US に一時帰国な「出張」中

久しくアメリカに一時帰国しています。出張なので、普通に仕事していますけどね。 8:00 から仕事を開始し、17:30 には仕事上がり。効率もよく、環境としては、僕にはやっぱり合っています・・・   ・・・が、当然日本の仕事を17:30以降にやっているので、逆に稼働時間が長くなると言う状態だったりします (笑) リモートで TFS 2008 から TFS 2010 へのアップグレードを検討してみたりSCCM DB スキーマを利用した、テスト データの自動生成をしてみたり後日改めてここに載せれる情報を揃えていまーーーーす!… Read more

VS 2010 Premium 以上 / VSTS 2008 Database Edition 以上の機能を使ってテスト用データの生成 (前編)

マイクロソフトが提供するアプリケーション サーバーは、今や全てが SQL Server をバックエンドに持っています。 System Management Server (SMS) や System Center Configuration Manager (SCCM) も、それに違いはありません。 現在、僕の検証環境として構築している SCCM 2007 は、SQL Server 2005 SP2 を利用しています。   SCCM が保持するデータを利用したテストを行うと言うのは、資産管理をする個別のアプリケーション (インターフェースとして) を作った場合に最適かも知れません。 なぜなら SCCM は資産管理サーバーとして社内資産の莫大なデータを保持しています。 それらのデータを受け入れることができるかの負荷テストを実施したり、想定している通りのデータの表示がされるかなど、良いテストが実施できるのではないでしょうか。   <開発用途に利用するデータベース内のデータ> 一つのやり方としては、本番環境のデータベースをバックアップして、開発環境にリストアした上で、そのデータを活用することができますね。 ただし、SCCM のように個人データから社内の資産データを保持しているサーバーの情報ですから、本番データを利用するのは難しいですよね。 また、本番のデータがデータ量として不充分だったら、どうしましょう・・・ 当然ながら、テスト用のデータを一つずつ作っていくこともできます。 より確実といえばそうかも知れませんが、とにかく時間がかかる・・・そしてヒューマン エラーとして、Database のスキーマに合わない形のデータを生成してしまう可能性も充分ありますよね。 じゃ、どうすれば良いの?   <Visual Studio 2010 Premium / Visual Studio Team System 2008… Read more

MSDN の究極のオファー (Ultimate Offer) で何がどう変わったの?

本日の Visual Studio 2010 の全世界でのアナウンスメントと同時に、MSDN Subscription の会員の皆さんの MSDN レベルが自動的に上がりました。 何もしなくてもレベルアップした感じですよ。 遊び人 Lv. 40 くらいだったのが、遊び人 Lv. 60 と、その他のジョブもレベルが上がった・・・みたいな。 え?余計訳が分からない感じですか? それはすみませんでした。   今回の「レベルアップ」対象となった方たちは以下: Visual Studio Team System 2008 Architecture Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Database Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Development Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System… Read more

Visual Studio 2010 & .NET Framework 4 英語版

MSDN Download Center からダウンロード可能になりました。 MSDN 会員の皆さんは、英語であれば製品版の Visual Studio 2010、.NET Framework 4 などを使えますよぉ~~~ しかも会員の皆さんには色々とアナウンスしてきましたけど、究極のオファーの切り替えも完了したので: ① Visual Studio Team System 2008 Architecture/Database/Development/Test with MSDN Premium のいずれかを持っていらしたユーザーさんは、Visual Studio 2010 Ultimate with MSDN にアップグレードされています。 ② Visual Studio Professional 2008 with MSDN Premium だったユーザーさんは、Visual Studio 2010 Premium with MSDN にアップグレードされています。   すごーい!すごーい!   で、何がすごいかって? Visual Studio 2010 Ready Day に参加の皆さんは、目の当たりにできていますよね。… Read more

Visual Studio 2010 Launch Event part I: Malaysia

http://myvs2010.com/   ジャパンは、明日~~~ @ 六本木アカデミーヒルズ。 僕も行きますよぉ~~~。 セッションでカバーされないこと、セッションで疑問に思ったことなど、僕を見付けたら聞いて下さって良いですよぉ~ 答えれる範囲でなんでも受け付けます → その分、分からないことは、「わかりませーん!!」と言う気満々 (笑)   リリースってこともあるので、これなら後日色々と情報を公開できますね~~~ ( ^^) Test Professional 2010 周りで、色々とデモも作ったし、ツールの使い方についての考えも揃えているので、後日また遊びに来て読んでみて下さいまし。… Read more

Visual Studio 2010 “Ready Day”

今回もやりますよっ!! 2年半前は、Visual Studio 2008 Ready Day だったような・・・ (笑) タイトルについては、気にしないで下さい。   <イベント サイトから ― 一部 BOLD にしておきます> 次期バージョンの統合開発環境 Microsoft Visual Studio 2010 の正式リリースが近づいています。Visual Studio 2010 は、既存資産を最大限に活用しつつ、Windows 7、Windows Server 2008 R2 や Microsoft Office 2010、Windows Azure などの最新プラットフォームやマルチコア コンピューティングなど進化するハードウェア対応のアプリケーションを構築するための最良の開発環境を提供します。また、より高品質なアプリケーションを開発するために、テスト機能の充実、設計機能の強化など、アプリケーション ライフサイクル管理全般をカバーすべく、開発環境自身を大幅に強化しております。 今回のイベントでは、マイクロソフト米国本社より Visual Studio 開発環境開発部門の General Manager である Paramesh Vaidyanathan によるキーノートを皮切りに、Visual Studio 2010 が提供する数多くの魅力を紹介します。 <ここまで>   気にして欲しい点: ① リリースが近づいていますなイベントであり、リリースですなイベントではありません。… Read more

製品担当 Product Manager として体感する Team Foundation Server 2010

と言ってもピンと来ないでしょうね。 でも、過去1年くらい色んな人が語っているように、今の Microsoft の開発においては、Team Foundation Server をどんどん取り入れています。 Visual Studio 2005 の開発時には、Team Foundation Server 2005 を一部利用しながら開発し、Visual Studio 2008 の開発時には、Team Foundation Server 2005 と 2008 の両方を利用しながら開発し、Visual Studio 2010 を含め、その他の製品も、今では Team Foundation Server 2008 と 2010 を利用しています。 更に言うと、社内の Stakeholder として、製品担当などは社内の開発チームのポータルにアクセスして、諸々の情報を確認することができたりします (って、実は意外と社内でもこの事実って知られていない気がしなくもないんですけどね w)   とにかく、Visual Studio 2010 の Release Candidate も既に出ている今、細かい部分 (機能的) の確認や、以前に僕が上げた Fix リクエストの状況を確認してみたりだとか・・・意外と見せてくれる♪ と言うことで、諸々のチェックポイントの確認やビルド状況の確認をわらわらとしています。 そんな暇はないはずなのにね・・・ でも、とにかく、いい感じです。  … Read more

DEMO 用・業務用の仮想環境

実運用をされる方たちは、余りデモ用に仮想環境を作ることはないと思いますが・・・ 運用するにしても、仮想化を利用したソリューションが、ここ数年で増えてきていると思います。 そう言った意味では、僕の DEMO 用の環境が色んなところに散乱している・・・と言う悩みに近い悩みはあるかと思いますが。 System Center Virtual Machine Manager や、Hyper-V での管理など。また、他社様の製品で言うと VMware さんのソリューションなんかもありますよね。 実は、僕、仮想化に関しては「使う」意味でのノウハウは結構きちんと持っているのですが、アーキテクチャ面での知識は偏っている気がしています。 もっと言うのであれば、他社様の製品やサービスについてのノウハウが、仮想化と言う点に関しては少ないのかなと思います。 いや、技術者としてのベースラインの知識は持っていますし、トラブルシュートもそれなりにできますが・・・ もっと深い知識を持っても良いのではないかと、今更ながら思っています。   Visual Studio 2010 でも仮想環境を利用するソリューションなどがある中で、改めて仮想化に対する細かい部分での興味が湧いているのかと思います。   <ロバートと仮想化> と書いてみたところで、「そんなことより、自身の仮想化が実現できたら、仕事の負荷分散できるかなぁ~」なんて夢のようなことを考えてみました。 でも、まぁ、クローニング的なお話は、それこそ面倒な話になるので、ここでは触れません・・・   で、僕と仮想化の歴史は、実はそんなに深くないんです。 主に仮想化を利用し始めたのは、マイクロソフトに入社してからです。 当時は Systems Management Server のサポートや、Microsoft Operations Manager のサポートをしていたので、とにかくサーバーの仮想環境をひたすら作っていました。 Microsoft Virtual PC に始まり・・・ Microsoft Virtual Server に移り・・・ Hyper-V は、サポートから離れてからなので、主に Hyper-V では Team Foundation Server の環境を作ってますけど・・・  … Read more

Visual Studio 2010 紹介ページ

Microsoft Visual Studio 2010 ― 創造力の最大化 と、題した VS 2010 ページが公開されています。 http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/2010/overview/ 簡単な機能紹介ビデオや、製品の特徴を説明しているページとなっていますので、特に VS 2010 ベータ2 をダウンロードされている方は、チェックいただき、これを機会にもっと色々な機能をいじって下さいましっ!… Read more

名古屋、大阪、岐阜と出張してきました: Travel Report

今日は色んなメンバーが僕の地元の一つ (いくつあるんだっ?!) のロスアンゼルスに向かっている中、先週の僕は日本国内を巡っていました。 もちろん、お仕事です。この時期、プライベートで旅行なんてしませんよ・・・ したいけど・・・ しませんよ・・・ うぅ~~   さて、この度は、プロダクト マネージャらしからぬ勢いで、中部・関西の弾丸ツアーな感じでした。 基本、新幹線・電車の中でだけ寝て、以外の時間は仕事・ミーティング・打ち合わせ・お食事会など。 結構体力的にはきました。東京に戻ってからの話ですが。 名古屋・大阪では、特定のお客様先にてお勉強会や製品説明などをさせていただきました。 これまで、東京都内でしかやってきていないことなのですが、社内での声がけをした結果、当たり前のように全国各地で .NET Framework の話、Azure の話、Visual Studio の話、Windows 7 の話などを聞きたいと言う方々がいたので、僕なんかで良いのかと思いつつも、幅広くお話をさせていただきました。 時事ネタとして、名古屋から大阪に到着した水曜日の夜は、駅から近くのカフェでパートナー様とザックリとミーティングをして、ホテルに向かうため改めて駅に戻ったのですが、やたらとテレビ カメラがあったので何事かと思いつつも、翌日の仕事があるのでホテルに。タクシーの運転手さんと、「誰か有名人でも来るんですかねー?」なんて話をしていたのですが、ニュースをかけてビックリ! 市橋容疑者が捕まったのね・・・と。 その午前中は北朝鮮と韓国の間で戦争が始まるんじゃないかと言うような感じもあり、僕がどこかに移動するとろくなことが起きねぇな・・・なんて思っていた矢先でした。 チョットばかりビックリでした。 さて、名古屋・大阪でのお仕事を終えて、次は岐阜。   岐阜県に関しては、NPO の方たちの活動として実施されているアジャイル開発のプロジェクトのヒアリング・インタビューをさせていただきました。 なかなか (本当の意味での) 成功例といったお話は聞けないのですが、人材も成長していく開発プロジェクトと言うものに今回出会い、プロセス改善、ソフトウェアの品質向上、効率的な開発、柔軟なプロジェクト チームと言うものはやればできるのだと言うことを現場の方たちの声を聞きながらも、肌で感じてきました。 よく、「言うのは簡単だけど・・・」などと言われますし、「前例がないのでは・・・」などとも言われます。 正直な気持ちとしては「やってみなきゃ分からないじゃないですか」なのですが、勿論、組織の中で何かをするにあたって (特に今の時代)、実行することに対しての責任を誰を取るのか・・・と言ったところで、話が前に進まなくなるのは事実あると思います。 分かるんです。分かるんですけど・・・考えているだけであったり、構想しているだけで、アクションを取らなければ変えれるものも変わらない。でしょ? 多分、今の開発現場に必要なのは、その一歩を踏み出す勇気であったり、キッカケなんだと思います。 なので、今回はそのキッカケを見つけてきました。   追々、Power to the Pro の特集ページでも、今回のインタビューについてはご紹介することになると思いますが、本当にいい話を聞けましたし、色んな可能性を感じれました。 日本はまだまだ元気です! そして、その元気の源は、意外にも地方にありました。 そもそも、東京を中心に物事を考えなきゃいけないと言うのが違うのかも知れませんね。 いや、違うと言うより、東京だけに答えがあると言う訳ではないと言う事実かも知れません。 ある種の Proof of Concept… Read more