System Center 2012 Configuration Manager | 「ユーザーとデバイスのアフィニティ」ってなんのこっちゃ?

なんて思ってません? w 大丈夫です (なにが) User Device Affinity と英語で言ったところで、直ぐ伝わるかと言ったらそんなことありませんから。 とにかく文系なロバート (僕) が言うのだから、間違いない! (そんな… と、言うことで、今日は某MVPさんとのお話の中で『これなら意味が分かります』と言っていただいたユーザーとデバイスのアフィニティについての紹介です。 先ず、System Center 2012 Configuration Manager では、従来の SMS/SCCM とは異なった管理方法があります。それは、ユーザーを中心に考えた資産管理や情報管理です。 従来のモデルとどう違うのか・・・ <従来のシステム中心の管理方法> ソフトウェアの配布の観点から見ていただくと一番分かりやすいと思います。 従来の SMS や SCCM では、仮に Outlook をソフトウェアとして配布する場合、システムの情報に基づいて Outlook がインストールされていないシステムを集約して (コレクションで定義して) 配布を行っているかと思います。 そのシステムを誰が使おうが、実際にログオンするユーザーが Outlook を必要としているかはさておき、取り敢えずソフトウェアを配布する… みたいなことがあるかと思います。 強制的にソフトウェアを配信する (更新プログラムの提供など) を考えると、このモデルでの提供はそこそこ適していると思いますが、ユーザーさんが必要とするアプリケーションをユーザーさんが使用する端末に展開するにしては無駄が多くあることも事実としてあります。 <ユーザー中心の管理方法> では、ユーザーを中心に考えた資産管理や情報管理と言うものが、どう異なるか。 先ず、現代社会において1ユーザーが複数の端末を利用することや、1システムが複数のユーザーによって共有されることが増えているかと思います。 通常利用するノート PC が1台あるとして、場合によって別拠点では共有されたマシンを使うことや、移動中にはモバイルの端末を使うようなシナリオがあったとします。 ノート PC を持ち歩けば良いかも知れませんが、意外とよくあるノート PC 紛失事件などを考えると、ここは厳重に管理して拠点別に共有して利用できるシステムなどがあった方がセキュアだと言うシナリオにしましょう。考え方として。 ユーザー中心にアプリケーションを提供する場合、そのユーザーが必要とするソフトウェア・アプリケーションは、通常利用するノート PC… Read more

Visual Studio 2010 β2 日本語版の提供開始!!

デベロッパー製品開発統括本部のブログでも紹介がありますよう、本日から MSDN サブスクライバ様向けに Visual Studio 2010 β2 の日本語版の提供を開始しました!! このリリースについては、皆さんご存知の Brian Harry のブログでも紹介されています♪   先日、Brian とはメールで色々とやり取りをしていたのですが、以前日本の皆さんからいただいたフィードバックを、できる限り今回の Team Foundation Server や Visual Studio の中で対応してみたから、皆さんにこのβリリースもぜひ評価してもらいたい! と言うことでした。   メール、アンケート、Connect、イベント、ミーティングなど、色んな箇所を通してフィードバックをして下さった皆さんに、本当に感謝しています!! 今後とも、宜しくお願いします。   ちなみにですが、過去に書いた「フィードバックについて」も、改めて目を通して見てください。僕の疑問として、ネガティブ フィードバックばかりなのが理解しきれないと言う内容にはなっていますが、お願いとして、良い点も「フィードバック」として是非いただきたいと思います。 開発チームの皆は、リアルにポジティブ フィードバックでやる気も変わってきます。本当に。マジで。   数日後に、Visual Studio 2010 β2 日本語版の一般公開もしますので、その際には改めてご連絡しますね!   Happy Evaluating!!   <リソース @ 日本語> VS Beta2: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/52f3sw5c(VS.100).aspx .NET Framework 4 Beta2: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/w0x726c2(VS.100,classic).aspx… Read more

Usability, User Interface, User Experience

何故このトピックで僕がエントリーを書くか不思議ですか? これでも、アメリカでは User Interface Designer としてもフリーランス活動をしていまして (2002年辺りですけどね)、意外と Usability とか User Interface と言ったコンセプトは変わらないんですよね。 コンセプト自体が変わる必要性は全くないんですからね。   なんて話を、昨日、幼馴染 (バンクーバー時代) を家に招き議論 (と言うより雑談) していました。 まともな結論は出しませんでしたが・・・   ビールとタバコとおつまみだけで数時間、以下のようなことを話しました: ※ あくまで2人で飲みながら話していたことなので、絶対なことでもなければ、話の流れでの意見でしかありません   そもそも User Experience とは? 今更はじまった話じゃないでしょ 人が物を使うって段階で User Experience があるもんね なんで新しい物みたいに言うんだろうね? ホント、何も新しいことじゃないのにね・・・ 見栄えとかの問題じゃないやん 「見た目」じゃなくて「見せ方」の問題っしょ 百聞は一見に如かずだべ Intuitive な「つくり」ってことだろ → 直感的ってことね (そうそう、その単語が出てこなくてさ) でも、そんな話ばかり聞かない? そうかもね。それは僕も理由が余り分かってない。フォーカスポイント違うよね。 アプリケーション・システムのレスポンスって大事だよね アーキテクチャがしっかりしていれば、その辺は普通にカバーされるっしょ てか、アーキテクチャのデザイン (インフォメーション・アーキテクチャ) が重要だな 無駄が少ないってのは? 操作においての無駄を省くのも、そうだね 設計・構築は工数が多くなりそうだけどね (笑)… Read more