System Center 製品群 2012 バージョンに向けて

前回から結構時間が経ってしまいました。震災後、何かとバタバタしている内に、7月突入。そして今日は7月4日、アメリカの独立記念日!! Happy Independence Day!! 経済的にはダウン気味な母国ですが、頑張って欲しいと言うところ… さて、久しくエントリーを書くわけですが、System Center 系のエンジニアとして復帰して1年以上の時間が経過し、今は「次のバージョンに向けて」僕もチームのメンバーも、準備を始めています。 System Center を担当するマーケティング マネージャやエバンジェリスト、サポートのチーム、開発側の面々と、多方面の社内の人間とコミュニケーションを取り、お客様・ユーザー様にとって最適な利用シナリオを考えたり、その中でお客様にとっての「気付き」となって欲しい内容などを考えています。勿論、既存のバージョンも引き続きサポートしていき、運用に見合った利用方法のご相談などは継続してお手伝いさせていただきます ― そして、その辺のネタは、またブログで公開していきます。 ですが、新規のバージョンの製品も、時代に合わせて変化していき、使い方も考え方も進化していっています。それは、時に、お客様としては厳しいこともあると認識していますが、変化や進化があるから、仕事のやり方やビジネスのあり方と言うものも変化していくものなので… 嫌がらず、ラーニングをしていっていただきたいところです。 <ロバートが今後対応していく製品 (新規) > 僕の立ち居地として、新しい製品がでてきたり、既存の製品のバージョンアップがされる中で、まだまだ市場では「未知」の世界を担当していくことにしました。 現行では OPALIS と呼ばれる製品で、マイクロソフトが昨年前に購入したパートナー製品です。INTEGRATION PACK と呼ばれる、製品連携を実装するロジックが組まれたパッケージを読み込み、複数の製品で作業を必要とするワークフローを、1つのタスクとしてロジックを組む、一種のタスク オートメーション (自動化) を実現する製品です。 単純作業から、複雑なプロセスや、承認のプロセスなどを含め、「簡易な自動化」から「複雑な自動化」をビジネス ロジックにあわせて実行できるよう支援する製品となります。 まだまだ市場においてのニーズや、どこまで深く追求していくものなのか…と言う点では、皆さんとの会話やアイディアの出し合いで考えて行きたいところですが、現場の管理者やエンジニアさんの価値を活かすツールとして使っていただけるようになればと思います。 ※ 自動化と言うと、一見、現場の仕事が奪われてしまうと思いがちですが、本質としては単純作業に時間を捕らわれることなく、やるべきことや、更に組織にとってプラスとなるサービスやシステムを展開する時間を確保するために利用できるものと思っていただければ… マイクロソフトのオンライン ソリューションの一つで、Windows Server 並びに SQL Server の診断と、その情報を管理するものとなっています。エージェントによって、定期的に Windows Server と SQL Server の環境の診断がされ、公開されていく KB (Knowledge Base) 記事に該当する問題が感知される場合、管理コンソールにその問題と該当する KB へのリンク、対応方法などが列挙されるものです。 サポートに問い合わせをして、意外と既知の問題に該当している・・・なんてことは良くあることかと思いますが、そのようなやり取りを最小限におさえるキッカケにもなるんじゃないかと思っています。 決してトータルのソリューションではありませんが、環境を維持する一環として利用でき、何処からでも管理できると言う「使い方次第で効率化を図れる」道具なのかな・・・ Windows… Read more

今更聞けない System Center Configuration Manager 2007 Basics #3 (クライアントの割り当て編)

2011年も早くも2月に突入。忙しくしていると… なんて思いながら、時間は刻々と進んでいく一方ですね。 また、今年の冬はとても寒いせいか… 次から次と仲間が体調を崩している気がします。皆さんも体調管理には気をつけて下さいネ! さて、今回は「今更聞けない」シリーズの第3弾として、SCCM のクライアントの割り当てについて書いていきたいと思います。 クライアントのサイト割り当ては、エージェントのインストール前から指定することってできるの? いいえ。できるようで意外とできないこのプロセス。クライアントのサイト割り当ては、常にクライアント エージェントのインストールが成功していることが前提になります。クライアントの割り当てはインストール時の一環として構成されますが、逆にエージェントだけインストールしてサイトの割り当てをしないと言うことも選択肢としてはあります。その場合のクライアントは管理されていないクライアントとなります。 補足情報 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb681005.aspx クライアントをセカンダリ サイトに割り当てることはできますか? いいえ。サイトの割り当ては、必ずプライマリ サイトになります。セカンダリ サイト配下に存在しているクライアントは、セカンダリ サイトを介して親のプライマリ サイトに報告しているので、結局の割り当てはその親プライマリ サイトになります。 セカンダリ サイトの構成次第では、プロキシ管理ポイント情報やセカンダリ サイト下の配布ポイントを利用することはできるので、ネットワーク負荷を考慮するためには上手く活用すると良いですね。 補足情報 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb681005.aspx http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb632547.aspx イントラネットのクライアントがサイト サーバとは違う Active Directory フォレストに存在している場合、サーバー ロケータ ポイントを利用したサイト割り当てが必要ですか? はい。クライアントが Active Directory Domain Services からサイトの情報を参照することができない場合、サーバー ロケータ ポイント (Server Locator Point: SLP) を介してサイトの割り当てをします。CCMSETUP の中で明示的にサイトを割り当てる場合も、SLP は必要になります。 補足情報 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb693467.aspx http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb694195.aspx では、ワークグループのクライアントをインターネット経由で管理したい場合は? サーバー ロケータ ポイントが必要なんですか? いいえ。ここでのポイントは「インターネット経由で管理」すると言うことです。そうでない場合は、(3)… Read more

MSDN の究極のオファー (Ultimate Offer) で何がどう変わったの?

本日の Visual Studio 2010 の全世界でのアナウンスメントと同時に、MSDN Subscription の会員の皆さんの MSDN レベルが自動的に上がりました。 何もしなくてもレベルアップした感じですよ。 遊び人 Lv. 40 くらいだったのが、遊び人 Lv. 60 と、その他のジョブもレベルが上がった・・・みたいな。 え?余計訳が分からない感じですか? それはすみませんでした。   今回の「レベルアップ」対象となった方たちは以下: Visual Studio Team System 2008 Architecture Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Database Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Development Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System… Read more

名古屋、大阪、岐阜と出張してきました: Travel Report

今日は色んなメンバーが僕の地元の一つ (いくつあるんだっ?!) のロスアンゼルスに向かっている中、先週の僕は日本国内を巡っていました。 もちろん、お仕事です。この時期、プライベートで旅行なんてしませんよ・・・ したいけど・・・ しませんよ・・・ うぅ~~   さて、この度は、プロダクト マネージャらしからぬ勢いで、中部・関西の弾丸ツアーな感じでした。 基本、新幹線・電車の中でだけ寝て、以外の時間は仕事・ミーティング・打ち合わせ・お食事会など。 結構体力的にはきました。東京に戻ってからの話ですが。 名古屋・大阪では、特定のお客様先にてお勉強会や製品説明などをさせていただきました。 これまで、東京都内でしかやってきていないことなのですが、社内での声がけをした結果、当たり前のように全国各地で .NET Framework の話、Azure の話、Visual Studio の話、Windows 7 の話などを聞きたいと言う方々がいたので、僕なんかで良いのかと思いつつも、幅広くお話をさせていただきました。 時事ネタとして、名古屋から大阪に到着した水曜日の夜は、駅から近くのカフェでパートナー様とザックリとミーティングをして、ホテルに向かうため改めて駅に戻ったのですが、やたらとテレビ カメラがあったので何事かと思いつつも、翌日の仕事があるのでホテルに。タクシーの運転手さんと、「誰か有名人でも来るんですかねー?」なんて話をしていたのですが、ニュースをかけてビックリ! 市橋容疑者が捕まったのね・・・と。 その午前中は北朝鮮と韓国の間で戦争が始まるんじゃないかと言うような感じもあり、僕がどこかに移動するとろくなことが起きねぇな・・・なんて思っていた矢先でした。 チョットばかりビックリでした。 さて、名古屋・大阪でのお仕事を終えて、次は岐阜。   岐阜県に関しては、NPO の方たちの活動として実施されているアジャイル開発のプロジェクトのヒアリング・インタビューをさせていただきました。 なかなか (本当の意味での) 成功例といったお話は聞けないのですが、人材も成長していく開発プロジェクトと言うものに今回出会い、プロセス改善、ソフトウェアの品質向上、効率的な開発、柔軟なプロジェクト チームと言うものはやればできるのだと言うことを現場の方たちの声を聞きながらも、肌で感じてきました。 よく、「言うのは簡単だけど・・・」などと言われますし、「前例がないのでは・・・」などとも言われます。 正直な気持ちとしては「やってみなきゃ分からないじゃないですか」なのですが、勿論、組織の中で何かをするにあたって (特に今の時代)、実行することに対しての責任を誰を取るのか・・・と言ったところで、話が前に進まなくなるのは事実あると思います。 分かるんです。分かるんですけど・・・考えているだけであったり、構想しているだけで、アクションを取らなければ変えれるものも変わらない。でしょ? 多分、今の開発現場に必要なのは、その一歩を踏み出す勇気であったり、キッカケなんだと思います。 なので、今回はそのキッカケを見つけてきました。   追々、Power to the Pro の特集ページでも、今回のインタビューについてはご紹介することになると思いますが、本当にいい話を聞けましたし、色んな可能性を感じれました。 日本はまだまだ元気です! そして、その元気の源は、意外にも地方にありました。 そもそも、東京を中心に物事を考えなきゃいけないと言うのが違うのかも知れませんね。 いや、違うと言うより、東京だけに答えがあると言う訳ではないと言う事実かも知れません。 ある種の Proof of Concept… Read more

Visual Studio 2010 β2 日本語版の提供開始!!

デベロッパー製品開発統括本部のブログでも紹介がありますよう、本日から MSDN サブスクライバ様向けに Visual Studio 2010 β2 の日本語版の提供を開始しました!! このリリースについては、皆さんご存知の Brian Harry のブログでも紹介されています♪   先日、Brian とはメールで色々とやり取りをしていたのですが、以前日本の皆さんからいただいたフィードバックを、できる限り今回の Team Foundation Server や Visual Studio の中で対応してみたから、皆さんにこのβリリースもぜひ評価してもらいたい! と言うことでした。   メール、アンケート、Connect、イベント、ミーティングなど、色んな箇所を通してフィードバックをして下さった皆さんに、本当に感謝しています!! 今後とも、宜しくお願いします。   ちなみにですが、過去に書いた「フィードバックについて」も、改めて目を通して見てください。僕の疑問として、ネガティブ フィードバックばかりなのが理解しきれないと言う内容にはなっていますが、お願いとして、良い点も「フィードバック」として是非いただきたいと思います。 開発チームの皆は、リアルにポジティブ フィードバックでやる気も変わってきます。本当に。マジで。   数日後に、Visual Studio 2010 β2 日本語版の一般公開もしますので、その際には改めてご連絡しますね!   Happy Evaluating!!   <リソース @ 日本語> VS Beta2: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/52f3sw5c(VS.100).aspx .NET Framework 4 Beta2: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/w0x726c2(VS.100,classic).aspx… Read more

Tech Ed Japan 2009 の後は Rational Software Conference?!

ええ。そうなんです。Tech Ed の後は、IBM さんのイベントなんです。何がって? http://www-06.ibm.com/software/jp/rational/events/rsc2009/session.html#c-3   皆さんもお馴染み、長沢さんに IBM さんのイベントで登壇してもらうことになりました!! 聞きたいことは沢山あるかと思いますが、まぁ、追々と言うことで。 ( ^^)   これが実現できたことに、僕は大満足だったりします♪… Read more

Team System の事例 – 工数削減、コスト削減、業務の効率化

改めて、日本の事例、グローバルの事例などを以下のページで紹介し始めました。 http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/campaign/vstscasestudy.aspx Visual Studio Team System を導入することにより、開発工数の削減、開発コストの削減、プロジェクト マネジメントのコスト削減、テスト工数の削減など、アプリケーションのライフサイクル全体を通してどのような改善をはかれたかをピックアップした事例を主にピックアップしています。 グローバル事例はまだ英語版しか載せていませんが、日本語訳も追って載せていく予定です。   世界各国での VSTS の活躍をぜひご覧ください。 そして、日本でも規模を問わず、VSTS での開発の改善を実現していくため、皆さんと協力していければと思っています!   Let’s 改善! ( ^^)ノ… Read more

アジャイル計画 (プランニング) with VSTS 2010

まだまだ CTP でしか皆さんにお見せできていない Visual Studio Team System 2010  (Rosario) ですが、徐々に本社側で情報を出しています。 それに伴って、僕も資料は作ってはいます。まぁ、そこに関しては乞うご期待!なところですかね。   どんな情報が公開されているの?と言うことだと思いますが、以前 MSDN Magazine でアジョイ (Ajoy) が書いた記事が翻訳されています。2010 での作業プランニングを強化する構造、そしてその利用方法などについて説明しています。 アジョイはもともと VSTS のプロダクト マネージャだったのですが、今はその中でも Patterns & Practice に特化した活動をしています。 アジョイのブログ (英語)   今回の記事では、結構既存のツール (特に Excel) を活かした計画手段について書き上げられています。 元の英語の記事は以前読んで、個人的には好きだったので、もしかしたら皆さんにも響くのかな?なんて思います。 Visual Studio Team System 2010 のアジャイル計画ツール ちなみに、ここまでのツール化はされていませんが、元々は MS 社内の開発において VSTS を活用して VSTS を開発している時に作り上げたもので、次世代の VSTS ではそれを皆さんにもシェアすると言う形になります。 要は、VSTS 2008 でもできないこっちゃないってなことです → 作りこむのはそれなりに労力かかるとは思いますけどね。… Read more