US に一時帰国な「出張」中

久しくアメリカに一時帰国しています。出張なので、普通に仕事していますけどね。 8:00 から仕事を開始し、17:30 には仕事上がり。効率もよく、環境としては、僕にはやっぱり合っています・・・   ・・・が、当然日本の仕事を17:30以降にやっているので、逆に稼働時間が長くなると言う状態だったりします (笑) リモートで TFS 2008 から TFS 2010 へのアップグレードを検討してみたりSCCM DB スキーマを利用した、テスト データの自動生成をしてみたり後日改めてここに載せれる情報を揃えていまーーーーす!… Read more

MSDN の究極のオファー (Ultimate Offer) で何がどう変わったの?

本日の Visual Studio 2010 の全世界でのアナウンスメントと同時に、MSDN Subscription の会員の皆さんの MSDN レベルが自動的に上がりました。 何もしなくてもレベルアップした感じですよ。 遊び人 Lv. 40 くらいだったのが、遊び人 Lv. 60 と、その他のジョブもレベルが上がった・・・みたいな。 え?余計訳が分からない感じですか? それはすみませんでした。   今回の「レベルアップ」対象となった方たちは以下: Visual Studio Team System 2008 Architecture Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Database Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Development Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System… Read more

Visual Studio 2010 Launch Event part I: Malaysia

http://myvs2010.com/   ジャパンは、明日~~~ @ 六本木アカデミーヒルズ。 僕も行きますよぉ~~~。 セッションでカバーされないこと、セッションで疑問に思ったことなど、僕を見付けたら聞いて下さって良いですよぉ~ 答えれる範囲でなんでも受け付けます → その分、分からないことは、「わかりませーん!!」と言う気満々 (笑)   リリースってこともあるので、これなら後日色々と情報を公開できますね~~~ ( ^^) Test Professional 2010 周りで、色々とデモも作ったし、ツールの使い方についての考えも揃えているので、後日また遊びに来て読んでみて下さいまし。… Read more

製品担当 Product Manager として体感する Team Foundation Server 2010

と言ってもピンと来ないでしょうね。 でも、過去1年くらい色んな人が語っているように、今の Microsoft の開発においては、Team Foundation Server をどんどん取り入れています。 Visual Studio 2005 の開発時には、Team Foundation Server 2005 を一部利用しながら開発し、Visual Studio 2008 の開発時には、Team Foundation Server 2005 と 2008 の両方を利用しながら開発し、Visual Studio 2010 を含め、その他の製品も、今では Team Foundation Server 2008 と 2010 を利用しています。 更に言うと、社内の Stakeholder として、製品担当などは社内の開発チームのポータルにアクセスして、諸々の情報を確認することができたりします (って、実は意外と社内でもこの事実って知られていない気がしなくもないんですけどね w)   とにかく、Visual Studio 2010 の Release Candidate も既に出ている今、細かい部分 (機能的) の確認や、以前に僕が上げた Fix リクエストの状況を確認してみたりだとか・・・意外と見せてくれる♪ と言うことで、諸々のチェックポイントの確認やビルド状況の確認をわらわらとしています。 そんな暇はないはずなのにね・・・ でも、とにかく、いい感じです。  … Read more

Teamprise Client Suite を Microsoft が購入しました

数時間前に、Brian Harry のブログで情報をシェアしていたので、長沢さんにもメールしてつぶやいてもらっています♪♪ かなりのビッグ ニュースです。 マイクロソフトが Teamprise より Teamprise Client Suite の購入をしました。Teamprise は SourceGear 社の一部門です。   これまでも、Team Foundation Server の良さは沢山お伝えしてきましたが、どうしても Visual Studio の一部として Team Explorer を介して TFS に接続する必要があったり、Web を通して接続するしかありませんでした。 「英語の環境でよろしければ…」 な Eclipse 用のソリューションが Teamprise でした。ですが、やはりツールが日本語化されていないと NG と言うところと、英語であってもツールをサポートできる日本の機関がないと言うことで、Eclipse ユーザーの方たちには TFS をお勧めすることができませんでした。   Teamprise Client Suite は3つのコンポーネントで成り立っています。 ① Eclipse の Plug-in: Eclipse から TFS への接続を可能にするだけでなく、TFS の機能を Eclipse… Read more

Visual Studio 2010 β2 日本語版の提供開始!!

デベロッパー製品開発統括本部のブログでも紹介がありますよう、本日から MSDN サブスクライバ様向けに Visual Studio 2010 β2 の日本語版の提供を開始しました!! このリリースについては、皆さんご存知の Brian Harry のブログでも紹介されています♪   先日、Brian とはメールで色々とやり取りをしていたのですが、以前日本の皆さんからいただいたフィードバックを、できる限り今回の Team Foundation Server や Visual Studio の中で対応してみたから、皆さんにこのβリリースもぜひ評価してもらいたい! と言うことでした。   メール、アンケート、Connect、イベント、ミーティングなど、色んな箇所を通してフィードバックをして下さった皆さんに、本当に感謝しています!! 今後とも、宜しくお願いします。   ちなみにですが、過去に書いた「フィードバックについて」も、改めて目を通して見てください。僕の疑問として、ネガティブ フィードバックばかりなのが理解しきれないと言う内容にはなっていますが、お願いとして、良い点も「フィードバック」として是非いただきたいと思います。 開発チームの皆は、リアルにポジティブ フィードバックでやる気も変わってきます。本当に。マジで。   数日後に、Visual Studio 2010 β2 日本語版の一般公開もしますので、その際には改めてご連絡しますね!   Happy Evaluating!!   <リソース @ 日本語> VS Beta2: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/52f3sw5c(VS.100).aspx .NET Framework 4 Beta2: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/w0x726c2(VS.100,classic).aspx… Read more

Visual SourceSafe から Team Foundation Server 2010 へ…

昨夜、オーストラリア (親友の結婚式) から戻りました、ロバートです。 よく「意外」と言われますが、僕は北アメリカ (カナダ、アメリカ合衆国、メキシコ) 以外では、日本しか知らないので、今回のオーストラリアは初上陸であり、30歳間近にして3つ目の大陸にやっと上陸しました。 結構感激。 かなり好きかも、オーストラリア。 アクセントを上手く使い分け、オージーだと思っていただけていたので、気分的には楽でした。 ( ^^)   さて、そんなところで本題に入りましょう。 VSS から TFS へ… と言うお話は、以前からも色んな場所でお話をさせていただいています。 今現在は、MS Japan のページでも、特集としてアップしていますので、是非こちらもチェックして下さい! http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/campaign/vsstotfs/   Team Foundation Server 2010 では、より VSS に近い形で、もしくは VSS からの移行がより簡単になるように、色々と考えてきました。 以前、MVP の皆さんにだけはお話しました、TFS Essentials と言う形で考えていた時期もありますが、現段階ではその名称はなくなりました。   数多くのお客様には VSS をご愛用いただいていて、本当に嬉しく思うのですが、VSS を 1992年に開発し、現在の TFS 開発チームのトップに立つ Brian Harry (http://blogs.msdn.com/bharry/) も、時代と共にテクノロジもニーズも変わってきている中で、VSS に残らず TFS を使って欲しいと思っているようです。それもそのはず。両方の製品を彼自身がデザインして作り上げているのですから、思い入れはあるでしょうね。 WHEN WHAT 1992.01 Visual… Read more

Team System の事例 – 工数削減、コスト削減、業務の効率化

改めて、日本の事例、グローバルの事例などを以下のページで紹介し始めました。 http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/campaign/vstscasestudy.aspx Visual Studio Team System を導入することにより、開発工数の削減、開発コストの削減、プロジェクト マネジメントのコスト削減、テスト工数の削減など、アプリケーションのライフサイクル全体を通してどのような改善をはかれたかをピックアップした事例を主にピックアップしています。 グローバル事例はまだ英語版しか載せていませんが、日本語訳も追って載せていく予定です。   世界各国での VSTS の活躍をぜひご覧ください。 そして、日本でも規模を問わず、VSTS での開発の改善を実現していくため、皆さんと協力していければと思っています!   Let’s 改善! ( ^^)ノ… Read more

Expression Blend 3 + Team Foundation Server

http://www.microsoft.com/expression/products/Blend_Overview.aspx どっかのロゴに似てますよね (笑) 先週、本社側で Expression Blend 3 のアナウンスがされました。 明日開催の ReMIX Tokyo 09 でも Blend 3 のお話は沢山ありますので、ぜひご参加いただきたいと思います。 ※当日参加は会場での受付けとなります。参加費用は 10,000 円で現金での清算のみになります。 (と、サイトに乗っていますので、登録されていなくても!!) さて、Expression Blend 3 + Team Foundation Server と言うタイトルで何を書くのかと思われているかも知れませんが、まずは以下に Expression Blend 3 の TOP 10 Feature を (ロバート訳) でご確認下さい。   Top 10 Features SketchFlow によりアプリケーション プロトタイプ作成時間を飛躍的に削除 アイディアからアプリケーションの一連の流れ、スクリーンのレイアウト、操作などにつき SketchFlow プロトタイプを利用してデザイン ミーティングをもつ。 コードを書かずにインターアクティビティを実現 ドラッグ & ドロップの要領で、プロジェクトに命を吹き込めます―インターアクティビティ、アニメーション、トランジッションなど。すべてを、コードを書かずに実現できます。 デザイン タイム… Read more

VS/VSTS 2010 & .NET 4 β1 一般公開

本当に最近はこんなご連絡ばかりで恐縮です (少し日本人っぽくなりました、僕?)   と言うことで、Visual Studio Team System 2010 ならびに .NET 4 の β1 が一般公開され、ダウンロード センターからダウンロード可能になりました!   Visual Studio Team System 2010 Team Suite Beta1 日本語版 – Web インストーラー http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyID=85520793-68fc-4361-a8b6-dc2cff49c8d2&displaylang=ja Visual Studio Team System 2010 Team Suite Beta1 日本語版 – Iso イメージ http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=255FC5F1-15AF-4FE7-BE4D-263A2621144B&displaylang=ja Visual Studio Team System 2010 Team Foundation Server Beta1 に日本語版 – Iso イメージ… Read more