System Center 2012 Configuration Manager | 「ユーザーとデバイスのアフィニティ」ってなんのこっちゃ?

なんて思ってません? w 大丈夫です (なにが) User Device Affinity と英語で言ったところで、直ぐ伝わるかと言ったらそんなことありませんから。 とにかく文系なロバート (僕) が言うのだから、間違いない! (そんな… と、言うことで、今日は某MVPさんとのお話の中で『これなら意味が分かります』と言っていただいたユーザーとデバイスのアフィニティについての紹介です。 先ず、System Center 2012 Configuration Manager では、従来の SMS/SCCM とは異なった管理方法があります。それは、ユーザーを中心に考えた資産管理や情報管理です。 従来のモデルとどう違うのか・・・ <従来のシステム中心の管理方法> ソフトウェアの配布の観点から見ていただくと一番分かりやすいと思います。 従来の SMS や SCCM では、仮に Outlook をソフトウェアとして配布する場合、システムの情報に基づいて Outlook がインストールされていないシステムを集約して (コレクションで定義して) 配布を行っているかと思います。 そのシステムを誰が使おうが、実際にログオンするユーザーが Outlook を必要としているかはさておき、取り敢えずソフトウェアを配布する… みたいなことがあるかと思います。 強制的にソフトウェアを配信する (更新プログラムの提供など) を考えると、このモデルでの提供はそこそこ適していると思いますが、ユーザーさんが必要とするアプリケーションをユーザーさんが使用する端末に展開するにしては無駄が多くあることも事実としてあります。 <ユーザー中心の管理方法> では、ユーザーを中心に考えた資産管理や情報管理と言うものが、どう異なるか。 先ず、現代社会において1ユーザーが複数の端末を利用することや、1システムが複数のユーザーによって共有されることが増えているかと思います。 通常利用するノート PC が1台あるとして、場合によって別拠点では共有されたマシンを使うことや、移動中にはモバイルの端末を使うようなシナリオがあったとします。 ノート PC を持ち歩けば良いかも知れませんが、意外とよくあるノート PC 紛失事件などを考えると、ここは厳重に管理して拠点別に共有して利用できるシステムなどがあった方がセキュアだと言うシナリオにしましょう。考え方として。 ユーザー中心にアプリケーションを提供する場合、そのユーザーが必要とするソフトウェア・アプリケーションは、通常利用するノート PC… Read more