Olympics Ice Hockey

はい、全く技術とは関係ありません。製品とも関係ありません。もはや、普通の個人のブログなネタです (笑)
先日のカナダ vs. アメリカ戦を観れず、だだ凹みでしたが・・・
代わりと言ってはなんですが、カナダ vs. ドイツ戦を観戦中。

 

ドイツの Head Coach は、あら、これは Uwe Krupp (ウーヴェー・クループ) じゃあーりませんか。
懐かしい。現役の頃は、Buffalo Sabers (弱かったころ) のディフェンスマンですよ。背番号4だったと思う・・・
・・・誰も分からないっすよね (汗)

カナダ側は、総指揮を NHL のキャリア全てを Detroit Red Wings に注いだ、”Captain” Steve Yzerman
ジュニア時代に僕が背番号 19 だったのは、彼も理由の一人ですね。
その他も、Joe Sakic や Brian Trottier、Markus Nasland と、プレースタイルも皆違う選手ばかりですが、小さい頃から憧れていた選手の背番号でした・・・

 

それは、良いとして。

カナダ対アメリカは、僕にとっては微妙にどっちを応援したら良いのか分からなくなる試合なんです。
ニューヨーク生まれのカリフォルニア育ちとしては当然アメリカ人としてアメリカを応援しますが・・・
小学校時代を過ごしたバンクーバーは、僕にとってのホッケー故郷。

まぁ、結果として、どっちが勝っても嬉しいと言うのもありますけどね (笑)

 

1994年 (だったかな?)の Stanley Cup Finals なんか、New York Rangers (勝者) 対 Vancouver Canucks (敗者) だったので、当時は本当にどっちも本気で応援してました。

 

・・・で、こんな時間にでもホッケーを観れているのは超嬉しいのですが・・・
すみません。
日本語の放送が、もう下手過ぎて聞いていられません。
ただ、試合音って言えばよいのですか? 試合の臨場感は音を通してでも感じれるので、そこは聞きたい・・・なので MUTE にはしたくない。
実況だけを MUTE にしたぃぃぃぃぃぃぃぃ

 

名前の発音もメチャクチャなので、若干どころか、かなりの苛立ちが (笑)
テレビに向かってダメだししまくり。
更に、選手の説明や、プレーの説明が不足し過ぎです。内容も・・・レベル低いっすね。

まぁ、と言っても、僕に「日本語でホッケーの実況・説明をしろ」と言われても、できませんが・・・英語でお願いします w

 

聞き慣れていないからなんでしょうかねぇ・・・

 

いや、でも、90年代初期は、アメリカでも余りホッケー中継はしていなかったので、本当に実況が下手でしたよ。
やっぱりアイスホッケーの実況は TSN (The Sports Network ― カナダ) に限りますね。
うんうん。

 

 

あぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!
ホッケーやりてぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!

 

と、今日は、普通ぅ~~~~~に、プライベートなエントリーになってしまいました。
ロバートでした。

ちなみに、僕のジュニア時代は Anaheim Mighty Ducks (現 Anaheim Ducks) に所属してました ( ^^)ノ
もう一つ言うと、スケートは3足日本に持ってきていますが、来日5年目にして、まだ一度も日本でスケートしてないんです・・・ (涙)
一緒に行きたい人いませんかーーーーーー?!?!?!?!?!