Office 2010 も頑張ってます

冴子先生が頑張ってくれてるようです。 って、マイクロソフトの人間も勿論頑張ってますけどね (笑)   当然ながら、僕の環境は全部 Office 2010 なんですけど、インターナルβの頃からいじってます・・・かれこれ、1年くらいバグのレポーティングなどをしながら、使っているんですが・・・ たまに Office 2007 を入れて使うと、若干使いづらいと思ってしまう。 慣れって、すごいですね。てか、怖いですね。 Ribbon を使い始めて約4年。 お客様にも言われてきていますが、正直 Ribbon を製品に入れた当初は、僕らもチョット使いづらいと思ったんですけど・・・ なんでしょうね。今は Ribbon のほうが相当らくになってしまいました。   冴子先生の目標は日本中で2010人に Office 2010 いいじゃんと言わせることらしいですが・・・ いや、これ、できると思う。 マジでいいですよ、Office 2010。使い勝手いいです。使いやすいです。意外と機能も増えてます。   ちなみに、Visual Studio 2010 Premium/Ultimate with MSDN であれば、使えますね。 皆さん、お試しあ~れ。… Read more

MSDN の究極のオファー (Ultimate Offer) で何がどう変わったの?

本日の Visual Studio 2010 の全世界でのアナウンスメントと同時に、MSDN Subscription の会員の皆さんの MSDN レベルが自動的に上がりました。 何もしなくてもレベルアップした感じですよ。 遊び人 Lv. 40 くらいだったのが、遊び人 Lv. 60 と、その他のジョブもレベルが上がった・・・みたいな。 え?余計訳が分からない感じですか? それはすみませんでした。   今回の「レベルアップ」対象となった方たちは以下: Visual Studio Team System 2008 Architecture Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Database Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Development Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System… Read more

Visual Studio 2010 “Ready Day”

今回もやりますよっ!! 2年半前は、Visual Studio 2008 Ready Day だったような・・・ (笑) タイトルについては、気にしないで下さい。   <イベント サイトから ― 一部 BOLD にしておきます> 次期バージョンの統合開発環境 Microsoft Visual Studio 2010 の正式リリースが近づいています。Visual Studio 2010 は、既存資産を最大限に活用しつつ、Windows 7、Windows Server 2008 R2 や Microsoft Office 2010、Windows Azure などの最新プラットフォームやマルチコア コンピューティングなど進化するハードウェア対応のアプリケーションを構築するための最良の開発環境を提供します。また、より高品質なアプリケーションを開発するために、テスト機能の充実、設計機能の強化など、アプリケーション ライフサイクル管理全般をカバーすべく、開発環境自身を大幅に強化しております。 今回のイベントでは、マイクロソフト米国本社より Visual Studio 開発環境開発部門の General Manager である Paramesh Vaidyanathan によるキーノートを皮切りに、Visual Studio 2010 が提供する数多くの魅力を紹介します。 <ここまで>   気にして欲しい点: ① リリースが近づいていますなイベントであり、リリースですなイベントではありません。… Read more

Office 2010 Technical Preview

先日、米国のワールドワイド パートナー カンファレンスにて、Stephen Elop から Office 2010 が Technical Preview のマイルストーンまで進んでいることが報告されました。 Preview そのものは Invite Only になるようです → 僕担当ではないので、正直細かいことは知りません (ごめんなさい) 報道としては、色々と情報が流れているようですが・・・ Office 2010 について、間違った認識を持っていただきたくはないので、僕が知っている範囲で Office 2010 について下記に説明しましょう! Office 2010 では、ユーザーがデバイスや場所に制約されることなく Office を利用できるようにするため、PC、ブラウザー、携帯端末の 3 つのプラットフォームをサポートすることを目指しています。 Office Web アプリケーションは、リッチクライアント版 Office と比較し、機能が限定されています。PC用のリッチクライアント版 Office を補完するものであり、それに代わるものではありません。 Office 製品の中核となるのは PC 用のリッチクライアント版 Office であり、Web アプリケーション版と 携帯端末版の Office はお客様のニーズに応じてOffice の利用シーンを拡大するものです(Outlook、Outlook Mobile、Outlook Web Access に似た感じですね)。… Read more