今更聞けない System Center Configuration Manager 2007 Basics #3 (クライアントの割り当て編)

2011年も早くも2月に突入。忙しくしていると… なんて思いながら、時間は刻々と進んでいく一方ですね。 また、今年の冬はとても寒いせいか… 次から次と仲間が体調を崩している気がします。皆さんも体調管理には気をつけて下さいネ! さて、今回は「今更聞けない」シリーズの第3弾として、SCCM のクライアントの割り当てについて書いていきたいと思います。 クライアントのサイト割り当ては、エージェントのインストール前から指定することってできるの? いいえ。できるようで意外とできないこのプロセス。クライアントのサイト割り当ては、常にクライアント エージェントのインストールが成功していることが前提になります。クライアントの割り当てはインストール時の一環として構成されますが、逆にエージェントだけインストールしてサイトの割り当てをしないと言うことも選択肢としてはあります。その場合のクライアントは管理されていないクライアントとなります。 補足情報 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb681005.aspx クライアントをセカンダリ サイトに割り当てることはできますか? いいえ。サイトの割り当ては、必ずプライマリ サイトになります。セカンダリ サイト配下に存在しているクライアントは、セカンダリ サイトを介して親のプライマリ サイトに報告しているので、結局の割り当てはその親プライマリ サイトになります。 セカンダリ サイトの構成次第では、プロキシ管理ポイント情報やセカンダリ サイト下の配布ポイントを利用することはできるので、ネットワーク負荷を考慮するためには上手く活用すると良いですね。 補足情報 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb681005.aspx http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb632547.aspx イントラネットのクライアントがサイト サーバとは違う Active Directory フォレストに存在している場合、サーバー ロケータ ポイントを利用したサイト割り当てが必要ですか? はい。クライアントが Active Directory Domain Services からサイトの情報を参照することができない場合、サーバー ロケータ ポイント (Server Locator Point: SLP) を介してサイトの割り当てをします。CCMSETUP の中で明示的にサイトを割り当てる場合も、SLP は必要になります。 補足情報 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb693467.aspx http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb694195.aspx では、ワークグループのクライアントをインターネット経由で管理したい場合は? サーバー ロケータ ポイントが必要なんですか? いいえ。ここでのポイントは「インターネット経由で管理」すると言うことです。そうでない場合は、(3)… Read more