Team Foundation Server 2008 インストール トラブルシュート集 (Part I)

さて、本日は書く、書くと言っていたけどアップしきれていなかった Team Foundation Server インストール時のトラブルシュート集です。

<Team Foundation Server インストール時のトラブルシューティング>
下記では、Visual Studio Team System (VSTS) Team Foundation Server (TFS) のインストール時、また TFS インストール前にインストールを必要とする項目などにつき、問題が発生した際に活用できるソリューションを説明します。
※ 本番環境での問題が解決するか否かに関しては、事前に充分なテスト・検証を仮想環境などで実行することを強く推奨します。

TFS インストール時に最も多くユーザーが直面する問題は以下です。

  • インストールの前提条件につき、一つ以上の項目を満たしていない (ステップをスキップしてしまった)
  • 以前のバージョン (評価版など) インストールのコンポーネントがまだ一部残っている (新しいインストール時のコンフリクト)
  • ネットワークの前提条件につき、必要なポートやコネクションはあるものの、セキュリティ レベルを強化し過ぎて TFS のインストールがうまくできない。

下記には、特定の症状と、その症状・障害の根本箇所をどのように修正するかにつきご説明します。
仮に、下記の情報が不十分であったり、どうしても問題が解消しない場合は、マイクロソフトのサポート サービスにご連絡いただくか、TFS を一度完全にアンインストールして、改めてインストールを繰り返し実行して下さい。
アンインストール方法については、(Team Foundation Server Installation Guide for Visual Studio Team System 2008 → URL) をご参照下さい。

① インストール ログ ファイル
デフォルトで、TFS インストール時のログ ファイルは以下の箇所でご確認いただけます。

ログ ファイル

詳細

Drive:\Documents and Settings\SetupAccount\Local Settings\Temp\dd_install_vstf_at_90.txt

アプリケーション層 (AT) の統合インストール ログ

Drive:\Documents and Settings\SetupAccount\Local Settings\Temp\dd_install_vstf_tfc_90.txt

Team Explorer インストール時の統合ログ

Drive:\Documents and Settings\SetupAccount\Local Settings\Temp\VSMsiLog<ランダム4桁数字>.txt

Team Foundation のコンポーネント インストールに関する詳細テキスト ログ。
インストール時のプログレス バーの画面になるタイミング毎に、新規で作成されます。
clip_image001[4]Note:

インストールの強制終了、フェールなど、プログレス バーの画面にたどりつく前にインストールが終了する場合には、ログ ファイルは生成されません。

以下、ログの見方について
dd_*.txt のファイルは統合ログ ファイルになっているので、ログ内の最新情報はファイルの後方にあります。
また、「ERRORLOG EVENT」を検索することにより、通常のエラー箇所は発見できます。
注意: ERRORLOG EVENT 前後の情報が必ずしもインストール時の問題とは限りません。

VSMsi*.txt のログ ファイルの日付を見て、最新のログであることを確認することを忘れずに!
このファイルについては、下から上にログ内容を見て行くようにして下さい。また、セットアップ ウィザード上に表記されたエラー メッセージなどをそのまま検索するのも、問題個所特定するのに有効的です。

 

Team Foundation Server インストール時のトラブルシューティング

下記には、最も多く寄せられる Team Foundation Server インストール時の問題について記載しています。
順番としては、上位から頻度の高いものから、リストしています。
また、これら問題は、Team Foundation Server のインストール ウィザードに表記されるエラーになります。

より詳細に問題点を特定するには、VSMsiLog ファイルからエラー番号のある個所まで行き、その直前に行われているコマンドやパラメーターの分析をして下さい。

 

Error 32000

Team Foundation Server の新規インストール、もしくは Visual Studio Team System 2008 Team Foundation Server へのアップグレードを試みている際に、以下のエラーが表示されることがあります:

Error 32000. The Commandline ‘[1]’ returned non-zero value: [2]

このエラーは、セットアップ プロセス中に失敗 (フェール) 箇所を特定できなかった場合に表示されてしまいます。この場合、最新の日付の VSMsiLog ファイルを確認してより詳細な情報を確認することをお勧めします。「戻り値 3」もしくは「Return value 3」と言う文を検索し、直前のコマンド・パラメーターを確認・分析します。
更に、動作的問題を特定するためには、コマンド プロンプト ([スタート ボタン] – [アクセサリ] – [コマンド プロンプト] や ”CMD" で開けます) にて、同じコマンドとパラメーターをたたいてみて下さい。

問題

解決策

SQL Server Reporting Services に関連する問題

Internet Information Services (IIS) マネージャを開き、Reporting Services と関連するバーチャル ディレクトリおよびアプリケーション プールを削除し、Team Foundation Server のインストールを再度実行してください。

  1. [スタート] – [管理者ツール] – [Internet Information Services (IIS) マネージャ]に行きます
  2. 「ローカル コンピュータ」配下にある「Web Sites」をクリックします
  3. 「Default Web Site」以外の各サイトを右クリックし、停止させます
  4. 改めてツリー上で「Web Sites」を展開し、更に「Default Web Sites」を展開します
  5. 「Reports」を右クリックし、削除します
  6. 「ReportServer」も右クリックし、削除します
  7. 次に、ツリービュー上で「Application Pools」を展開します
  8. 「ReportServer を右クリックし、削除します
  9. Team Foundation Server のインストールを再度実行します

ISO イメージの破損 (評価版で発生することが多かった)

当たり前なことですが、新しい ISO イメージ ファイルをダウンロードもしくはコピーして、再度 Team Foundation Server のインストールを実行して下さい。

評価版のバーチャル イメージ (英語) は以下からダウンロードできます:

ローカル管理者権限を持たないユーザーとしてインストールを開始してしまった

ローカル コンピュータの「Administrators」グループに、ユーザーを追加するか、既に Administrators グループに含まれるユーザーとして再度インストールを実行する

>> ローカル コンピュータの「Administrators」グループにユーザーを追加する方法 <<

  1. [スタート] – [管理ツール] – [コンピュータの管理] に行きます
  2. ナビゲーションから「システム ツール」- 「ローカル ユーザーとグループ」 – 「グループ」に行きます
  3. 「Administrators」を右クリックし、「グループに追加」を選択します
  4. プロパティ画面にて「追加」ボタンをクリックし、ダイアログに追加したいユーザー アカウントを記入します
  5. 「OK」をクリックして終了します

SQL Server の「sa」アカウントが、違う名前で登録されている
※ 「System Administration」の頭文字で「sa」になっています

SQL Server のシステム管理者アカウント名を「sa」に変更し、Team Foundation Server のインストールを再度実行します。インストール後にアカウント名を元に戻しても大丈夫です。

clip_image002Note:
マイクロソフトが推奨するベスト プラクティスとして、SQL Server のシステム管理者アカウントの名前は、既定の「sa」から変更することをお勧めしています。但し、Team Foundation Server のインストール時には、そのアカウント名が「sa」であることを必須としています。

  1. SQL Server Management Studio を開きます (より詳細な情報は方法 : データ層名の構成を修正するでご確認いただけます)
  2. オプション: システム管理者アカウントを特定する場合 (知らない場合) には、New Query として以下のクエリを実行すると情報を確認いただけます

    use master
    select * from sys.server_principals
    where principal_id=1

  3. Object Explorer にて「セキュリティ」を開き、「Logins」をクリックします
  4. Object Explorer の詳細にて、システム管理者アカウントを右クリックし「名前の変更」をクリックし、「sa」と名前の変更をする
  5. Team Foundation Server のインストールを再度実行する

Default Web Site にホスト ヘッダーが定義されていると表記される:

ノンゼロ バリュー (-1) と "\Microsoft Shared\Web Server Extensions\60\Bin\Stsadm.exe" を含むエラーが表示される

Default Web Site の定義情報を外し、再度 Team Foundation Server のインストールを実行する

  1. 「Internet Information Systems (IIS) マネージャ」を開きます
  2. 「Default Web Site」を右クリックし、「プロパティ」を選択します
  3. 「Web Site」を選択し、「詳細」をクリックします
  4. ウェブサイトの Identity をクリックし、「修正」をクリックします
  5. ホスト ヘッダーの値を削除し「OK」をクリックします
  6. Team Foundation Server のインストールを再度実行する

Default Web Site が特定の IP に紐付られていると表記される:

ノンゼロ バリュー -2130246810 がエラー メッセージに表示される

Default Web Site の定義情報を外し、再度 Team Foundation Server のインストールを実行する

  1. 「Internet Information Systems (IIS) マネージャ」を開き、Default Web Site の IP アドレスを「All Unassigned」に変更します
  2. Team Foundation Server のインストールを再度実行する

データベース上で、一つ以上のレポート用スキーマ ファイルが破損している

弊社のサポート サービスにお問い合わせいただき、新しくスキーマ ファイルを入手のうえ、インストールを再度実行して下さい。

エラーの戻り値が -2130242250 または -1 であり、Windows SharePoint Services 2.0 のインストールに問題がある

  1. Windows SharePoint Services 2.0 をアンインストールする
  2. Windows SharePoint Services 3.0 をインストールする (推奨)
    • 関連サービス パック (SP) も全てインストールする
    • Windows SharePoint Services を「サーバー ファーム」のオプションでインストールする
  3. 再度、Team Foundaiton Server のインストールを実行する

他、いろいろ

信じ難いかも知れませんが、「再実行」のボタンをインストール ウィザード上で何度もクリックしていると、そのままインストールが問題なく進むことがあります (4回まで)

Error 29112

Team Foundation Server インストール時に、以下のエラーがインストール ウィザード上に表示される:

Error 29112. Team Foundation Report Server Configuration: Either SQL Reporting Services is not properly configured, or the Reporting Services Web site could not be reached. Use the Reporting Services Configuration tool to confirm that SQL Reporting Services is configured properly and that the Reporting Service Web site can be reached, and then run the installation again. For more information, see the Team Foundation Installation Guide.

可能な問題と解決策を以下に紹介します: 

問題

解決策

SQL Server Reporting Services の構成が正しく設定されていない

Reporting Services の設定を修正し、再度 Team Foundation Server のインストールを実行して下さい

>> Reporting Services の設定確認について <<

  1. Reporting Services がインストールされているサーバーにて、[スタート] – [すべてのプログラム] – [Microsoft SQL Server] – [Configuration Tools] に行きます
    • Windows Server 2003 の場合: 「Reporting Services Configuration」をクリックします
    • Windows Server 2008 の場合: 「Reporting Services Configuration Manager」をクリックします
  2. Report Server Installation Instance Selection のダイアログにて、利用したいデータ層のサーバーが表示されることと、インスタンスが 「MSSQLSERVER」 であることを確認し、「接続」をクリックします
    ※ インスタンス名を事前に Team Foundation Server 用に変更している場合は、そのインスタンスを選択する必要があります
  3. サーバー ステータスに緑のチェックがつかない場合、「Server Status」をクリックし、ステータスを再起動します
    • 以外の箇所でも緑のチェックがつかない場合、問題のオブジェクト毎に設定を変更します
  4. Explorer に表示される「Report Server Virtual Directory」をクリックし、「名前」が「ReportServer」であることと「Website」が「Default Web Site」であることを確認します
  5. 次に、「Windows Service Identity」をクリックし、「Service Name」が「ReportServer」であり「Service Account」が以下に定義されていることを確認します:
    • 1台構成の場合、サービス アカウントは 「Local System」であることを確認します
    • 2台サーバー構成の場合、「Network Service」またはドメイン ユーザーであることを確認します
  6. 次に、「Database Setup」をクリックし、正しいサーバー名が指定されていることと、Database 名が「ReportServer」であり、更に Service Credentials が Credential Type として選択されていることを確認します
  7. オプション: 「Initialization」をクリックし、Machine、Instance、ID それぞれの値が正しいかを確認します。インスタンスが初期化されていない場合、インスタンスを選択し「Initialize」をクリックします

IIS Manager のデフォルト アプリケーション プールが Network Service アカウントで稼働されていない

ReportServer アプリケーション プールのアカウント構成を修正し、再度 Team Foundation Server のインストールを実行する

参考ページ:
方法 : アプリケーション プールの IIS 構成を確認または修正する

戻り値 – 2147220956 ならびに名前空間が見つからないと MSI ログに表示されている。 IIS 5.0 Isolation モードが有効な可能性がある。

IIS 5.0 Isolation モードを無効化し、Team Foundation Server のインストールを再度実行して下さい

clip_image002[1]Note:
IIS 5.0 にて isolation モードを有効にすると、SharePoint Products and Technologies がデータベース構成を行うために必要とするアプリケーション プールを無効化してしまいます。SharePoint Products and Technologies はそのままでもインストールできますが、Team Foundation Server のインストールはフェールします。

  1. [スタート] – [コントロール パネル] – [管理者ツール] – [Internet Information Services (IIS) Manager] に行きます
  2. 「Web Sites」のフォルダを右クリックし、「プロパティ」を選択します
  3. 「サービス」タブにて、IIS 5.0 isolation モードのチェック ボックスからチェックを外します
  4. 「OK」をクリックします
  5. Team Foundation Server の再インストールを実行します

Error 29109

Team Foundation Server インストール時に、以下のエラーがインストール ウィザード上に表示される:

Error 29109. Team Foundation Report Server Configuration: SQL Reporting Services configuration encountered an unknown error. Verify that you have sufficient permissions to configure SQL Reporting Services, and try again.

可能な問題と解決策を以下にご紹介します:

問題

解決策

SQL Server Reporting Services のバーチャル ディレクトリの配置が間違っている。Reporting Services の後に SharePoint をインストールすると発生する問題です。
※ インストール順番の問題

Reporting Services の構成を修正の上、再度 Team Foundation Server のインストールを実行して下さい

  1. Reporting Services がインストールされているサーバーにて、[スタート] – [すべてのプログラム] – [Microsoft SQL Server] – [Configuration Tools] に行きます
    • Windows Server 2003 の場合: 「Reporting Services Configuration」をクリックします
    • Windows Server 2008 の場合: 「Reporting Services Configuration Manager」をクリックします
  2. Report Server Installation Instance Selection のダイアログにて、利用したいデータ層のサーバーが表示されることと、インスタンスが 「MSSQLSERVER」 であることを確認し、「接続」をクリックします
    ※ インスタンス名を事前に Team Foundation Server 用に変更している場合は、そのインスタンスを選択する必要があります
  3. Explorer にて「Report Server Virtual Directory」をクリックします
  4. 名前の値が「ReportServer」であり、Website の値が「Default Web Site」であることを確認します
  5. Team Foundation Server の再インストールを実行します

Reporting Service をホストしているサーバーが稼働していない

  1. SQL Server Reporting Services をホストしているサーバーを再起動します
  2. Team Foundation Server の再インストールを実行します

Error 28806

Team Foundation Server インストール時に、以下のエラーがインストール ウィザード上に表示される:

Error 28806. An unexpected error occurred. Verify that SQL Server Reporting Services is installed and running on the Team Foundation app tier and that you have sufficient privileges to access it. For more information, see the setup log.

可能な問題と解決策を以下に紹介します: 

問題

解決策

TFSService 以外のアカウントで SQL Server Reporting Services を稼働している

Reporting Services が TFSServices アカウントを利用して稼働するように設定し、Team Foundation Server のインストールを再度実行して下さい

  1. Reporting Services Configuration Manager を開きます
  2. Reporting Services がインストールされているサーバーにて、[スタート] – [すべてのプログラム] – [Microsoft SQL Server] – [Configuration Tools] に行きます
    • Windows Server 2003 の場合: 「Reporting Services Configuration」をクリックします
    • Windows Server 2008 の場合: 「Reporting Services Configuration Manager」をクリックします
  3. Explorer にて、「Database Setup」をクリックし、Credential Type で「Windows Logon」をクリックします
  4. アカウント名とパスワードの欄に、TFSService アカウントの情報を記入します
  5. 再度 Team Foundation Server のインストールを実行します

Error 29000

Team Foundation Server インストール時に、以下のエラーがインストール ウィザード上に表示される:

Error 29000. An unexpected error occurred. Verify that SQL Server Reporting Services is installed and running on the Team Foundation app tier and that you have sufficient privileges to access it. For more information, see the setup log.

可能な問題と解決策を以下に紹介します:

問題

解決策

SQL Server Analysis Services をホストするサーバーが稼働していないか、Reporting Services のサービス アカウントの権限が不充分である

サーバーが稼働していない場合は、サーバーを再起動
サービス アカウントの権限が不充分な場合は、Reporting Services のサービス アカウントに必要な権限を与える

  1. Analysis Services をホストするサーバーのセットアップ アカウントに必要な権限を与える
    • 一番簡単な設定としては、セットアップ アカウントをローカルの Administrators グループに追加してしまうことです。
  2. 設定後、再度 Team Foundation Server のインストールを実行する

SQL Server FullText Search がインストール されていないか、稼働していない

Services Manager にて SQL Server FullText Search を開始する
インストールされていない場合は、Full Text Search をインストールし、Team Foundation Server のインストールを再度実行して下さい

  1. [スタート] – [管理者ツール] 配下にある [サービス] をクリックし Services Manager を起動します
  2. SQL Server FullText Search が表示されているが「停止」している場合は、右クリックし「開始」します
  3. SQL Server FullText Search が表示されていない場合、「プログラムの追加と削除」にて Microsoft SQL Server 2005 または Microsoft SQL Server 2008 を選択し、変更・追加を実施します
  4. SQL Server Maintenance ダイアログにて、新しいコンポーネントをインストールを選択
  5. セットアップ ウィザードが起動したら、FullText Search を選択し、追加インストールします
  6. セットアップ終了後、再度 Team Foundation Server のインストールを実行します

Error 28805

Team Foundation Server インストール時に、以下のエラーがインストール ウィザード上に表示される:

Error 28805. The setup program cannot complete the request to the server that is running SQL Server Reporting Services. Verify that SQL Server Reporting Services is installed and running on the Team Foundation app tier and that you have sufficient permissions to access it. For more information, see the setup log.

可能な問題と解決策を以下に紹介します:

問題

解決策

SQL Server Reporting Services の権限・資格が Reporting Services のデータを作成するには不充分である

Reporting Services の Credentials が Network Service を利用していることを確認し、再度インストールを実行してみて下さい。
手順や詳細については、以下のリンクをご覧下さい:
方法 : 別のデータ層サーバーに接続するように Reporting Services をリダイレクトする
ページにて「Reporting Services のサービス アカウントの ID を更新する」の箇所をご確認ください

設定が終了後、改めて Team Foundation Server のインストールを実行します

ウェブ サイトに証明書 (Certificate) がインストールされていて、それらを無視する設定になっていない

Reporting Services の証明書設定を変更し、再度 Team Foundation Server のインストールを実行して下さい

  1. Certificate を無視するには、SecureConnectionLevel の値を 0 に変更します
    詳細については、以下をご確認ください:
    RSReportServer 構成ファイル
  2. 修正完了後、Team Foundation Server のインストールを再度実行します