Team Foundation Server を利用してアジャイルな開発を (Part I)

金曜日のセミナーにご来場いただきました皆様、どうもありがとうございました! いつも以上に笑いもいただけて、個人的にはとても楽しく皆さんと接することができたと思います。 そんな中、本日の F1 オーストラリア GP を見逃して、本国の大学バスケットボール大会の試合もミスって、少々落ち込み気味です (;_; ) なので、ラザニアを作ってお腹も心も落ち着きました♡   そんな余談はさておいて。金曜日に約束しました通り、アジャイルにプレゼンテーションを変えてしまったので、その内容を含めて、こちらで当日のお話の内容をシェアさせていただきます。 因みに、当日のお話のタイトルは以下: 『Team Foundation Server 2008 が支援するアジャイルな開発』   元々は、『マイクロソフト基盤におけるアジャイル開発』と言うタイトルだったのですが、気分でタイトルを変えました。 内容は・・・・・・・・・・当然、当日変わったので、タイトルに拘る必要もないかも知れませんね (笑) さて、アジェンダそのものは特に変更しませんでした。 内容を追加したと言うのが主なところです。 理由としては… 僕の前にお話をして下さった長瀬様と三井様が、「この後の MS さんのセッションで~」と、その時までサラッと触れる予定だった内容を、もう少しきちんと皆さんにお伝えする必要ができ、せっかくなのでアジャイルな話をアジャイルに紹介しようと言う試みでした。   前半は、「アジャイル」と「ツール」の位置づけとして、アジャイルな開発をするにおいてツールをどのように利用すべきかと言うことを話しました。 ただ、ツールの話をする前に、改めて「アジャイル」について。 Agile と言う単語は、開発用の用語ではありません。 普通の単語です。「素早い」とか「機敏」と言う意味です。 よく、スポーツ選手の性能を表現する時に使われる単語です。 どれだけ変化に対応できるか、応用力があるか… なので、僕の中では一番「アジャイルな開発」を説明するのは「臨機応変な開発」だと思ったのです。   考えてもみて下さい。 アジャイルな開発の話において必ず皆さんに認識いただく必要があることは、「物事は計画どおりにはいきません」と言うこと。 まして、計画どおりにしか動かない…変化に対応しないと、プロジェクトは遅れる、問題は解決できない、コストがガンガンと上がって行く。   「でも、そんな臨機応変な対応をプロジェクトにおいてやれと言われても、慣れていないことをいきなり…」   そんなことは絶対ありません。 皆さんの人生で、物事が計画どおりに行ったことって、どれだけありますか? アメリカではこんな言葉があります: “When life gives you lemons, make lemonade.” 人生において、レモンを投げられた時には、そのレモンを使ってレモネードを作れば良い。… Read more

Business Productivity Online についての、ためになる情報 (日本語版アリ)♪

日本語版がチャント出ました♪ 良かったですね~~☆ 僕は、逆に、日本語だと読むのが超遅いんです… orz  日々努力してます (つもり) 下記、Business Productivity の話ですね。本当にタイムリーな内容だと思います。ぜひぜひ読んでみて下さい (日本語だし)! Business Productivity Online TechLibrary http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb981188.aspx Microsoft Onlineのセキュリティ機能 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=5736aaac-994c-4410-b7ce-bdea505a3413 Microsoft Online Servicesへの移行 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=25350815-5c57-441a-b7fb-329ff5fe14b3 Microsoft Online Services移行ツールキット http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=b4d668f4-26b0-4b3c-8b13-5e0275948257 Exchange Online SLA (日本語版あり) http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=en&FamilyID=7fbd1a59-0148-450d-9bdf-50af6c634b07 SharePoint Online SLA (日本語版あり) http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=069DF92A-4F58-45E3-BBF8-93ED6BCB61D1&displaylang=en Office Live Meeting SLA (日本語版あり) http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=bd1e62ea-76cb-4ed9-8844-4f41626a691b&displaylang=en… Read more

考え方から変えてみよう

Tech Days を明日に控えているのですが、僕は現場にいるだけなので比較的気楽ムードだったりします (笑) セッションを持っている方たちに失礼ですよね。 僕も結局セッションを持っている時は、最後の最後までジタバタしてますから、他人事になってはいけないのですが… (汗)   そんな中ではありますが、本日いくつか新しくホワイトペーパーを公開しましたので、ご紹介します。 著者は、David Chappell さん。米サンフランシスコにてコンサルティング会社を持つ方で、テクノロジをどのように活かしていくか、どのように適用していくと効果的か、と言ったことを世界中で話ている方です。マイクロソフトの Tech Ed (米国本社開催) での基調講演などでも話していただいたことがありますが、当然マイクロソフトのテクノロジに関してだけでなく、幅広くお話をしている人です。 そんな Chappell さんが、今回何種類かアプリケーション ライフサイクル管理 (ALM) と、その将来について書いて下さいました。   マイクロソフトの ALM ソリューションと言えば、Visual Studio Team System がコアにありますが、決して VSTS に特化した内容ではなく、コンセプトをキッチリと…と言った内容にまとまっています。 幸いにも、僕が今まで語ってきた ALM と合致しますし、僕が考える ALM の未来図にも合致しているため、もしかしたら皆さんも興味持っていただけるかな・・・なんて思ってみたりです。 今回は3本のホワイトペーパーを日本語訳することにし (僕の選択ですが)、翻訳の内容チェックをし (ここは馬田さんにも協力してもらい)、本日やっとリリースすることができました。   Visual Studio ホワイトペーパーのページにある、「アプリケーション ライフサイクル管理とビジネス戦略」、「ビジネス プロセスとしてのアプリケーション ライフサイクル管理」、そして「チーム開発ツール: ベンダーが適切なツールを提供するようになった理由」の3種になります。   個人的には、特にはじめの2つを読んでいただきたいです!! これは、僕の考え方とかなり近いものがあります。 もしかしたら、日本では通用しないのかな??なんて思いながら読み直し、僕自身の自論も書いているのですが…その辺はフィードバックいただきたいです。 4-5ページものなので、読むのも簡単ですし、時間は要しません。時間がかかってしまう=理解するのに時間がかかる…と言う風なことであれば、それは僕としても、似た内容をわかりやすく説明する手段を考えるきっかけになりますので、それでも良いです。   また、フォントは明朝になっています。どこかのお話によると、ゴシックより20%近くインクを使う量が減るので、コスト的にも最近はすべて明朝にするところがあるとか・・・… Read more