System Center Configuration Manager 2007 R3: 概要 & これ、いいっすよ! なポイント

今更と言えば今更な、SCCM 2007 R3 のネタで本日はチョット書きたいと考えてます、ロバートです。 品川の新オフィスに出社してみたものの、午前中はネットワークが使えなかったり、環境が微妙な状態にあったりと、イライラの多い朝。午後に差し掛かって15時くらいからやっとそれなりに仕事ができる状態になりました。慣れるのには、まだまだ時間がかかりそうです… さて、SCCM 2007 R3 の話ですが、もしかしたら既にご購入+導入済みのお客様もいらっしゃると思いますが、意外とそうじゃないような気もしています。どうでしょう? R3 にするメリットなんか本当にあるの? なんて考えてる方も、R2/R3 のいずれも別にいらないと思うと言う方もいるでしょう。 確かに、「用途があります」と言う訳でなければ、特にそこは気にすることもないでしょうけど、意外と良くなっている点を見逃している可能性もあるのでは…? Configuration Manager 2007 R3 の新機能 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ff977104.aspx 上記のリンク先に、ザックリと機能的に R3 で良くなった点などが紹介されています。 ただ、読んでも「ふぅ~ん」で終わってしまう気がしなくもないので、若干の解説をさせていただきます。 <以下、上記リンクから抜粋> 電源管理。サイト管理者が複数のコンピュータで標準の Windows 電源設定を構成できるようにするツールのセットを提供します。詳細については、「Configuration Manager 2007 R3 の電源管理」を参照してください。 オペレーティング システムの展開の機能改善。新しいコンピュータでブート イメージおよび Windows Imaging Format (.wim) ファイルの事前設定が可能になりました。管理者はこの機能を使って、事前設定されたメディアの使用が可能なデバイスに、タスク シーケンスを適用できます。詳細については、「オペレーティング システムの展開用に事前設定されたメディアについて」を参照してください。 動的なコレクション評価。新しく検出されたリソースのみを追加することで、コレクション メンバシップを高速に評価できるようになります。詳細については、「Configuration Manager 2007 R3 の動的なコレクション評価について」を参照してください。 Active Directory 差分探索。Configuration Manager 2007 データベースに新しいリソースのみを追加する、中間探索サイクルを実行します。詳細については、「Configuration Manager… Read more