パフォーマンス チューニング セッション、Explained

昨夜はガッツリ寝ました、ロバートです。 でも、その分、今朝は4時起床… なんでだろう。 さて、本日のブログでは、昨日のセッションの内容をスライド込みで解説します。 ※ 当たり前なことしか話していませんので、変にツッコミ入れんといて下さい ( >_<) タイトルは、VSTS 2008 によるパフォーマンス チューニング。 先日のポストでも言った通り、MSC 2008 の時とネタは同じです。PPT さえ、同じです。 違い?「~ & テスト」と書いてあるか否か。後、今回の話は「実践的」と言う言葉は一度も出していない。 それくらいです w アジェンダも大差ないです。ただ、今回は極力、製品の話は減らしたと言うことですね。   今回は、冒頭でこんなことを言いました。 パフォーマンス チューニングとは、決して華やかさのあるものではなく、むしろ地味なんです。 地味な作業ほど、大事なんです。怠ってはいけないんです。 デベロッパーの皆さんからしたら、「んなこと分かってるよ」と言うことばかりだったと思うのですが… 「分かっている」と言うのと「やっている」と言うのは大違い。 意外と理解していても、実施されていないベスト プラクティスなことって、沢山あったりしません? 細かいことが沢山… でも、「ちりも積もれば山になる」ですよね? 「山」はイイ方向にも、悪い方向にも積もります。   パフォーマンス チューニングのお話をするにあたって、必ず見せるスライドが以下の二つ: 「パフォーマンス」のお話って、意外と難しいんです。 なぜなら、パフォーマンスは「体感」することが主だから… 数値だけで表わせるものではなくて、実は一番のパフォーマンス インジケーターって、ユーザーの感覚なんですよね? アプリケーションを起動して「遅い」と感じるか否か。 人によって、全然違う。 アプリケーションを複数使って、「重い」と感じるか否か。 これもまた、人それぞれの感覚。 でも、実際にフィジカルな世界で理解できることとして、システムに対する負荷が増えれば、そのシステムのパフォーマンスは低下すると言う当たり前な事実。 どうやってそれを認識するか?どうやって数値化するか? リソース モニターやパフォーマンス モニターを利用したことは、ありますよね? Windows のシステム ツールに含まれる、このようなツールを利用してパフォーマンスを計測することって結構あると思います。 そして、パフォーマンス チューニングとは、負荷になっている部分を特定して、その負荷を軽減するなり分散するなりしていくこと…… Read more

Session @ Developers Summit 2009

数時間前に登壇し、45分のセッションの中…50分+喋ってました。 やっぱり、45分で喋るのは難しい! でも、頑張った。最後の方はマシンガン トークになりましたが、言いたいことは言いました。 伝えたいことは伝えました。 僕なりに、頑張りました。   んで、結局どんな話かって? タイトルとしては「Visual Studio Team System 2008 によるパフォーマンス チューニング」だったんですが、基本パフォーマンス チューニングの話をして、最後の最後で VSTS の話を少しした感じでした。 でも、それで良いのです。今日の話は、デベロッパーの皆さんに、「再認識して下さい」なことだったんです。   パフォチューって、地味なんですよ。ホント。 華やかなことではまったくないのですが、実行することはとても大事。 思いのほか、頷いている人たちや、言っていることをメモっている方たちが多くて、嬉しいと言えば嬉しかったんですが… 僕はごく当たり前のことを話していたつもりだったので、そこで「新発見」と思っている方がいたとしたら…うん。今後、きちんと意識して開発して下さいね!と言ったところですね~~   明日・明後日のどこかで、話した内容を改めてここに載せてみますね。( ^^) メッセージそのものも、「現代」「このご時世」に合わせて考えたので、それがもしこのページを見にきて下さる方たちにも響くのであれば…と思います。 では、そろそろ、イベントのパーティーの方にいってきまぁ~す♪… Read more