Visual Studio 2010 “Ready Day”

今回もやりますよっ!! 2年半前は、Visual Studio 2008 Ready Day だったような・・・ (笑) タイトルについては、気にしないで下さい。   <イベント サイトから ― 一部 BOLD にしておきます> 次期バージョンの統合開発環境 Microsoft Visual Studio 2010 の正式リリースが近づいています。Visual Studio 2010 は、既存資産を最大限に活用しつつ、Windows 7、Windows Server 2008 R2 や Microsoft Office 2010、Windows Azure などの最新プラットフォームやマルチコア コンピューティングなど進化するハードウェア対応のアプリケーションを構築するための最良の開発環境を提供します。また、より高品質なアプリケーションを開発するために、テスト機能の充実、設計機能の強化など、アプリケーション ライフサイクル管理全般をカバーすべく、開発環境自身を大幅に強化しております。 今回のイベントでは、マイクロソフト米国本社より Visual Studio 開発環境開発部門の General Manager である Paramesh Vaidyanathan によるキーノートを皮切りに、Visual Studio 2010 が提供する数多くの魅力を紹介します。 <ここまで>   気にして欲しい点: ① リリースが近づいていますなイベントであり、リリースですなイベントではありません。… Read more

Visual Studio 2010 β2 日本語版の提供開始!!

デベロッパー製品開発統括本部のブログでも紹介がありますよう、本日から MSDN サブスクライバ様向けに Visual Studio 2010 β2 の日本語版の提供を開始しました!! このリリースについては、皆さんご存知の Brian Harry のブログでも紹介されています♪   先日、Brian とはメールで色々とやり取りをしていたのですが、以前日本の皆さんからいただいたフィードバックを、できる限り今回の Team Foundation Server や Visual Studio の中で対応してみたから、皆さんにこのβリリースもぜひ評価してもらいたい! と言うことでした。   メール、アンケート、Connect、イベント、ミーティングなど、色んな箇所を通してフィードバックをして下さった皆さんに、本当に感謝しています!! 今後とも、宜しくお願いします。   ちなみにですが、過去に書いた「フィードバックについて」も、改めて目を通して見てください。僕の疑問として、ネガティブ フィードバックばかりなのが理解しきれないと言う内容にはなっていますが、お願いとして、良い点も「フィードバック」として是非いただきたいと思います。 開発チームの皆は、リアルにポジティブ フィードバックでやる気も変わってきます。本当に。マジで。   数日後に、Visual Studio 2010 β2 日本語版の一般公開もしますので、その際には改めてご連絡しますね!   Happy Evaluating!!   <リソース @ 日本語> VS Beta2: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/52f3sw5c(VS.100).aspx .NET Framework 4 Beta2: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/w0x726c2(VS.100,classic).aspx… Read more

Visual SourceSafe から Team Foundation Server 2010 へ…

昨夜、オーストラリア (親友の結婚式) から戻りました、ロバートです。 よく「意外」と言われますが、僕は北アメリカ (カナダ、アメリカ合衆国、メキシコ) 以外では、日本しか知らないので、今回のオーストラリアは初上陸であり、30歳間近にして3つ目の大陸にやっと上陸しました。 結構感激。 かなり好きかも、オーストラリア。 アクセントを上手く使い分け、オージーだと思っていただけていたので、気分的には楽でした。 ( ^^)   さて、そんなところで本題に入りましょう。 VSS から TFS へ… と言うお話は、以前からも色んな場所でお話をさせていただいています。 今現在は、MS Japan のページでも、特集としてアップしていますので、是非こちらもチェックして下さい! http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/campaign/vsstotfs/   Team Foundation Server 2010 では、より VSS に近い形で、もしくは VSS からの移行がより簡単になるように、色々と考えてきました。 以前、MVP の皆さんにだけはお話しました、TFS Essentials と言う形で考えていた時期もありますが、現段階ではその名称はなくなりました。   数多くのお客様には VSS をご愛用いただいていて、本当に嬉しく思うのですが、VSS を 1992年に開発し、現在の TFS 開発チームのトップに立つ Brian Harry (http://blogs.msdn.com/bharry/) も、時代と共にテクノロジもニーズも変わってきている中で、VSS に残らず TFS を使って欲しいと思っているようです。それもそのはず。両方の製品を彼自身がデザインして作り上げているのですから、思い入れはあるでしょうね。 WHEN WHAT 1992.01 Visual… Read more

来週はいよいよ Tech Ed Japan 2009 です

ちょうど一年前のこんな時期に、このブログを開始しました、ロバートです。皆さん、お元気にしてらっしゃいますか? 本当に、この時期、暑さと言うより湿気に負けてしまい、体調管理が難しくなるんですが…   来週は Tech Ed !!皆さんのご来場、楽しみにしています。 今年は1日短縮していますが、その中でも見どころは沢山用意されています。個人的に残念なのは、去年のリベンジを僕ができないと言うこと…まだ、コードネーム ROSARIO だった Visual Studio Team System 2010 について昨年お話をさせていただきましたが、当日までに色んな情報制限がされてしまい、思っていた情報を皆さんに提供することができませんでした。 あれから1年。Visual Studio Team System 2010 のβ1も一般公開され、皆さんに色々とご紹介するには情報も沢山ある中、僕がそのお話をすることができず、残念です。 ですが!!代わりに、色んな方たちのセッション内容に携わらせていただき、内容として面白いものをご用意できていると思います。いくつかのセッションについては、後日改めて違った形でこのブログでも紹介できればと思っています。そして、Tech Ed 以外のところでも、類似のセッションを持つ機会を作らせていただいたので、そこに関しても皆さんに「驚き」と「期待」を与えれれば…なんて企んでいます ( ^^)   今年は、余り表舞台に立たない予定なのですが、もう少し時間的余裕ができましたら、ここを通してもっと情報共有をできればと思います。取り急ぎは、Tech Ed 2日目の Peer Talk Lunch でお会いしましょう♪♪ ぶっちゃけトーク & ぶっちゃけ質問を期待していますね!現場で回答できないことに関しては、メールベースか、ここでシェアしていきたいと思います。… Read more

Team System の事例 – 工数削減、コスト削減、業務の効率化

改めて、日本の事例、グローバルの事例などを以下のページで紹介し始めました。 http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/campaign/vstscasestudy.aspx Visual Studio Team System を導入することにより、開発工数の削減、開発コストの削減、プロジェクト マネジメントのコスト削減、テスト工数の削減など、アプリケーションのライフサイクル全体を通してどのような改善をはかれたかをピックアップした事例を主にピックアップしています。 グローバル事例はまだ英語版しか載せていませんが、日本語訳も追って載せていく予定です。   世界各国での VSTS の活躍をぜひご覧ください。 そして、日本でも規模を問わず、VSTS での開発の改善を実現していくため、皆さんと協力していければと思っています!   Let’s 改善! ( ^^)ノ… Read more

VSTS 関連セッションのご紹介!

7月4日は僕にとってはアメリカの独立記念日として心で祝っているのですが、要はお酒を飲む理由を作っているだけな訳であって…あさーい、あさーいアメリカの歴史の一つのスタート点としか見做していません。とは言っても、妹分の誕生日も当日だったので、沢山の人たちと妹の誕生日を祝った土曜日でした。 さーて、そんなことはさておいて… 先週金曜日に Visual Studio のトップ ページの特集を更新しました!!シンプルなデザインですが、TechEd カラーで作りました♪どのツールを使って元々のデザインをしたかは、まぁ、聞かないで下さい…特集ページそのものは、元のデザインよりはシンプル化されましたが、それはそれで良いのです。 「Visual Studio Team System 関連セッションのご紹介」として、今回は TechEd Japan 2009 での VSTS のセッション内容をご紹介しています。   ※ アップ時にリンクがおかしなことになっていたので、直しました。ご迷惑をおかけしました。m(_    _)m誰が、どんなセッションをするのか…まぁ、TechEd のページにある内容とほぼ変わりませんが、一つのページでお見せする方が分かりやすいと思ったので今回はこのようにさせていただきました。 今年の TechEd では、僕、ロバート、は登壇しませんが…もしかしたら、どっかのセッションで現れるかも?!所々で僕の声が聞こえてくるかも?!チャッカリ表に出ていたりするかも?! …え?いらないって?そんなぁ~… でも、テックなお話でもビジネスなお話でも、もしくは皆さんの考えをぶつけるだけでも、I’m all ears (何でも聞きます) なので是非来ていただきたいです☆ 待ってますよぉーーーーーー!!!!… Read more

Tech Ed 2009 登録してますか??

気付いたら6月も、もう終わり・・・ブログも最近は更新が激減してしまい、皆さんと情報をシェアできていなく、本当に反省しています。相変わらず、「ネタ」はあるんですけどね。MS は6月が年度の終りなので、皆さんとは若干ズレてバタバタしているんです (汗)   でも、うちのスタッフも、そろそろ8月末の Tech Ed に向けて、頑張っています。前も書いた通り、今回は僕は登壇することはないのですが、日が近づくにつれて、どのセッションにちゃっかり出てやろうかと企んでいます (笑)   でも、現場にはチャントいるので、皆さん是非来て下さいね!開発・VSTS・ALM に関してのセッションについては、何かと内容チェックを入れてるんですが…かなりイイ感じに仕上がっていっていると思います。なんて言うか、皆さんにとって分かりやすく、リアルに役立つ内容になっていると思います。 Tech Ed 2009 の情報はこちらから!… Read more

Tech Fielders サイト更新♪

だ、そうです。 是非、見に行って下さい☆☆☆ http://www.microsoft.com/japan/powerpro/TF/default.mspx   ついでと言ってはなんですが、「Visual Studio Team System の輪」 と言うユーザー グループも Live Spaces で立ち上げて見ましたので、興味があったら JOIN してみて下さい。 まだ、明確な方向性を決めてはいないのですが、Team System のユーザーと Team System に興味のある方たちを集めて、ディスカッションをベースに色々と皆さんに役立つ情報を作って行けたらと思っています!!… Read more

2008 Database Edition GDR & GDR 2

4月も、もう終わりますね。各業種において、新卒の方たちには大変な1ヶ月だったかと思いますが、これからの社会を引っ張っていくパワーの源として期待されていることでしょう。くじけず頑張って下さいね! と、僕の人生においては全く無縁だった「新卒」としての経験… (話すと長くなるので、また別の機会にでも) → と、チョットだけミステリアスになってみたりします (笑) さて、本日は Visual Studio Team System 2008 Database Edition の GDR と GDR 2 について、フォローアップなところでエントリーをしたいと思います。 最近、「VSTS の T-SQL 静的コード分析ってできないの?」と質問が少し上がっているようです。 できないことないですよー   ほら。できまっせ♪ でも、はい。GDR でちょいちょい直している機能なので、GDR インストールして下さい。 T-SQL のコード分析の実行時…   そんで、IDE 内の「警告」表示がこちら: まぁ、皆さん、見慣れたものだと思いますけどね。 各種、コード分析のルールは、以下の通りとなっています。 Microsoft.Design SR0001: ストアド プロシージャ、ビュー、およびテーブル値関数で SELECT * を使用することは避けてください SR0008: @@IDENTITY ではなく SCOPE_IDENTITY の使用を検討してください SR0009: サイズが 1 ~ 2 の可変長の型を使用することは避けてください… Read more

アジャイル計画 (プランニング) with VSTS 2010

まだまだ CTP でしか皆さんにお見せできていない Visual Studio Team System 2010  (Rosario) ですが、徐々に本社側で情報を出しています。 それに伴って、僕も資料は作ってはいます。まぁ、そこに関しては乞うご期待!なところですかね。   どんな情報が公開されているの?と言うことだと思いますが、以前 MSDN Magazine でアジョイ (Ajoy) が書いた記事が翻訳されています。2010 での作業プランニングを強化する構造、そしてその利用方法などについて説明しています。 アジョイはもともと VSTS のプロダクト マネージャだったのですが、今はその中でも Patterns & Practice に特化した活動をしています。 アジョイのブログ (英語)   今回の記事では、結構既存のツール (特に Excel) を活かした計画手段について書き上げられています。 元の英語の記事は以前読んで、個人的には好きだったので、もしかしたら皆さんにも響くのかな?なんて思います。 Visual Studio Team System 2010 のアジャイル計画ツール ちなみに、ここまでのツール化はされていませんが、元々は MS 社内の開発において VSTS を活用して VSTS を開発している時に作り上げたもので、次世代の VSTS ではそれを皆さんにもシェアすると言う形になります。 要は、VSTS 2008 でもできないこっちゃないってなことです → 作りこむのはそれなりに労力かかるとは思いますけどね。… Read more