Visual Studio 2010 Launch Event part I: Malaysia

http://myvs2010.com/   ジャパンは、明日~~~ @ 六本木アカデミーヒルズ。 僕も行きますよぉ~~~。 セッションでカバーされないこと、セッションで疑問に思ったことなど、僕を見付けたら聞いて下さって良いですよぉ~ 答えれる範囲でなんでも受け付けます → その分、分からないことは、「わかりませーん!!」と言う気満々 (笑)   リリースってこともあるので、これなら後日色々と情報を公開できますね~~~ ( ^^) Test Professional 2010 周りで、色々とデモも作ったし、ツールの使い方についての考えも揃えているので、後日また遊びに来て読んでみて下さいまし。… Read more

Looking back at Microsoft Developer Forum 2009

懇親会に一瞬しか出席できなかったことが心残りですが、本当にイイ話を開発者の皆さんにお伝えできたかと思います。 Visual Studio 2010 β2 の日本語版の提供開始@MSDN を含め、VS 2010 の機能紹介 @ テスト、VS 2010 で開発する SharePoint 2010、VS 2010 で開発する Azure アプリケーション、Windows 7 の Touch アプリケーション、VS 2010 でのデバイス開発、Silverlight 3 で実装する UX・・・ 本当に盛り沢山 & ほんの一部を紹介させていただきました。    12月25日まで、ストリーミングはご覧いただけるので、是非チェックしてみて下さい: http://www.microsoft.com/japan/powerpro/mdflive/default.mspx   業界を支えているのは、マイクロソフトやアップルな訳ではなく・・・ 開発者である。僕が言うより、言う人が言うと、全然響きが違う・・・でも、引き続き、僕も、このメッセージを皆さんに伝えていきたいと思います。… Read more

Microsoft Developer Forum 2009 本日開催

11月も5日目に入っちゃいました。鬼のようなスピードで時間だけが過ぎていく状態が続いています。どこまでついていけるのか?! ロバートです。   本日、約3時間後からは Microsoft Developer Forum 2009 の開催です。   こちらのページから、ストリーミングを見れますよぉ~~~☆ 僕は、現場です。   正直、六本木って、苦手なんですけどね・・・… Read more

開発者向けキャンペーン – まだまだ実施中!

最近は夜中にアメリカのチームとひたすらメール、 Communicator、電話などでやりとりして思う存分母国語を活用しています、ロバートです。 でも、寝不足になると言うオチがあるんですよね・・・ (汗)   さて! 本日は、製品担当のマーケティングらしいエントリーをさせていただきますっ!   忘れてはいないと思いますが・・・ 開発者向けキャンペーン、まだ実施中ですよっ! ですが、チャント詳細を確認して下さい。期限ありますからっ!! http://www.microsoft.com/japan/vstudio/campaign/   特に Team System の検討をしていただけるなら、コンテンツはそれなりに揃えていますよ♪ 以前にも紹介していますが、Development Edition + Database Edition 最大活用キャンペーンのページから 8 つのウェブキャストにも行けますからね! …って、すべて僕が機能説明しているんですが、そんなに難しいことは話していないので、概要レベルで機能の確認をしたい方にはちょうど良いかと思います。   とにかく環境をいじりたい方は、バーチャル ラボ (VIRTUAL LAB) を忘れずに! シナリオ以外のこともお試し下さい。 (^ー^)… Read more

March Madness On Demand: Watching the Final, in Japan

今日は、気分的に英語で (笑) 簡単にまとめると、個人的に WBC には全く興味がなかったのですが (野球に興味がないだけです)、今アメリカでは (リアルタイムで) 大学バスケット ボールのトーナメント決勝戦が Silverlight のフィードで On Demand で観れるんです。 今日も忙しいんですが、怒られても良いから、試合を観ながら仕事します…   GO TARHEELS!!!!! Who would have thought, that I’d be working in Japan and being able to watch the NCAA Men’s Basketball Finals, REAL TIME? Okay, okay, so it’s not too far fetched as an idea. And I’m extremely pleased… Read more

Team Foundation Server を利用してアジャイルな開発を (Part II)

本日は前回のエントリーの続き、ツールの使い道について。 その前に、いつもの前説を… (懲りないロバートです) 先日の凹みはF1観戦ができなかったとか、大学バスケのトーナメント観戦できなかったと言った、大した凹みではありませんでしたが・・・ 今日は… もう… 朝から火傷。早めに出社したのにテレカンのブリッジがいきなり変わっていたので、戸惑いながらテレカンに10分遅れて参加… マシンの調子は不調中の不調。仕事が何一つ手に付かず、一日中デスクでPCに向かって発狂していました。   そんなコケてばかりの一日… よくよく見ると3月も今日で終わり。2009年、早くも4分の1が経過してしまいましたよっ!!   不貞腐れて早めに帰宅し、家のPC (Vista x64 の DELL Inspiron 1720) でお仕事をしています。 でも、よく考えると、日曜日にアップしたポストの続きがまだだった!!   と言うことで、続き (前説長いんです)     アジャイルな開発を実現するために、ツールは必要だと言う話の中で、マイクロソフトの Visual Studio Team System の機能を利用して実現することも可能だと言うところに至ったかと思います。 そして、前回はその VSTS がアプリケーション ライフサイクル管理 (ALM) のコンセプトをベースに作られたこと; ALM の中ではビジネス、開発、運用と言った3つの大きな歯車に注目して、かつ各歯車 (ステークホルダー) によってビジネス バリューと言うものを確認し、要求し、開発し、最終的にはそのバリューを見出すものをデリバリーすると言うことをお伝えしました。VSTS はこれらステークホルダーのコミュニケーション ギャップを退けるために…または、そのコミュニケーションを支援するためにあるものでもあると説明しました。 アジャイルな開発を実施するにあたっても、Agile Manifesto にある通り、ビジネス側の人間と開発側の人間は日々一緒に仕事をする必要があると言った、ごく当たり前のことを実施していかないことには、開発プロジェクトのバリュー (価値) と言うものをきちんと見出すことができないと言うことも…   VSTS には「クライアント」と「サーバー」のコンポーネントがあります。 VSTS に何かしらかかわったことのある方は、クライアント側に… Read more

Tech Days 2009 Session Contents 公開!

Tech・Days 2009 全セッションコンテンツ公開のお知らせ http://www.microsoft.com/japan/powerpro/techdays/ ←ここからどうぞ 1月27、28日に開催された『Microsoft Tech Days 2009』の全セッションコンテンツ(ストリーミング、PPT、セッションレポート、等)を公開しました! ※ セッションによっては情報が公開されていませんが、予めご了承ください。 本イベントでは、マイクロソフトの Software + Services 戦略を具現化する Windows Azure、Windows 7、Visual Studio 2010、.NET Framework 4.0、Oslo など米国 PDC (Professional Developers Conference) にて発表された内容から選りすぐりの 40セッションをご紹介し、1,000名を超える開発者の方々に次世代テクノロジーと方向性の理解を深めて頂きました。 ※ 今回、僕は裏方としてのお手伝いしかできませんでしたが、僕なりに楽しませていただきました。 今回、公開したページにて全セッションの内容をご覧いただくことができます!   高橋 忍さんの大人気セッションもご覧いただけますよ! ( ^^)   相変わらず、頑張って TFS インストール時のトラブルシュート集、書いてます。 …本職とは違うって言われますけど (汗)… Read more

Scott Guthrie のインタビュー @ Channel 9

と言ったところで、日本語訳は入っていないので、英語 NG な方はごめんなさい。 https://channel9.msdn.com/posts/Charles/Scott-Guthrie-On-Silverlight-MIX09-Keynotes-Developers-and-Designers/   MIX09 が近づくにつれて、徐々に情報を出しています。 Scott がキーノートするようですよ♪   Silverlight 3 のことに触れています@インタビュー 要は、キーノートでどんなお話をするか、と言う内容ですね。 それだけじゃなく、勿論、Silverlight と言うプラットフォームの話、Silverlight 用のツールの話、あります。 <関連リンク> Microsoft® Silverlight™ 2 ソフトウェア開発キット Microsoft® Silverlight™ 2 SDK には、ドキュメント、オンライン サンプル、ライブラリ、および Silverlight 2 アプリケーションを開発するためのツールが含まれます。 Microsoft® Silverlight™ 2 ソフトウェア開発キット ドキュメント Microsoft® Silverlight™ 2 SDK ドキュメントは、ダウンロードして使用できる Silverlightのスタンドアロン ドキュメントです。CHM 形式 (コンパイルした HTML) で提供されるので、PC で表示でき、CHM 表示プログラムをインストールすれば Macintosh でも表示できます Silverlightデベロッパーセンター MSDNライブラリ オンラインで使用できるSilverlightのドキュメントです。技術情報、サンプルコードを含むプログラミング情報や製品ドキュメント、技術記事、リファレンスガイドなどさまざまな情報を提供しています。  … Read more

キャンペーン実施中☆

以前にもご紹介しましたが、去年の12月からキャンペーンを実施しています☆ Visual Studio Team System ステップアップ キャンペーンMSDN Premium Subscription 付きの Visual Studio Professional Edition から Visual Studio Team System の 4 つのエディション (Architecture, Development, Test, Database) へのステップアップ ライセンス、および 4 エディションから Visual Studio Team System Team Suite へのステップアップ ライセンスに対して約 30% の割引が適用されるキャンペーンを、2008 年 12 月 1 日 (月) より実施しています。 要は、以下のような感じになります。 詳細については、キャンペーン ページをご覧ください!リアルに超お得キャンペーンになりますので、ぜひご検討下さい。   Professional Edition から VSTS… Read more