【公開メモ】:今後更新するネタ (決して約束はできませんが)

気付けば前回のチョットした更新から丁度1年の月日が流れています。 決してやる気がない訳ではなく、多分、ブログを書いている暇がないだけなんだと思います…と、言い切ってみます。ロバートです。 1年も経過すると、色んな出来事がありますね。 Windows 8.1 のリリース Windows Server 2012 R2 のリリース System Center 2012 R2 のリリース Windows Intune の更新 Surface 2 / Surface Pro 2 の販売開始 僕自身は、まだ Premier Field Engineer として活動中。かれこれ3年半が経過しました。年末でマイクロソフト歴も8年経過となるわけです。と言うことは、勿論、日本滞在期間も8年経過。 たまに、日本マイクロソフトの公式 Facebook ページで、小ネタを上げてもらっていますが、閲覧される方が一般の方も多いので、なかなか技術的に濃いネタは公開できず… なので、そろそろ、こっちも更新しなきゃなぁ~…と言う状態になるわけです。 過去にも「こんな更新します」と載せて、結局着手しなかったものも多くあるのですが、11月中には何度か更新をしてみたいな…と思っています。 余り記載し過ぎちゃうと、僕らがお客様先に訪問してワークショップをしたり、技術トレーニングを実施する機会が減ってしまうので、さわり程度での記載になるかも知れませんが、今月はこんなネタを公開しようかな…と思います。 Surface Pro 2 で仕事をしてみた (Type Cover がないのが痛い) System Center 2012 Configuration Manager SP1 を R2 化してみた(まだ、これからやるんで、どんなネタになるかは不明) System Center… Read more

早くも1月は終わりそうです

2011年に入ってから、まだ一度もブログの更新をしていないままです、ロバートです。 言い訳をさせていただけるのであれば、「忙しいから」です。と言うよりは、お客様の皆様に、色々とお勉強会を開催して欲しいということで、お呼び立ていただいているからこそ、「忙しい」訳でして、決してイヤなことではありません。 2011年の個人的なテーマは: 『革新』です2010年のテーマは: 『変化』でした そして、2010年は僕にとってまさに変化の多い1年となりました。なので、2011年はそこからまた更にステップアップしていきたいと考えている次第です。 早くもいくつかアップデートせねばならない状態にはあるので、取り急ぎは、今月中 (残り少ないですが) に更新する予定の内容を下記にリストアップします。 SCCM 2007 R2 から含まれる Reporting Services ポイントの概要 Reporting Services のレポートを作る際に必要となるレポート モデルの作成方法 (サンプル) SCCM 2007 R3 の概要 今更聞けない SCCM その3: クライアント サイト割り当てについて この辺を、できれば一気にアップデートしたいと思っています。今週末は、我がチームも品川に移ります。依って、色々なサーバー上のデータは週末にいじれません…なので、週末になる前にある程度のスクリーンショットをとっておかないと・・・上記の更新はまずできない・・・と言う、そんなオチです (苦笑) 今年もどうぞよろしくお願いします。… Read more

MSDN の究極のオファー (Ultimate Offer) で何がどう変わったの?

本日の Visual Studio 2010 の全世界でのアナウンスメントと同時に、MSDN Subscription の会員の皆さんの MSDN レベルが自動的に上がりました。 何もしなくてもレベルアップした感じですよ。 遊び人 Lv. 40 くらいだったのが、遊び人 Lv. 60 と、その他のジョブもレベルが上がった・・・みたいな。 え?余計訳が分からない感じですか? それはすみませんでした。   今回の「レベルアップ」対象となった方たちは以下: Visual Studio Team System 2008 Architecture Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Database Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Development Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System… Read more

Visual Studio 2010 & .NET Framework 4 英語版

MSDN Download Center からダウンロード可能になりました。 MSDN 会員の皆さんは、英語であれば製品版の Visual Studio 2010、.NET Framework 4 などを使えますよぉ~~~ しかも会員の皆さんには色々とアナウンスしてきましたけど、究極のオファーの切り替えも完了したので: ① Visual Studio Team System 2008 Architecture/Database/Development/Test with MSDN Premium のいずれかを持っていらしたユーザーさんは、Visual Studio 2010 Ultimate with MSDN にアップグレードされています。 ② Visual Studio Professional 2008 with MSDN Premium だったユーザーさんは、Visual Studio 2010 Premium with MSDN にアップグレードされています。   すごーい!すごーい!   で、何がすごいかって? Visual Studio 2010 Ready Day に参加の皆さんは、目の当たりにできていますよね。… Read more

Visual Studio 2010 Launch Event part I: Malaysia

http://myvs2010.com/   ジャパンは、明日~~~ @ 六本木アカデミーヒルズ。 僕も行きますよぉ~~~。 セッションでカバーされないこと、セッションで疑問に思ったことなど、僕を見付けたら聞いて下さって良いですよぉ~ 答えれる範囲でなんでも受け付けます → その分、分からないことは、「わかりませーん!!」と言う気満々 (笑)   リリースってこともあるので、これなら後日色々と情報を公開できますね~~~ ( ^^) Test Professional 2010 周りで、色々とデモも作ったし、ツールの使い方についての考えも揃えているので、後日また遊びに来て読んでみて下さいまし。… Read more

Visual Studio 2010 “Ready Day”

今回もやりますよっ!! 2年半前は、Visual Studio 2008 Ready Day だったような・・・ (笑) タイトルについては、気にしないで下さい。   <イベント サイトから ― 一部 BOLD にしておきます> 次期バージョンの統合開発環境 Microsoft Visual Studio 2010 の正式リリースが近づいています。Visual Studio 2010 は、既存資産を最大限に活用しつつ、Windows 7、Windows Server 2008 R2 や Microsoft Office 2010、Windows Azure などの最新プラットフォームやマルチコア コンピューティングなど進化するハードウェア対応のアプリケーションを構築するための最良の開発環境を提供します。また、より高品質なアプリケーションを開発するために、テスト機能の充実、設計機能の強化など、アプリケーション ライフサイクル管理全般をカバーすべく、開発環境自身を大幅に強化しております。 今回のイベントでは、マイクロソフト米国本社より Visual Studio 開発環境開発部門の General Manager である Paramesh Vaidyanathan によるキーノートを皮切りに、Visual Studio 2010 が提供する数多くの魅力を紹介します。 <ここまで>   気にして欲しい点: ① リリースが近づいていますなイベントであり、リリースですなイベントではありません。… Read more

Visual Studio 2010 β2 日本語版の提供開始!!

デベロッパー製品開発統括本部のブログでも紹介がありますよう、本日から MSDN サブスクライバ様向けに Visual Studio 2010 β2 の日本語版の提供を開始しました!! このリリースについては、皆さんご存知の Brian Harry のブログでも紹介されています♪   先日、Brian とはメールで色々とやり取りをしていたのですが、以前日本の皆さんからいただいたフィードバックを、できる限り今回の Team Foundation Server や Visual Studio の中で対応してみたから、皆さんにこのβリリースもぜひ評価してもらいたい! と言うことでした。   メール、アンケート、Connect、イベント、ミーティングなど、色んな箇所を通してフィードバックをして下さった皆さんに、本当に感謝しています!! 今後とも、宜しくお願いします。   ちなみにですが、過去に書いた「フィードバックについて」も、改めて目を通して見てください。僕の疑問として、ネガティブ フィードバックばかりなのが理解しきれないと言う内容にはなっていますが、お願いとして、良い点も「フィードバック」として是非いただきたいと思います。 開発チームの皆は、リアルにポジティブ フィードバックでやる気も変わってきます。本当に。マジで。   数日後に、Visual Studio 2010 β2 日本語版の一般公開もしますので、その際には改めてご連絡しますね!   Happy Evaluating!!   <リソース @ 日本語> VS Beta2: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/52f3sw5c(VS.100).aspx .NET Framework 4 Beta2: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/w0x726c2(VS.100,classic).aspx… Read more

Windows 7 RTM ビッツ @ MSDN 公開予定

最近はプライベート/同僚などのお話で驚かされるニュースが相次いでいます。 更新頻度が急激に減ってしまいすみません。ロバートです。   既にご存知の方は多くいらっしゃると思いますが、スケジュール間が伝わっているかが定かじゃなかったので (と言っても、僕が知っている情報は周知の事実でしかありませんが)   Windows 7 の RTM ビッツは、Microsoft Connect、MSDN、TechNet などで8月6日 (US Pacific Standard Time) に公開される予定です。英語版のビッツのみのスケジュールです。他言語については、10月1日までに公開する予定となっています。   パートナー、OEM、開発者、IT Pro 向け: Connect、MSDN、TechNet などから Subscription 保持者はダウンロードが可能になります。 ビジネス カスタマ向け: 8月16日 (US Pacific Standard Time) よりダウンロード可能になる予定です。(英語版のみ) コンシューマー向け: 10月22日より一般ユーザー向けに Available になる予定です。   この手の情報以外のネタも、チャント用意しますね・・・… Read more

本日は Tech Days 初日 + Internet Explorer 8 Release Candidate 1 リリース♪

我らが長沢さんの OSLO (英語コンテンツ) トーク。とっても人気でした☆ GOOD JOB! 他にも Visual Studio 2010 と .NET Framework 4 の概要 (By 新村さん) もあり、またプロダクト マネージャ陣はブースにて来場者の皆さんとお話をしています。Futures のお話がどれだけ来場者の皆さんに伝わっているのかは、正直まだ分からないところですが、マイクロソフトの将来に期待していただけていれば何よりです。     そんな Tech Days が開催されている中、Internet Explorer 8 の Release Candidate (製品候補版) 1 が、本日ひっそりとリリースされました。 詳細については、こちらのサイトにてご確認下さい。 結構な期間ベータ版を Windows Vista x64 上で動かしたり、Windows 2008 x64 上で動かしたり、今は Windows 7 Beta x64 上で動かしています。 本日、帰宅後に RC1 も入れてみようと思います。   まだ試してみていない皆さん、ぜひ一度いじってみて下さい。 意外かも知れませんが、結構面白いですよ、IE8。   今はチョット時間に余裕がないのですが、Internet… Read more

考え方から変えてみよう

Tech Days を明日に控えているのですが、僕は現場にいるだけなので比較的気楽ムードだったりします (笑) セッションを持っている方たちに失礼ですよね。 僕も結局セッションを持っている時は、最後の最後までジタバタしてますから、他人事になってはいけないのですが… (汗)   そんな中ではありますが、本日いくつか新しくホワイトペーパーを公開しましたので、ご紹介します。 著者は、David Chappell さん。米サンフランシスコにてコンサルティング会社を持つ方で、テクノロジをどのように活かしていくか、どのように適用していくと効果的か、と言ったことを世界中で話ている方です。マイクロソフトの Tech Ed (米国本社開催) での基調講演などでも話していただいたことがありますが、当然マイクロソフトのテクノロジに関してだけでなく、幅広くお話をしている人です。 そんな Chappell さんが、今回何種類かアプリケーション ライフサイクル管理 (ALM) と、その将来について書いて下さいました。   マイクロソフトの ALM ソリューションと言えば、Visual Studio Team System がコアにありますが、決して VSTS に特化した内容ではなく、コンセプトをキッチリと…と言った内容にまとまっています。 幸いにも、僕が今まで語ってきた ALM と合致しますし、僕が考える ALM の未来図にも合致しているため、もしかしたら皆さんも興味持っていただけるかな・・・なんて思ってみたりです。 今回は3本のホワイトペーパーを日本語訳することにし (僕の選択ですが)、翻訳の内容チェックをし (ここは馬田さんにも協力してもらい)、本日やっとリリースすることができました。   Visual Studio ホワイトペーパーのページにある、「アプリケーション ライフサイクル管理とビジネス戦略」、「ビジネス プロセスとしてのアプリケーション ライフサイクル管理」、そして「チーム開発ツール: ベンダーが適切なツールを提供するようになった理由」の3種になります。   個人的には、特にはじめの2つを読んでいただきたいです!! これは、僕の考え方とかなり近いものがあります。 もしかしたら、日本では通用しないのかな??なんて思いながら読み直し、僕自身の自論も書いているのですが…その辺はフィードバックいただきたいです。 4-5ページものなので、読むのも簡単ですし、時間は要しません。時間がかかってしまう=理解するのに時間がかかる…と言う風なことであれば、それは僕としても、似た内容をわかりやすく説明する手段を考えるきっかけになりますので、それでも良いです。   また、フォントは明朝になっています。どこかのお話によると、ゴシックより20%近くインクを使う量が減るので、コスト的にも最近はすべて明朝にするところがあるとか・・・… Read more