Configuration Manager の Risk Assessment Program

AD、SQL、Exchange、SharePoint などの Risk Assessment Program というのは、これまでも提供し続けていますが、SCCM 用のはこれまで提供していませんでした。提供開始できるようになるべく、これから上海に飛びます。 と、言うことで、人生初の中国上陸に向けて現在羽田空港で待機中のロバートです。 Risk Assessment Program は、プレミアのお客様専用のプログラムとして、お客様の環境を診断するサービスとなっています。代表的なのが Active Directory Risk Assessment Program (ADRAP) というもので、お客様の AD 環境の設定やログ情報、構成などの確認をして、Premier Field Engineer として我々がそのデータを分析し、お客様の環境をより円滑に利用できる状態を作ったり、保守をより容易にする方法などを提案するためのものともなっています。 System Center 中心の PFE として、僕の場合は、各種 RAP のデータとその分析結果をもとに、Operations Manager で ADやSQL、MOSSやExchange の環境を、効果的に監視する方法であったり、その監視を自動化する手段をソリューションとして提供しています。最近は、あまりその手の話をしていませんが… ごく最近、Configuration Manager 用の Risk Assessment Program も開発され、少しずつグローバルのお客様先でその診断を行い始めています。日本に関しては、まだ提供開始をしていませんが、それを実現するべく僕はこれから中国で、トレーニングを受けに行きます。問題なくトレーニングをこなして、その後のテストをいくつかパスすれば、晴れて日本でも CMRAP を提供することができるようになります。問題がなければ…ですけどね。 なんだかんだ言って、System Center 製品群のすべてをこれまでも見てきているので、頭の中はゴチャゴチャ。Configuration Manager のすべてを知り尽くしているかと聞かれると、決してそんなことはありません。1週間、ガッツリとトレーニングを受けてきますので、上手くいくことを願って…   それはさておき、今回のトレーニングでは上海に行くことになり、人生初の中国上陸をします!ちょっとドキドキ…英語が通用しない国って、日本以外で行ったことがないので、とても心配です w アメリカ人の僕は、周りに結構「国際的」な人と思われがちですが、実際のところは北米以外は殆ど踏み入ったことがないんです。2年前にオーストラリアに初めて行き、去年はシンガポールに初めて行きました。そして今年は中国…北米なら基本的にどうにでもなる奴ですし、英語圏であればサバイバルも楽勝なんですが…さて、どうなることやら…です。 今年は、できれば、他にもインドやインドネシア、タイやベトナムにも行ってみたいです。日本に住んでいる間に、できればチベットなんかも行ってみたい。あー…でも、日本国内も回ってみたいので、仕事以外では日本国内にしぼろうかなぁ…未だ、北海道にも行ったことがなければ、四国にも行ったことがありません。九州は、長崎だけ。沖縄もテレビの中でしか見たことない wやっぱり日本国内をまわろう…… Read more

Visual Studio 2010 β2 日本語版の提供開始!!

デベロッパー製品開発統括本部のブログでも紹介がありますよう、本日から MSDN サブスクライバ様向けに Visual Studio 2010 β2 の日本語版の提供を開始しました!! このリリースについては、皆さんご存知の Brian Harry のブログでも紹介されています♪   先日、Brian とはメールで色々とやり取りをしていたのですが、以前日本の皆さんからいただいたフィードバックを、できる限り今回の Team Foundation Server や Visual Studio の中で対応してみたから、皆さんにこのβリリースもぜひ評価してもらいたい! と言うことでした。   メール、アンケート、Connect、イベント、ミーティングなど、色んな箇所を通してフィードバックをして下さった皆さんに、本当に感謝しています!! 今後とも、宜しくお願いします。   ちなみにですが、過去に書いた「フィードバックについて」も、改めて目を通して見てください。僕の疑問として、ネガティブ フィードバックばかりなのが理解しきれないと言う内容にはなっていますが、お願いとして、良い点も「フィードバック」として是非いただきたいと思います。 開発チームの皆は、リアルにポジティブ フィードバックでやる気も変わってきます。本当に。マジで。   数日後に、Visual Studio 2010 β2 日本語版の一般公開もしますので、その際には改めてご連絡しますね!   Happy Evaluating!!   <リソース @ 日本語> VS Beta2: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/52f3sw5c(VS.100).aspx .NET Framework 4 Beta2: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/w0x726c2(VS.100,classic).aspx… Read more

続・ロバート的疑問

前回のエントリーでは「疑問」から、自分なりの「なるほど」を見つけてみましたが、「自由度の多い」そして「選択肢の多い」現代の開発現場や技術市場においてどんなことをしていくべきなんだろうと考えてみた時、以前ご紹介させていただきましたパフォーマンス チューニングの内容に思考が向かっていきました。 何故かって? 簡単です。 僕が説明したパフォーマンス チューニングの話では、「闇雲にチューニングを実施するのではなく、パフォーマンス目標値をきちんと設定して、そこに向かってチューニングを実施していきましょう」と言った、シンプルなメッセージだったからです。 だから、それとこれと、どう関係あるんだ?ってことですよね? テクノロジーを選択するところが一番難しいところであり、厄介なところでもあると思います。 開発ライフサイクルの、どの部分を重視して利用するテクノロジーを決めていくか…そこが肝な気がします。   開発者として、開発が一番容易にできることが望ましいですか?それとも、新しいことにチャレンジできるプロジェクトが良いですか?とにかく楽して仕事ができて、でも成果を超評価してもらえるようなものが良い…?   プロジェクト マネージャーとしては?プロジェクトが効率よくまわれば良い?レポーティングを簡単にしたい?今まで以上の仕事量が発生しなければ良い?それともコスト?コストの管理が明確であれば…?もしくは、追加コストが発生しないプロジェクトであれば良いんでしょうか?   IT プロとしてはどうでしょう?サポートがしやすいもの?運営が楽なもの?自身の作業が軽くなるもの?要は、最終的にデリバリーされる物に特化しているところを見て欲しいですか?   実ユーザーとしては?業務をより効率よくするものであれば、ぶっちゃけテクノロジーなんて気にしない?決まったテクノロジーを利用して欲しい?自身が利用している製品を使い続けることが目的?同じことをするのに、やり方を変えるのはイヤ?例えそれが仕事を楽にするとしても?   ビジネス オーナーとしてはどうですかね?従業員の効率アップですか?彼らの残業減らして、コスト管理したいですか?プラットフォームのインフラを変えずに (新しいハードウェアなんてもってのほか) 今以上の物事ができれば良いですか?   どれも考えるべきなんだと思いますし、どれも大事だと思います。要は、どこに視点をおくかで全てが決まると思います。とは言っても、最終的には、各自が「安く」だとか「楽に」と言ったところに向かっていくんだとも思います。 決して間違っているとは思いません。僕だって楽してユーザーの皆さんが「Visual Studio Team System 買う!」って言ってくれるなら、楽して「結果出ました」と言ってみたいですよ… (涙) → でも、現実はその真逆に感じてしまうから僕は悲しくなってしまったりする…かも?頑張って、製品の良さを皆さんに伝えているつもりなんですけど… どうも、僕の中にあるメリットと、皆さんがメリットと思う部分が釣り合っていないような… (汗) 本当に、たまに、「え゛~?!そこっ?!」って思います。まぁ、そんな僕のことはさておいて…   選択肢が多すぎる。自由が多すぎる。それが皆さんのテクノロジーに対しての「欲」を逆に「面倒くさい」と言う思いに変えてしまっているのであれば… まずは、パフォーマンス インディケーター (パフォーマンス目標値) から見て行けば良いじゃないですか。 今の時代では、ハードウェアでのパフォーマンス チューニングなんて、なんらスキルもいらない、バカでもできるチューニング方法ですよ。だって、僕自身、そうやって諸々のパフォーマンスを上げてきましたから (爆) 「取り敢えず RAM 増加!」が口癖でした。バカの一つ覚えって言うんですか?そんなんでした。いや、今でもそうかも… (汗) でも、アプリケーションのパフォーマンスから物事を見て行くと、結構面白いと思います。 既存のアプリケーションのパフォーマンスを上げる… ユーザーが「感覚的に」アプリケーションのパフォーマンスが上がったと思うか否かの問題だと思います。 既存のハードウェアの稼働範囲内でスイスイ動くアプリケーションを作る… ビジネス… Read more

パフォーマンス チューニング セッション、Explained

昨夜はガッツリ寝ました、ロバートです。 でも、その分、今朝は4時起床… なんでだろう。 さて、本日のブログでは、昨日のセッションの内容をスライド込みで解説します。 ※ 当たり前なことしか話していませんので、変にツッコミ入れんといて下さい ( >_<) タイトルは、VSTS 2008 によるパフォーマンス チューニング。 先日のポストでも言った通り、MSC 2008 の時とネタは同じです。PPT さえ、同じです。 違い?「~ & テスト」と書いてあるか否か。後、今回の話は「実践的」と言う言葉は一度も出していない。 それくらいです w アジェンダも大差ないです。ただ、今回は極力、製品の話は減らしたと言うことですね。   今回は、冒頭でこんなことを言いました。 パフォーマンス チューニングとは、決して華やかさのあるものではなく、むしろ地味なんです。 地味な作業ほど、大事なんです。怠ってはいけないんです。 デベロッパーの皆さんからしたら、「んなこと分かってるよ」と言うことばかりだったと思うのですが… 「分かっている」と言うのと「やっている」と言うのは大違い。 意外と理解していても、実施されていないベスト プラクティスなことって、沢山あったりしません? 細かいことが沢山… でも、「ちりも積もれば山になる」ですよね? 「山」はイイ方向にも、悪い方向にも積もります。   パフォーマンス チューニングのお話をするにあたって、必ず見せるスライドが以下の二つ: 「パフォーマンス」のお話って、意外と難しいんです。 なぜなら、パフォーマンスは「体感」することが主だから… 数値だけで表わせるものではなくて、実は一番のパフォーマンス インジケーターって、ユーザーの感覚なんですよね? アプリケーションを起動して「遅い」と感じるか否か。 人によって、全然違う。 アプリケーションを複数使って、「重い」と感じるか否か。 これもまた、人それぞれの感覚。 でも、実際にフィジカルな世界で理解できることとして、システムに対する負荷が増えれば、そのシステムのパフォーマンスは低下すると言う当たり前な事実。 どうやってそれを認識するか?どうやって数値化するか? リソース モニターやパフォーマンス モニターを利用したことは、ありますよね? Windows のシステム ツールに含まれる、このようなツールを利用してパフォーマンスを計測することって結構あると思います。 そして、パフォーマンス チューニングとは、負荷になっている部分を特定して、その負荷を軽減するなり分散するなりしていくこと…… Read more

Session @ Developers Summit 2009

数時間前に登壇し、45分のセッションの中…50分+喋ってました。 やっぱり、45分で喋るのは難しい! でも、頑張った。最後の方はマシンガン トークになりましたが、言いたいことは言いました。 伝えたいことは伝えました。 僕なりに、頑張りました。   んで、結局どんな話かって? タイトルとしては「Visual Studio Team System 2008 によるパフォーマンス チューニング」だったんですが、基本パフォーマンス チューニングの話をして、最後の最後で VSTS の話を少しした感じでした。 でも、それで良いのです。今日の話は、デベロッパーの皆さんに、「再認識して下さい」なことだったんです。   パフォチューって、地味なんですよ。ホント。 華やかなことではまったくないのですが、実行することはとても大事。 思いのほか、頷いている人たちや、言っていることをメモっている方たちが多くて、嬉しいと言えば嬉しかったんですが… 僕はごく当たり前のことを話していたつもりだったので、そこで「新発見」と思っている方がいたとしたら…うん。今後、きちんと意識して開発して下さいね!と言ったところですね~~   明日・明後日のどこかで、話した内容を改めてここに載せてみますね。( ^^) メッセージそのものも、「現代」「このご時世」に合わせて考えたので、それがもしこのページを見にきて下さる方たちにも響くのであれば…と思います。 では、そろそろ、イベントのパーティーの方にいってきまぁ~す♪… Read more

これより Developers Summit 2009 登壇

する訳なのですが、ここ数日、色々と考えてみました。 話す内容としては、the Microsoft Conference 2008 のものにとても近いんです。 PPT においては、むしろ、ほぼそのまま利用しています。 パフォーマンス チューニングのお話ですから・・・   Visual Studio Team System 2008 Development Edition のお話… ツールのお話… プロファイリング機能のお話。 製品のお話としては、そこに特化するところだとは思うのですが、それじゃなんら面白くもない。 と、言うことで、30分後くらいから話す内容を今朝決めました。 「今のご時世だからこそ」をキーワードに、お話をしてきます。 ウケが良いか悪いかは、正直分かりません。 でも、「こんな考え方もあるんですよ」な感覚で語ってきます。 恐らく、熱くなって、時間ギリギリまで利用して、若干暴走するかも・・・ですな。 w   短い時間の中でのトークになるので、とにかく楽しんでみたいと思います! 後は、気持ちが伝わるか否か…… Read more