System Center Configuration Manager 2007 で管理する Windows 8 と Windows Server 2012

かなり久しぶりなエントリーになります。もはや、何月何日何曜日… 余り分かっていません、ロバートです (汗) 少しばかり飛行機✈に乗る機会が増えているここ半年くらいなのですが、お陰様で曜日も日にちも訳分らない状態が多いです。幸いにも Outlook カレンダーに全てのスケジュールを入れているので、カレンダー通りに生活しています (笑) ― 若干悲しい現実? …あ、昨日は ?? Halloween ?? でしたね (分かってるじゃん!) いかがお過ごしでしたか?日本で Trick-or-Treat ってしないですもんねぇ…   さて、今日は簡単な情報のご紹介。 先日、全世界でリリースされた Windows 8 ですが、企業の現場レベルにおいては、まだまだ展開や実用性などにおいて色々と検討せねばならない状態かと思います。 パイロット ユーザーとして2-3ヶ月使ってみる機会があると分かるのですが、デスクトップの環境としては Windows 7 をパワーアップした感覚です。 起動時間も飛躍的に短くなり、Wake-up も早い。リソース マネージメントもかなり良くなったと思います (アプリ依存する部分は、当然残りますけどね)。 確かに、スタート ボタンがなくなったのは若干慣れが必要ですが、慣れると本当になんてことないんです。   さて、そんなこんなで仮にパイロット的に数台を企業内の環境で使用するようなことがある場合、当然ながら構成管理をきちんと行っていく必要は出てくると思います。 既に System Center 2012 Configuration Manager で構成管理を行っている場合、Service Pack 1 のリリースで Windows 8 ならびに Windows Server 2012 に完全対応する予定です。まだ現在ベータ中だと思いますが…   System… Read more

早くも1月は終わりそうです

2011年に入ってから、まだ一度もブログの更新をしていないままです、ロバートです。 言い訳をさせていただけるのであれば、「忙しいから」です。と言うよりは、お客様の皆様に、色々とお勉強会を開催して欲しいということで、お呼び立ていただいているからこそ、「忙しい」訳でして、決してイヤなことではありません。 2011年の個人的なテーマは: 『革新』です2010年のテーマは: 『変化』でした そして、2010年は僕にとってまさに変化の多い1年となりました。なので、2011年はそこからまた更にステップアップしていきたいと考えている次第です。 早くもいくつかアップデートせねばならない状態にはあるので、取り急ぎは、今月中 (残り少ないですが) に更新する予定の内容を下記にリストアップします。 SCCM 2007 R2 から含まれる Reporting Services ポイントの概要 Reporting Services のレポートを作る際に必要となるレポート モデルの作成方法 (サンプル) SCCM 2007 R3 の概要 今更聞けない SCCM その3: クライアント サイト割り当てについて この辺を、できれば一気にアップデートしたいと思っています。今週末は、我がチームも品川に移ります。依って、色々なサーバー上のデータは週末にいじれません…なので、週末になる前にある程度のスクリーンショットをとっておかないと・・・上記の更新はまずできない・・・と言う、そんなオチです (苦笑) 今年もどうぞよろしくお願いします。… Read more

System Center Configuration Manager 2007 インストール

久しく管理サーバーをインストールしています。ロバートです。 アプリケーション サーバー = Team Foundation Server な3年間だったので、忘れていることも所々。 WebDAV 必要だったっけ・・・とか BITS バリバリ使うじゃん、SMS/SCCM ! ・・・とか   と言うことで、取り敢えず: Windows Server 2008 の環境に、SQL Server 2005 SP2 をインストール。 まずは Minimum Specification で動かすところから。 System Center Configuration Manager 2007 も、SP0 (RTM) 版ではないけど、先ずは SP1 適用済みの環境を構築。 ・・・後で、SMS 2003 R2 の環境をここにぶら下げてみようかな。 あ、そうか。ITMU とか使わなくなってるんだな、確か・・・   と、画面に向かってブツブツ念仏を唱えるように独り言を連発しながら、環境を構築中で~~~す♪ チョット楽しい☆   後日、データベースの中身をザックリ確認して、SMS の頃との誤差を確認してみましょう。 面白そうな箇所があったら、ここに載せようっと (あくまで、自分の認識を深めるためですけど・・・)… Read more

MSDN の究極のオファー (Ultimate Offer) で何がどう変わったの?

本日の Visual Studio 2010 の全世界でのアナウンスメントと同時に、MSDN Subscription の会員の皆さんの MSDN レベルが自動的に上がりました。 何もしなくてもレベルアップした感じですよ。 遊び人 Lv. 40 くらいだったのが、遊び人 Lv. 60 と、その他のジョブもレベルが上がった・・・みたいな。 え?余計訳が分からない感じですか? それはすみませんでした。   今回の「レベルアップ」対象となった方たちは以下: Visual Studio Team System 2008 Architecture Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Database Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System 2008 Development Edition with MSDN Premium Visual Studio Team System… Read more

Visual Studio 2010 β2 日本語版の提供開始!!

デベロッパー製品開発統括本部のブログでも紹介がありますよう、本日から MSDN サブスクライバ様向けに Visual Studio 2010 β2 の日本語版の提供を開始しました!! このリリースについては、皆さんご存知の Brian Harry のブログでも紹介されています♪   先日、Brian とはメールで色々とやり取りをしていたのですが、以前日本の皆さんからいただいたフィードバックを、できる限り今回の Team Foundation Server や Visual Studio の中で対応してみたから、皆さんにこのβリリースもぜひ評価してもらいたい! と言うことでした。   メール、アンケート、Connect、イベント、ミーティングなど、色んな箇所を通してフィードバックをして下さった皆さんに、本当に感謝しています!! 今後とも、宜しくお願いします。   ちなみにですが、過去に書いた「フィードバックについて」も、改めて目を通して見てください。僕の疑問として、ネガティブ フィードバックばかりなのが理解しきれないと言う内容にはなっていますが、お願いとして、良い点も「フィードバック」として是非いただきたいと思います。 開発チームの皆は、リアルにポジティブ フィードバックでやる気も変わってきます。本当に。マジで。   数日後に、Visual Studio 2010 β2 日本語版の一般公開もしますので、その際には改めてご連絡しますね!   Happy Evaluating!!   <リソース @ 日本語> VS Beta2: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/52f3sw5c(VS.100).aspx .NET Framework 4 Beta2: http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/w0x726c2(VS.100,classic).aspx… Read more

Visual Studio 2010 β2 と Team Foundation Server 2010 Basic のインストール: Windows 7 上に

英語版の Visual Studio 2010 β2 が一般にも公開されたところで、Windows 7 上に早速インストールをしてみましょう!   まずは、必要なビッツをダウンロード センターからダウンロードしましょう。 http://msdn.microsoft.com/en-us/vstudio/dd582936.aspx   新しいビッツを入れる準備ができたら、Team Foundation Server 2010 β2 をインストールする下準備です。クライアントで動かすので、TFS 2010 Basic Installation をしようと思います。   <IIS 7 の有効化>         <Team Foundation Server 2010 β2 インストール> 今回はネットワーク上ではなく、メディア化してインストールをしてみます。   Windowsクライアント上のインストールなので、インストールできる Team Foundation コンポーネントのリストは Team Foundation Server と Build Services の2つ。 インストール中に、一度 .NET Framework 4 β2… Read more

Visual SourceSafe から Team Foundation Server 2010 へ…

昨夜、オーストラリア (親友の結婚式) から戻りました、ロバートです。 よく「意外」と言われますが、僕は北アメリカ (カナダ、アメリカ合衆国、メキシコ) 以外では、日本しか知らないので、今回のオーストラリアは初上陸であり、30歳間近にして3つ目の大陸にやっと上陸しました。 結構感激。 かなり好きかも、オーストラリア。 アクセントを上手く使い分け、オージーだと思っていただけていたので、気分的には楽でした。 ( ^^)   さて、そんなところで本題に入りましょう。 VSS から TFS へ… と言うお話は、以前からも色んな場所でお話をさせていただいています。 今現在は、MS Japan のページでも、特集としてアップしていますので、是非こちらもチェックして下さい! http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/campaign/vsstotfs/   Team Foundation Server 2010 では、より VSS に近い形で、もしくは VSS からの移行がより簡単になるように、色々と考えてきました。 以前、MVP の皆さんにだけはお話しました、TFS Essentials と言う形で考えていた時期もありますが、現段階ではその名称はなくなりました。   数多くのお客様には VSS をご愛用いただいていて、本当に嬉しく思うのですが、VSS を 1992年に開発し、現在の TFS 開発チームのトップに立つ Brian Harry (http://blogs.msdn.com/bharry/) も、時代と共にテクノロジもニーズも変わってきている中で、VSS に残らず TFS を使って欲しいと思っているようです。それもそのはず。両方の製品を彼自身がデザインして作り上げているのですから、思い入れはあるでしょうね。 WHEN WHAT 1992.01 Visual… Read more

VS/VSTS 2010 & .NET 4 β1 一般公開

本当に最近はこんなご連絡ばかりで恐縮です (少し日本人っぽくなりました、僕?)   と言うことで、Visual Studio Team System 2010 ならびに .NET 4 の β1 が一般公開され、ダウンロード センターからダウンロード可能になりました!   Visual Studio Team System 2010 Team Suite Beta1 日本語版 – Web インストーラー http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyID=85520793-68fc-4361-a8b6-dc2cff49c8d2&displaylang=ja Visual Studio Team System 2010 Team Suite Beta1 日本語版 – Iso イメージ http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=255FC5F1-15AF-4FE7-BE4D-263A2621144B&displaylang=ja Visual Studio Team System 2010 Team Foundation Server Beta1 に日本語版 – Iso イメージ… Read more

Windows 7 製品候補版(RC版)を一般提供開始

http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/ Windows 7 の Release Candidate が上記のリンクよりダウンロード可能になりました。 次世代の Windows を、皆さん、是非体験してみて下さい!   Windows 7 の RC版では、いくつかの機能を主にご確認いただけます。 Windows XP Mode: 小規模向けに最適化されたソリューションで、Virtual PC の機能を活用することにより、Windows XP向けに開発された多くの事務用アプリケーションをWindows 7のデスクトップから直接起動できるようにする機能 リモート メディア ストリーミング: 家庭内に設置された PC 上に保存されたデジタル メディアのライブラリーを、インターネット経由で家庭外の Windows 7 から安全に利用できるようにするリモートアクセスの仕組み ナビゲーション機能の改善: タスクバー、ジャンプリストならびに検索といった機能にもいくつかの強化策がほどこされました Internet Explore 8: InPrivate Browsing 機能を利用すると、閲覧履歴、一時インターネットファイル、フォーム データ、クッキー、ユーザー名/パスワードなどをブラウザー内に保存できないようにすることができます Windows Touch: 上下左右にスクロールするようなWeb画面の中でも機能するドラッグアンド ドロップやタッチ操作による項目選択などを可能にするためのアップデートが含まれています 他にも、「日本」のデスクトップ テーマが含まれていたりもします。 僕自身はまだ入れていませんが、回りの人たちのインストールを見たところ、結構キレイな感じでしたよ♪ この辺は、皆さんもインストールしてのお楽しみ☆ ですね!   あ、そうそう。 Release Candidate… Read more

SQL Server 2008 SP1 と Team Foundation Server SP1

なんだかお久しぶりです。 先週は、実はプライベートで九州に初上陸していました、ロバートです。 ここ数週間の間、なかなかブログの更新ができていなかったのですが、書きたいことだけはやたらとたまっています。 でも、本日は比較的旬なトピックで…   先日から SQL Server 2008 Service Pack 1 が入手可能になりましたので、その環境と Team Foundation Server 2008 Service Pack 1 との互換性についてご説明しようかと思いました。   まず、SQL Server 2008 をバックエンドにもつ既存の Team Foundation Server with Serivce Pack 1 の環境に SQL Server 2008 Service Pack 1 を適用しても、特に問題はありません。大丈夫です。It will work。   でも、仮に SQL Server 2008 SP1 を適用済みのサーバー環境に Team Foundation Server 2008 SP1… Read more