MSDN の究極のオファー (Ultimate Offer) で何がどう変わったの?

本日の Visual Studio 2010 の全世界でのアナウンスメントと同時に、MSDN Subscription の会員の皆さんの MSDN レベルが自動的に上がりました。 何もしなくてもレベルアップした感じですよ。 遊び人 Lv. 40 くらいだったのが、遊び人 Lv. 60 と、その他のジョブもレベルが上がった・・・みたいな。 え?余計訳が分からない感じですか? それはすみませんでした。   今回の「レベルアップ」対象となった方たちは以下: Visual Studio Team System 2008 Architecture Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Database Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Development Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System… Read more

Visual Studio 2010 “Ready Day”

今回もやりますよっ!! 2年半前は、Visual Studio 2008 Ready Day だったような・・・ (笑) タイトルについては、気にしないで下さい。   <イベント サイトから ― 一部 BOLD にしておきます> 次期バージョンの統合開発環境 Microsoft Visual Studio 2010 の正式リリースが近づいています。Visual Studio 2010 は、既存資産を最大限に活用しつつ、Windows 7、Windows Server 2008 R2 や Microsoft Office 2010、Windows Azure などの最新プラットフォームやマルチコア コンピューティングなど進化するハードウェア対応のアプリケーションを構築するための最良の開発環境を提供します。また、より高品質なアプリケーションを開発するために、テスト機能の充実、設計機能の強化など、アプリケーション ライフサイクル管理全般をカバーすべく、開発環境自身を大幅に強化しております。 今回のイベントでは、マイクロソフト米国本社より Visual Studio 開発環境開発部門の General Manager である Paramesh Vaidyanathan によるキーノートを皮切りに、Visual Studio 2010 が提供する数多くの魅力を紹介します。 <ここまで>   気にして欲しい点: ① リリースが近づいていますなイベントであり、リリースですなイベントではありません。… Read more

Team System の事例 – 工数削減、コスト削減、業務の効率化

改めて、日本の事例、グローバルの事例などを以下のページで紹介し始めました。 http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/campaign/vstscasestudy.aspx Visual Studio Team System を導入することにより、開発工数の削減、開発コストの削減、プロジェクト マネジメントのコスト削減、テスト工数の削減など、アプリケーションのライフサイクル全体を通してどのような改善をはかれたかをピックアップした事例を主にピックアップしています。 グローバル事例はまだ英語版しか載せていませんが、日本語訳も追って載せていく予定です。   世界各国での VSTS の活躍をぜひご覧ください。 そして、日本でも規模を問わず、VSTS での開発の改善を実現していくため、皆さんと協力していければと思っています!   Let’s 改善! ( ^^)ノ… Read more

VS/VSTS 2010 & .NET 4 β1 一般公開

本当に最近はこんなご連絡ばかりで恐縮です (少し日本人っぽくなりました、僕?)   と言うことで、Visual Studio Team System 2010 ならびに .NET 4 の β1 が一般公開され、ダウンロード センターからダウンロード可能になりました!   Visual Studio Team System 2010 Team Suite Beta1 日本語版 – Web インストーラー http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyID=85520793-68fc-4361-a8b6-dc2cff49c8d2&displaylang=ja Visual Studio Team System 2010 Team Suite Beta1 日本語版 – Iso イメージ http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=255FC5F1-15AF-4FE7-BE4D-263A2621144B&displaylang=ja Visual Studio Team System 2010 Team Foundation Server Beta1 に日本語版 – Iso イメージ… Read more

開発者向けキャンペーン – まだまだ実施中!

最近は夜中にアメリカのチームとひたすらメール、 Communicator、電話などでやりとりして思う存分母国語を活用しています、ロバートです。 でも、寝不足になると言うオチがあるんですよね・・・ (汗)   さて! 本日は、製品担当のマーケティングらしいエントリーをさせていただきますっ!   忘れてはいないと思いますが・・・ 開発者向けキャンペーン、まだ実施中ですよっ! ですが、チャント詳細を確認して下さい。期限ありますからっ!! http://www.microsoft.com/japan/vstudio/campaign/   特に Team System の検討をしていただけるなら、コンテンツはそれなりに揃えていますよ♪ 以前にも紹介していますが、Development Edition + Database Edition 最大活用キャンペーンのページから 8 つのウェブキャストにも行けますからね! …って、すべて僕が機能説明しているんですが、そんなに難しいことは話していないので、概要レベルで機能の確認をしたい方にはちょうど良いかと思います。   とにかく環境をいじりたい方は、バーチャル ラボ (VIRTUAL LAB) を忘れずに! シナリオ以外のこともお試し下さい。 (^ー^)… Read more

Team Foundation Server を利用してアジャイルな開発を (Part II)

本日は前回のエントリーの続き、ツールの使い道について。 その前に、いつもの前説を… (懲りないロバートです) 先日の凹みはF1観戦ができなかったとか、大学バスケのトーナメント観戦できなかったと言った、大した凹みではありませんでしたが・・・ 今日は… もう… 朝から火傷。早めに出社したのにテレカンのブリッジがいきなり変わっていたので、戸惑いながらテレカンに10分遅れて参加… マシンの調子は不調中の不調。仕事が何一つ手に付かず、一日中デスクでPCに向かって発狂していました。   そんなコケてばかりの一日… よくよく見ると3月も今日で終わり。2009年、早くも4分の1が経過してしまいましたよっ!!   不貞腐れて早めに帰宅し、家のPC (Vista x64 の DELL Inspiron 1720) でお仕事をしています。 でも、よく考えると、日曜日にアップしたポストの続きがまだだった!!   と言うことで、続き (前説長いんです)     アジャイルな開発を実現するために、ツールは必要だと言う話の中で、マイクロソフトの Visual Studio Team System の機能を利用して実現することも可能だと言うところに至ったかと思います。 そして、前回はその VSTS がアプリケーション ライフサイクル管理 (ALM) のコンセプトをベースに作られたこと; ALM の中ではビジネス、開発、運用と言った3つの大きな歯車に注目して、かつ各歯車 (ステークホルダー) によってビジネス バリューと言うものを確認し、要求し、開発し、最終的にはそのバリューを見出すものをデリバリーすると言うことをお伝えしました。VSTS はこれらステークホルダーのコミュニケーション ギャップを退けるために…または、そのコミュニケーションを支援するためにあるものでもあると説明しました。 アジャイルな開発を実施するにあたっても、Agile Manifesto にある通り、ビジネス側の人間と開発側の人間は日々一緒に仕事をする必要があると言った、ごく当たり前のことを実施していかないことには、開発プロジェクトのバリュー (価値) と言うものをきちんと見出すことができないと言うことも…   VSTS には「クライアント」と「サーバー」のコンポーネントがあります。 VSTS に何かしらかかわったことのある方は、クライアント側に… Read more

Database Edition での Oracle サポート

個人的に頭を抱えることが多々ある中で、Database 開発をされる皆さんにとってはハッピーなニュースになるかと思います。 まぁ、僕、ロバートが、悩んでいようがいまいが、皆さんには影響はないんですけどね (笑)   さて、本日のご報告は、Visual Studio Team System 2010 についてです。 既に、Database Edition が Development Edition と一緒になると言うことはご存じかと思います。そして、Tech Ed 2008 では Database Edition の機能として、DB2 が対象 DB になると言うことをお伝えすることができましたね。 その時、「Oracle さんに関しては、まだ何もご報告できませんが…」と言うことと、「DB Edition のコネクターはデータベース スキーマ プロバイダー (DSP) モデルなので、その気があれば作れますよ!」と言うことも言いましたね。   今回、米国 QUEST さんが VSTS 2010 用の Oracle DB コネクターを作成していることをアメリカで発表されました!日本のマーケットでは Oracle を利用されている企業様も沢山いるので、そこでの開発をしたり、スキーマ拡張をしたり、スキーマのモデルを作ったり… できるようになります。 日本語版のコネクタをリリースされるのかは未だ僕自身は知りませんが、その辺は分かり次第シェアしたいと思います。 Database Edition の機能をレバレッジして、本番環境を崩したり壊したりすることもなく、本番環境のデータを利用しなくても良いリアル データでのテストであったりしたものを実施していっていただきたいと思うんですが… SQL Server 2000、2005、2008… Read more

パフォーマンス チューニング セッション、Explained

昨夜はガッツリ寝ました、ロバートです。 でも、その分、今朝は4時起床… なんでだろう。 さて、本日のブログでは、昨日のセッションの内容をスライド込みで解説します。 ※ 当たり前なことしか話していませんので、変にツッコミ入れんといて下さい ( >_<) タイトルは、VSTS 2008 によるパフォーマンス チューニング。 先日のポストでも言った通り、MSC 2008 の時とネタは同じです。PPT さえ、同じです。 違い?「~ & テスト」と書いてあるか否か。後、今回の話は「実践的」と言う言葉は一度も出していない。 それくらいです w アジェンダも大差ないです。ただ、今回は極力、製品の話は減らしたと言うことですね。   今回は、冒頭でこんなことを言いました。 パフォーマンス チューニングとは、決して華やかさのあるものではなく、むしろ地味なんです。 地味な作業ほど、大事なんです。怠ってはいけないんです。 デベロッパーの皆さんからしたら、「んなこと分かってるよ」と言うことばかりだったと思うのですが… 「分かっている」と言うのと「やっている」と言うのは大違い。 意外と理解していても、実施されていないベスト プラクティスなことって、沢山あったりしません? 細かいことが沢山… でも、「ちりも積もれば山になる」ですよね? 「山」はイイ方向にも、悪い方向にも積もります。   パフォーマンス チューニングのお話をするにあたって、必ず見せるスライドが以下の二つ: 「パフォーマンス」のお話って、意外と難しいんです。 なぜなら、パフォーマンスは「体感」することが主だから… 数値だけで表わせるものではなくて、実は一番のパフォーマンス インジケーターって、ユーザーの感覚なんですよね? アプリケーションを起動して「遅い」と感じるか否か。 人によって、全然違う。 アプリケーションを複数使って、「重い」と感じるか否か。 これもまた、人それぞれの感覚。 でも、実際にフィジカルな世界で理解できることとして、システムに対する負荷が増えれば、そのシステムのパフォーマンスは低下すると言う当たり前な事実。 どうやってそれを認識するか?どうやって数値化するか? リソース モニターやパフォーマンス モニターを利用したことは、ありますよね? Windows のシステム ツールに含まれる、このようなツールを利用してパフォーマンスを計測することって結構あると思います。 そして、パフォーマンス チューニングとは、負荷になっている部分を特定して、その負荷を軽減するなり分散するなりしていくこと…… Read more

Session @ Developers Summit 2009

数時間前に登壇し、45分のセッションの中…50分+喋ってました。 やっぱり、45分で喋るのは難しい! でも、頑張った。最後の方はマシンガン トークになりましたが、言いたいことは言いました。 伝えたいことは伝えました。 僕なりに、頑張りました。   んで、結局どんな話かって? タイトルとしては「Visual Studio Team System 2008 によるパフォーマンス チューニング」だったんですが、基本パフォーマンス チューニングの話をして、最後の最後で VSTS の話を少しした感じでした。 でも、それで良いのです。今日の話は、デベロッパーの皆さんに、「再認識して下さい」なことだったんです。   パフォチューって、地味なんですよ。ホント。 華やかなことではまったくないのですが、実行することはとても大事。 思いのほか、頷いている人たちや、言っていることをメモっている方たちが多くて、嬉しいと言えば嬉しかったんですが… 僕はごく当たり前のことを話していたつもりだったので、そこで「新発見」と思っている方がいたとしたら…うん。今後、きちんと意識して開発して下さいね!と言ったところですね~~   明日・明後日のどこかで、話した内容を改めてここに載せてみますね。( ^^) メッセージそのものも、「現代」「このご時世」に合わせて考えたので、それがもしこのページを見にきて下さる方たちにも響くのであれば…と思います。 では、そろそろ、イベントのパーティーの方にいってきまぁ~す♪… Read more

これより Developers Summit 2009 登壇

する訳なのですが、ここ数日、色々と考えてみました。 話す内容としては、the Microsoft Conference 2008 のものにとても近いんです。 PPT においては、むしろ、ほぼそのまま利用しています。 パフォーマンス チューニングのお話ですから・・・   Visual Studio Team System 2008 Development Edition のお話… ツールのお話… プロファイリング機能のお話。 製品のお話としては、そこに特化するところだとは思うのですが、それじゃなんら面白くもない。 と、言うことで、30分後くらいから話す内容を今朝決めました。 「今のご時世だからこそ」をキーワードに、お話をしてきます。 ウケが良いか悪いかは、正直分かりません。 でも、「こんな考え方もあるんですよ」な感覚で語ってきます。 恐らく、熱くなって、時間ギリギリまで利用して、若干暴走するかも・・・ですな。 w   短い時間の中でのトークになるので、とにかく楽しんでみたいと思います! 後は、気持ちが伝わるか否か…… Read more