2008 Database Edition GDR & GDR 2

4月も、もう終わりますね。各業種において、新卒の方たちには大変な1ヶ月だったかと思いますが、これからの社会を引っ張っていくパワーの源として期待されていることでしょう。くじけず頑張って下さいね! と、僕の人生においては全く無縁だった「新卒」としての経験… (話すと長くなるので、また別の機会にでも) → と、チョットだけミステリアスになってみたりします (笑) さて、本日は Visual Studio Team System 2008 Database Edition の GDR と GDR 2 について、フォローアップなところでエントリーをしたいと思います。 最近、「VSTS の T-SQL 静的コード分析ってできないの?」と質問が少し上がっているようです。 できないことないですよー   ほら。できまっせ♪ でも、はい。GDR でちょいちょい直している機能なので、GDR インストールして下さい。 T-SQL のコード分析の実行時…   そんで、IDE 内の「警告」表示がこちら: まぁ、皆さん、見慣れたものだと思いますけどね。 各種、コード分析のルールは、以下の通りとなっています。 Microsoft.Design SR0001: ストアド プロシージャ、ビュー、およびテーブル値関数で SELECT * を使用することは避けてください SR0008: @@IDENTITY ではなく SCOPE_IDENTITY の使用を検討してください SR0009: サイズが 1 ~ 2 の可変長の型を使用することは避けてください… Read more

SQL Server 2008 SP1 と Team Foundation Server SP1

なんだかお久しぶりです。 先週は、実はプライベートで九州に初上陸していました、ロバートです。 ここ数週間の間、なかなかブログの更新ができていなかったのですが、書きたいことだけはやたらとたまっています。 でも、本日は比較的旬なトピックで…   先日から SQL Server 2008 Service Pack 1 が入手可能になりましたので、その環境と Team Foundation Server 2008 Service Pack 1 との互換性についてご説明しようかと思いました。   まず、SQL Server 2008 をバックエンドにもつ既存の Team Foundation Server with Serivce Pack 1 の環境に SQL Server 2008 Service Pack 1 を適用しても、特に問題はありません。大丈夫です。It will work。   でも、仮に SQL Server 2008 SP1 を適用済みのサーバー環境に Team Foundation Server 2008 SP1… Read more

ご報告が遅れました… Windows Vista & Windows Server 2008 Service Pack 2 のリリース キャンディデート (RC) を提供しています

最近は、呑み過ぎと寝不足だけならぬ、アレルギーのお薬影響もあり、常にグロッギーな感じなロバートです。 皆さんは、花粉症といかがバトルされていますか? (笑)   さて、今日は…すみません。ご連絡が遅れましたね。 Windows Vista および Windows Server 2008 の Service Pack 2 につき、Release Candidate (RC) が公開されているので、テスト環境などで試してみて下さい。   x86: Windows Server 2008 Service Pack 2 Release Candidate および Windows Vista Service Pack 2 Release Candidate (5 言語用スタンドアロン版)(KB948465) x64: x64 ベース システム用の Windows Server 2008 Service Pack 2 Release Candidate および Windows Vista Service… Read more