[報告] 本社所属の開発チームに異動しました

少々遅めの、新年おめでとうございます m(_   _)mブログでは、大変ご無沙汰しております。 日本滞在も10年が経過し、11年目に突入してしまいました、ロバートです (*’▽’) 日本マイクロソフトでの業務も10年が経過し、今年からは本社所属の一人部署で活動を開始しました。と言っても、品川のオフィスにも席を持っているので、基本的に (表向きに) は今までと特に変わりません。引き続き & 相変わらず、見た目は日本人のひげ面アメリカ人です。自由です。   10年の振り返りをしていると、きりがないとは思いますが、仮にご要望があれば (誰が読むんだ) 書きますよ (笑)   …で、また異動したの? はい。また異動しました。11年目にして4度目の異動、5部署目になります。今回は、MS 社内では初めての自分から探して (見つけて) 応募した異動になるので、色々とドキドキとワクワクです♪   これからはどんな仕事をするの? 開発組織に異動し、プログラム マネージャとして日本で一人部署での活動です。担当エリアはアジア全体ですが、当面は日本のお客様とパートナー様がメインになると思います。仕事内容 (直近) としては、Microsoft Intune の既存顧客の皆さまに、サービスをご利用いただくにあたっての支援や全体のサービス向上につながる機能・フィーチャーのリクエストを受けたり、パートナー様・ユーザー様とのフィードバックのリズムを作ることです。   無償支援ってこと? 時と場合、状況によっては当然弊社の有償サービスをご利用いただきたいのですが!!まだまだ「これから」のサービスである Intune は、より多くのお客様にご利用いただき、皆さまの視点からのサービスの良し悪しを認識・理解する必要があると思っています。ですので、僕がエンゲージするお客様は、ある一定のクライテリア・要件を満たしているお客様からスタートします。また、支援サービスとしてはエンゲージもすれば、ディスエンゲージするタイミングも明確にします。永久無償支援では決してありません (そんなことしたら、僕が死んじゃいます)。 開発チームとしてのエンゲージメントなので、基本の姿勢としては製品・サービスについては誰よりも知っていなくてはならない立場です。…ですが、人間誰も完璧ではないので、完璧を求められるとスネるかも知れませんので、取り扱いにはご注意を (爆) 半分以上は冗談です。きっと。   機能・フィーチャーについては、言いたいことが沢山あるんだけど! そうだと思います。繰り返しになりますが、まだまだ「これから」のサービスだと個人的には思っています。それもあって、僕がこのロールを日本に作ってもらったと理解してください。 でも、だからと言って、全てのご要望をいずれ実装することもないと思ってください。「全体のサービス向上につながる」機能やご要望は、極力取り入れるようにしていけるよう努力しますが、サービスの一部にならないであろうリクエストも沢山受けることになるだろうと思います。 僕としては、機能拡張や機能追加をするか否かの判断も、ある程度はしていくことになります。 皆さんのご要望をすべて満たすことはできませんが、できる限り取り入れられるものは取り入れたいとは思います。そのためにはお客様やパートナー様にもご協力いただく必要があります。ただ一方的に「この機能が必要」と言うのは、あり得ません。無理です。代弁者として、それだけだとコードを書いている開発者の皆からプッシュバックされた時に、戦うことができません。 「何故」必要なのか? → 「他社製品ができるから…」と言うのは理由になりません。どのような理由で、特定機能を必要としているか = ユースケース シナリオがあり、伴うコストがあり、目的を達成するための機能である必要があります。それらが日本特有である場合はプッシュし辛いこともあります。世界各国で多くのリクエストが上がる中、注力していくのは当然ながらよりインパクトの大きいもの。人口やマーケットの大きさに左右されることは少なからずだと、個人的には思っています。結果的にそうじゃないかも知れませんが、そう言う可能性も充分あると思って下さいね。 (ユーザー様が多いほど、インパクトは大きいので、より多くのお客様にご利用いただくのがポイントですね!!) この辺については、今後もチョクチョク更新していきます。   フィードバックのリズムとは? Intune… Read more

Visual Studio 2010 β2 日本語版の提供開始!!

デベロッパー製品開発統括本部のブログでも紹介がありますよう、本日から MSDN サブスクライバ様向けに Visual Studio 2010 β2 の日本語版の提供を開始しました!! このリリースについては、皆さんご存知の Brian Harry のブログでも紹介されています♪   先日、Brian とはメールで色々とやり取りをしていたのですが、以前日本の皆さんからいただいたフィードバックを、できる限り今回の Team Foundation Server や Visual Studio の中で対応してみたから、皆さんにこのβリリースもぜひ評価してもらいたい! と言うことでした。   メール、アンケート、Connect、イベント、ミーティングなど、色んな箇所を通してフィードバックをして下さった皆さんに、本当に感謝しています!! 今後とも、宜しくお願いします。   ちなみにですが、過去に書いた「フィードバックについて」も、改めて目を通して見てください。僕の疑問として、ネガティブ フィードバックばかりなのが理解しきれないと言う内容にはなっていますが、お願いとして、良い点も「フィードバック」として是非いただきたいと思います。 開発チームの皆は、リアルにポジティブ フィードバックでやる気も変わってきます。本当に。マジで。   数日後に、Visual Studio 2010 β2 日本語版の一般公開もしますので、その際には改めてご連絡しますね!   Happy Evaluating!!   <リソース @ 日本語> VS Beta2: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/52f3sw5c(VS.100).aspx .NET Framework 4 Beta2: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/w0x726c2(VS.100,classic).aspx… Read more

Chief Technical/Technology Officer や Chief Information Officer の役割とは?

現在、父親がアメリカから一時帰国中 (両親は日本人ですから) で、やたらと「結婚」のキーワードを連発されて精神的に追いやられています、ロバートです (涙)今月いっぱい僕の小さな部屋に居るつもりな父なのですが、イコール僕はどんどんヤツレて行くのだろうと想定されます…20代の生活も、残すこと3ヶ月となりましたっ!! 改めてそう言うと、中には「この若造はいつも偉そうなことばかりぬかしやがって」と思う方もいるかと思います。キャリアだけは無駄に長いんですけど、結局日本での業務経験は MS の社員としてだけの4年弱なので、本当に日本のビジネスにおいて分からない (理解しきれない) ことは沢山あるんだと思います。   と、久しく、やや長めの前置きをしたところで、本題です (笑)   CTO や CIO の役割とは何ぞや?そして、僕がこれまで見てきた日本の CTO や CIO (と言っても、余りお会いする機会はないのですけどね…) が、僕がある意味「期待」している像と異なるかについて今日は書きたいと思います。 『そもそも CTO と CIO ってどんな役職?』と思いません?とは言っても、僕は過去に会社をいくつか設立したりベンチャー企業に乗り込んで行った時に、両方の役職を持って仕事をしていたので、それなりに理解している…つ・も・り。です。正直、微妙なラインではあると思いますし、線引きがブレることは少なからずあると思います。何故なら… :CIO = 企業の IT のトップ。CEO や COO 直下が多いですかね?技術をベースに展開するビジネスの方法論を考えたり、IT への投資を決める場合もあると思いますし、ワークフローを決めたり、プロセスを決める…CTO = 企業の技術のトップ。CEO や COO 直下で、CIO の上にいることも、CIO の下にいることもありますね。一昔前の R&D のトップに近いのではないですかね。CIO との線引き、難しいと思います。 どっちが偉いとか、どっちが責任を持つとか言う問題ではないと思いますが、CIO がいて CTO がいない組織と言うのは割とありませんか?CTO は比較的新しい概念ですよね。 僕の最近の識別の仕方としては、CIO は社内が技術をどう利用して運営されるかを考えて、CTO は技術をどのようにお客様に売り込むか考える…のように、外向きか内向きかで見るように (勝手に)… Read more

VS/VSTS 2010 & .NET 4 β1 一般公開

本当に最近はこんなご連絡ばかりで恐縮です (少し日本人っぽくなりました、僕?)   と言うことで、Visual Studio Team System 2010 ならびに .NET 4 の β1 が一般公開され、ダウンロード センターからダウンロード可能になりました!   Visual Studio Team System 2010 Team Suite Beta1 日本語版 – Web インストーラー http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyID=85520793-68fc-4361-a8b6-dc2cff49c8d2&displaylang=ja Visual Studio Team System 2010 Team Suite Beta1 日本語版 – Iso イメージ http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=255FC5F1-15AF-4FE7-BE4D-263A2621144B&displaylang=ja Visual Studio Team System 2010 Team Foundation Server Beta1 に日本語版 – Iso イメージ… Read more

Visual Studio Team System 2010 & .NET Framework 4 ベータ (英語版) の一般公開スタート!

最近は、こんなエントリーばかりになってしまい申し訳なく思っています、ロバートです。 数日前には MSDN Subscriber 用に公開しました VS/VSTS 2010 のベータ版ですが、これにて一般公開がかいしましたのでご報告です。   製品 フォーマット サイズ リンク先 Visual Studio 2010 Shell (Integrated) Beta 1 Redistributable Package exe 521 MB http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=147419 Visual Studio 2010 Shell (Isolated) Beta 1 Redistributable Package exe 593 MB http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=147418 Visual Studio 2010 Professional Beta 1 – Web Installer Bootstrapper 5 MB http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=147408 Visual Studio 2010… Read more

Windows 7 製品候補版(RC版)を一般提供開始

http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/ Windows 7 の Release Candidate が上記のリンクよりダウンロード可能になりました。 次世代の Windows を、皆さん、是非体験してみて下さい!   Windows 7 の RC版では、いくつかの機能を主にご確認いただけます。 Windows XP Mode: 小規模向けに最適化されたソリューションで、Virtual PC の機能を活用することにより、Windows XP向けに開発された多くの事務用アプリケーションをWindows 7のデスクトップから直接起動できるようにする機能 リモート メディア ストリーミング: 家庭内に設置された PC 上に保存されたデジタル メディアのライブラリーを、インターネット経由で家庭外の Windows 7 から安全に利用できるようにするリモートアクセスの仕組み ナビゲーション機能の改善: タスクバー、ジャンプリストならびに検索といった機能にもいくつかの強化策がほどこされました Internet Explore 8: InPrivate Browsing 機能を利用すると、閲覧履歴、一時インターネットファイル、フォーム データ、クッキー、ユーザー名/パスワードなどをブラウザー内に保存できないようにすることができます Windows Touch: 上下左右にスクロールするようなWeb画面の中でも機能するドラッグアンド ドロップやタッチ操作による項目選択などを可能にするためのアップデートが含まれています 他にも、「日本」のデスクトップ テーマが含まれていたりもします。 僕自身はまだ入れていませんが、回りの人たちのインストールを見たところ、結構キレイな感じでしたよ♪ この辺は、皆さんもインストールしてのお楽しみ☆ ですね!   あ、そうそう。 Release Candidate… Read more

ぜんぶ けんさく べーた

http://zenbu.jp.msn.com/ べーた版アップしています。 試してみて下さい。 試してもらってフィードバックいただかないことには… 良くはなって行きませんから (色んな理由でお願いしたいです)   <以下、ぜんぶ検索の説明> ぜんぶ検索(ベータ)とは、マイクロソフトが開発した色々な検索機能を活用し、MSN相談箱、そして商品やタレント情報などを組み合わせた欲張りな検索サイトです。今後も機能強化や情報ソースを追加し、新しい検索体験をご提供するために進化しつづけます。   マイクロソフトが開発した検索エンジン「Live Search」と、困ったことや気になることをネット上で質問、回答が得られる「MSN相談箱」が融合することで、今まで探しだせなかった事やどうやって探したらいいのか悩んでいた事がより簡単に検索できます。また思いもよらぬ新たな発見がそこにはあります。   — → と言うことなので、お試しあ~れ… Read more

開発スピード200%向上 with Team Foundation Server 2008!

今週明けから目と鼻が、もう、まったく、ムズムズするわ、痒いわ、しんどいです。 2005年に来日する前は、同年の春にちょうど、当時アトランタに住んでいた僕は、初めて花粉症になり… いざ、日本にくれば大丈夫だろうと思ったら、2006年の春には、もう、アウトでした。 orz 以来、毎年色んな意味で泣いています。   さて、本日のタイトルは皆さんにとって魅力的ですか? 開発の効率向上と言う意味で、Team Foundation Server 2008 を導入することにより、開発スピードが200%も上がったと言う事例を本日公開しましたので、ご紹介します。 事例は、以下のページにあります: Visual Studio Team System 導入事例 同ページの一番上にある、インフラジスティックス・ジャパン株式会社様の事例になります♪   事例の内容を読んでいただければ良く分かりますが、今回の事例に関しては、開発の効率が良くなった…と言うことだけではありません。 インフラジスティックス様の開発環境としては、世界各地に開発拠点を持つ、分散開発の実装も Team Foundation Server 2008 を活用することによって実現していらっしゃいます。 また、CRM ツールも活用+連携し、開発されているアプリケーションのフィードバックやサポート案件と、製品 (開発プロジェクト) との紐付などもされており、本来あるべきアプリケーション ライフサイクル管理 (ALM) の姿を、リアルに実装されていらっしゃいます。   開発スピードを上げ、より多くの製品を世に出して行き、その都度のフィードバックをもとに、更新・新規開発をしていく、そしてローカリゼーションもスムーズに、タイムリーに実行していく、非常にストリームラインしたプロセスになっていると思います。 個人的には、このような事例を作成させていただけて、非常に嬉しく思っています。 そして、製品の持つ機能を「理解」して「正しく」、もしくは「自身に合った方法で」「利用」すると、こうも効果が見えると言うことを立証して下さったインフラジスティックス様には、本当に「ありがとうございます!」です。 僕が今まで皆さんに話してきたこと (ALM コンセプトを VSTS 中心に実装していく) が、実際にできるんだと言うことを証明してくれたと思います。   当然、他社様でも色んな ALM の部分実装と言うのはしていると思います。弊社の製品であろうと、なかろうと。 ですが、製品を作る会社の実装のしかたとして、そして、うちのような巨大な会社じゃなくてもそれが実装可能であると言う事実… だまされたと思って読んで見てください。 結構、「へぇ~」があると思いますよ。 インタビューにも立会ましたし、事前ミーティングも何度かしていましたが、ぶっちゃけ、そのタイミングでも製品担当として「へぇ~~~~」がありました。 ここまで、製品を使いこなしていただけると、本当に製品の良さがスグ見えるんだと思いました。   ダイレクト… Read more

ネット上での Windows 7 評価

Windows 7 のベータ リリースから約2週間が過ぎましたが、ベータの評価が世界各国のコンピューター系記事でピックアップされています。ベータ版でこれだけのクオリティーが高いと、製品版が楽しみだと言う声が多くあります。 何より、Windows 7 の立ち上がりの早さ、稼働の早さ、既存のハードウェアとの互換性の良さ…比較的スペックの低いマシンでもサクサクと動くと、か・な・りの高評価です。 ありがたいですねーーーー!   勿論、まだ開発中の OS ですので、皆さんの評価をベースにもっと良くなっていくのですが、既にいくつかの計測で Windows Vista、Windows XP より速いとのこと。リリースのスケジュールはまだ公開されていませんが、ぜひ皆さんにも期待していただきたい! …と言うか、評価できるマシンがあったら、評価して下さい。真面目な話、ロースペックのマシンでも案外サクサク動きます。社内でも、そんなスレッドが立っています。弊社製品で、ここまで皆でテンション上がっているのは、少なくとも僕が入社してからは初めてかも。でも、本当に、僕自身、かなり期待です♪   そんな中、今日からの Tech Days では、そんな話も出てくるのかなーーーー来場者の皆さんには、そこにも期待してほしいですね。 さぁ~て、そろそろ、会社に一回行って、横浜に行く準備でもしま~す。皆さん、現場でお会いしましょう☆… Read more

Tomorrow から Tech Days だよ!

超ウケの悪いネタの前回のエントリーでしたが (笑) 当日は、色々と書ける内容はあったにせよ、勢いで「書きすぎる」可能性があったのでやめときました。 今の経済状況について、そしてそれから抜け出す為に何をすべきなのか… 自論はいずれ書きます。 別に経済学にメチャクチャ詳しい訳でもなく (国際政治・国際法律を勉強していたので、多少はかじってますが)、単に直感で書きたいですね。   さて、そんなことはともかく。 いよいよ明日ですよ! Tech Days 2009! 「俺はセッションないからぁ~」なんて言ってたら、色々とコミュニケーション面で FAQ を作らなければなりないことを昨日思い出して… 作成中です。 当たり障りのない内容を書くのって難しいですよね。こう言う時、本当に日本語って難しいと言うか…面倒と言うか…でも、同じ理由で日本語が「便利」と思うこともあるからなぁ~ セッション持っている方が、気持ちは楽かもです。   明日・明後日は、僕もその辺をフラフラしています。 基本、ブースのところにいるとは思いますが、この通り製品に対してのコミュニケーション内容を決めている (決して勝手に決めているわけではない) ので、何も問題がないか出回っていると思います。 でも、見かけたら声かけて下さい。「こんな内容のブログ書いて」でも良いので (笑) そして、もちろん、率直なコメントなどもいただければと思います (イベントに対して)。   今回のように裏方に回って物事をするのも結構楽しいのですが… 僕の本質としては喋りたいですね。 あ、でも、セッションとかじゃなくても全然コミュニケーションはとりたいので、ブースでも良いですし、見かけた時にでも良いんです。 製品に特化した話じゃなくても、全般的なことでも、もちろん良いんです。 わりと正直者なので、知らない時は、「すんませんっ!わかりませんっ!」と言います。   とにかく、来場される皆さん… 明日・明後日にお会いするのを楽しみにしています。 セッションを持っている方たちも、皆準備は順調に進んでいて、器具・機材も既に現場に発送済みだと思います。   スピーカーの皆、頑張ってねぇ~~ (他人事) www… Read more