Robert は異動になった訳でして・・・

3月31日をもって Visual Studio ならびに Application Lifecycle Management (ALM) の担当プロダクト マネージャとしての業務を終えました。
4月1日付けで、サポート部隊に戻り、現場に出向かうエンジニアとして業務を開始・・・・・・・・・するはずではあったのですが、4月13日の Visual Studio 2010 Ready Day を通してエンジニア部隊にいながらのマーケティング業を継続すると言う感じです。


所属は相変わらず日本のマイクロソフト。
厳密にはマイクロソフト アジアなんだと思うんですが、まぁ、どっちにしろ日本での勤務は続きます。


そして今後の僕の業務となると・・・
プレミア フィールド エンジニアとして、プレミアのお客様先に出向かうエンジニアになった訳です。
取り敢えずの担当は System Center 系の製品になります。
チョイチョイ Team Foundation Server 系の依頼もあるようなので、まぁ、どっからどこまで僕がやるのかは分かりませんが・・・
ここ数回のイベントで登壇もしていないし、現場に出て行っての製品説明や細かい動作の紹介などばかりしている僕としては、ちょうど良い。
もっと大きな舞台で話したり物を紹介するのも当然大事なんですけど・・・正直、Tech・Ed や Tech Days でも余り深い話を聞きたがる人がいないようですし・・・
残念ですよね~~~


だから、現場に行く。
それだけのこと。
Proactive Support と言うのがメインの考え方です。
問題が発生する前に、その可能性がないかをチェックしたり、構成においての問題点や盲点を探ったり・・・
当然、実の障害が発生したときもオンサイトで問題解決をするので・・・


兎に角、当面はトランジッション (Transition) と言うことで、色々と技術的にキャッチアップすることに専念しまーす♪