US に一時帰国な「出張」中

久しくアメリカに一時帰国しています。出張なので、普通に仕事していますけどね。 8:00 から仕事を開始し、17:30 には仕事上がり。効率もよく、環境としては、僕にはやっぱり合っています・・・   ・・・が、当然日本の仕事を17:30以降にやっているので、逆に稼働時間が長くなると言う状態だったりします (笑) リモートで TFS 2008 から TFS 2010 へのアップグレードを検討してみたりSCCM DB スキーマを利用した、テスト データの自動生成をしてみたり後日改めてここに載せれる情報を揃えていまーーーーす!… Read more

VS 2010 Premium 以上 / VSTS 2008 Database Edition 以上の機能を使ってテスト用データの生成 (前編)

マイクロソフトが提供するアプリケーション サーバーは、今や全てが SQL Server をバックエンドに持っています。 System Management Server (SMS) や System Center Configuration Manager (SCCM) も、それに違いはありません。 現在、僕の検証環境として構築している SCCM 2007 は、SQL Server 2005 SP2 を利用しています。   SCCM が保持するデータを利用したテストを行うと言うのは、資産管理をする個別のアプリケーション (インターフェースとして) を作った場合に最適かも知れません。 なぜなら SCCM は資産管理サーバーとして社内資産の莫大なデータを保持しています。 それらのデータを受け入れることができるかの負荷テストを実施したり、想定している通りのデータの表示がされるかなど、良いテストが実施できるのではないでしょうか。   <開発用途に利用するデータベース内のデータ> 一つのやり方としては、本番環境のデータベースをバックアップして、開発環境にリストアした上で、そのデータを活用することができますね。 ただし、SCCM のように個人データから社内の資産データを保持しているサーバーの情報ですから、本番データを利用するのは難しいですよね。 また、本番のデータがデータ量として不充分だったら、どうしましょう・・・ 当然ながら、テスト用のデータを一つずつ作っていくこともできます。 より確実といえばそうかも知れませんが、とにかく時間がかかる・・・そしてヒューマン エラーとして、Database のスキーマに合わない形のデータを生成してしまう可能性も充分ありますよね。 じゃ、どうすれば良いの?   <Visual Studio 2010 Premium / Visual Studio Team System 2008… Read more

MSDN の究極のオファー (Ultimate Offer) で何がどう変わったの?

本日の Visual Studio 2010 の全世界でのアナウンスメントと同時に、MSDN Subscription の会員の皆さんの MSDN レベルが自動的に上がりました。 何もしなくてもレベルアップした感じですよ。 遊び人 Lv. 40 くらいだったのが、遊び人 Lv. 60 と、その他のジョブもレベルが上がった・・・みたいな。 え?余計訳が分からない感じですか? それはすみませんでした。   今回の「レベルアップ」対象となった方たちは以下: Visual Studio Team System 2008 Architecture Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Database Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Development Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System… Read more

Visual Studio 2010 “Ready Day”

今回もやりますよっ!! 2年半前は、Visual Studio 2008 Ready Day だったような・・・ (笑) タイトルについては、気にしないで下さい。   <イベント サイトから ― 一部 BOLD にしておきます> 次期バージョンの統合開発環境 Microsoft Visual Studio 2010 の正式リリースが近づいています。Visual Studio 2010 は、既存資産を最大限に活用しつつ、Windows 7、Windows Server 2008 R2 や Microsoft Office 2010、Windows Azure などの最新プラットフォームやマルチコア コンピューティングなど進化するハードウェア対応のアプリケーションを構築するための最良の開発環境を提供します。また、より高品質なアプリケーションを開発するために、テスト機能の充実、設計機能の強化など、アプリケーション ライフサイクル管理全般をカバーすべく、開発環境自身を大幅に強化しております。 今回のイベントでは、マイクロソフト米国本社より Visual Studio 開発環境開発部門の General Manager である Paramesh Vaidyanathan によるキーノートを皮切りに、Visual Studio 2010 が提供する数多くの魅力を紹介します。 <ここまで>   気にして欲しい点: ① リリースが近づいていますなイベントであり、リリースですなイベントではありません。… Read more

Team System の事例 – 工数削減、コスト削減、業務の効率化

改めて、日本の事例、グローバルの事例などを以下のページで紹介し始めました。 http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/campaign/vstscasestudy.aspx Visual Studio Team System を導入することにより、開発工数の削減、開発コストの削減、プロジェクト マネジメントのコスト削減、テスト工数の削減など、アプリケーションのライフサイクル全体を通してどのような改善をはかれたかをピックアップした事例を主にピックアップしています。 グローバル事例はまだ英語版しか載せていませんが、日本語訳も追って載せていく予定です。   世界各国での VSTS の活躍をぜひご覧ください。 そして、日本でも規模を問わず、VSTS での開発の改善を実現していくため、皆さんと協力していければと思っています!   Let’s 改善! ( ^^)ノ… Read more

VS/VSTS 2010 & .NET 4 β1 一般公開

本当に最近はこんなご連絡ばかりで恐縮です (少し日本人っぽくなりました、僕?)   と言うことで、Visual Studio Team System 2010 ならびに .NET 4 の β1 が一般公開され、ダウンロード センターからダウンロード可能になりました!   Visual Studio Team System 2010 Team Suite Beta1 日本語版 – Web インストーラー http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyID=85520793-68fc-4361-a8b6-dc2cff49c8d2&displaylang=ja Visual Studio Team System 2010 Team Suite Beta1 日本語版 – Iso イメージ http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=255FC5F1-15AF-4FE7-BE4D-263A2621144B&displaylang=ja Visual Studio Team System 2010 Team Foundation Server Beta1 に日本語版 – Iso イメージ… Read more

2008 Database Edition GDR & GDR 2

4月も、もう終わりますね。各業種において、新卒の方たちには大変な1ヶ月だったかと思いますが、これからの社会を引っ張っていくパワーの源として期待されていることでしょう。くじけず頑張って下さいね! と、僕の人生においては全く無縁だった「新卒」としての経験… (話すと長くなるので、また別の機会にでも) → と、チョットだけミステリアスになってみたりします (笑) さて、本日は Visual Studio Team System 2008 Database Edition の GDR と GDR 2 について、フォローアップなところでエントリーをしたいと思います。 最近、「VSTS の T-SQL 静的コード分析ってできないの?」と質問が少し上がっているようです。 できないことないですよー   ほら。できまっせ♪ でも、はい。GDR でちょいちょい直している機能なので、GDR インストールして下さい。 T-SQL のコード分析の実行時…   そんで、IDE 内の「警告」表示がこちら: まぁ、皆さん、見慣れたものだと思いますけどね。 各種、コード分析のルールは、以下の通りとなっています。 Microsoft.Design SR0001: ストアド プロシージャ、ビュー、およびテーブル値関数で SELECT * を使用することは避けてください SR0008: @@IDENTITY ではなく SCOPE_IDENTITY の使用を検討してください SR0009: サイズが 1 ~ 2 の可変長の型を使用することは避けてください… Read more

SQL Server 2008 SP1 と Team Foundation Server SP1

なんだかお久しぶりです。 先週は、実はプライベートで九州に初上陸していました、ロバートです。 ここ数週間の間、なかなかブログの更新ができていなかったのですが、書きたいことだけはやたらとたまっています。 でも、本日は比較的旬なトピックで…   先日から SQL Server 2008 Service Pack 1 が入手可能になりましたので、その環境と Team Foundation Server 2008 Service Pack 1 との互換性についてご説明しようかと思いました。   まず、SQL Server 2008 をバックエンドにもつ既存の Team Foundation Server with Serivce Pack 1 の環境に SQL Server 2008 Service Pack 1 を適用しても、特に問題はありません。大丈夫です。It will work。   でも、仮に SQL Server 2008 SP1 を適用済みのサーバー環境に Team Foundation Server 2008 SP1… Read more

開発者向けキャンペーン – まだまだ実施中!

最近は夜中にアメリカのチームとひたすらメール、 Communicator、電話などでやりとりして思う存分母国語を活用しています、ロバートです。 でも、寝不足になると言うオチがあるんですよね・・・ (汗)   さて! 本日は、製品担当のマーケティングらしいエントリーをさせていただきますっ!   忘れてはいないと思いますが・・・ 開発者向けキャンペーン、まだ実施中ですよっ! ですが、チャント詳細を確認して下さい。期限ありますからっ!! http://www.microsoft.com/japan/vstudio/campaign/   特に Team System の検討をしていただけるなら、コンテンツはそれなりに揃えていますよ♪ 以前にも紹介していますが、Development Edition + Database Edition 最大活用キャンペーンのページから 8 つのウェブキャストにも行けますからね! …って、すべて僕が機能説明しているんですが、そんなに難しいことは話していないので、概要レベルで機能の確認をしたい方にはちょうど良いかと思います。   とにかく環境をいじりたい方は、バーチャル ラボ (VIRTUAL LAB) を忘れずに! シナリオ以外のこともお試し下さい。 (^ー^)… Read more

Team Foundation Server を利用してアジャイルな開発を (Part II)

本日は前回のエントリーの続き、ツールの使い道について。 その前に、いつもの前説を… (懲りないロバートです) 先日の凹みはF1観戦ができなかったとか、大学バスケのトーナメント観戦できなかったと言った、大した凹みではありませんでしたが・・・ 今日は… もう… 朝から火傷。早めに出社したのにテレカンのブリッジがいきなり変わっていたので、戸惑いながらテレカンに10分遅れて参加… マシンの調子は不調中の不調。仕事が何一つ手に付かず、一日中デスクでPCに向かって発狂していました。   そんなコケてばかりの一日… よくよく見ると3月も今日で終わり。2009年、早くも4分の1が経過してしまいましたよっ!!   不貞腐れて早めに帰宅し、家のPC (Vista x64 の DELL Inspiron 1720) でお仕事をしています。 でも、よく考えると、日曜日にアップしたポストの続きがまだだった!!   と言うことで、続き (前説長いんです)     アジャイルな開発を実現するために、ツールは必要だと言う話の中で、マイクロソフトの Visual Studio Team System の機能を利用して実現することも可能だと言うところに至ったかと思います。 そして、前回はその VSTS がアプリケーション ライフサイクル管理 (ALM) のコンセプトをベースに作られたこと; ALM の中ではビジネス、開発、運用と言った3つの大きな歯車に注目して、かつ各歯車 (ステークホルダー) によってビジネス バリューと言うものを確認し、要求し、開発し、最終的にはそのバリューを見出すものをデリバリーすると言うことをお伝えしました。VSTS はこれらステークホルダーのコミュニケーション ギャップを退けるために…または、そのコミュニケーションを支援するためにあるものでもあると説明しました。 アジャイルな開発を実施するにあたっても、Agile Manifesto にある通り、ビジネス側の人間と開発側の人間は日々一緒に仕事をする必要があると言った、ごく当たり前のことを実施していかないことには、開発プロジェクトのバリュー (価値) と言うものをきちんと見出すことができないと言うことも…   VSTS には「クライアント」と「サーバー」のコンポーネントがあります。 VSTS に何かしらかかわったことのある方は、クライアント側に… Read more