System Center Updates Publisher 2011 概要

気付けば月日は過ぎ、全くブログの更新ができていない状態なロバートです。皆さん、節電の中の夏は凌ぎ切れましたでしょうか? 今更 System Center Configuration Manager 2007 R3 の電源管理をネタにするのも微妙な気がしたのと、たまたまお客様のご要望もあり System Center Updates Publisher 2011 のお話をする機会があったので、今日は日本での実装例が少ない (何故なら英語ドキュメントと英語インターフェースしかないから)、マイクロソフトが提供するフリーツールについて『概要』を紹介したいと思います。 先ず、『System Center Updates Publisher (SCUP) って何ですか?』 と言うことからですが、簡単に言うとマイクロソフトが提供するソフトウェアの更新プログラム以外の更新プログラム (Adobe 社、DELL 社、Hewlett-Packard 社、自作) を Windows Server Update Services に発行し、System Center Configuration Manager 2007 のソフトウェアの更新の展開と一環して環境下にあるクライアントに更新プログラムを配信することをお手伝いするツールです。 …全然、簡単な説明になりませんでしたね (汗) もう少し詳細に… Configuration Manager を利用してソフトウェアの更新プログラムを展開し、管理しているクライアント PC の環境をセキュアにする…と言うことは、ご存知かと思います。いや、むしろ、それを前提に説明するので、『へぇ~、そうなんだぁ~』レベルで良いので理解したつもりでいて下さい。Configuration Manager による更新プログラムの展開は、Windows Server Update Services (WSUS) 3.0 と連携して Microsoft… Read more