【公開メモ】:今後更新するネタ (決して約束はできませんが)

気付けば前回のチョットした更新から丁度1年の月日が流れています。 決してやる気がない訳ではなく、多分、ブログを書いている暇がないだけなんだと思います…と、言い切ってみます。ロバートです。 1年も経過すると、色んな出来事がありますね。 Windows 8.1 のリリース Windows Server 2012 R2 のリリース System Center 2012 R2 のリリース Windows Intune の更新 Surface 2 / Surface Pro 2 の販売開始 僕自身は、まだ Premier Field Engineer として活動中。かれこれ3年半が経過しました。年末でマイクロソフト歴も8年経過となるわけです。と言うことは、勿論、日本滞在期間も8年経過。 たまに、日本マイクロソフトの公式 Facebook ページで、小ネタを上げてもらっていますが、閲覧される方が一般の方も多いので、なかなか技術的に濃いネタは公開できず… なので、そろそろ、こっちも更新しなきゃなぁ~…と言う状態になるわけです。 過去にも「こんな更新します」と載せて、結局着手しなかったものも多くあるのですが、11月中には何度か更新をしてみたいな…と思っています。 余り記載し過ぎちゃうと、僕らがお客様先に訪問してワークショップをしたり、技術トレーニングを実施する機会が減ってしまうので、さわり程度での記載になるかも知れませんが、今月はこんなネタを公開しようかな…と思います。 Surface Pro 2 で仕事をしてみた (Type Cover がないのが痛い) System Center 2012 Configuration Manager SP1 を R2 化してみた(まだ、これからやるんで、どんなネタになるかは不明) System Center… Read more

早くも1月は終わりそうです

2011年に入ってから、まだ一度もブログの更新をしていないままです、ロバートです。 言い訳をさせていただけるのであれば、「忙しいから」です。と言うよりは、お客様の皆様に、色々とお勉強会を開催して欲しいということで、お呼び立ていただいているからこそ、「忙しい」訳でして、決してイヤなことではありません。 2011年の個人的なテーマは: 『革新』です2010年のテーマは: 『変化』でした そして、2010年は僕にとってまさに変化の多い1年となりました。なので、2011年はそこからまた更にステップアップしていきたいと考えている次第です。 早くもいくつかアップデートせねばならない状態にはあるので、取り急ぎは、今月中 (残り少ないですが) に更新する予定の内容を下記にリストアップします。 SCCM 2007 R2 から含まれる Reporting Services ポイントの概要 Reporting Services のレポートを作る際に必要となるレポート モデルの作成方法 (サンプル) SCCM 2007 R3 の概要 今更聞けない SCCM その3: クライアント サイト割り当てについて この辺を、できれば一気にアップデートしたいと思っています。今週末は、我がチームも品川に移ります。依って、色々なサーバー上のデータは週末にいじれません…なので、週末になる前にある程度のスクリーンショットをとっておかないと・・・上記の更新はまずできない・・・と言う、そんなオチです (苦笑) 今年もどうぞよろしくお願いします。… Read more

US に一時帰国な「出張」中

久しくアメリカに一時帰国しています。出張なので、普通に仕事していますけどね。 8:00 から仕事を開始し、17:30 には仕事上がり。効率もよく、環境としては、僕にはやっぱり合っています・・・   ・・・が、当然日本の仕事を17:30以降にやっているので、逆に稼働時間が長くなると言う状態だったりします (笑) リモートで TFS 2008 から TFS 2010 へのアップグレードを検討してみたりSCCM DB スキーマを利用した、テスト データの自動生成をしてみたり後日改めてここに載せれる情報を揃えていまーーーーす!… Read more

Visual Studio 2010 “Ready Day”

今回もやりますよっ!! 2年半前は、Visual Studio 2008 Ready Day だったような・・・ (笑) タイトルについては、気にしないで下さい。   <イベント サイトから ― 一部 BOLD にしておきます> 次期バージョンの統合開発環境 Microsoft Visual Studio 2010 の正式リリースが近づいています。Visual Studio 2010 は、既存資産を最大限に活用しつつ、Windows 7、Windows Server 2008 R2 や Microsoft Office 2010、Windows Azure などの最新プラットフォームやマルチコア コンピューティングなど進化するハードウェア対応のアプリケーションを構築するための最良の開発環境を提供します。また、より高品質なアプリケーションを開発するために、テスト機能の充実、設計機能の強化など、アプリケーション ライフサイクル管理全般をカバーすべく、開発環境自身を大幅に強化しております。 今回のイベントでは、マイクロソフト米国本社より Visual Studio 開発環境開発部門の General Manager である Paramesh Vaidyanathan によるキーノートを皮切りに、Visual Studio 2010 が提供する数多くの魅力を紹介します。 <ここまで>   気にして欲しい点: ① リリースが近づいていますなイベントであり、リリースですなイベントではありません。… Read more

かなりぶりです。ロバートです。

気付いたら2月も半ば。 気付いたら、冬季オリンピックの開会式も終わってたらしく・・・ (汗) バンクーバーは地元パート2?3? まぁ、僕のホッケー故郷です。 Gretzky が開会式に出てたらしいじゃないのっ!! ミスったぁ~~~~~   と、嘆いていても仕方がないのと、皆さんに色々と情報をアップします約束をしてきているのに、来日5年目に突入しましたニュースで最後?!     えー 新年おめでとうございます。   い・ま・さ・ら・・・ (汗)     さて、木曜日以降、久しくお休みを取っています。とは言え、休みらしい状態ではありませんが・・・メールを見る僕がバカなんだと思います。 チョット Visual Studio 2010 Release Candidate (English Only) を入れていじってみたり・・・ Office 2010 β を入れていじってみたり・・・ Windows Mobile 6.5 を入れていじってみたり・・・ 久しぶりに Systems Management Server 2003 なんて環境を作ってみたり・・・   休暇中に何やってんだって感じですよね? (笑)   でも、このお休みの間に何度かブログを更新すると決めたので、今日・明日・明後日 (月曜日も休暇入れました―僕なりの Presiden’ts Day Weekend です) にはいくつかアップデートをしますっ!!! 大阪… Read more

名古屋、大阪、岐阜と出張してきました: Travel Report

今日は色んなメンバーが僕の地元の一つ (いくつあるんだっ?!) のロスアンゼルスに向かっている中、先週の僕は日本国内を巡っていました。 もちろん、お仕事です。この時期、プライベートで旅行なんてしませんよ・・・ したいけど・・・ しませんよ・・・ うぅ~~   さて、この度は、プロダクト マネージャらしからぬ勢いで、中部・関西の弾丸ツアーな感じでした。 基本、新幹線・電車の中でだけ寝て、以外の時間は仕事・ミーティング・打ち合わせ・お食事会など。 結構体力的にはきました。東京に戻ってからの話ですが。 名古屋・大阪では、特定のお客様先にてお勉強会や製品説明などをさせていただきました。 これまで、東京都内でしかやってきていないことなのですが、社内での声がけをした結果、当たり前のように全国各地で .NET Framework の話、Azure の話、Visual Studio の話、Windows 7 の話などを聞きたいと言う方々がいたので、僕なんかで良いのかと思いつつも、幅広くお話をさせていただきました。 時事ネタとして、名古屋から大阪に到着した水曜日の夜は、駅から近くのカフェでパートナー様とザックリとミーティングをして、ホテルに向かうため改めて駅に戻ったのですが、やたらとテレビ カメラがあったので何事かと思いつつも、翌日の仕事があるのでホテルに。タクシーの運転手さんと、「誰か有名人でも来るんですかねー?」なんて話をしていたのですが、ニュースをかけてビックリ! 市橋容疑者が捕まったのね・・・と。 その午前中は北朝鮮と韓国の間で戦争が始まるんじゃないかと言うような感じもあり、僕がどこかに移動するとろくなことが起きねぇな・・・なんて思っていた矢先でした。 チョットばかりビックリでした。 さて、名古屋・大阪でのお仕事を終えて、次は岐阜。   岐阜県に関しては、NPO の方たちの活動として実施されているアジャイル開発のプロジェクトのヒアリング・インタビューをさせていただきました。 なかなか (本当の意味での) 成功例といったお話は聞けないのですが、人材も成長していく開発プロジェクトと言うものに今回出会い、プロセス改善、ソフトウェアの品質向上、効率的な開発、柔軟なプロジェクト チームと言うものはやればできるのだと言うことを現場の方たちの声を聞きながらも、肌で感じてきました。 よく、「言うのは簡単だけど・・・」などと言われますし、「前例がないのでは・・・」などとも言われます。 正直な気持ちとしては「やってみなきゃ分からないじゃないですか」なのですが、勿論、組織の中で何かをするにあたって (特に今の時代)、実行することに対しての責任を誰を取るのか・・・と言ったところで、話が前に進まなくなるのは事実あると思います。 分かるんです。分かるんですけど・・・考えているだけであったり、構想しているだけで、アクションを取らなければ変えれるものも変わらない。でしょ? 多分、今の開発現場に必要なのは、その一歩を踏み出す勇気であったり、キッカケなんだと思います。 なので、今回はそのキッカケを見つけてきました。   追々、Power to the Pro の特集ページでも、今回のインタビューについてはご紹介することになると思いますが、本当にいい話を聞けましたし、色んな可能性を感じれました。 日本はまだまだ元気です! そして、その元気の源は、意外にも地方にありました。 そもそも、東京を中心に物事を考えなきゃいけないと言うのが違うのかも知れませんね。 いや、違うと言うより、東京だけに答えがあると言う訳ではないと言う事実かも知れません。 ある種の Proof of Concept… Read more

DevLabs も1才になりました

明日は、久しく、まったく MS と関係ない内容で HALLOWEEN について書こうかと思います、ロバートです。 さて、昨年のブログで紹介しました DevLabs ですが、スクスク育ち1才になりました ( ^^) 当初からプロジェクトとして紹介していたのは: Small Basic Pex – Automated White Box Testing for .NET CHESS – Finding and Reproducing Heisenbugs inConcurrent Programs 今は、上記に加えて、実際に MS の開発部でも利用しているツールなども含め、以下のものがプロジェクトとして紹介されています。 Code Contracts Axum STM.NET Doloto Spec Explorer いずれもかなり面白そうですが、英語のみでの情報提供となっていますので、それがボトルネックになる方は…残念です。 「ロバートが翻訳してくれればイイじゃん!」 と思ったそこの貴方! その時間と余裕があれば、当然して差し上げますが、ムリっす!!   Spec Explorer 辺りは、実際に MS の開発チーム (一部) が使っていて、かなり好評です。 VS 2008 と VS… Read more

Tech Ed Japan 2009 の後は Rational Software Conference?!

ええ。そうなんです。Tech Ed の後は、IBM さんのイベントなんです。何がって? http://www-06.ibm.com/software/jp/rational/events/rsc2009/session.html#c-3   皆さんもお馴染み、長沢さんに IBM さんのイベントで登壇してもらうことになりました!! 聞きたいことは沢山あるかと思いますが、まぁ、追々と言うことで。 ( ^^)   これが実現できたことに、僕は大満足だったりします♪… Read more

来週はいよいよ Tech Ed Japan 2009 です

ちょうど一年前のこんな時期に、このブログを開始しました、ロバートです。皆さん、お元気にしてらっしゃいますか? 本当に、この時期、暑さと言うより湿気に負けてしまい、体調管理が難しくなるんですが…   来週は Tech Ed !!皆さんのご来場、楽しみにしています。 今年は1日短縮していますが、その中でも見どころは沢山用意されています。個人的に残念なのは、去年のリベンジを僕ができないと言うこと…まだ、コードネーム ROSARIO だった Visual Studio Team System 2010 について昨年お話をさせていただきましたが、当日までに色んな情報制限がされてしまい、思っていた情報を皆さんに提供することができませんでした。 あれから1年。Visual Studio Team System 2010 のβ1も一般公開され、皆さんに色々とご紹介するには情報も沢山ある中、僕がそのお話をすることができず、残念です。 ですが!!代わりに、色んな方たちのセッション内容に携わらせていただき、内容として面白いものをご用意できていると思います。いくつかのセッションについては、後日改めて違った形でこのブログでも紹介できればと思っています。そして、Tech Ed 以外のところでも、類似のセッションを持つ機会を作らせていただいたので、そこに関しても皆さんに「驚き」と「期待」を与えれれば…なんて企んでいます ( ^^)   今年は、余り表舞台に立たない予定なのですが、もう少し時間的余裕ができましたら、ここを通してもっと情報共有をできればと思います。取り急ぎは、Tech Ed 2日目の Peer Talk Lunch でお会いしましょう♪♪ ぶっちゃけトーク & ぶっちゃけ質問を期待していますね!現場で回答できないことに関しては、メールベースか、ここでシェアしていきたいと思います。… Read more

Surface で見る、未来予想図

皆さん、こんにちは。 「好きなテクノロジ」の範囲が広すぎて困ってしまいます、ロバートです。   今回は Surface なところをいくつかピックアップしてきました。     実に面白い内容だと思いませんか? うぅ~ん・・・パッと見では、なんとなく「ほぉ~~~」くらいなことかも知れないですけど、Physics 的に考えると結構手の込んだことしていますよ。 そして、Razorfish 様も負けていません。 ってか、これもかなり凄いです。 DaVinci (Microsoft Surface Physics Illustrator) from Razorfish – Emerging Experiences on Vimeo.   こんな内容から、どんな「未来予想図」が描けるかって? This is just the beginning ってことですよ。コンピューティング力が増していくにつれて、そしてナチュラル ユーザー インターフェースがもっと開発されていくにつれて… こんなことだって、可能になって行くんだと、マイクロソフトでは考えています:     「そんなのムリムリ」と思われる個所もあると思いますが、実はこれらのテクノロジのすべてがマイクロソフトのラボであったり、他社の研究しているテクノロジで、既にプロトタイプなものも存在しています。 そんなに遠い未来ではないかも知れません。   省エネで、ごく自然な操作性があり、カルチャー ローカライゼーションまでも実現。 できないことではありません。   社会のために、人のために、テクノロジを活かしていき、夢のある開発をしていきましょう。… Read more