今更聞けない System Center Configuration Manager 2007 Basics #3 (クライアントの割り当て編)

2011年も早くも2月に突入。忙しくしていると… なんて思いながら、時間は刻々と進んでいく一方ですね。 また、今年の冬はとても寒いせいか… 次から次と仲間が体調を崩している気がします。皆さんも体調管理には気をつけて下さいネ! さて、今回は「今更聞けない」シリーズの第3弾として、SCCM のクライアントの割り当てについて書いていきたいと思います。 クライアントのサイト割り当ては、エージェントのインストール前から指定することってできるの? いいえ。できるようで意外とできないこのプロセス。クライアントのサイト割り当ては、常にクライアント エージェントのインストールが成功していることが前提になります。クライアントの割り当てはインストール時の一環として構成されますが、逆にエージェントだけインストールしてサイトの割り当てをしないと言うことも選択肢としてはあります。その場合のクライアントは管理されていないクライアントとなります。 補足情報 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb681005.aspx クライアントをセカンダリ サイトに割り当てることはできますか? いいえ。サイトの割り当ては、必ずプライマリ サイトになります。セカンダリ サイト配下に存在しているクライアントは、セカンダリ サイトを介して親のプライマリ サイトに報告しているので、結局の割り当てはその親プライマリ サイトになります。 セカンダリ サイトの構成次第では、プロキシ管理ポイント情報やセカンダリ サイト下の配布ポイントを利用することはできるので、ネットワーク負荷を考慮するためには上手く活用すると良いですね。 補足情報 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb681005.aspx http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb632547.aspx イントラネットのクライアントがサイト サーバとは違う Active Directory フォレストに存在している場合、サーバー ロケータ ポイントを利用したサイト割り当てが必要ですか? はい。クライアントが Active Directory Domain Services からサイトの情報を参照することができない場合、サーバー ロケータ ポイント (Server Locator Point: SLP) を介してサイトの割り当てをします。CCMSETUP の中で明示的にサイトを割り当てる場合も、SLP は必要になります。 補足情報 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb693467.aspx http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb694195.aspx では、ワークグループのクライアントをインターネット経由で管理したい場合は? サーバー ロケータ ポイントが必要なんですか? いいえ。ここでのポイントは「インターネット経由で管理」すると言うことです。そうでない場合は、(3)… Read more

Visual Studio 2010 β2 日本語版の提供開始!!

デベロッパー製品開発統括本部のブログでも紹介がありますよう、本日から MSDN サブスクライバ様向けに Visual Studio 2010 β2 の日本語版の提供を開始しました!! このリリースについては、皆さんご存知の Brian Harry のブログでも紹介されています♪   先日、Brian とはメールで色々とやり取りをしていたのですが、以前日本の皆さんからいただいたフィードバックを、できる限り今回の Team Foundation Server や Visual Studio の中で対応してみたから、皆さんにこのβリリースもぜひ評価してもらいたい! と言うことでした。   メール、アンケート、Connect、イベント、ミーティングなど、色んな箇所を通してフィードバックをして下さった皆さんに、本当に感謝しています!! 今後とも、宜しくお願いします。   ちなみにですが、過去に書いた「フィードバックについて」も、改めて目を通して見てください。僕の疑問として、ネガティブ フィードバックばかりなのが理解しきれないと言う内容にはなっていますが、お願いとして、良い点も「フィードバック」として是非いただきたいと思います。 開発チームの皆は、リアルにポジティブ フィードバックでやる気も変わってきます。本当に。マジで。   数日後に、Visual Studio 2010 β2 日本語版の一般公開もしますので、その際には改めてご連絡しますね!   Happy Evaluating!!   <リソース @ 日本語> VS Beta2: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/52f3sw5c(VS.100).aspx .NET Framework 4 Beta2: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/w0x726c2(VS.100,classic).aspx… Read more

Team Foundation Server を利用してアジャイルな開発を (Part I)

金曜日のセミナーにご来場いただきました皆様、どうもありがとうございました! いつも以上に笑いもいただけて、個人的にはとても楽しく皆さんと接することができたと思います。 そんな中、本日の F1 オーストラリア GP を見逃して、本国の大学バスケットボール大会の試合もミスって、少々落ち込み気味です (;_; ) なので、ラザニアを作ってお腹も心も落ち着きました♡   そんな余談はさておいて。金曜日に約束しました通り、アジャイルにプレゼンテーションを変えてしまったので、その内容を含めて、こちらで当日のお話の内容をシェアさせていただきます。 因みに、当日のお話のタイトルは以下: 『Team Foundation Server 2008 が支援するアジャイルな開発』   元々は、『マイクロソフト基盤におけるアジャイル開発』と言うタイトルだったのですが、気分でタイトルを変えました。 内容は・・・・・・・・・・当然、当日変わったので、タイトルに拘る必要もないかも知れませんね (笑) さて、アジェンダそのものは特に変更しませんでした。 内容を追加したと言うのが主なところです。 理由としては… 僕の前にお話をして下さった長瀬様と三井様が、「この後の MS さんのセッションで~」と、その時までサラッと触れる予定だった内容を、もう少しきちんと皆さんにお伝えする必要ができ、せっかくなのでアジャイルな話をアジャイルに紹介しようと言う試みでした。   前半は、「アジャイル」と「ツール」の位置づけとして、アジャイルな開発をするにおいてツールをどのように利用すべきかと言うことを話しました。 ただ、ツールの話をする前に、改めて「アジャイル」について。 Agile と言う単語は、開発用の用語ではありません。 普通の単語です。「素早い」とか「機敏」と言う意味です。 よく、スポーツ選手の性能を表現する時に使われる単語です。 どれだけ変化に対応できるか、応用力があるか… なので、僕の中では一番「アジャイルな開発」を説明するのは「臨機応変な開発」だと思ったのです。   考えてもみて下さい。 アジャイルな開発の話において必ず皆さんに認識いただく必要があることは、「物事は計画どおりにはいきません」と言うこと。 まして、計画どおりにしか動かない…変化に対応しないと、プロジェクトは遅れる、問題は解決できない、コストがガンガンと上がって行く。   「でも、そんな臨機応変な対応をプロジェクトにおいてやれと言われても、慣れていないことをいきなり…」   そんなことは絶対ありません。 皆さんの人生で、物事が計画どおりに行ったことって、どれだけありますか? アメリカではこんな言葉があります: “When life gives you lemons, make lemonade.” 人生において、レモンを投げられた時には、そのレモンを使ってレモネードを作れば良い。… Read more

Silverlight 3 Beta 1 のリリース

本日、Silverlight 3 Beta 1 がリリースされましたのでお知らせいたします。 Silverlight 3 の新機能は: ビデオストリーミング関連の機能の強化 3D機能などの表現力向上 60個以上のコントロールの追加 オフラインで Silverlight アプリケーションを利用できる機能 などになります♪   以下からダウンロードしていただけますよ!! Silverlight SDK: http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=d09b6ecf-9a45-4d99-b752-2a330a937bc4&displaylang=ja Silverlight Tools: http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=11dc7151-dbd6-4e39-878f-5081863cbb5d&displaylang=ja Windows developer runtime: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=143433 Mac developer runtime: http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=143434 ドキュメント (英語): http://msdn.microsoft.com/en-us/library/cc838158(vs.96).aspx Blend 3 Preview (英語版): http://www.microsoft.com/expression/blendpreview   実際、モメンタムがあるところなので、皆さんも「これから」を見据えて、今から飛びついちゃって下さいましっ!! ( ^^)/… Read more

ご報告が遅れました… Windows Vista & Windows Server 2008 Service Pack 2 のリリース キャンディデート (RC) を提供しています

最近は、呑み過ぎと寝不足だけならぬ、アレルギーのお薬影響もあり、常にグロッギーな感じなロバートです。 皆さんは、花粉症といかがバトルされていますか? (笑)   さて、今日は…すみません。ご連絡が遅れましたね。 Windows Vista および Windows Server 2008 の Service Pack 2 につき、Release Candidate (RC) が公開されているので、テスト環境などで試してみて下さい。   x86: Windows Server 2008 Service Pack 2 Release Candidate および Windows Vista Service Pack 2 Release Candidate (5 言語用スタンドアロン版)(KB948465) x64: x64 ベース システム用の Windows Server 2008 Service Pack 2 Release Candidate および Windows Vista Service… Read more

Team Foundation Server 2008 インストール トラブルシュート集 (Part I)

さて、本日は書く、書くと言っていたけどアップしきれていなかった Team Foundation Server インストール時のトラブルシュート集です。 <Team Foundation Server インストール時のトラブルシューティング> 下記では、Visual Studio Team System (VSTS) Team Foundation Server (TFS) のインストール時、また TFS インストール前にインストールを必要とする項目などにつき、問題が発生した際に活用できるソリューションを説明します。 ※ 本番環境での問題が解決するか否かに関しては、事前に充分なテスト・検証を仮想環境などで実行することを強く推奨します。 TFS インストール時に最も多くユーザーが直面する問題は以下です。 インストールの前提条件につき、一つ以上の項目を満たしていない (ステップをスキップしてしまった) 以前のバージョン (評価版など) インストールのコンポーネントがまだ一部残っている (新しいインストール時のコンフリクト) ネットワークの前提条件につき、必要なポートやコネクションはあるものの、セキュリティ レベルを強化し過ぎて TFS のインストールがうまくできない。 下記には、特定の症状と、その症状・障害の根本箇所をどのように修正するかにつきご説明します。 仮に、下記の情報が不十分であったり、どうしても問題が解消しない場合は、マイクロソフトのサポート サービスにご連絡いただくか、TFS を一度完全にアンインストールして、改めてインストールを繰り返し実行して下さい。 アンインストール方法については、(Team Foundation Server Installation Guide for Visual Studio Team System 2008 → URL) をご参照下さい。 ① インストール… Read more

t’was the night before Christmas…

“The Night Before Christmas” のオープニングですが…本日は正に、The Night before Christmas ですね。何故、日本ではこの前日をお祝いするのかが、未だ不思議でたまりませんが・・・   チョットしたプレゼントを皆さんのために、「ツリー」の下においておきましたよ。Visual Studio Team Foundation Server によるチーム開発 (PDF ファイルです)   明日から、休暇に入るのですが、一応メールは26日を通して定期的に確認する予定です。年賀状もまだ書ききれていないので・・・   約10年ぶりに、この時期独り身なのですが、ゆったり、ゆっくり、過ごしたいと思います。 そして、明日も宣伝しますが、29日が誕生日ですので、皆さんヨロシク (何を?!  … Read more

【HOWTO】 SQL Server 2008 をバックエンドにおいた Team Foundation Server 2008 のインストール (シングル サーバー版)

先日、SQL Server 2008 を利用した Team Foundation Server 2008 SP1 のインストールをしました、ロバートです。 こちらはデモなどで利用するマシンに直接入れたものですが (Workgroup Edition ですね)、思った以上にスムーズなインストールだったので皆さんとシェアしようと思います。今回のインストールについては、クリーンな環境でのインストールになります。 まず、サーバー環境としては Intel Core 2 Duo 2.2GHz + 3GB RAM マシンに Windows Server 2008 Enterprise Edition x86 がインストールされているものからスタートしました。 役割としては、Web サーバー (IIS) およびアプリケーション サーバーを割り当て、準備を整えました。ここで注意せねばならないのは、IIS 6 管理互換 の役割を割り当てる必要があると言うこと。Team Foundation Server 2008 SP1 インストール時に以下の問題が発生しました。 凡ミスではありましたが、インストール中に発覚した問題でした。 さて、サーバーの役割を割り当てた後に、今回は Visual Studio Team System 2008 Team Suite のインストールをしました。1台のマシンで Team… Read more

Team Foundation Server 2008 インストール ガイドを更新しました (日本語版)

これまで英語版でした提供していませんでした、Visual Studio Team System 2008 Team Foundation Server インストール ガイドの Service Pack 1 以降の情報を含めた内容のものですが、先日からやっと提供を開始することができました。思った以上にレビューに時間がかかってしまったのですが、皆さんにとっていい情報であることを願っています。 ダウンロードはこちらから:Visual Studio Team System 2008 Team Foundation Server インストール ガイド (SP1 含む) 今回のガイドでは、Team Foundation Server 2008 を Service Pack 1 込みでインストールする際の部分がガイドとして更新されています。もちろん、そう言った意味ではシステム要件の情報が更新されていたり、Dual Server での展開をする際の構成などの情報があるので、参考資料としてご覧いただければと思います。 一通り、ドキュメント通りのインストールができることは、僕自身も確認したので大きな問題はないと思いますが、あくまでクリーン インストールでしか個人的には確認をしていませんので、既存の環境に Team Foundation Server 2008 SP1 をインストールする際に何か情報として足りていない部分などあるようでしたらフィードバックして下さい。必要に応じて、ドキュメント化して KB を公開して行くようにしたいと思います。 ドキュメントとして足りているようでしたら、それはそれでフィードバックいただけると、今後のドキュメントにも活かせる部分は活かしていくので、嬉しく思います。… Read more