InfoWorld の 2009 Technology of the Year 受賞: Visual Studio 2008、Silverlight、他

2008年中にレビューされたハードウェアとソフトウェアにつき、昨日 InfoWorld が BEST OF を40種類表彰しました。
中でも、我々マイクロソフトと、アップルさんとの間で、多く表彰していただきました。


アプリケーション開発 IDE では、Visual Studio 2008 が表彰されました。
Visual Studio 2008 および Visual Studio 2008 SP1 をレビュー・評価した結果、#1 として表彰していただけました。
以下、InfoWorld より抜粋:



Visual Studio stands alone as the preferred development environment for applications using Microsoft’s .Net Framework, and it’s peerless among IDEs for any language. The 2008 version expands the development targets to include SOA, Web 2.0, Windows Presentation Framework, and Silverlight applications, and extends the data-handling capabilities to include language-integrated queries (LINQ).


 


また、Silverlight が Top RIA Toolkit of 2008 として表彰されました!
以下も抜粋:



Picking the top RIA toolkit of 2008 was no easy task. Our prize goes to Silverlight because it beats Flash in runtime performance; it has a modest download size; the design tools are good; it boasts wonderful .Net language support and a best-of-breed development environment in Visual Studio 2008; and although Silverlight’s capabilities as a desktop RIA are weak compared with those of Adobe AIR, developers can write Silverlight RIAs that can be recompiled as excellent WPF (Windows Presentation Foundation) desktop applications.


 


選ばれた理由として、ランタイムのパフォーマンスが Flash より良く、ダウンロード サイズも小さい。デザイン ツールも良く、何より .NET 言語のサポートが強い。デスクトップ RIA として Silverlight だけでは微妙と記載されていますが、それを WPF でコンパイルすることにより、デスクトップ RIA として強力なアプリケーションに変換できるので、今回においては #1 とみなされました。


更に強力なツール、プラットフォームにするには、引き続き皆さんに利用していただき、フィードバックしていただき、そこから我々が更に製品の品質を上げていくことができますので、ご協力のほど、どうぞ宜しくお願いいたします!!!