[報告] 本社所属の開発チームに異動しました

少々遅めの、新年おめでとうございます m(_   _)mブログでは、大変ご無沙汰しております。 日本滞在も10年が経過し、11年目に突入してしまいました、ロバートです (*’▽’) 日本マイクロソフトでの業務も10年が経過し、今年からは本社所属の一人部署で活動を開始しました。と言っても、品川のオフィスにも席を持っているので、基本的に (表向きに) は今までと特に変わりません。引き続き & 相変わらず、見た目は日本人のひげ面アメリカ人です。自由です。   10年の振り返りをしていると、きりがないとは思いますが、仮にご要望があれば (誰が読むんだ) 書きますよ (笑)   …で、また異動したの? はい。また異動しました。11年目にして4度目の異動、5部署目になります。今回は、MS 社内では初めての自分から探して (見つけて) 応募した異動になるので、色々とドキドキとワクワクです♪   これからはどんな仕事をするの? 開発組織に異動し、プログラム マネージャとして日本で一人部署での活動です。担当エリアはアジア全体ですが、当面は日本のお客様とパートナー様がメインになると思います。仕事内容 (直近) としては、Microsoft Intune の既存顧客の皆さまに、サービスをご利用いただくにあたっての支援や全体のサービス向上につながる機能・フィーチャーのリクエストを受けたり、パートナー様・ユーザー様とのフィードバックのリズムを作ることです。   無償支援ってこと? 時と場合、状況によっては当然弊社の有償サービスをご利用いただきたいのですが!!まだまだ「これから」のサービスである Intune は、より多くのお客様にご利用いただき、皆さまの視点からのサービスの良し悪しを認識・理解する必要があると思っています。ですので、僕がエンゲージするお客様は、ある一定のクライテリア・要件を満たしているお客様からスタートします。また、支援サービスとしてはエンゲージもすれば、ディスエンゲージするタイミングも明確にします。永久無償支援では決してありません (そんなことしたら、僕が死んじゃいます)。 開発チームとしてのエンゲージメントなので、基本の姿勢としては製品・サービスについては誰よりも知っていなくてはならない立場です。…ですが、人間誰も完璧ではないので、完璧を求められるとスネるかも知れませんので、取り扱いにはご注意を (爆) 半分以上は冗談です。きっと。   機能・フィーチャーについては、言いたいことが沢山あるんだけど! そうだと思います。繰り返しになりますが、まだまだ「これから」のサービスだと個人的には思っています。それもあって、僕がこのロールを日本に作ってもらったと理解してください。 でも、だからと言って、全てのご要望をいずれ実装することもないと思ってください。「全体のサービス向上につながる」機能やご要望は、極力取り入れるようにしていけるよう努力しますが、サービスの一部にならないであろうリクエストも沢山受けることになるだろうと思います。 僕としては、機能拡張や機能追加をするか否かの判断も、ある程度はしていくことになります。 皆さんのご要望をすべて満たすことはできませんが、できる限り取り入れられるものは取り入れたいとは思います。そのためにはお客様やパートナー様にもご協力いただく必要があります。ただ一方的に「この機能が必要」と言うのは、あり得ません。無理です。代弁者として、それだけだとコードを書いている開発者の皆からプッシュバックされた時に、戦うことができません。 「何故」必要なのか? → 「他社製品ができるから…」と言うのは理由になりません。どのような理由で、特定機能を必要としているか = ユースケース シナリオがあり、伴うコストがあり、目的を達成するための機能である必要があります。それらが日本特有である場合はプッシュし辛いこともあります。世界各国で多くのリクエストが上がる中、注力していくのは当然ながらよりインパクトの大きいもの。人口やマーケットの大きさに左右されることは少なからずだと、個人的には思っています。結果的にそうじゃないかも知れませんが、そう言う可能性も充分あると思って下さいね。 (ユーザー様が多いほど、インパクトは大きいので、より多くのお客様にご利用いただくのがポイントですね!!) この辺については、今後もチョクチョク更新していきます。   フィードバックのリズムとは? Intune… Read more

Configuration Manager 2007 環境の分析・解析・安定化をお手伝いしますっ!!

何を偉そうに… なんて言わないで下さい (笑) 5月の頭から6月の終わりまで、国内外、毎週違うところに出没すると言う、妙にハード スケジュールでしたロバートです。 どれだけハードなスケジュールだったかって? 移動時間25時間 (アトランタ経由)    アメリカ (テキサス) x6日間 移動時間27時間 (アトランタ経由)           日本滞在 13 時間 移動時間18時間 (アムステルダム経由)    イギリス (ロンドン郊外) x7日間 移動時間23時間 (アムステルダム経由)    東京 x8日間 移動時間2時間    長野 x5日間 移動時間2時間    東京 x9日間 移動時間23時間 (デトロイト経由)    カナダ (トロント) x9日間 移動時間26時間 (デトロイト経由) ― 幸いここでビジネスに無料アップグレード♪    東京 x2日間 移動時間14時間    イギリス (ロンドン郊外) x7日間… Read more

Configuration Manager の Risk Assessment Program

AD、SQL、Exchange、SharePoint などの Risk Assessment Program というのは、これまでも提供し続けていますが、SCCM 用のはこれまで提供していませんでした。提供開始できるようになるべく、これから上海に飛びます。 と、言うことで、人生初の中国上陸に向けて現在羽田空港で待機中のロバートです。 Risk Assessment Program は、プレミアのお客様専用のプログラムとして、お客様の環境を診断するサービスとなっています。代表的なのが Active Directory Risk Assessment Program (ADRAP) というもので、お客様の AD 環境の設定やログ情報、構成などの確認をして、Premier Field Engineer として我々がそのデータを分析し、お客様の環境をより円滑に利用できる状態を作ったり、保守をより容易にする方法などを提案するためのものともなっています。 System Center 中心の PFE として、僕の場合は、各種 RAP のデータとその分析結果をもとに、Operations Manager で ADやSQL、MOSSやExchange の環境を、効果的に監視する方法であったり、その監視を自動化する手段をソリューションとして提供しています。最近は、あまりその手の話をしていませんが… ごく最近、Configuration Manager 用の Risk Assessment Program も開発され、少しずつグローバルのお客様先でその診断を行い始めています。日本に関しては、まだ提供開始をしていませんが、それを実現するべく僕はこれから中国で、トレーニングを受けに行きます。問題なくトレーニングをこなして、その後のテストをいくつかパスすれば、晴れて日本でも CMRAP を提供することができるようになります。問題がなければ…ですけどね。 なんだかんだ言って、System Center 製品群のすべてをこれまでも見てきているので、頭の中はゴチャゴチャ。Configuration Manager のすべてを知り尽くしているかと聞かれると、決してそんなことはありません。1週間、ガッツリとトレーニングを受けてきますので、上手くいくことを願って…   それはさておき、今回のトレーニングでは上海に行くことになり、人生初の中国上陸をします!ちょっとドキドキ…英語が通用しない国って、日本以外で行ったことがないので、とても心配です w アメリカ人の僕は、周りに結構「国際的」な人と思われがちですが、実際のところは北米以外は殆ど踏み入ったことがないんです。2年前にオーストラリアに初めて行き、去年はシンガポールに初めて行きました。そして今年は中国…北米なら基本的にどうにでもなる奴ですし、英語圏であればサバイバルも楽勝なんですが…さて、どうなることやら…です。 今年は、できれば、他にもインドやインドネシア、タイやベトナムにも行ってみたいです。日本に住んでいる間に、できればチベットなんかも行ってみたい。あー…でも、日本国内も回ってみたいので、仕事以外では日本国内にしぼろうかなぁ…未だ、北海道にも行ったことがなければ、四国にも行ったことがありません。九州は、長崎だけ。沖縄もテレビの中でしか見たことない wやっぱり日本国内をまわろう…… Read more

Visual Studio 2010 Launch Event part I: Malaysia

http://myvs2010.com/   ジャパンは、明日~~~ @ 六本木アカデミーヒルズ。 僕も行きますよぉ~~~。 セッションでカバーされないこと、セッションで疑問に思ったことなど、僕を見付けたら聞いて下さって良いですよぉ~ 答えれる範囲でなんでも受け付けます → その分、分からないことは、「わかりませーん!!」と言う気満々 (笑)   リリースってこともあるので、これなら後日色々と情報を公開できますね~~~ ( ^^) Test Professional 2010 周りで、色々とデモも作ったし、ツールの使い方についての考えも揃えているので、後日また遊びに来て読んでみて下さいまし。… Read more

Tech Ed Japan 2009 の後は Rational Software Conference?!

ええ。そうなんです。Tech Ed の後は、IBM さんのイベントなんです。何がって? http://www-06.ibm.com/software/jp/rational/events/rsc2009/session.html#c-3   皆さんもお馴染み、長沢さんに IBM さんのイベントで登壇してもらうことになりました!! 聞きたいことは沢山あるかと思いますが、まぁ、追々と言うことで。 ( ^^)   これが実現できたことに、僕は大満足だったりします♪… Read more

VSTS 関連セッションのご紹介!

7月4日は僕にとってはアメリカの独立記念日として心で祝っているのですが、要はお酒を飲む理由を作っているだけな訳であって…あさーい、あさーいアメリカの歴史の一つのスタート点としか見做していません。とは言っても、妹分の誕生日も当日だったので、沢山の人たちと妹の誕生日を祝った土曜日でした。 さーて、そんなことはさておいて… 先週金曜日に Visual Studio のトップ ページの特集を更新しました!!シンプルなデザインですが、TechEd カラーで作りました♪どのツールを使って元々のデザインをしたかは、まぁ、聞かないで下さい…特集ページそのものは、元のデザインよりはシンプル化されましたが、それはそれで良いのです。 「Visual Studio Team System 関連セッションのご紹介」として、今回は TechEd Japan 2009 での VSTS のセッション内容をご紹介しています。   ※ アップ時にリンクがおかしなことになっていたので、直しました。ご迷惑をおかけしました。m(_    _)m誰が、どんなセッションをするのか…まぁ、TechEd のページにある内容とほぼ変わりませんが、一つのページでお見せする方が分かりやすいと思ったので今回はこのようにさせていただきました。 今年の TechEd では、僕、ロバート、は登壇しませんが…もしかしたら、どっかのセッションで現れるかも?!所々で僕の声が聞こえてくるかも?!チャッカリ表に出ていたりするかも?! …え?いらないって?そんなぁ~… でも、テックなお話でもビジネスなお話でも、もしくは皆さんの考えをぶつけるだけでも、I’m all ears (何でも聞きます) なので是非来ていただきたいです☆ 待ってますよぉーーーーーー!!!!… Read more

お気に入りの仲間ブログ

来週のセッション用 PPT を作りながら、MSDN ブログの更新、MIXI の更新、XANGA の更新、Live SPACES の更新…色々「ついでに」やっています、ロバートです。アハっ♪   以前も紹介したことあるんですけど、結構いい感じに更新しているので改めて紹介します。 僕を今のチームに引っ張り出して来たくせに、地元に帰ってしまった筏井くんが、弊社の北陸支店でせっせと Live Spaces で書いているブログです。 題して: マイクロソフト 世界最強の仕事術 ページのタイトルを見て「お。強気だな」と思われる方もいるかと思います。 ええ、強気ですとも。そーゆー人ですから、筏井くんは。   書くスタイルも決して堅苦しくなくて、読みやすいですよ。そして、何より彼のパッションが伝わってくるかと思います。 いや、ホントに。 「この人、120% 信じてることしか書いてないな」と思わせてくれるようなブログです。 そして、かなり実用的。 むしろ、このブログの内容でセッション持ってイベントで喋れば良いじゃない!と思うくらいです。   僕は、個人的に好きです。 ブログも、彼も♡ アハハ! ↑↑↑ マジだと思われたらどうしましょ?(爆) ↑↑↑   取り敢えず、読んでみてください。 そして、気に入ったら、宣伝してやってください。 現場と一番やりとりが多い営業職の人間が書く、本音のマイクロソフトです。 北陸に行かなければ会うことは少ないかも知れませんが、一種の「顔の見えるマイクロソフト」とはこう言ったものです。 もちろん、ページの → にリストしている「社員ブログ」にも立ち寄って下さいね♪ って、多分、全部皆さんがご存じなページばかりだと思いますが (汗)… Read more