Configuration Manager の Risk Assessment Program

AD、SQL、Exchange、SharePoint などの Risk Assessment Program というのは、これまでも提供し続けていますが、SCCM 用のはこれまで提供していませんでした。提供開始できるようになるべく、これから上海に飛びます。 と、言うことで、人生初の中国上陸に向けて現在羽田空港で待機中のロバートです。 Risk Assessment Program は、プレミアのお客様専用のプログラムとして、お客様の環境を診断するサービスとなっています。代表的なのが Active Directory Risk Assessment Program (ADRAP) というもので、お客様の AD 環境の設定やログ情報、構成などの確認をして、Premier Field Engineer として我々がそのデータを分析し、お客様の環境をより円滑に利用できる状態を作ったり、保守をより容易にする方法などを提案するためのものともなっています。 System Center 中心の PFE として、僕の場合は、各種 RAP のデータとその分析結果をもとに、Operations Manager で ADやSQL、MOSSやExchange の環境を、効果的に監視する方法であったり、その監視を自動化する手段をソリューションとして提供しています。最近は、あまりその手の話をしていませんが… ごく最近、Configuration Manager 用の Risk Assessment Program も開発され、少しずつグローバルのお客様先でその診断を行い始めています。日本に関しては、まだ提供開始をしていませんが、それを実現するべく僕はこれから中国で、トレーニングを受けに行きます。問題なくトレーニングをこなして、その後のテストをいくつかパスすれば、晴れて日本でも CMRAP を提供することができるようになります。問題がなければ…ですけどね。 なんだかんだ言って、System Center 製品群のすべてをこれまでも見てきているので、頭の中はゴチャゴチャ。Configuration Manager のすべてを知り尽くしているかと聞かれると、決してそんなことはありません。1週間、ガッツリとトレーニングを受けてきますので、上手くいくことを願って…   それはさておき、今回のトレーニングでは上海に行くことになり、人生初の中国上陸をします!ちょっとドキドキ…英語が通用しない国って、日本以外で行ったことがないので、とても心配です w アメリカ人の僕は、周りに結構「国際的」な人と思われがちですが、実際のところは北米以外は殆ど踏み入ったことがないんです。2年前にオーストラリアに初めて行き、去年はシンガポールに初めて行きました。そして今年は中国…北米なら基本的にどうにでもなる奴ですし、英語圏であればサバイバルも楽勝なんですが…さて、どうなることやら…です。 今年は、できれば、他にもインドやインドネシア、タイやベトナムにも行ってみたいです。日本に住んでいる間に、できればチベットなんかも行ってみたい。あー…でも、日本国内も回ってみたいので、仕事以外では日本国内にしぼろうかなぁ…未だ、北海道にも行ったことがなければ、四国にも行ったことがありません。九州は、長崎だけ。沖縄もテレビの中でしか見たことない wやっぱり日本国内をまわろう…… Read more

今更聞けない System Center Configuration Manager 2007 Basics #3 (クライアントの割り当て編)

2011年も早くも2月に突入。忙しくしていると… なんて思いながら、時間は刻々と進んでいく一方ですね。 また、今年の冬はとても寒いせいか… 次から次と仲間が体調を崩している気がします。皆さんも体調管理には気をつけて下さいネ! さて、今回は「今更聞けない」シリーズの第3弾として、SCCM のクライアントの割り当てについて書いていきたいと思います。 クライアントのサイト割り当ては、エージェントのインストール前から指定することってできるの? いいえ。できるようで意外とできないこのプロセス。クライアントのサイト割り当ては、常にクライアント エージェントのインストールが成功していることが前提になります。クライアントの割り当てはインストール時の一環として構成されますが、逆にエージェントだけインストールしてサイトの割り当てをしないと言うことも選択肢としてはあります。その場合のクライアントは管理されていないクライアントとなります。 補足情報 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb681005.aspx クライアントをセカンダリ サイトに割り当てることはできますか? いいえ。サイトの割り当ては、必ずプライマリ サイトになります。セカンダリ サイト配下に存在しているクライアントは、セカンダリ サイトを介して親のプライマリ サイトに報告しているので、結局の割り当てはその親プライマリ サイトになります。 セカンダリ サイトの構成次第では、プロキシ管理ポイント情報やセカンダリ サイト下の配布ポイントを利用することはできるので、ネットワーク負荷を考慮するためには上手く活用すると良いですね。 補足情報 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb681005.aspx http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb632547.aspx イントラネットのクライアントがサイト サーバとは違う Active Directory フォレストに存在している場合、サーバー ロケータ ポイントを利用したサイト割り当てが必要ですか? はい。クライアントが Active Directory Domain Services からサイトの情報を参照することができない場合、サーバー ロケータ ポイント (Server Locator Point: SLP) を介してサイトの割り当てをします。CCMSETUP の中で明示的にサイトを割り当てる場合も、SLP は必要になります。 補足情報 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb693467.aspx http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb694195.aspx では、ワークグループのクライアントをインターネット経由で管理したい場合は? サーバー ロケータ ポイントが必要なんですか? いいえ。ここでのポイントは「インターネット経由で管理」すると言うことです。そうでない場合は、(3)… Read more

早くも1月は終わりそうです

2011年に入ってから、まだ一度もブログの更新をしていないままです、ロバートです。 言い訳をさせていただけるのであれば、「忙しいから」です。と言うよりは、お客様の皆様に、色々とお勉強会を開催して欲しいということで、お呼び立ていただいているからこそ、「忙しい」訳でして、決してイヤなことではありません。 2011年の個人的なテーマは: 『革新』です2010年のテーマは: 『変化』でした そして、2010年は僕にとってまさに変化の多い1年となりました。なので、2011年はそこからまた更にステップアップしていきたいと考えている次第です。 早くもいくつかアップデートせねばならない状態にはあるので、取り急ぎは、今月中 (残り少ないですが) に更新する予定の内容を下記にリストアップします。 SCCM 2007 R2 から含まれる Reporting Services ポイントの概要 Reporting Services のレポートを作る際に必要となるレポート モデルの作成方法 (サンプル) SCCM 2007 R3 の概要 今更聞けない SCCM その3: クライアント サイト割り当てについて この辺を、できれば一気にアップデートしたいと思っています。今週末は、我がチームも品川に移ります。依って、色々なサーバー上のデータは週末にいじれません…なので、週末になる前にある程度のスクリーンショットをとっておかないと・・・上記の更新はまずできない・・・と言う、そんなオチです (苦笑) 今年もどうぞよろしくお願いします。… Read more

US に一時帰国な「出張」中

久しくアメリカに一時帰国しています。出張なので、普通に仕事していますけどね。 8:00 から仕事を開始し、17:30 には仕事上がり。効率もよく、環境としては、僕にはやっぱり合っています・・・   ・・・が、当然日本の仕事を17:30以降にやっているので、逆に稼働時間が長くなると言う状態だったりします (笑) リモートで TFS 2008 から TFS 2010 へのアップグレードを検討してみたりSCCM DB スキーマを利用した、テスト データの自動生成をしてみたり後日改めてここに載せれる情報を揃えていまーーーーす!… Read more

Windows 7 製品候補版(RC版)を一般提供開始

http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/ Windows 7 の Release Candidate が上記のリンクよりダウンロード可能になりました。 次世代の Windows を、皆さん、是非体験してみて下さい!   Windows 7 の RC版では、いくつかの機能を主にご確認いただけます。 Windows XP Mode: 小規模向けに最適化されたソリューションで、Virtual PC の機能を活用することにより、Windows XP向けに開発された多くの事務用アプリケーションをWindows 7のデスクトップから直接起動できるようにする機能 リモート メディア ストリーミング: 家庭内に設置された PC 上に保存されたデジタル メディアのライブラリーを、インターネット経由で家庭外の Windows 7 から安全に利用できるようにするリモートアクセスの仕組み ナビゲーション機能の改善: タスクバー、ジャンプリストならびに検索といった機能にもいくつかの強化策がほどこされました Internet Explore 8: InPrivate Browsing 機能を利用すると、閲覧履歴、一時インターネットファイル、フォーム データ、クッキー、ユーザー名/パスワードなどをブラウザー内に保存できないようにすることができます Windows Touch: 上下左右にスクロールするようなWeb画面の中でも機能するドラッグアンド ドロップやタッチ操作による項目選択などを可能にするためのアップデートが含まれています 他にも、「日本」のデスクトップ テーマが含まれていたりもします。 僕自身はまだ入れていませんが、回りの人たちのインストールを見たところ、結構キレイな感じでしたよ♪ この辺は、皆さんもインストールしてのお楽しみ☆ ですね!   あ、そうそう。 Release Candidate… Read more

SQL Server 2008 SP1 と Team Foundation Server SP1

なんだかお久しぶりです。 先週は、実はプライベートで九州に初上陸していました、ロバートです。 ここ数週間の間、なかなかブログの更新ができていなかったのですが、書きたいことだけはやたらとたまっています。 でも、本日は比較的旬なトピックで…   先日から SQL Server 2008 Service Pack 1 が入手可能になりましたので、その環境と Team Foundation Server 2008 Service Pack 1 との互換性についてご説明しようかと思いました。   まず、SQL Server 2008 をバックエンドにもつ既存の Team Foundation Server with Serivce Pack 1 の環境に SQL Server 2008 Service Pack 1 を適用しても、特に問題はありません。大丈夫です。It will work。   でも、仮に SQL Server 2008 SP1 を適用済みのサーバー環境に Team Foundation Server 2008 SP1… Read more

ご報告が遅れました… Windows Vista & Windows Server 2008 Service Pack 2 のリリース キャンディデート (RC) を提供しています

最近は、呑み過ぎと寝不足だけならぬ、アレルギーのお薬影響もあり、常にグロッギーな感じなロバートです。 皆さんは、花粉症といかがバトルされていますか? (笑)   さて、今日は…すみません。ご連絡が遅れましたね。 Windows Vista および Windows Server 2008 の Service Pack 2 につき、Release Candidate (RC) が公開されているので、テスト環境などで試してみて下さい。   x86: Windows Server 2008 Service Pack 2 Release Candidate および Windows Vista Service Pack 2 Release Candidate (5 言語用スタンドアロン版)(KB948465) x64: x64 ベース システム用の Windows Server 2008 Service Pack 2 Release Candidate および Windows Vista Service… Read more

Team Foundation Server 2008 インストール トラブルシュート集 (Part I)

さて、本日は書く、書くと言っていたけどアップしきれていなかった Team Foundation Server インストール時のトラブルシュート集です。 <Team Foundation Server インストール時のトラブルシューティング> 下記では、Visual Studio Team System (VSTS) Team Foundation Server (TFS) のインストール時、また TFS インストール前にインストールを必要とする項目などにつき、問題が発生した際に活用できるソリューションを説明します。 ※ 本番環境での問題が解決するか否かに関しては、事前に充分なテスト・検証を仮想環境などで実行することを強く推奨します。 TFS インストール時に最も多くユーザーが直面する問題は以下です。 インストールの前提条件につき、一つ以上の項目を満たしていない (ステップをスキップしてしまった) 以前のバージョン (評価版など) インストールのコンポーネントがまだ一部残っている (新しいインストール時のコンフリクト) ネットワークの前提条件につき、必要なポートやコネクションはあるものの、セキュリティ レベルを強化し過ぎて TFS のインストールがうまくできない。 下記には、特定の症状と、その症状・障害の根本箇所をどのように修正するかにつきご説明します。 仮に、下記の情報が不十分であったり、どうしても問題が解消しない場合は、マイクロソフトのサポート サービスにご連絡いただくか、TFS を一度完全にアンインストールして、改めてインストールを繰り返し実行して下さい。 アンインストール方法については、(Team Foundation Server Installation Guide for Visual Studio Team System 2008 → URL) をご参照下さい。 ① インストール… Read more

ソフトウェア開発環境最適化セミナー!

花粉症に負けないよう、色んなお薬を試してみていますが、とにかく外出しないのが一番良いようでつ…(汗) 東京でもチラホラと雪が降ったりもしていますけどね・・・寒さに弱いアメリカ人ですが、なにか問題でも? ロバートです。   さて、本日はセミナーのご紹介! 内容として、僕自身もすごく興味があるんですが、チョット行けそうにもなさそうです。   まず、詳細については、以下: ソフトウェア開発環境最適化セミナー 2009年3月5日 15:00 – 2009年3月5日 17:15 受付開始時間: 14:30 ※ はい、明日です   マイクロソフト株式本社 新宿本社 6F Reception Room #15   イベントの概要 ビジネスにおける高度化と多様化に加え、昨今経済環境がますます厳しくなる中、ソフトウェア開発においてもさらなる最適化が求められるようになりました。特にコストを最大限抑えつつも、その一方で品質を高く保持し、さらにその制約の中で、例えばユーザーの業務効率の向上など、エンドユーザーにとって価値のあるソフトウェアの提供が求められます。そのためには、昨今進化を遂げている開発ツールをいかに活用することができるかが大きな鍵を握ります。本セミナーは、ソフトウェア開発をさらに強化するための最新の開発環境の解説や、開発ツールをコスト効率良く入手いただくためのご提案をさせていただきます。開発チームの生産性の向上、高い品質管理などに現在課題を持たれている方はもちろん、これからのご参考としても、管理開発プロジェクトを管理・リードする方はぜひご参加ください。   【定 員】: 20まで(先着順) ※ まだ、空きがあるようですよ 【主 催】: インテル株式会社、ウチダスペクトラム株式会社、マイクロソフト株式会社 ※ いつも、お世話になってます 【参 加】: 無料 (事前登録制) ※ 僕も行きたい! 【対 象】: 開発チームの生産性の向上、高い品質管理などに現在課題を持たれている方。 管理開発プロジェクトを管理・リードする方。 (システムのご提案などを行われている企業様のご参加はご遠慮いただいております。) ※ 課題は正しいんですが、僕は対象者ではなさそうですね (笑)   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~… Read more

VB6 on Windows 7

きっと皆さん気になっていること… VB6 って Windows 7 でサポートされるの?? 英文はこちらで確認いただけます: http://msdn.microsoft.com/en-us/vbrun/ms788708.aspx <以下、抜粋> Windows 7 Since the initial release of this support statement, the Windows 7 operating system has been announced.  This document has been updated to clarify Microsoft’s support for VB6 on Windows 7. VB6 runtime will ship and will be supported in Windows 7 for the lifetime… Read more