Visual SourceSafe から Team Foundation Server へのアップグレード

TFS 2005/2008 から TFS 2010 のアップグレードは? と聞かれると、痛いです。 何故なら、書いてたマテリアルを開いたまま、マシンが死んでしまったので、10ページ程になったマテリアルはぶっ飛び…書き直す気力がないっす…書いたら、何くれる?? w 最近はもっぱら System Center な話ばかりになっています、ロバートです。 何故ならプレミア フィールド エンジニアとしての担当製品が Windows Platform 全般と System Center 系全般だからです。 そう…全般。全部。全て。System Center とつけば、僕が担当なんです (ひゃ~~~) でも、楽しいですよ (笑) でも、技術的なワークショップやトレーニングの講師として資格を沢山とっていっても、英語のマテリアルなので、日本では使いようがないと言う事実に腹が立つこともあったり。ちょうどその為、今はシンガポールに来てますが… 日本だけ、英語のマテリアルを受け入れない…日本だけ、全てのコンテンツをゼロから日本向けにだけ作らなきゃならない…それだけに、社内においてシステマティックに成果を認めてもらえない。アメリカの会社ですからね… 言うだけ言ってみよう: 日本のエンジニアの皆さん、基礎レベルの英語を覚えましょう。学校で学んできたものじゃなく → 日本の学校で教える英語ほど、世の中で使えないものはありません。 ← よく、英語の教え方を変えないでここまできていると、本当に不思議に思いますよ…どうにかしよう、教育制度! (え?脱線しすぎですか?) 家系に文部大臣がいたせいですかね…なんか、教育については熱くなります…さておいて…   今日は SCOM 2007 R2 のディープ技術トレーニング中に現実逃避 (コラっ!) ← 書き始めはね ずっと書こうと思っていた、Visual SourceSafe から Team Foundation Server への移行についてです。  … Read more

MSDN の究極のオファー (Ultimate Offer) で何がどう変わったの?

本日の Visual Studio 2010 の全世界でのアナウンスメントと同時に、MSDN Subscription の会員の皆さんの MSDN レベルが自動的に上がりました。 何もしなくてもレベルアップした感じですよ。 遊び人 Lv. 40 くらいだったのが、遊び人 Lv. 60 と、その他のジョブもレベルが上がった・・・みたいな。 え?余計訳が分からない感じですか? それはすみませんでした。   今回の「レベルアップ」対象となった方たちは以下: Visual Studio Team System 2008 Architecture Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Database Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Development Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System… Read more

Visual Studio 2010 Launch Event part I: Malaysia

http://myvs2010.com/   ジャパンは、明日~~~ @ 六本木アカデミーヒルズ。 僕も行きますよぉ~~~。 セッションでカバーされないこと、セッションで疑問に思ったことなど、僕を見付けたら聞いて下さって良いですよぉ~ 答えれる範囲でなんでも受け付けます → その分、分からないことは、「わかりませーん!!」と言う気満々 (笑)   リリースってこともあるので、これなら後日色々と情報を公開できますね~~~ ( ^^) Test Professional 2010 周りで、色々とデモも作ったし、ツールの使い方についての考えも揃えているので、後日また遊びに来て読んでみて下さいまし。… Read more

Robert は異動になった訳でして・・・

3月31日をもって Visual Studio ならびに Application Lifecycle Management (ALM) の担当プロダクト マネージャとしての業務を終えました。 4月1日付けで、サポート部隊に戻り、現場に出向かうエンジニアとして業務を開始・・・・・・・・・するはずではあったのですが、4月13日の Visual Studio 2010 Ready Day を通してエンジニア部隊にいながらのマーケティング業を継続すると言う感じです。 所属は相変わらず日本のマイクロソフト。 厳密にはマイクロソフト アジアなんだと思うんですが、まぁ、どっちにしろ日本での勤務は続きます。 そして今後の僕の業務となると・・・ プレミア フィールド エンジニアとして、プレミアのお客様先に出向かうエンジニアになった訳です。 取り敢えずの担当は System Center 系の製品になります。 チョイチョイ Team Foundation Server 系の依頼もあるようなので、まぁ、どっからどこまで僕がやるのかは分かりませんが・・・ ここ数回のイベントで登壇もしていないし、現場に出て行っての製品説明や細かい動作の紹介などばかりしている僕としては、ちょうど良い。 もっと大きな舞台で話したり物を紹介するのも当然大事なんですけど・・・正直、Tech・Ed や Tech Days でも余り深い話を聞きたがる人がいないようですし・・・ 残念ですよね~~~ だから、現場に行く。 それだけのこと。 Proactive Support と言うのがメインの考え方です。 問題が発生する前に、その可能性がないかをチェックしたり、構成においての問題点や盲点を探ったり・・・ 当然、実の障害が発生したときもオンサイトで問題解決をするので・・・ 兎に角、当面はトランジッション (Transition) と言うことで、色々と技術的にキャッチアップすることに専念しまーす♪… Read more

Visual Studio 2010 “Ready Day”

今回もやりますよっ!! 2年半前は、Visual Studio 2008 Ready Day だったような・・・ (笑) タイトルについては、気にしないで下さい。   <イベント サイトから ― 一部 BOLD にしておきます> 次期バージョンの統合開発環境 Microsoft Visual Studio 2010 の正式リリースが近づいています。Visual Studio 2010 は、既存資産を最大限に活用しつつ、Windows 7、Windows Server 2008 R2 や Microsoft Office 2010、Windows Azure などの最新プラットフォームやマルチコア コンピューティングなど進化するハードウェア対応のアプリケーションを構築するための最良の開発環境を提供します。また、より高品質なアプリケーションを開発するために、テスト機能の充実、設計機能の強化など、アプリケーション ライフサイクル管理全般をカバーすべく、開発環境自身を大幅に強化しております。 今回のイベントでは、マイクロソフト米国本社より Visual Studio 開発環境開発部門の General Manager である Paramesh Vaidyanathan によるキーノートを皮切りに、Visual Studio 2010 が提供する数多くの魅力を紹介します。 <ここまで>   気にして欲しい点: ① リリースが近づいていますなイベントであり、リリースですなイベントではありません。… Read more

製品担当 Product Manager として体感する Team Foundation Server 2010

と言ってもピンと来ないでしょうね。 でも、過去1年くらい色んな人が語っているように、今の Microsoft の開発においては、Team Foundation Server をどんどん取り入れています。 Visual Studio 2005 の開発時には、Team Foundation Server 2005 を一部利用しながら開発し、Visual Studio 2008 の開発時には、Team Foundation Server 2005 と 2008 の両方を利用しながら開発し、Visual Studio 2010 を含め、その他の製品も、今では Team Foundation Server 2008 と 2010 を利用しています。 更に言うと、社内の Stakeholder として、製品担当などは社内の開発チームのポータルにアクセスして、諸々の情報を確認することができたりします (って、実は意外と社内でもこの事実って知られていない気がしなくもないんですけどね w)   とにかく、Visual Studio 2010 の Release Candidate も既に出ている今、細かい部分 (機能的) の確認や、以前に僕が上げた Fix リクエストの状況を確認してみたりだとか・・・意外と見せてくれる♪ と言うことで、諸々のチェックポイントの確認やビルド状況の確認をわらわらとしています。 そんな暇はないはずなのにね・・・ でも、とにかく、いい感じです。  … Read more

DEMO 用・業務用の仮想環境

実運用をされる方たちは、余りデモ用に仮想環境を作ることはないと思いますが・・・ 運用するにしても、仮想化を利用したソリューションが、ここ数年で増えてきていると思います。 そう言った意味では、僕の DEMO 用の環境が色んなところに散乱している・・・と言う悩みに近い悩みはあるかと思いますが。 System Center Virtual Machine Manager や、Hyper-V での管理など。また、他社様の製品で言うと VMware さんのソリューションなんかもありますよね。 実は、僕、仮想化に関しては「使う」意味でのノウハウは結構きちんと持っているのですが、アーキテクチャ面での知識は偏っている気がしています。 もっと言うのであれば、他社様の製品やサービスについてのノウハウが、仮想化と言う点に関しては少ないのかなと思います。 いや、技術者としてのベースラインの知識は持っていますし、トラブルシュートもそれなりにできますが・・・ もっと深い知識を持っても良いのではないかと、今更ながら思っています。   Visual Studio 2010 でも仮想環境を利用するソリューションなどがある中で、改めて仮想化に対する細かい部分での興味が湧いているのかと思います。   <ロバートと仮想化> と書いてみたところで、「そんなことより、自身の仮想化が実現できたら、仕事の負荷分散できるかなぁ~」なんて夢のようなことを考えてみました。 でも、まぁ、クローニング的なお話は、それこそ面倒な話になるので、ここでは触れません・・・   で、僕と仮想化の歴史は、実はそんなに深くないんです。 主に仮想化を利用し始めたのは、マイクロソフトに入社してからです。 当時は Systems Management Server のサポートや、Microsoft Operations Manager のサポートをしていたので、とにかくサーバーの仮想環境をひたすら作っていました。 Microsoft Virtual PC に始まり・・・ Microsoft Virtual Server に移り・・・ Hyper-V は、サポートから離れてからなので、主に Hyper-V では Team Foundation Server の環境を作ってますけど・・・  … Read more

Visual Studio 2010 β2 日本語版の一般公開スタート!!

只今プレス発表がされました通り、Visual Studio 2010 β2 日本語版が一般公開されましたので、ご報告!!…と、書いているのは実際の発表の11時間前です。 現在、岐阜に出張中ですので、実はプレス発表の現場に行けていないのです。 これが僕の運命なのでしょうか… Visual Studio 2008 のプレス発表会の際には、現場には辿り着けたものの、40℃の熱があったので、発表前に家に帰らされました。Windows Vista のリリース発表会の時には、超シビアなサポート案件 (当時はサポート エンジニア) に対応しており、行くことは勿論、気付くことすらできませんでした。つい先日の Windows 7 のリリース発表の時には、内部にもシェアできない内容を議論するグローバル チームのテレカンに出ていたので (わりとそーゆーのやってるんですよ、ボク) 参加などできず。   ま、仕方ないですね。と言うことで、皆さん、ぜひ DOWNLOAD & TRY IT OUT!! .NET Framework 4 Beta 2 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=ded875c8-fe5e-4cc9-b973-2171b61fe982&displaylang=ja   .NET Framework 4 Beta 2 Web Bootstrapper http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=9f5e8774-c8dc-4ff6-8285-03a4c387c0db&displaylang=ja   .NET Framework 4 Beta 2 Language Pack http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=178a0003-f791-4ff3-b6f6-633f0ad1740d&displaylang=ja   .NET… Read more

Teamprise Client Suite を Microsoft が購入しました

数時間前に、Brian Harry のブログで情報をシェアしていたので、長沢さんにもメールしてつぶやいてもらっています♪♪ かなりのビッグ ニュースです。 マイクロソフトが Teamprise より Teamprise Client Suite の購入をしました。Teamprise は SourceGear 社の一部門です。   これまでも、Team Foundation Server の良さは沢山お伝えしてきましたが、どうしても Visual Studio の一部として Team Explorer を介して TFS に接続する必要があったり、Web を通して接続するしかありませんでした。 「英語の環境でよろしければ…」 な Eclipse 用のソリューションが Teamprise でした。ですが、やはりツールが日本語化されていないと NG と言うところと、英語であってもツールをサポートできる日本の機関がないと言うことで、Eclipse ユーザーの方たちには TFS をお勧めすることができませんでした。   Teamprise Client Suite は3つのコンポーネントで成り立っています。 ① Eclipse の Plug-in: Eclipse から TFS への接続を可能にするだけでなく、TFS の機能を Eclipse… Read more

Looking back at Microsoft Developer Forum 2009

懇親会に一瞬しか出席できなかったことが心残りですが、本当にイイ話を開発者の皆さんにお伝えできたかと思います。 Visual Studio 2010 β2 の日本語版の提供開始@MSDN を含め、VS 2010 の機能紹介 @ テスト、VS 2010 で開発する SharePoint 2010、VS 2010 で開発する Azure アプリケーション、Windows 7 の Touch アプリケーション、VS 2010 でのデバイス開発、Silverlight 3 で実装する UX・・・ 本当に盛り沢山 & ほんの一部を紹介させていただきました。    12月25日まで、ストリーミングはご覧いただけるので、是非チェックしてみて下さい: http://www.microsoft.com/japan/powerpro/mdflive/default.mspx   業界を支えているのは、マイクロソフトやアップルな訳ではなく・・・ 開発者である。僕が言うより、言う人が言うと、全然響きが違う・・・でも、引き続き、僕も、このメッセージを皆さんに伝えていきたいと思います。… Read more