MSDN の究極のオファー (Ultimate Offer) で何がどう変わったの?

本日の Visual Studio 2010 の全世界でのアナウンスメントと同時に、MSDN Subscription の会員の皆さんの MSDN レベルが自動的に上がりました。 何もしなくてもレベルアップした感じですよ。 遊び人 Lv. 40 くらいだったのが、遊び人 Lv. 60 と、その他のジョブもレベルが上がった・・・みたいな。 え?余計訳が分からない感じですか? それはすみませんでした。   今回の「レベルアップ」対象となった方たちは以下: Visual Studio Team System 2008 Architecture Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Database Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Development Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System… Read more

Teamprise Client Suite を Microsoft が購入しました

数時間前に、Brian Harry のブログで情報をシェアしていたので、長沢さんにもメールしてつぶやいてもらっています♪♪ かなりのビッグ ニュースです。 マイクロソフトが Teamprise より Teamprise Client Suite の購入をしました。Teamprise は SourceGear 社の一部門です。   これまでも、Team Foundation Server の良さは沢山お伝えしてきましたが、どうしても Visual Studio の一部として Team Explorer を介して TFS に接続する必要があったり、Web を通して接続するしかありませんでした。 「英語の環境でよろしければ…」 な Eclipse 用のソリューションが Teamprise でした。ですが、やはりツールが日本語化されていないと NG と言うところと、英語であってもツールをサポートできる日本の機関がないと言うことで、Eclipse ユーザーの方たちには TFS をお勧めすることができませんでした。   Teamprise Client Suite は3つのコンポーネントで成り立っています。 ① Eclipse の Plug-in: Eclipse から TFS への接続を可能にするだけでなく、TFS の機能を Eclipse… Read more

Team Explorer と Team System Web Access でのドキュメント管理

Team Foundation Server 上の情報にアクセスする際に Team System Web Access を使ったことがある方はご存じかと思いますが、Team Explorer と同じような操作でドキュメント管理をしようとすると、いまいち上手くいかないと感じることがあるかと思います。 そう。ドキュメントを開く分には、問題なく開けるんですが、変更したものを Team Foundation Server に保存しようとすると「できない!」と言うことが起きません? 当然、できない訳ではないんです。 でも、Team Explorer を介して実行するのとは、ロジックがチョットだけ違うんです。 Team Explorer 経由で、例えば http://サーバー/ と言う SharePoint から http://サーバー/ファイル.DOCX と言った Word のファイルを開くと、当然ですがサーバー上のファイルとして開くので、編集後に保存する時もチェックアウトしたファイルをチェックインする形になるので、ダイレクト編集ができます。 一方、同じ http://サーバー/ から Team System Web Access を利用して http://サーバー/ファイル.DOCX をチェックアウトして開こうとすると、Web のインターフェースのロジックとして、Temporary Internet Files にいったんファイルが仮保存され、実際にユーザーが編集しているファイルは、Temporary Internet Files 上にあるファイルになってしまいます。 なので、編集が終わってから保存しようとすると、ローカル データとして保存するためのプロンプトが上がってきます。 「開く」じゃなく一旦「保存」してファイルを開くにしても、保存先がローカルなので、要領は同じです。   要は、Team System Web… Read more