今更聞けない System Center Configuration Manager 2007 Basics #3 (クライアントの割り当て編)

2011年も早くも2月に突入。忙しくしていると… なんて思いながら、時間は刻々と進んでいく一方ですね。 また、今年の冬はとても寒いせいか… 次から次と仲間が体調を崩している気がします。皆さんも体調管理には気をつけて下さいネ! さて、今回は「今更聞けない」シリーズの第3弾として、SCCM のクライアントの割り当てについて書いていきたいと思います。 クライアントのサイト割り当ては、エージェントのインストール前から指定することってできるの? いいえ。できるようで意外とできないこのプロセス。クライアントのサイト割り当ては、常にクライアント エージェントのインストールが成功していることが前提になります。クライアントの割り当てはインストール時の一環として構成されますが、逆にエージェントだけインストールしてサイトの割り当てをしないと言うことも選択肢としてはあります。その場合のクライアントは管理されていないクライアントとなります。 補足情報 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb681005.aspx クライアントをセカンダリ サイトに割り当てることはできますか? いいえ。サイトの割り当ては、必ずプライマリ サイトになります。セカンダリ サイト配下に存在しているクライアントは、セカンダリ サイトを介して親のプライマリ サイトに報告しているので、結局の割り当てはその親プライマリ サイトになります。 セカンダリ サイトの構成次第では、プロキシ管理ポイント情報やセカンダリ サイト下の配布ポイントを利用することはできるので、ネットワーク負荷を考慮するためには上手く活用すると良いですね。 補足情報 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb681005.aspx http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb632547.aspx イントラネットのクライアントがサイト サーバとは違う Active Directory フォレストに存在している場合、サーバー ロケータ ポイントを利用したサイト割り当てが必要ですか? はい。クライアントが Active Directory Domain Services からサイトの情報を参照することができない場合、サーバー ロケータ ポイント (Server Locator Point: SLP) を介してサイトの割り当てをします。CCMSETUP の中で明示的にサイトを割り当てる場合も、SLP は必要になります。 補足情報 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb693467.aspx http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb694195.aspx では、ワークグループのクライアントをインターネット経由で管理したい場合は? サーバー ロケータ ポイントが必要なんですか? いいえ。ここでのポイントは「インターネット経由で管理」すると言うことです。そうでない場合は、(3)… Read more

Robert は異動になった訳でして・・・

3月31日をもって Visual Studio ならびに Application Lifecycle Management (ALM) の担当プロダクト マネージャとしての業務を終えました。 4月1日付けで、サポート部隊に戻り、現場に出向かうエンジニアとして業務を開始・・・・・・・・・するはずではあったのですが、4月13日の Visual Studio 2010 Ready Day を通してエンジニア部隊にいながらのマーケティング業を継続すると言う感じです。 所属は相変わらず日本のマイクロソフト。 厳密にはマイクロソフト アジアなんだと思うんですが、まぁ、どっちにしろ日本での勤務は続きます。 そして今後の僕の業務となると・・・ プレミア フィールド エンジニアとして、プレミアのお客様先に出向かうエンジニアになった訳です。 取り敢えずの担当は System Center 系の製品になります。 チョイチョイ Team Foundation Server 系の依頼もあるようなので、まぁ、どっからどこまで僕がやるのかは分かりませんが・・・ ここ数回のイベントで登壇もしていないし、現場に出て行っての製品説明や細かい動作の紹介などばかりしている僕としては、ちょうど良い。 もっと大きな舞台で話したり物を紹介するのも当然大事なんですけど・・・正直、Tech・Ed や Tech Days でも余り深い話を聞きたがる人がいないようですし・・・ 残念ですよね~~~ だから、現場に行く。 それだけのこと。 Proactive Support と言うのがメインの考え方です。 問題が発生する前に、その可能性がないかをチェックしたり、構成においての問題点や盲点を探ったり・・・ 当然、実の障害が発生したときもオンサイトで問題解決をするので・・・ 兎に角、当面はトランジッション (Transition) と言うことで、色々と技術的にキャッチアップすることに専念しまーす♪… Read more

DEMO 用・業務用の仮想環境

実運用をされる方たちは、余りデモ用に仮想環境を作ることはないと思いますが・・・ 運用するにしても、仮想化を利用したソリューションが、ここ数年で増えてきていると思います。 そう言った意味では、僕の DEMO 用の環境が色んなところに散乱している・・・と言う悩みに近い悩みはあるかと思いますが。 System Center Virtual Machine Manager や、Hyper-V での管理など。また、他社様の製品で言うと VMware さんのソリューションなんかもありますよね。 実は、僕、仮想化に関しては「使う」意味でのノウハウは結構きちんと持っているのですが、アーキテクチャ面での知識は偏っている気がしています。 もっと言うのであれば、他社様の製品やサービスについてのノウハウが、仮想化と言う点に関しては少ないのかなと思います。 いや、技術者としてのベースラインの知識は持っていますし、トラブルシュートもそれなりにできますが・・・ もっと深い知識を持っても良いのではないかと、今更ながら思っています。   Visual Studio 2010 でも仮想環境を利用するソリューションなどがある中で、改めて仮想化に対する細かい部分での興味が湧いているのかと思います。   <ロバートと仮想化> と書いてみたところで、「そんなことより、自身の仮想化が実現できたら、仕事の負荷分散できるかなぁ~」なんて夢のようなことを考えてみました。 でも、まぁ、クローニング的なお話は、それこそ面倒な話になるので、ここでは触れません・・・   で、僕と仮想化の歴史は、実はそんなに深くないんです。 主に仮想化を利用し始めたのは、マイクロソフトに入社してからです。 当時は Systems Management Server のサポートや、Microsoft Operations Manager のサポートをしていたので、とにかくサーバーの仮想環境をひたすら作っていました。 Microsoft Virtual PC に始まり・・・ Microsoft Virtual Server に移り・・・ Hyper-V は、サポートから離れてからなので、主に Hyper-V では Team Foundation Server の環境を作ってますけど・・・  … Read more