[報告] 本社所属の開発チームに異動しました

少々遅めの、新年おめでとうございます m(_   _)mブログでは、大変ご無沙汰しております。 日本滞在も10年が経過し、11年目に突入してしまいました、ロバートです (*’▽’) 日本マイクロソフトでの業務も10年が経過し、今年からは本社所属の一人部署で活動を開始しました。と言っても、品川のオフィスにも席を持っているので、基本的に (表向きに) は今までと特に変わりません。引き続き & 相変わらず、見た目は日本人のひげ面アメリカ人です。自由です。   10年の振り返りをしていると、きりがないとは思いますが、仮にご要望があれば (誰が読むんだ) 書きますよ (笑)   …で、また異動したの? はい。また異動しました。11年目にして4度目の異動、5部署目になります。今回は、MS 社内では初めての自分から探して (見つけて) 応募した異動になるので、色々とドキドキとワクワクです♪   これからはどんな仕事をするの? 開発組織に異動し、プログラム マネージャとして日本で一人部署での活動です。担当エリアはアジア全体ですが、当面は日本のお客様とパートナー様がメインになると思います。仕事内容 (直近) としては、Microsoft Intune の既存顧客の皆さまに、サービスをご利用いただくにあたっての支援や全体のサービス向上につながる機能・フィーチャーのリクエストを受けたり、パートナー様・ユーザー様とのフィードバックのリズムを作ることです。   無償支援ってこと? 時と場合、状況によっては当然弊社の有償サービスをご利用いただきたいのですが!!まだまだ「これから」のサービスである Intune は、より多くのお客様にご利用いただき、皆さまの視点からのサービスの良し悪しを認識・理解する必要があると思っています。ですので、僕がエンゲージするお客様は、ある一定のクライテリア・要件を満たしているお客様からスタートします。また、支援サービスとしてはエンゲージもすれば、ディスエンゲージするタイミングも明確にします。永久無償支援では決してありません (そんなことしたら、僕が死んじゃいます)。 開発チームとしてのエンゲージメントなので、基本の姿勢としては製品・サービスについては誰よりも知っていなくてはならない立場です。…ですが、人間誰も完璧ではないので、完璧を求められるとスネるかも知れませんので、取り扱いにはご注意を (爆) 半分以上は冗談です。きっと。   機能・フィーチャーについては、言いたいことが沢山あるんだけど! そうだと思います。繰り返しになりますが、まだまだ「これから」のサービスだと個人的には思っています。それもあって、僕がこのロールを日本に作ってもらったと理解してください。 でも、だからと言って、全てのご要望をいずれ実装することもないと思ってください。「全体のサービス向上につながる」機能やご要望は、極力取り入れるようにしていけるよう努力しますが、サービスの一部にならないであろうリクエストも沢山受けることになるだろうと思います。 僕としては、機能拡張や機能追加をするか否かの判断も、ある程度はしていくことになります。 皆さんのご要望をすべて満たすことはできませんが、できる限り取り入れられるものは取り入れたいとは思います。そのためにはお客様やパートナー様にもご協力いただく必要があります。ただ一方的に「この機能が必要」と言うのは、あり得ません。無理です。代弁者として、それだけだとコードを書いている開発者の皆からプッシュバックされた時に、戦うことができません。 「何故」必要なのか? → 「他社製品ができるから…」と言うのは理由になりません。どのような理由で、特定機能を必要としているか = ユースケース シナリオがあり、伴うコストがあり、目的を達成するための機能である必要があります。それらが日本特有である場合はプッシュし辛いこともあります。世界各国で多くのリクエストが上がる中、注力していくのは当然ながらよりインパクトの大きいもの。人口やマーケットの大きさに左右されることは少なからずだと、個人的には思っています。結果的にそうじゃないかも知れませんが、そう言う可能性も充分あると思って下さいね。 (ユーザー様が多いほど、インパクトは大きいので、より多くのお客様にご利用いただくのがポイントですね!!) この辺については、今後もチョクチョク更新していきます。   フィードバックのリズムとは? Intune… Read more

MSDN の究極のオファー (Ultimate Offer) で何がどう変わったの?

本日の Visual Studio 2010 の全世界でのアナウンスメントと同時に、MSDN Subscription の会員の皆さんの MSDN レベルが自動的に上がりました。 何もしなくてもレベルアップした感じですよ。 遊び人 Lv. 40 くらいだったのが、遊び人 Lv. 60 と、その他のジョブもレベルが上がった・・・みたいな。 え?余計訳が分からない感じですか? それはすみませんでした。   今回の「レベルアップ」対象となった方たちは以下: Visual Studio Team System 2008 Architecture Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Database Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Development Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System… Read more

Visual Studio 2010 “Ready Day”

今回もやりますよっ!! 2年半前は、Visual Studio 2008 Ready Day だったような・・・ (笑) タイトルについては、気にしないで下さい。   <イベント サイトから ― 一部 BOLD にしておきます> 次期バージョンの統合開発環境 Microsoft Visual Studio 2010 の正式リリースが近づいています。Visual Studio 2010 は、既存資産を最大限に活用しつつ、Windows 7、Windows Server 2008 R2 や Microsoft Office 2010、Windows Azure などの最新プラットフォームやマルチコア コンピューティングなど進化するハードウェア対応のアプリケーションを構築するための最良の開発環境を提供します。また、より高品質なアプリケーションを開発するために、テスト機能の充実、設計機能の強化など、アプリケーション ライフサイクル管理全般をカバーすべく、開発環境自身を大幅に強化しております。 今回のイベントでは、マイクロソフト米国本社より Visual Studio 開発環境開発部門の General Manager である Paramesh Vaidyanathan によるキーノートを皮切りに、Visual Studio 2010 が提供する数多くの魅力を紹介します。 <ここまで>   気にして欲しい点: ① リリースが近づいていますなイベントであり、リリースですなイベントではありません。… Read more

Application Platform and .NET

  と題して、ここ数ヶ月 SQL Server のチームと一緒にセミナーで .NET のお話をしてきました。   スライドはこっちにシェアしてみました。 http://www.slideshare.net/tanishi/ss-3238453  .NET Framework のリリースからは、「今さら聞けない .NET Framework」 などを通して基礎的な話は僕のチームの人たちも多く語ってきていますが・・・ 開発者視点の .NET の話が多く、もっと根本的なレベルでの .NET の思想を語ってみようと思ったのがキッカケでして 何故また SQL Server の話のところで .NET の話をしているか?   マイクロソフトのアプリケーション基盤として SQL Server が主に上げられる中で、根本には .NET の技術があるからです。 Windows Server 上で動くアプリケーション サーバー (SQL Server も含む) は、皆さんお気付きと思いますが必ず .NET のインストールも同時に要求されます。 SQL Server 以外のアプリケーション サーバーに関しては、SQL Server が必須条件として存在していますね。   要は、マイクロソフトのアプリケーション基盤の中枢は SQL Server であるのは事実ですが、その前に… Read more

名古屋、大阪、岐阜と出張してきました: Travel Report

今日は色んなメンバーが僕の地元の一つ (いくつあるんだっ?!) のロスアンゼルスに向かっている中、先週の僕は日本国内を巡っていました。 もちろん、お仕事です。この時期、プライベートで旅行なんてしませんよ・・・ したいけど・・・ しませんよ・・・ うぅ~~   さて、この度は、プロダクト マネージャらしからぬ勢いで、中部・関西の弾丸ツアーな感じでした。 基本、新幹線・電車の中でだけ寝て、以外の時間は仕事・ミーティング・打ち合わせ・お食事会など。 結構体力的にはきました。東京に戻ってからの話ですが。 名古屋・大阪では、特定のお客様先にてお勉強会や製品説明などをさせていただきました。 これまで、東京都内でしかやってきていないことなのですが、社内での声がけをした結果、当たり前のように全国各地で .NET Framework の話、Azure の話、Visual Studio の話、Windows 7 の話などを聞きたいと言う方々がいたので、僕なんかで良いのかと思いつつも、幅広くお話をさせていただきました。 時事ネタとして、名古屋から大阪に到着した水曜日の夜は、駅から近くのカフェでパートナー様とザックリとミーティングをして、ホテルに向かうため改めて駅に戻ったのですが、やたらとテレビ カメラがあったので何事かと思いつつも、翌日の仕事があるのでホテルに。タクシーの運転手さんと、「誰か有名人でも来るんですかねー?」なんて話をしていたのですが、ニュースをかけてビックリ! 市橋容疑者が捕まったのね・・・と。 その午前中は北朝鮮と韓国の間で戦争が始まるんじゃないかと言うような感じもあり、僕がどこかに移動するとろくなことが起きねぇな・・・なんて思っていた矢先でした。 チョットばかりビックリでした。 さて、名古屋・大阪でのお仕事を終えて、次は岐阜。   岐阜県に関しては、NPO の方たちの活動として実施されているアジャイル開発のプロジェクトのヒアリング・インタビューをさせていただきました。 なかなか (本当の意味での) 成功例といったお話は聞けないのですが、人材も成長していく開発プロジェクトと言うものに今回出会い、プロセス改善、ソフトウェアの品質向上、効率的な開発、柔軟なプロジェクト チームと言うものはやればできるのだと言うことを現場の方たちの声を聞きながらも、肌で感じてきました。 よく、「言うのは簡単だけど・・・」などと言われますし、「前例がないのでは・・・」などとも言われます。 正直な気持ちとしては「やってみなきゃ分からないじゃないですか」なのですが、勿論、組織の中で何かをするにあたって (特に今の時代)、実行することに対しての責任を誰を取るのか・・・と言ったところで、話が前に進まなくなるのは事実あると思います。 分かるんです。分かるんですけど・・・考えているだけであったり、構想しているだけで、アクションを取らなければ変えれるものも変わらない。でしょ? 多分、今の開発現場に必要なのは、その一歩を踏み出す勇気であったり、キッカケなんだと思います。 なので、今回はそのキッカケを見つけてきました。   追々、Power to the Pro の特集ページでも、今回のインタビューについてはご紹介することになると思いますが、本当にいい話を聞けましたし、色んな可能性を感じれました。 日本はまだまだ元気です! そして、その元気の源は、意外にも地方にありました。 そもそも、東京を中心に物事を考えなきゃいけないと言うのが違うのかも知れませんね。 いや、違うと言うより、東京だけに答えがあると言う訳ではないと言う事実かも知れません。 ある種の Proof of Concept… Read more

Teamprise Client Suite を Microsoft が購入しました

数時間前に、Brian Harry のブログで情報をシェアしていたので、長沢さんにもメールしてつぶやいてもらっています♪♪ かなりのビッグ ニュースです。 マイクロソフトが Teamprise より Teamprise Client Suite の購入をしました。Teamprise は SourceGear 社の一部門です。   これまでも、Team Foundation Server の良さは沢山お伝えしてきましたが、どうしても Visual Studio の一部として Team Explorer を介して TFS に接続する必要があったり、Web を通して接続するしかありませんでした。 「英語の環境でよろしければ…」 な Eclipse 用のソリューションが Teamprise でした。ですが、やはりツールが日本語化されていないと NG と言うところと、英語であってもツールをサポートできる日本の機関がないと言うことで、Eclipse ユーザーの方たちには TFS をお勧めすることができませんでした。   Teamprise Client Suite は3つのコンポーネントで成り立っています。 ① Eclipse の Plug-in: Eclipse から TFS への接続を可能にするだけでなく、TFS の機能を Eclipse… Read more

Looking back at Microsoft Developer Forum 2009

懇親会に一瞬しか出席できなかったことが心残りですが、本当にイイ話を開発者の皆さんにお伝えできたかと思います。 Visual Studio 2010 β2 の日本語版の提供開始@MSDN を含め、VS 2010 の機能紹介 @ テスト、VS 2010 で開発する SharePoint 2010、VS 2010 で開発する Azure アプリケーション、Windows 7 の Touch アプリケーション、VS 2010 でのデバイス開発、Silverlight 3 で実装する UX・・・ 本当に盛り沢山 & ほんの一部を紹介させていただきました。    12月25日まで、ストリーミングはご覧いただけるので、是非チェックしてみて下さい: http://www.microsoft.com/japan/powerpro/mdflive/default.mspx   業界を支えているのは、マイクロソフトやアップルな訳ではなく・・・ 開発者である。僕が言うより、言う人が言うと、全然響きが違う・・・でも、引き続き、僕も、このメッセージを皆さんに伝えていきたいと思います。… Read more

Visual Studio 2010 β2 日本語版の提供開始!!

デベロッパー製品開発統括本部のブログでも紹介がありますよう、本日から MSDN サブスクライバ様向けに Visual Studio 2010 β2 の日本語版の提供を開始しました!! このリリースについては、皆さんご存知の Brian Harry のブログでも紹介されています♪   先日、Brian とはメールで色々とやり取りをしていたのですが、以前日本の皆さんからいただいたフィードバックを、できる限り今回の Team Foundation Server や Visual Studio の中で対応してみたから、皆さんにこのβリリースもぜひ評価してもらいたい! と言うことでした。   メール、アンケート、Connect、イベント、ミーティングなど、色んな箇所を通してフィードバックをして下さった皆さんに、本当に感謝しています!! 今後とも、宜しくお願いします。   ちなみにですが、過去に書いた「フィードバックについて」も、改めて目を通して見てください。僕の疑問として、ネガティブ フィードバックばかりなのが理解しきれないと言う内容にはなっていますが、お願いとして、良い点も「フィードバック」として是非いただきたいと思います。 開発チームの皆は、リアルにポジティブ フィードバックでやる気も変わってきます。本当に。マジで。   数日後に、Visual Studio 2010 β2 日本語版の一般公開もしますので、その際には改めてご連絡しますね!   Happy Evaluating!!   <リソース @ 日本語> VS Beta2: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/52f3sw5c(VS.100).aspx .NET Framework 4 Beta2: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/w0x726c2(VS.100,classic).aspx… Read more

Visual SourceSafe から Team Foundation Server 2010 へ…

昨夜、オーストラリア (親友の結婚式) から戻りました、ロバートです。 よく「意外」と言われますが、僕は北アメリカ (カナダ、アメリカ合衆国、メキシコ) 以外では、日本しか知らないので、今回のオーストラリアは初上陸であり、30歳間近にして3つ目の大陸にやっと上陸しました。 結構感激。 かなり好きかも、オーストラリア。 アクセントを上手く使い分け、オージーだと思っていただけていたので、気分的には楽でした。 ( ^^)   さて、そんなところで本題に入りましょう。 VSS から TFS へ… と言うお話は、以前からも色んな場所でお話をさせていただいています。 今現在は、MS Japan のページでも、特集としてアップしていますので、是非こちらもチェックして下さい! http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/campaign/vsstotfs/   Team Foundation Server 2010 では、より VSS に近い形で、もしくは VSS からの移行がより簡単になるように、色々と考えてきました。 以前、MVP の皆さんにだけはお話しました、TFS Essentials と言う形で考えていた時期もありますが、現段階ではその名称はなくなりました。   数多くのお客様には VSS をご愛用いただいていて、本当に嬉しく思うのですが、VSS を 1992年に開発し、現在の TFS 開発チームのトップに立つ Brian Harry (http://blogs.msdn.com/bharry/) も、時代と共にテクノロジもニーズも変わってきている中で、VSS に残らず TFS を使って欲しいと思っているようです。それもそのはず。両方の製品を彼自身がデザインして作り上げているのですから、思い入れはあるでしょうね。 WHEN WHAT 1992.01 Visual… Read more

Team System の事例 – 工数削減、コスト削減、業務の効率化

改めて、日本の事例、グローバルの事例などを以下のページで紹介し始めました。 http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/campaign/vstscasestudy.aspx Visual Studio Team System を導入することにより、開発工数の削減、開発コストの削減、プロジェクト マネジメントのコスト削減、テスト工数の削減など、アプリケーションのライフサイクル全体を通してどのような改善をはかれたかをピックアップした事例を主にピックアップしています。 グローバル事例はまだ英語版しか載せていませんが、日本語訳も追って載せていく予定です。   世界各国での VSTS の活躍をぜひご覧ください。 そして、日本でも規模を問わず、VSTS での開発の改善を実現していくため、皆さんと協力していければと思っています!   Let’s 改善! ( ^^)ノ… Read more