[報告] 本社所属の開発チームに異動しました

少々遅めの、新年おめでとうございます m(_   _)mブログでは、大変ご無沙汰しております。 日本滞在も10年が経過し、11年目に突入してしまいました、ロバートです (*’▽’) 日本マイクロソフトでの業務も10年が経過し、今年からは本社所属の一人部署で活動を開始しました。と言っても、品川のオフィスにも席を持っているので、基本的に (表向きに) は今までと特に変わりません。引き続き & 相変わらず、見た目は日本人のひげ面アメリカ人です。自由です。   10年の振り返りをしていると、きりがないとは思いますが、仮にご要望があれば (誰が読むんだ) 書きますよ (笑)   …で、また異動したの? はい。また異動しました。11年目にして4度目の異動、5部署目になります。今回は、MS 社内では初めての自分から探して (見つけて) 応募した異動になるので、色々とドキドキとワクワクです♪   これからはどんな仕事をするの? 開発組織に異動し、プログラム マネージャとして日本で一人部署での活動です。担当エリアはアジア全体ですが、当面は日本のお客様とパートナー様がメインになると思います。仕事内容 (直近) としては、Microsoft Intune の既存顧客の皆さまに、サービスをご利用いただくにあたっての支援や全体のサービス向上につながる機能・フィーチャーのリクエストを受けたり、パートナー様・ユーザー様とのフィードバックのリズムを作ることです。   無償支援ってこと? 時と場合、状況によっては当然弊社の有償サービスをご利用いただきたいのですが!!まだまだ「これから」のサービスである Intune は、より多くのお客様にご利用いただき、皆さまの視点からのサービスの良し悪しを認識・理解する必要があると思っています。ですので、僕がエンゲージするお客様は、ある一定のクライテリア・要件を満たしているお客様からスタートします。また、支援サービスとしてはエンゲージもすれば、ディスエンゲージするタイミングも明確にします。永久無償支援では決してありません (そんなことしたら、僕が死んじゃいます)。 開発チームとしてのエンゲージメントなので、基本の姿勢としては製品・サービスについては誰よりも知っていなくてはならない立場です。…ですが、人間誰も完璧ではないので、完璧を求められるとスネるかも知れませんので、取り扱いにはご注意を (爆) 半分以上は冗談です。きっと。   機能・フィーチャーについては、言いたいことが沢山あるんだけど! そうだと思います。繰り返しになりますが、まだまだ「これから」のサービスだと個人的には思っています。それもあって、僕がこのロールを日本に作ってもらったと理解してください。 でも、だからと言って、全てのご要望をいずれ実装することもないと思ってください。「全体のサービス向上につながる」機能やご要望は、極力取り入れるようにしていけるよう努力しますが、サービスの一部にならないであろうリクエストも沢山受けることになるだろうと思います。 僕としては、機能拡張や機能追加をするか否かの判断も、ある程度はしていくことになります。 皆さんのご要望をすべて満たすことはできませんが、できる限り取り入れられるものは取り入れたいとは思います。そのためにはお客様やパートナー様にもご協力いただく必要があります。ただ一方的に「この機能が必要」と言うのは、あり得ません。無理です。代弁者として、それだけだとコードを書いている開発者の皆からプッシュバックされた時に、戦うことができません。 「何故」必要なのか? → 「他社製品ができるから…」と言うのは理由になりません。どのような理由で、特定機能を必要としているか = ユースケース シナリオがあり、伴うコストがあり、目的を達成するための機能である必要があります。それらが日本特有である場合はプッシュし辛いこともあります。世界各国で多くのリクエストが上がる中、注力していくのは当然ながらよりインパクトの大きいもの。人口やマーケットの大きさに左右されることは少なからずだと、個人的には思っています。結果的にそうじゃないかも知れませんが、そう言う可能性も充分あると思って下さいね。 (ユーザー様が多いほど、インパクトは大きいので、より多くのお客様にご利用いただくのがポイントですね!!) この辺については、今後もチョクチョク更新していきます。   フィードバックのリズムとは? Intune… Read more

Windows 10 のショートカット キー (の一部を) 紹介

もはや無難なことしか書くまい、と思ってるロバートです。まだ、生きてます。久しぶりに「こんなこと書きます」ではなく、実際の投稿です…   が、こんなネタですみません (笑)   と言うことで、Windows 10 のショートカット キーを紹介。全てを紹介するのではなく、個人的に結構頻繁に使うものや好きなのだけを、勝手に選択して紹介と言うものになってます。   全部を紹介している Word ファイルはここからダウンロード可能です: http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=48716英語ですが、これくらいは大丈夫ですよね? ( ^―^)   【スタート メニュー】 帰ってきたスタート メニュー! Windows 7 までのユーザーとしては、ごく当たり前のことかも知れませんが…で、これだけ時間が経って Windows 10 でスタートメニューが戻ってきたとか、「今更どーでもイイよ」かも知れませんけどね! w ボタン自体は、普通にスタート メニューを立ち上げるだけなのですが、僕の家のマシンの場合だとこんな感じです。  既存のアプリケーションを好きな形で配置できるので、Windows 8/8.1 の環境にそれなりに使い慣れをしていた身としては、このレイアウトができるのは結構重宝しています。     【仮想デスクトップを立ち上げる】  + Ctrl + D Linux では昔から実装してましたし、Windows でも実はだいぶ昔から Add-in があったんですけどね。いわゆるデスクトップを複数同時に立ち上げてる状態 ― 例えば、Desktop 1 では画像処理の作業をしていて、それに関連する素材がバラバラとしていて… Desktop 2 では仮想マシンをボコボコ立ち上げてるとか… Desktop 3 では資料作ってるなど。要は、明確にワークスペースを分けると言う手段ですね。モニターが1枚しかない場合なんかは特にあって嬉しい機能です。 僕の場合、家のマシンではそう必要としませんが、仕事用で利用している… Read more

System Center Configuration Manager 2007 で管理する Windows 8 と Windows Server 2012

かなり久しぶりなエントリーになります。もはや、何月何日何曜日… 余り分かっていません、ロバートです (汗) 少しばかり飛行機✈に乗る機会が増えているここ半年くらいなのですが、お陰様で曜日も日にちも訳分らない状態が多いです。幸いにも Outlook カレンダーに全てのスケジュールを入れているので、カレンダー通りに生活しています (笑) ― 若干悲しい現実? …あ、昨日は ?? Halloween ?? でしたね (分かってるじゃん!) いかがお過ごしでしたか?日本で Trick-or-Treat ってしないですもんねぇ…   さて、今日は簡単な情報のご紹介。 先日、全世界でリリースされた Windows 8 ですが、企業の現場レベルにおいては、まだまだ展開や実用性などにおいて色々と検討せねばならない状態かと思います。 パイロット ユーザーとして2-3ヶ月使ってみる機会があると分かるのですが、デスクトップの環境としては Windows 7 をパワーアップした感覚です。 起動時間も飛躍的に短くなり、Wake-up も早い。リソース マネージメントもかなり良くなったと思います (アプリ依存する部分は、当然残りますけどね)。 確かに、スタート ボタンがなくなったのは若干慣れが必要ですが、慣れると本当になんてことないんです。   さて、そんなこんなで仮にパイロット的に数台を企業内の環境で使用するようなことがある場合、当然ながら構成管理をきちんと行っていく必要は出てくると思います。 既に System Center 2012 Configuration Manager で構成管理を行っている場合、Service Pack 1 のリリースで Windows 8 ならびに Windows Server 2012 に完全対応する予定です。まだ現在ベータ中だと思いますが…   System… Read more

Windows Developer Days in Tokyo is just ONE MONTH away!!

書いた内容が全く反映されずページだけが上がると言う、意味不明なことが起きたのですが… 改ためて、4月24日 & 25日に Windows Developer Days たるイベントが開催されるとのことで、また、初日の基調講演は Steven Sinofsky と言った、マイクロソフトのエンジニアの中では伝説的な人の一人が担当するようです… …で、色々と書いたんですが、一回全部消えたので、チョットしょぼん… また書き直す気力もないので、取り敢えずはリンクのご紹介だけ。 http://www.microsoft.com/ja-jp/events/wdd/default.aspx  … Read more

今更、新年おめでとうございます??… そして、ご無沙汰しています

気が付けば最後のエントリーから5ヶ月が経過。2012年になってしまいました。それだけ (きっと) 忙しいんです、僕 (言い訳) … さて、色々とお約束しているネタがあるはずなのですが、時が過ぎると旬なものも旬ではなくなり… 今更書いても良いのかな?? なんて思うこの頃。それに、色んなネタを載せ過ぎると、今度は自分の仕事がなくなってしまうと言う事実も (笑)なんて言いながら、サポートやサービスがいらないくらいユーザー様・お客様に情報が行渡っている状況が本来の理想なんですけどね (多分) では、2012年一発目は何を書こうか…? と考えてみました。 2012 と言えば、System Center 製品群が 2012 ラベルを持ってリリースされる予定の年です。実は、現在も System Center 2012 Configuration Manager のワークショップを開発中だったりします♪今回は、グローバルで提供するワークショップの資料やラボを世界中の PFE と一緒に開発している訳でして、ここ数ヶ月はよりグローバルな活動をさせてもらっています。 正直なところ、別に僕がそんなに優れたエンジニアだからと言う訳ではなく… 察しはつくと思いますが、アメリカ人として英語で仕事するほうが楽だから… なんだと思います (笑)ぶっちゃけ、僕が日本で仕事する中での唯一の取り柄みたいなものですからね… はい。もっとエンジニアとしても頑張ります。   と言うことで、System Center 2012 Configuration Manager… そう、細かなことですが、製品名としては “System Center 2012” が頭につき、個々の製品名はその後にくるようになっています。なので… System Center 2012 Configuartion Manager System Center 2012 Operations Manager System Center 2012… Read more

今更聞けない System Center Configuration Manager 2007 Basics #3 (クライアントの割り当て編)

2011年も早くも2月に突入。忙しくしていると… なんて思いながら、時間は刻々と進んでいく一方ですね。 また、今年の冬はとても寒いせいか… 次から次と仲間が体調を崩している気がします。皆さんも体調管理には気をつけて下さいネ! さて、今回は「今更聞けない」シリーズの第3弾として、SCCM のクライアントの割り当てについて書いていきたいと思います。 クライアントのサイト割り当ては、エージェントのインストール前から指定することってできるの? いいえ。できるようで意外とできないこのプロセス。クライアントのサイト割り当ては、常にクライアント エージェントのインストールが成功していることが前提になります。クライアントの割り当てはインストール時の一環として構成されますが、逆にエージェントだけインストールしてサイトの割り当てをしないと言うことも選択肢としてはあります。その場合のクライアントは管理されていないクライアントとなります。 補足情報 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb681005.aspx クライアントをセカンダリ サイトに割り当てることはできますか? いいえ。サイトの割り当ては、必ずプライマリ サイトになります。セカンダリ サイト配下に存在しているクライアントは、セカンダリ サイトを介して親のプライマリ サイトに報告しているので、結局の割り当てはその親プライマリ サイトになります。 セカンダリ サイトの構成次第では、プロキシ管理ポイント情報やセカンダリ サイト下の配布ポイントを利用することはできるので、ネットワーク負荷を考慮するためには上手く活用すると良いですね。 補足情報 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb681005.aspx http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb632547.aspx イントラネットのクライアントがサイト サーバとは違う Active Directory フォレストに存在している場合、サーバー ロケータ ポイントを利用したサイト割り当てが必要ですか? はい。クライアントが Active Directory Domain Services からサイトの情報を参照することができない場合、サーバー ロケータ ポイント (Server Locator Point: SLP) を介してサイトの割り当てをします。CCMSETUP の中で明示的にサイトを割り当てる場合も、SLP は必要になります。 補足情報 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb693467.aspx http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb694195.aspx では、ワークグループのクライアントをインターネット経由で管理したい場合は? サーバー ロケータ ポイントが必要なんですか? いいえ。ここでのポイントは「インターネット経由で管理」すると言うことです。そうでない場合は、(3)… Read more

System Center Configuration Manager 2007 R3: 概要 & これ、いいっすよ! なポイント

今更と言えば今更な、SCCM 2007 R3 のネタで本日はチョット書きたいと考えてます、ロバートです。 品川の新オフィスに出社してみたものの、午前中はネットワークが使えなかったり、環境が微妙な状態にあったりと、イライラの多い朝。午後に差し掛かって15時くらいからやっとそれなりに仕事ができる状態になりました。慣れるのには、まだまだ時間がかかりそうです… さて、SCCM 2007 R3 の話ですが、もしかしたら既にご購入+導入済みのお客様もいらっしゃると思いますが、意外とそうじゃないような気もしています。どうでしょう? R3 にするメリットなんか本当にあるの? なんて考えてる方も、R2/R3 のいずれも別にいらないと思うと言う方もいるでしょう。 確かに、「用途があります」と言う訳でなければ、特にそこは気にすることもないでしょうけど、意外と良くなっている点を見逃している可能性もあるのでは…? Configuration Manager 2007 R3 の新機能 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ff977104.aspx 上記のリンク先に、ザックリと機能的に R3 で良くなった点などが紹介されています。 ただ、読んでも「ふぅ~ん」で終わってしまう気がしなくもないので、若干の解説をさせていただきます。 <以下、上記リンクから抜粋> 電源管理。サイト管理者が複数のコンピュータで標準の Windows 電源設定を構成できるようにするツールのセットを提供します。詳細については、「Configuration Manager 2007 R3 の電源管理」を参照してください。 オペレーティング システムの展開の機能改善。新しいコンピュータでブート イメージおよび Windows Imaging Format (.wim) ファイルの事前設定が可能になりました。管理者はこの機能を使って、事前設定されたメディアの使用が可能なデバイスに、タスク シーケンスを適用できます。詳細については、「オペレーティング システムの展開用に事前設定されたメディアについて」を参照してください。 動的なコレクション評価。新しく検出されたリソースのみを追加することで、コレクション メンバシップを高速に評価できるようになります。詳細については、「Configuration Manager 2007 R3 の動的なコレクション評価について」を参照してください。 Active Directory 差分探索。Configuration Manager 2007 データベースに新しいリソースのみを追加する、中間探索サイクルを実行します。詳細については、「Configuration Manager… Read more

Office 2010 も頑張ってます

冴子先生が頑張ってくれてるようです。 って、マイクロソフトの人間も勿論頑張ってますけどね (笑)   当然ながら、僕の環境は全部 Office 2010 なんですけど、インターナルβの頃からいじってます・・・かれこれ、1年くらいバグのレポーティングなどをしながら、使っているんですが・・・ たまに Office 2007 を入れて使うと、若干使いづらいと思ってしまう。 慣れって、すごいですね。てか、怖いですね。 Ribbon を使い始めて約4年。 お客様にも言われてきていますが、正直 Ribbon を製品に入れた当初は、僕らもチョット使いづらいと思ったんですけど・・・ なんでしょうね。今は Ribbon のほうが相当らくになってしまいました。   冴子先生の目標は日本中で2010人に Office 2010 いいじゃんと言わせることらしいですが・・・ いや、これ、できると思う。 マジでいいですよ、Office 2010。使い勝手いいです。使いやすいです。意外と機能も増えてます。   ちなみに、Visual Studio 2010 Premium/Ultimate with MSDN であれば、使えますね。 皆さん、お試しあ~れ。… Read more

Visual Studio 2010 & .NET Framework 4 英語版

MSDN Download Center からダウンロード可能になりました。 MSDN 会員の皆さんは、英語であれば製品版の Visual Studio 2010、.NET Framework 4 などを使えますよぉ~~~ しかも会員の皆さんには色々とアナウンスしてきましたけど、究極のオファーの切り替えも完了したので: ① Visual Studio Team System 2008 Architecture/Database/Development/Test with MSDN Premium のいずれかを持っていらしたユーザーさんは、Visual Studio 2010 Ultimate with MSDN にアップグレードされています。 ② Visual Studio Professional 2008 with MSDN Premium だったユーザーさんは、Visual Studio 2010 Premium with MSDN にアップグレードされています。   すごーい!すごーい!   で、何がすごいかって? Visual Studio 2010 Ready Day に参加の皆さんは、目の当たりにできていますよね。… Read more