名古屋、大阪、岐阜と出張してきました: Travel Report

今日は色んなメンバーが僕の地元の一つ (いくつあるんだっ?!) のロスアンゼルスに向かっている中、先週の僕は日本国内を巡っていました。 もちろん、お仕事です。この時期、プライベートで旅行なんてしませんよ・・・ したいけど・・・ しませんよ・・・ うぅ~~   さて、この度は、プロダクト マネージャらしからぬ勢いで、中部・関西の弾丸ツアーな感じでした。 基本、新幹線・電車の中でだけ寝て、以外の時間は仕事・ミーティング・打ち合わせ・お食事会など。 結構体力的にはきました。東京に戻ってからの話ですが。 名古屋・大阪では、特定のお客様先にてお勉強会や製品説明などをさせていただきました。 これまで、東京都内でしかやってきていないことなのですが、社内での声がけをした結果、当たり前のように全国各地で .NET Framework の話、Azure の話、Visual Studio の話、Windows 7 の話などを聞きたいと言う方々がいたので、僕なんかで良いのかと思いつつも、幅広くお話をさせていただきました。 時事ネタとして、名古屋から大阪に到着した水曜日の夜は、駅から近くのカフェでパートナー様とザックリとミーティングをして、ホテルに向かうため改めて駅に戻ったのですが、やたらとテレビ カメラがあったので何事かと思いつつも、翌日の仕事があるのでホテルに。タクシーの運転手さんと、「誰か有名人でも来るんですかねー?」なんて話をしていたのですが、ニュースをかけてビックリ! 市橋容疑者が捕まったのね・・・と。 その午前中は北朝鮮と韓国の間で戦争が始まるんじゃないかと言うような感じもあり、僕がどこかに移動するとろくなことが起きねぇな・・・なんて思っていた矢先でした。 チョットばかりビックリでした。 さて、名古屋・大阪でのお仕事を終えて、次は岐阜。   岐阜県に関しては、NPO の方たちの活動として実施されているアジャイル開発のプロジェクトのヒアリング・インタビューをさせていただきました。 なかなか (本当の意味での) 成功例といったお話は聞けないのですが、人材も成長していく開発プロジェクトと言うものに今回出会い、プロセス改善、ソフトウェアの品質向上、効率的な開発、柔軟なプロジェクト チームと言うものはやればできるのだと言うことを現場の方たちの声を聞きながらも、肌で感じてきました。 よく、「言うのは簡単だけど・・・」などと言われますし、「前例がないのでは・・・」などとも言われます。 正直な気持ちとしては「やってみなきゃ分からないじゃないですか」なのですが、勿論、組織の中で何かをするにあたって (特に今の時代)、実行することに対しての責任を誰を取るのか・・・と言ったところで、話が前に進まなくなるのは事実あると思います。 分かるんです。分かるんですけど・・・考えているだけであったり、構想しているだけで、アクションを取らなければ変えれるものも変わらない。でしょ? 多分、今の開発現場に必要なのは、その一歩を踏み出す勇気であったり、キッカケなんだと思います。 なので、今回はそのキッカケを見つけてきました。   追々、Power to the Pro の特集ページでも、今回のインタビューについてはご紹介することになると思いますが、本当にいい話を聞けましたし、色んな可能性を感じれました。 日本はまだまだ元気です! そして、その元気の源は、意外にも地方にありました。 そもそも、東京を中心に物事を考えなきゃいけないと言うのが違うのかも知れませんね。 いや、違うと言うより、東京だけに答えがあると言う訳ではないと言う事実かも知れません。 ある種の Proof of Concept… Read more

Visual SourceSafe から Team Foundation Server 2010 へ…

昨夜、オーストラリア (親友の結婚式) から戻りました、ロバートです。 よく「意外」と言われますが、僕は北アメリカ (カナダ、アメリカ合衆国、メキシコ) 以外では、日本しか知らないので、今回のオーストラリアは初上陸であり、30歳間近にして3つ目の大陸にやっと上陸しました。 結構感激。 かなり好きかも、オーストラリア。 アクセントを上手く使い分け、オージーだと思っていただけていたので、気分的には楽でした。 ( ^^)   さて、そんなところで本題に入りましょう。 VSS から TFS へ… と言うお話は、以前からも色んな場所でお話をさせていただいています。 今現在は、MS Japan のページでも、特集としてアップしていますので、是非こちらもチェックして下さい! http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/campaign/vsstotfs/   Team Foundation Server 2010 では、より VSS に近い形で、もしくは VSS からの移行がより簡単になるように、色々と考えてきました。 以前、MVP の皆さんにだけはお話しました、TFS Essentials と言う形で考えていた時期もありますが、現段階ではその名称はなくなりました。   数多くのお客様には VSS をご愛用いただいていて、本当に嬉しく思うのですが、VSS を 1992年に開発し、現在の TFS 開発チームのトップに立つ Brian Harry (http://blogs.msdn.com/bharry/) も、時代と共にテクノロジもニーズも変わってきている中で、VSS に残らず TFS を使って欲しいと思っているようです。それもそのはず。両方の製品を彼自身がデザインして作り上げているのですから、思い入れはあるでしょうね。 WHEN WHAT 1992.01 Visual… Read more

Team System の事例 – 工数削減、コスト削減、業務の効率化

改めて、日本の事例、グローバルの事例などを以下のページで紹介し始めました。 http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/campaign/vstscasestudy.aspx Visual Studio Team System を導入することにより、開発工数の削減、開発コストの削減、プロジェクト マネジメントのコスト削減、テスト工数の削減など、アプリケーションのライフサイクル全体を通してどのような改善をはかれたかをピックアップした事例を主にピックアップしています。 グローバル事例はまだ英語版しか載せていませんが、日本語訳も追って載せていく予定です。   世界各国での VSTS の活躍をぜひご覧ください。 そして、日本でも規模を問わず、VSTS での開発の改善を実現していくため、皆さんと協力していければと思っています!   Let’s 改善! ( ^^)ノ… Read more

アジャイル計画 (プランニング) with VSTS 2010

まだまだ CTP でしか皆さんにお見せできていない Visual Studio Team System 2010  (Rosario) ですが、徐々に本社側で情報を出しています。 それに伴って、僕も資料は作ってはいます。まぁ、そこに関しては乞うご期待!なところですかね。   どんな情報が公開されているの?と言うことだと思いますが、以前 MSDN Magazine でアジョイ (Ajoy) が書いた記事が翻訳されています。2010 での作業プランニングを強化する構造、そしてその利用方法などについて説明しています。 アジョイはもともと VSTS のプロダクト マネージャだったのですが、今はその中でも Patterns & Practice に特化した活動をしています。 アジョイのブログ (英語)   今回の記事では、結構既存のツール (特に Excel) を活かした計画手段について書き上げられています。 元の英語の記事は以前読んで、個人的には好きだったので、もしかしたら皆さんにも響くのかな?なんて思います。 Visual Studio Team System 2010 のアジャイル計画ツール ちなみに、ここまでのツール化はされていませんが、元々は MS 社内の開発において VSTS を活用して VSTS を開発している時に作り上げたもので、次世代の VSTS ではそれを皆さんにもシェアすると言う形になります。 要は、VSTS 2008 でもできないこっちゃないってなことです → 作りこむのはそれなりに労力かかるとは思いますけどね。… Read more

Team Foundation Server を利用してアジャイルな開発を (Part I)

金曜日のセミナーにご来場いただきました皆様、どうもありがとうございました! いつも以上に笑いもいただけて、個人的にはとても楽しく皆さんと接することができたと思います。 そんな中、本日の F1 オーストラリア GP を見逃して、本国の大学バスケットボール大会の試合もミスって、少々落ち込み気味です (;_; ) なので、ラザニアを作ってお腹も心も落ち着きました♡   そんな余談はさておいて。金曜日に約束しました通り、アジャイルにプレゼンテーションを変えてしまったので、その内容を含めて、こちらで当日のお話の内容をシェアさせていただきます。 因みに、当日のお話のタイトルは以下: 『Team Foundation Server 2008 が支援するアジャイルな開発』   元々は、『マイクロソフト基盤におけるアジャイル開発』と言うタイトルだったのですが、気分でタイトルを変えました。 内容は・・・・・・・・・・当然、当日変わったので、タイトルに拘る必要もないかも知れませんね (笑) さて、アジェンダそのものは特に変更しませんでした。 内容を追加したと言うのが主なところです。 理由としては… 僕の前にお話をして下さった長瀬様と三井様が、「この後の MS さんのセッションで~」と、その時までサラッと触れる予定だった内容を、もう少しきちんと皆さんにお伝えする必要ができ、せっかくなのでアジャイルな話をアジャイルに紹介しようと言う試みでした。   前半は、「アジャイル」と「ツール」の位置づけとして、アジャイルな開発をするにおいてツールをどのように利用すべきかと言うことを話しました。 ただ、ツールの話をする前に、改めて「アジャイル」について。 Agile と言う単語は、開発用の用語ではありません。 普通の単語です。「素早い」とか「機敏」と言う意味です。 よく、スポーツ選手の性能を表現する時に使われる単語です。 どれだけ変化に対応できるか、応用力があるか… なので、僕の中では一番「アジャイルな開発」を説明するのは「臨機応変な開発」だと思ったのです。   考えてもみて下さい。 アジャイルな開発の話において必ず皆さんに認識いただく必要があることは、「物事は計画どおりにはいきません」と言うこと。 まして、計画どおりにしか動かない…変化に対応しないと、プロジェクトは遅れる、問題は解決できない、コストがガンガンと上がって行く。   「でも、そんな臨機応変な対応をプロジェクトにおいてやれと言われても、慣れていないことをいきなり…」   そんなことは絶対ありません。 皆さんの人生で、物事が計画どおりに行ったことって、どれだけありますか? アメリカではこんな言葉があります: “When life gives you lemons, make lemonade.” 人生において、レモンを投げられた時には、そのレモンを使ってレモネードを作れば良い。… Read more

Silverlight 2 の事例も紹介☆

ヤフー様で展開していた Silverlight を活用した Major JP のサイトが事例化されました。 Major JP は世界初で Silverlight DRM を実装したサービスでもあります。   これからも、もっともっと日本からの「世界初」を出して行きたいですね! その為には、パートナーの皆さん、ユーザーの皆さん… 皆さん次第です。世界初は絶対カッコイイっす!! 後、確実にマーケット シェアを握れるところに辿り着きます。 もっと積極的になりましょう!! Microsoft® Silverlight™ 2 を用いた世界初の DRM 対応動画配信サービス マルチ プラットフォーム化によりいっそうのユーザービリティ向上を目指す (http://www.microsoft.com/japan/showcase/yahoo.mspx)… Read more

Business Productivity Online についての、ためになる情報 (日本語版アリ)♪

日本語版がチャント出ました♪ 良かったですね~~☆ 僕は、逆に、日本語だと読むのが超遅いんです… orz  日々努力してます (つもり) 下記、Business Productivity の話ですね。本当にタイムリーな内容だと思います。ぜひぜひ読んでみて下さい (日本語だし)! Business Productivity Online TechLibrary http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb981188.aspx Microsoft Onlineのセキュリティ機能 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=5736aaac-994c-4410-b7ce-bdea505a3413 Microsoft Online Servicesへの移行 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=25350815-5c57-441a-b7fb-329ff5fe14b3 Microsoft Online Services移行ツールキット http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=b4d668f4-26b0-4b3c-8b13-5e0275948257 Exchange Online SLA (日本語版あり) http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=en&FamilyID=7fbd1a59-0148-450d-9bdf-50af6c634b07 SharePoint Online SLA (日本語版あり) http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=069DF92A-4F58-45E3-BBF8-93ED6BCB61D1&displaylang=en Office Live Meeting SLA (日本語版あり) http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=bd1e62ea-76cb-4ed9-8844-4f41626a691b&displaylang=en… Read more

開発スピード200%向上 with Team Foundation Server 2008!

今週明けから目と鼻が、もう、まったく、ムズムズするわ、痒いわ、しんどいです。 2005年に来日する前は、同年の春にちょうど、当時アトランタに住んでいた僕は、初めて花粉症になり… いざ、日本にくれば大丈夫だろうと思ったら、2006年の春には、もう、アウトでした。 orz 以来、毎年色んな意味で泣いています。   さて、本日のタイトルは皆さんにとって魅力的ですか? 開発の効率向上と言う意味で、Team Foundation Server 2008 を導入することにより、開発スピードが200%も上がったと言う事例を本日公開しましたので、ご紹介します。 事例は、以下のページにあります: Visual Studio Team System 導入事例 同ページの一番上にある、インフラジスティックス・ジャパン株式会社様の事例になります♪   事例の内容を読んでいただければ良く分かりますが、今回の事例に関しては、開発の効率が良くなった…と言うことだけではありません。 インフラジスティックス様の開発環境としては、世界各地に開発拠点を持つ、分散開発の実装も Team Foundation Server 2008 を活用することによって実現していらっしゃいます。 また、CRM ツールも活用+連携し、開発されているアプリケーションのフィードバックやサポート案件と、製品 (開発プロジェクト) との紐付などもされており、本来あるべきアプリケーション ライフサイクル管理 (ALM) の姿を、リアルに実装されていらっしゃいます。   開発スピードを上げ、より多くの製品を世に出して行き、その都度のフィードバックをもとに、更新・新規開発をしていく、そしてローカリゼーションもスムーズに、タイムリーに実行していく、非常にストリームラインしたプロセスになっていると思います。 個人的には、このような事例を作成させていただけて、非常に嬉しく思っています。 そして、製品の持つ機能を「理解」して「正しく」、もしくは「自身に合った方法で」「利用」すると、こうも効果が見えると言うことを立証して下さったインフラジスティックス様には、本当に「ありがとうございます!」です。 僕が今まで皆さんに話してきたこと (ALM コンセプトを VSTS 中心に実装していく) が、実際にできるんだと言うことを証明してくれたと思います。   当然、他社様でも色んな ALM の部分実装と言うのはしていると思います。弊社の製品であろうと、なかろうと。 ですが、製品を作る会社の実装のしかたとして、そして、うちのような巨大な会社じゃなくてもそれが実装可能であると言う事実… だまされたと思って読んで見てください。 結構、「へぇ~」があると思いますよ。 インタビューにも立会ましたし、事前ミーティングも何度かしていましたが、ぶっちゃけ、そのタイミングでも製品担当として「へぇ~~~~」がありました。 ここまで、製品を使いこなしていただけると、本当に製品の良さがスグ見えるんだと思いました。   ダイレクト… Read more

お気に入りの仲間ブログ

来週のセッション用 PPT を作りながら、MSDN ブログの更新、MIXI の更新、XANGA の更新、Live SPACES の更新…色々「ついでに」やっています、ロバートです。アハっ♪   以前も紹介したことあるんですけど、結構いい感じに更新しているので改めて紹介します。 僕を今のチームに引っ張り出して来たくせに、地元に帰ってしまった筏井くんが、弊社の北陸支店でせっせと Live Spaces で書いているブログです。 題して: マイクロソフト 世界最強の仕事術 ページのタイトルを見て「お。強気だな」と思われる方もいるかと思います。 ええ、強気ですとも。そーゆー人ですから、筏井くんは。   書くスタイルも決して堅苦しくなくて、読みやすいですよ。そして、何より彼のパッションが伝わってくるかと思います。 いや、ホントに。 「この人、120% 信じてることしか書いてないな」と思わせてくれるようなブログです。 そして、かなり実用的。 むしろ、このブログの内容でセッション持ってイベントで喋れば良いじゃない!と思うくらいです。   僕は、個人的に好きです。 ブログも、彼も♡ アハハ! ↑↑↑ マジだと思われたらどうしましょ?(爆) ↑↑↑   取り敢えず、読んでみてください。 そして、気に入ったら、宣伝してやってください。 現場と一番やりとりが多い営業職の人間が書く、本音のマイクロソフトです。 北陸に行かなければ会うことは少ないかも知れませんが、一種の「顔の見えるマイクロソフト」とはこう言ったものです。 もちろん、ページの → にリストしている「社員ブログ」にも立ち寄って下さいね♪ って、多分、全部皆さんがご存じなページばかりだと思いますが (汗)… Read more

ソフト開発未来会議―IT はどこに向かうのか?

新年会や結婚式が続く中、お酒がなかなか抜けない状態が続いています、ロバートです。そろそろ肝臓を休めたいんですが… orz   さて、話はタイトルに戻りますが、ソフト開発未来会議と言うものを昨年11月あたりに開始しました。 この「未来会議」では、乱立するIT技術の中、10年後のIT業界を視野に入れながら開発者はどのように進むべきか、を考えていただくヒントを提供する、そんなサイトになっています。   皆さんにとっても何かしらの参考になればと思っています。ぜひぜひ CHECK IT OUT!   今週はチョイチョイ更新をするように心掛けます。… Read more