Microsoft Band と Robert ― 3週間使ってみたところ・・・

知らない事だらけな環境にいるのは、とてもチャレンジングながらも楽しいのだと再確認しています、ロバートです。最近はいっきに寒くなってきましたね~。 さて、10月末日に米国のみでリリースされた Microsoft Band ですが、社内外両方から興味があるとの声があったので、発売初日に購入してから今までの使ってみて思ったことをシェアしたいと思います。 情報はそれなりに出回り始めているので、あくまで僕個人の偏見と感想と言ったところです (笑) ← そもそも普段からそうじゃないかって? えぇ、そうですともっ!!   【今のところは US 市場のみの発売】 この事実は仕方がないですね。US マーケットのみと言うこともあり、機能においての制限もあります (例) 走る時の GPS 機能は使えない。また、カレンダーやメール、Facebook 連携において日本語表記される部分は □ として出てきます ― 何故 UNICODE じゃないのかは、不明です (汗)   英語 OK だと言う方で、一般情報を確認したい方はこちらをどうぞ:http://www.microsoft.com/microsoft-band/en-ushttp://www.microsoft.com/microsoft-band/en-us/get-started Images in this blog post are either from the Microsoft Website or screenshots of Microsft Health as used by the author. 【先ずはハードウェアとしての Band】… Read more

【報告】 ロバートは異動しました

7月初旬の更新時には「まだまだ PFE をやってます」と書きましたが、翌8月1日に異動してしまいました、ロバートです。 マイクロソフトに入社してから、8年半が経過し、気付けば自身のキャリアの半分以上をマイクロソフトで過ごしていることに気付きました (なんとっ!!)正直、入社当初は、長くいるか分からないなぁ…などと思いながら、もう少しで9年目を終えるんです Σ(・ω・ノ)ノ! 自分が一番驚いています (笑)   エンジニア → 技術マーケティング → エンジニアと言うマイクロソフトでのキャリアを踏んできている僕ですが、この度は技術営業と言った仕事にチャレンジしてみようと、何を血迷ったのか…分からない世界に飛び込んでみちゃいました。もう、飛び込んでしまったので後戻りできません ( `ー´)ノまぁ、その気も全くありませんしね (笑)   厳密には「技術戦略」と言った営業職ですが、まぁ、深く追及しないで下さい (笑)強いて言うのであれば、これまで特定の製品や製品群をベースに仕事をしてきましたが、今後は製品に拘らない仕事です。まぁ、僕の場合はマイクロソフトの製品にすら拘らない部分があるので、チョット危ないかも知れませんが… その中で、マイクロソフトならではのソリューションや考え、もしくはそれらを利用したサービスやビジネスの革新・改善を提案していけたら、とにかく面白いだろうと思ったのです。基本的には、その場その場の勢いで生きている人間なので、変な (?) アイディアは常に湧き出て来る頭の構造みたいです♪それらのアイディアを、とにかく今後は活かして、世の中に新しい「何か」をお客様と一緒に世に出していけることになったら、超楽しいだろう!!! と言った考えです。   【このブログはどう変わっていくのだろう…】 と、少し考えてみたのですが、細かい提案内容を公にするのは当然無理なお話なので…今のところは NO PLAN です。これまで学んできた技術を忘れないように… また、それらを共有できるスペースにしたいなぁ。あ、勿論、なんでもかんでも「答え」を書いていくつもりは一切ありませんが、「Azure と <製品・サービス何か> で、こんなことを試してみた」とか「Windows Server 2003 End of Support に向けて、こんなことを思いついた」であったり、「データ サイエンティストを育成するには、こんなことが必要なんじゃないかな?」みたいな内容を書いてみようかなぁ…   仕事の内容の一部が、とにかく「考えること」なんだと勝手に解釈していることもあり、その部分を汎用的な内容として共有できたら面白いかと思ってみています。本当に面白くなるかは不明ですが…   もしくは、これまで案件に追われて書き上げることができなかった内容を書いてみるなんてのも、面白いかもですね… 主に、System Center の各コンポーネントをいじり倒してみる… 解析ツールの簡単な使い方を紹介してみる… SQL Server の Reporting Service と Analysis… Read more

【ノンテク】 最近の活動

ブログを更新することが、なんだかんだ言ってできていませんでしたが、チャント生きてますよ… ロバートです。   本日7月1日からマイクロソフトでは新しい年度に入りますが、相変わらず Premier Field Engineer (PFE) として活動しています。 ですが、タイトルにある通り、今回の (久しぶりの) エントリーは「ノンテク」。即ち、技術的なお話ではありません。(;゚Д゚) ぇ… PFE でありながら、決して技術的なことばかりではない… エンジニアと言う肩書を持っているのに? YES 相変わらずアメリカ、マレーシア、シンガポール、フィリピン、イギリスなどを行き来していますが、ここ1-2年はお客様訪問などの為ではなく、「プロフェッショナル スキル」と呼んでいるソフトスキル・プレゼンテーションスキル・コミュニケーションスキルなどの社内トレーナーとして主に活動しています。   <念のため>  勿論、お客様訪問も継続しています。System Center 案件、Windows クライアント案件、Windows Embedded 案件、Surface 関連の案件、仮想化案件… などなど、相変わらずやってますよ! <いや、ホントに>    では、何故この「プロフェッショナル スキル」の社内トレーナーをやっているか?   トレーニングの対象は、主に僕と同じ役職の Premier Field Engineer なのですが…僕らの仕事の一部はお客様・パートナー様に、技術トレーニングを提供することです。 当然ながら、マイクロソフトのエンジニアとして技術的に高いコンテンツを提供することが大事なのですが、「コンテンツの内容が良い」と「教えるのが上手い」は決してイコールではないんですよね。何かを他人に「教える」と言う行為には色んなチャレンジがあると考えていた中、せっかくの良いコンテンツを、どのように教えることでお客様の「学び」に繋がるかをずっと考えていました。そのような話を世界中の仲間たちとしていると、似たような考えを皆持っているのだと知った訳です。 エンジニアの「教え方」が決して下手な訳ではないことは理解している中、どのようにすればより良い学びを提供できるのか…そのような話が続く中で、コアなカリキュラムとして技術的なトレーニングと、デリバリー スキルのトレーニングは別々にするのが良いと判断し、今の僕の役割としてはデリバリー スキルのトレーニングの講師をしている訳です。   「教える」ことを教えるのって… とてつもなく疲れることであり、非常にチャレンジングです。でも、今は現場にてお客様に技術的なコンテンツを伝授しているエンジニアのスキルアップに貢献し、結果的に現場の皆さんに貢献することができればと言う思いだけに、この活動を続けています。   社外向けには実施しないの? なんて聞かれることもありますが、そこにたどり着くまでは、まだまだ時間がかかるかも知れません。学生さん達を対象に一部のコンテンツを利用して1-2時間の講師をしたことはありますが、そもそも日本のオーディエンスに合った内容に出来上がっているかは、未だ自分の中で分かっていないんです。 英語圏では通用していますが、アジア諸国でもチャレンジや抱える悩みは、色々と違います。日本は日本で、結構チャレンジングです。   今後も幅広く、色んな場面で皆さんと一緒にお仕事できればと思います。 次回の更新は、もう少し早くできるように頑張りますね~‼… Read more