことか… このような時だからこそ、感じれているのかも知れない。 最低限でも Windows Server 2008 R2 と Windows 7 を利用する必要があるので、場合によっては既存の環境では構築できないかも知れないが… IPv4… Read more

SCCM 2007: インストールすべきバージョンはどれ?

まだまだジメジメが続く時期ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。 僕は、引っ越し先を神奈川方面で探しながら、日々を過ごしてます。 月末にはハワイで、姉夫婦、兄夫婦とファミリー バケーション第1弾です♪ 早くも来年は何処に行く? なんて話してます。 それはさておき…   本日は、Configuration Manager のバージョンについて。 どのバージョンの SCCM を利用するのが妥当なの?と言うのは、意外と疑問としてあるのではないでしょうか。 現在、SCCM 2007 SP2 がリリースされている中で、R2 との機能差は? SP1 だと不十分なの? R3 を導入するメリットは? なんて聞きます。 最新のものを入れていれば取り敢えず大丈夫なんでしょ? と言うこともありますが、そうとは限らない…   そこで、このポストです。   まずは、現在リリースされている SCCM のバージョンです (リリース順): System Center Configuration Manager 2007 RTM System Center Configuration Manager 2007 SP1 System Center Configuration Manager 2007 R2 System Center Configuration Manager… Read more

MSDN の究極のオファー (Ultimate Offer) で何がどう変わったの?

本日の Visual Studio 2010 の全世界でのアナウンスメントと同時に、MSDN Subscription の会員の皆さんの MSDN レベルが自動的に上がりました。 何もしなくてもレベルアップした感じですよ。 遊び人 Lv. 40 くらいだったのが、遊び人 Lv. 60 と、その他のジョブもレベルが上がった・・・みたいな。 え?余計訳が分からない感じですか? それはすみませんでした。   今回の「レベルアップ」対象となった方たちは以下: Visual Studio Team System 2008 Architecture Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Database Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Development Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System… Read more

Visual Studio 2010 & .NET Framework 4 英語版

MSDN Download Center からダウンロード可能になりました。 MSDN 会員の皆さんは、英語であれば製品版の Visual Studio 2010、.NET Framework 4 などを使えますよぉ~~~ しかも会員の皆さんには色々とアナウンスしてきましたけど、究極のオファーの切り替えも完了したので: ① Visual Studio Team System 2008 Architecture/Database/Development/Test with MSDN Premium のいずれかを持っていらしたユーザーさんは、Visual Studio 2010 Ultimate with MSDN にアップグレードされています。 ② Visual Studio Professional 2008 with MSDN Premium だったユーザーさんは、Visual Studio 2010 Premium with MSDN にアップグレードされています。   すごーい!すごーい!   で、何がすごいかって? Visual Studio 2010 Ready Day に参加の皆さんは、目の当たりにできていますよね。… Read more

Visual Studio 2010 Launch Event part I: Malaysia

http://myvs2010.com/   ジャパンは、明日~~~ @ 六本木アカデミーヒルズ。 僕も行きますよぉ~~~。 セッションでカバーされないこと、セッションで疑問に思ったことなど、僕を見付けたら聞いて下さって良いですよぉ~ 答えれる範囲でなんでも受け付けます → その分、分からないことは、「わかりませーん!!」と言う気満々 (笑)   リリースってこともあるので、これなら後日色々と情報を公開できますね~~~ ( ^^) Test Professional 2010 周りで、色々とデモも作ったし、ツールの使い方についての考えも揃えているので、後日また遊びに来て読んでみて下さいまし。… Read more

Visual Studio 2010 “Ready Day”

今回もやりますよっ!! 2年半前は、Visual Studio 2008 Ready Day だったような・・・ (笑) タイトルについては、気にしないで下さい。   <イベント サイトから ― 一部 BOLD にしておきます> 次期バージョンの統合開発環境 Microsoft Visual Studio 2010 の正式リリースが近づいています。Visual Studio 2010 は、既存資産を最大限に活用しつつ、Windows 7、Windows Server 2008 R2 や Microsoft Office 2010、Windows Azure などの最新プラットフォームやマルチコア コンピューティングなど進化するハードウェア対応のアプリケーションを構築するための最良の開発環境を提供します。また、より高品質なアプリケーションを開発するために、テスト機能の充実、設計機能の強化など、アプリケーション ライフサイクル管理全般をカバーすべく、開発環境自身を大幅に強化しております。 今回のイベントでは、マイクロソフト米国本社より Visual Studio 開発環境開発部門の General Manager である Paramesh Vaidyanathan によるキーノートを皮切りに、Visual Studio 2010 が提供する数多くの魅力を紹介します。 <ここまで>   気にして欲しい点: ① リリースが近づいていますなイベントであり、リリースですなイベントではありません。… Read more

製品担当 Product Manager として体感する Team Foundation Server 2010

と言ってもピンと来ないでしょうね。 でも、過去1年くらい色んな人が語っているように、今の Microsoft の開発においては、Team Foundation Server をどんどん取り入れています。 Visual Studio 2005 の開発時には、Team Foundation Server 2005 を一部利用しながら開発し、Visual Studio 2008 の開発時には、Team Foundation Server 2005 と 2008 の両方を利用しながら開発し、Visual Studio 2010 を含め、その他の製品も、今では Team Foundation Server 2008 と 2010 を利用しています。 更に言うと、社内の Stakeholder として、製品担当などは社内の開発チームのポータルにアクセスして、諸々の情報を確認することができたりします (って、実は意外と社内でもこの事実って知られていない気がしなくもないんですけどね w)   とにかく、Visual Studio 2010 の Release Candidate も既に出ている今、細かい部分 (機能的) の確認や、以前に僕が上げた Fix リクエストの状況を確認してみたりだとか・・・意外と見せてくれる♪ と言うことで、諸々のチェックポイントの確認やビルド状況の確認をわらわらとしています。 そんな暇はないはずなのにね・・・ でも、とにかく、いい感じです。  … Read more

Visual Studio 2010 β2 日本語版の一般公開スタート!!

只今プレス発表がされました通り、Visual Studio 2010 β2 日本語版が一般公開されましたので、ご報告!!…と、書いているのは実際の発表の11時間前です。 現在、岐阜に出張中ですので、実はプレス発表の現場に行けていないのです。 これが僕の運命なのでしょうか… Visual Studio 2008 のプレス発表会の際には、現場には辿り着けたものの、40℃の熱があったので、発表前に家に帰らされました。Windows Vista のリリース発表会の時には、超シビアなサポート案件 (当時はサポート エンジニア) に対応しており、行くことは勿論、気付くことすらできませんでした。つい先日の Windows 7 のリリース発表の時には、内部にもシェアできない内容を議論するグローバル チームのテレカンに出ていたので (わりとそーゆーのやってるんですよ、ボク) 参加などできず。   ま、仕方ないですね。と言うことで、皆さん、ぜひ DOWNLOAD & TRY IT OUT!! .NET Framework 4 Beta 2 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=ded875c8-fe5e-4cc9-b973-2171b61fe982&displaylang=ja   .NET Framework 4 Beta 2 Web Bootstrapper http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=9f5e8774-c8dc-4ff6-8285-03a4c387c0db&displaylang=ja   .NET Framework 4 Beta 2 Language Pack http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=178a0003-f791-4ff3-b6f6-633f0ad1740d&displaylang=ja   .NET… Read more

Looking back at Microsoft Developer Forum 2009

懇親会に一瞬しか出席できなかったことが心残りですが、本当にイイ話を開発者の皆さんにお伝えできたかと思います。 Visual Studio 2010 β2 の日本語版の提供開始@MSDN を含め、VS 2010 の機能紹介 @ テスト、VS 2010 で開発する SharePoint 2010、VS 2010 で開発する Azure アプリケーション、Windows 7 の Touch アプリケーション、VS 2010 でのデバイス開発、Silverlight 3 で実装する UX・・・ 本当に盛り沢山 & ほんの一部を紹介させていただきました。    12月25日まで、ストリーミングはご覧いただけるので、是非チェックしてみて下さい: http://www.microsoft.com/japan/powerpro/mdflive/default.mspx   業界を支えているのは、マイクロソフトやアップルな訳ではなく・・・ 開発者である。僕が言うより、言う人が言うと、全然響きが違う・・・でも、引き続き、僕も、このメッセージを皆さんに伝えていきたいと思います。… Read more