【HOWTO】 System Center Configuration Manager 2007 R2/R3 のレポートで利用するレポート モデルの作り方

SCCM 2007 R2 以降で SQL Server Reporting Services を活用できることは、前回のポストでも触れましたが、実際のところ Reporting Services ポイントを構成した後にカスタマイズするレポートについては、いくつか考慮する必要性があります。 その中で、一番ポイントとなってくるのが、レポート モデルになります。 既定で利用できるレポート モデルは、2つしか存在しておらず、その情報だけではカスタマイズしたレポートの幅も限られてきます。 勿論、既存のレポートモデルを利用したカスタム レポートは最大限に活用できるものと思いますが、必ずしもお客様の用途を満たすとは限りません。 そこで、環境で必要とされるレポートを作成することを簡易化するために、レポートモデルを作成していきましょう。 基本、レポートモデルの作成は SQL Server Business Intelligence Development Studio で作成します。Shell は Visual Studio 2008 なのが、チョット残念ですが、用途は確実に満たせます。 VS のプログラムの作成と同様、レポート モデルを作成するにも同じようにプロジェクトを作成します。 作成するプロジェクトは「レポート モデル プロジェクト」です。 プロジェクトが出来上がると、ソリューションの中に、「データソース」、「データソースビュー」と「レポート モデル」が表示されます。 レポートモデルを作っていくにあたって、どのデータベースから (データソース)、どのテーブルやビューから必要情報を引っ張ってきて (データソースビュー)、必要な情報だけをひとつのデータのモデルとして構築するか (レポート モデル) と言うことになります。 なので、定義していく情報も、上から順に、「データソース」を追加し、「データソースビュー」を追加し、「レポート モデル」を作成する・・・と言う流れになります。 データソースの追加と言う点では、当然ながら SCCM のデータを利用するので SMS_<サイト コード> となるものを指定して、そのコネクションを確立します。 その後、データ… Read more

System Center Configuration Manager 2007 R3: 概要 & これ、いいっすよ! なポイント

今更と言えば今更な、SCCM 2007 R3 のネタで本日はチョット書きたいと考えてます、ロバートです。 品川の新オフィスに出社してみたものの、午前中はネットワークが使えなかったり、環境が微妙な状態にあったりと、イライラの多い朝。午後に差し掛かって15時くらいからやっとそれなりに仕事ができる状態になりました。慣れるのには、まだまだ時間がかかりそうです… さて、SCCM 2007 R3 の話ですが、もしかしたら既にご購入+導入済みのお客様もいらっしゃると思いますが、意外とそうじゃないような気もしています。どうでしょう? R3 にするメリットなんか本当にあるの? なんて考えてる方も、R2/R3 のいずれも別にいらないと思うと言う方もいるでしょう。 確かに、「用途があります」と言う訳でなければ、特にそこは気にすることもないでしょうけど、意外と良くなっている点を見逃している可能性もあるのでは…? Configuration Manager 2007 R3 の新機能 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ff977104.aspx 上記のリンク先に、ザックリと機能的に R3 で良くなった点などが紹介されています。 ただ、読んでも「ふぅ~ん」で終わってしまう気がしなくもないので、若干の解説をさせていただきます。 <以下、上記リンクから抜粋> 電源管理。サイト管理者が複数のコンピュータで標準の Windows 電源設定を構成できるようにするツールのセットを提供します。詳細については、「Configuration Manager 2007 R3 の電源管理」を参照してください。 オペレーティング システムの展開の機能改善。新しいコンピュータでブート イメージおよび Windows Imaging Format (.wim) ファイルの事前設定が可能になりました。管理者はこの機能を使って、事前設定されたメディアの使用が可能なデバイスに、タスク シーケンスを適用できます。詳細については、「オペレーティング システムの展開用に事前設定されたメディアについて」を参照してください。 動的なコレクション評価。新しく検出されたリソースのみを追加することで、コレクション メンバシップを高速に評価できるようになります。詳細については、「Configuration Manager 2007 R3 の動的なコレクション評価について」を参照してください。 Active Directory 差分探索。Configuration Manager 2007 データベースに新しいリソースのみを追加する、中間探索サイクルを実行します。詳細については、「Configuration Manager… Read more

【HOWTO】 SCCM データベースの移行手順

データベースの移行と言うと、色々と複雑そうな感じがするところがあると思いますが、SQL Server 2005 や SQL Server 2008 って、意外とその辺は楽だと勝手ながら思っています。ロバートです。 アプリケーション サーバーがバックエンドに SQL Server を持つと言うのは、MS 製品としてはごく当たり前。今マーケットに出ている全アプリケーション サーバーのバックエンド DB は SQL Server ですよね。 当然、Team Foundation Server 担当 PM をしていた2-3年の間も、SQL Server のインスタンスは何百と構成しました。SCCM においても、同じですが、基本のテスト環境としては同じものを継続的に利用しています。そこで仮想テスト環境において出てくる問題が、仮想環境の HDD を FIXED にしている場合、その HDD が圧迫され始めると言うこと… であれば、SCCM が利用するデータベースだけを、もっとフリースペースがあるところに移行しちまえばイイじゃねーか! と言う単純な考えから…実際、移行のニーズだって世の中にはあるである中で、具体的に SCCM のバックエンドを移行する手順と言うのが見当たらなかったので、ここに書いてしまおうと思った次第です。   【同一サーバーの違うドライブに SCCM の DB を移行する方法】 <事前作業> 1) 既存のデータベースを全てバックアップする (Master 含む) a. システム アドミニストレータ権限での実施が必要 2)… Read more

MSDN の究極のオファー (Ultimate Offer) で何がどう変わったの?

本日の Visual Studio 2010 の全世界でのアナウンスメントと同時に、MSDN Subscription の会員の皆さんの MSDN レベルが自動的に上がりました。 何もしなくてもレベルアップした感じですよ。 遊び人 Lv. 40 くらいだったのが、遊び人 Lv. 60 と、その他のジョブもレベルが上がった・・・みたいな。 え?余計訳が分からない感じですか? それはすみませんでした。   今回の「レベルアップ」対象となった方たちは以下: Visual Studio Team System 2008 Architecture Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Database Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Development Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System… Read more

Visual Studio 2010 β2 日本語版の提供開始!!

デベロッパー製品開発統括本部のブログでも紹介がありますよう、本日から MSDN サブスクライバ様向けに Visual Studio 2010 β2 の日本語版の提供を開始しました!! このリリースについては、皆さんご存知の Brian Harry のブログでも紹介されています♪   先日、Brian とはメールで色々とやり取りをしていたのですが、以前日本の皆さんからいただいたフィードバックを、できる限り今回の Team Foundation Server や Visual Studio の中で対応してみたから、皆さんにこのβリリースもぜひ評価してもらいたい! と言うことでした。   メール、アンケート、Connect、イベント、ミーティングなど、色んな箇所を通してフィードバックをして下さった皆さんに、本当に感謝しています!! 今後とも、宜しくお願いします。   ちなみにですが、過去に書いた「フィードバックについて」も、改めて目を通して見てください。僕の疑問として、ネガティブ フィードバックばかりなのが理解しきれないと言う内容にはなっていますが、お願いとして、良い点も「フィードバック」として是非いただきたいと思います。 開発チームの皆は、リアルにポジティブ フィードバックでやる気も変わってきます。本当に。マジで。   数日後に、Visual Studio 2010 β2 日本語版の一般公開もしますので、その際には改めてご連絡しますね!   Happy Evaluating!!   <リソース @ 日本語> VS Beta2: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/52f3sw5c(VS.100).aspx .NET Framework 4 Beta2: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/w0x726c2(VS.100,classic).aspx… Read more

明日は久しぶりに登壇します .NET な話 Yay!

ここ数ヶ月まったくイベントでも、セミナーでも登壇していなかったボクですが、明日は SQL Server のセミナーにて、.NET の話を1時間ほどさせていただきます。 そのため、先ほど大阪入りしました。 先月は名古屋に行ってきましたが、大阪は結構久しぶりです。 今回話す内容をボクは、実は、話したことがなく、また久しぶりの登壇でもあるので若干の心配はありますが、ご来場いただく皆さんには .NET の良さが伝わるよう努力します。   明日以降で、またここで少し内容をシェアできればと思います。   余談ですが: 先日の TFS 2010 構成で Beta2 とプロジェクトを作ったら、中途半端に権限があるので、実際の VS 2010 Beta 2 のプロジェクトに接続しちゃいました (汗)… Read more

2008 Database Edition GDR &amp; GDR 2

4月も、もう終わりますね。各業種において、新卒の方たちには大変な1ヶ月だったかと思いますが、これからの社会を引っ張っていくパワーの源として期待されていることでしょう。くじけず頑張って下さいね! と、僕の人生においては全く無縁だった「新卒」としての経験… (話すと長くなるので、また別の機会にでも) → と、チョットだけミステリアスになってみたりします (笑) さて、本日は Visual Studio Team System 2008 Database Edition の GDR と GDR 2 について、フォローアップなところでエントリーをしたいと思います。 最近、「VSTS の T-SQL 静的コード分析ってできないの?」と質問が少し上がっているようです。 できないことないですよー   ほら。できまっせ♪ でも、はい。GDR でちょいちょい直している機能なので、GDR インストールして下さい。 T-SQL のコード分析の実行時…   そんで、IDE 内の「警告」表示がこちら: まぁ、皆さん、見慣れたものだと思いますけどね。 各種、コード分析のルールは、以下の通りとなっています。 Microsoft.Design SR0001: ストアド プロシージャ、ビュー、およびテーブル値関数で SELECT * を使用することは避けてください SR0008: @@IDENTITY ではなく SCOPE_IDENTITY の使用を検討してください SR0009: サイズが 1 ~ 2 の可変長の型を使用することは避けてください… Read more

SQL Server 2008 SP1 と Team Foundation Server SP1

なんだかお久しぶりです。 先週は、実はプライベートで九州に初上陸していました、ロバートです。 ここ数週間の間、なかなかブログの更新ができていなかったのですが、書きたいことだけはやたらとたまっています。 でも、本日は比較的旬なトピックで…   先日から SQL Server 2008 Service Pack 1 が入手可能になりましたので、その環境と Team Foundation Server 2008 Service Pack 1 との互換性についてご説明しようかと思いました。   まず、SQL Server 2008 をバックエンドにもつ既存の Team Foundation Server with Serivce Pack 1 の環境に SQL Server 2008 Service Pack 1 を適用しても、特に問題はありません。大丈夫です。It will work。   でも、仮に SQL Server 2008 SP1 を適用済みのサーバー環境に Team Foundation Server 2008 SP1… Read more

Database Edition GDR について

遠い母国では感謝祭でお休みに入っている頃ですが、こんな時こそ日本で皆さんと対談したりユーザーさん達と触れ合う機会を設けさせてもらえることに、感謝です。日々の悩みや苦しみは当然ありますし、製品について色々と突っ込まれて答えれない時の凹みもありますが、感謝できることが常に増してあるので、支えになっています。 さて、そんな臭いセリフはさておいて… Database Edition の GDR、英語版が先日リリースされましたことは、当日にご連絡させていただきましたが、開発責任者の Gert Draper が GDR についての詳細 (アーキテクチャーにつき) かなり細かく説明があったので、ここで日本の皆さんにもシェアさせていただきます♪…と思ったのですが、書いている内に、適切な日本語訳が思いつかない単語が多々あったので、ザックリとだけ紹介させて下さい…すみません。 Gert が一番強く、一番初めに綴っていることが、今回の General Distribution Release (GDR) が通常の GDR のような「アップデート」的なものではなく、リアルな「ニューリリース」なビルドであると言うことです。何がそんなに「ニュー」なのかと言うと、アーキテクチャーを Visual Studio Team System 2010 のものとアラインして、今回の GDR の中に組み込んだと言うことです。 <メジャーなアーキテクチャー変更> モデル ベースのアーキテクチャー: SQL Server のスキーマ モデルに忠実な構成になっている データベース スキーマ プロバイダー (DSP) によってモデルを作っている: これは即ち何を意味するか。プロバイダー モデルで構成をすることにより、例えば追加リリースや新しいリリースに新機能が含まれた際、プロバイダーの更新をするか新しいプロバイダーを追加するだけで Database Edition が更新される形になる。 (うぅ~ん、うまく説明できていないかもですね) ツールの伸張性: 外部のツール ライターからも T-SQL のパーサー (SQL Server… Read more

ウェブキャスト更新、セミナー開催決定、その他いろいろ

11月になり、外の空気もどんどん寒くなってきましたね。風邪対策はチャントしていますか?・・・なんて、40℃の熱で寝込んでいた僕に言われたくないですよね (汗)さて、本日は PDC からの情報・・・は、参加した方たちに任せて、別途 VSTS ページで更新した情報 (今さっき) をお伝えします。まずは、ウェブキャスト。Development Edition + Database Edition キャンペーンと連携しているのですが、各エディションにつき簡単なウェブキャストを用意しました。エントリー レベルの内容になっているので、既にお使いになっているユーザー様にとってのアピールはそんなにないかも知れないのですが・・・Visual Studio 2008 オンラインセミナー ページ にて、更新をしましたので、興味のある方はご覧下さい!NEW なのは、「アプリケーション ライフサイクル マネジメント」 配下にある、「Database Edition」 と 「Development Edition」 の部分になります。データベースのリファクタリングも内容としてピックアップしようと思ったんですが・・・パッとしないかな?と思って今回は作りませんでした。ただし、リクエストがあるようでしたら、オフィシャルとは別に、ここに上げてみようかと思います (Just an Idea ですけどね)。また、同キャンペーンにつき、Development Edition & Database Edition 最大活用キャンペーン ページ を更新しました。一番上に、12月12日開催のイベントが紹介されています。Development Edition & Database Edition のセッションが、僕の担当になり、限られた時間の中で、どこからどこまで紹介するのが妥当なのかを検討中です。製品を結構使いこなしている方にとっては余り面白みがないかも知れませんが、もし上司の方に VSTS のメリットを理解して欲しいなんて思われる方がいらしたら、当日の配布資料を利用していただければと思います。・・・って、まだ作っていませんけどね。「その他」情報として: Microsoft Expression Blend™ 2 Service Pack 1 のフランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、そして日本語版がリリースされました。 Microsoft® Visual… Read more