Visual Studio Team System 活用セミナーを振り返って

超更新頻度が上がりました、ロバートです。
決して暇な訳ではなく、ブログが楽しいだけなんですが。
お仕事は楽しくしなくちゃ!ですよね♪
でも、僕の口癖は「なんか面白いことないかなぁ~」なんですが… まぁ、それはおいといて。

 

先週の金曜日、Visual Studio Team System 活用セミナーを実施しました。ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。
厳しいフィードバックもありましたが、「楽しかった」をいくつかいただけた上で「もう少しこのような話を掘り下げて欲しかった」などとコメントいただけたので、個人的には嬉しかったです。 Constructive Criticsm (ポジティブ フィードバック) いつでも大歓迎です♪

当日の流れとして、近藤さんによる Team Foundation Server の紹介があり、マイクロソフトが提供する「開発基盤」の説明がありました。
実はそのタイミングで、まだ僕のセッションについてはデモ環境がぶっ壊れたり、Hyper-V の環境の復旧が思いのほか時間がかかってしまったり… ちと大変だったんです。
いざ、僕の出番になった時には、「見せれる物を徹底的に見せよう」と思いました。ある意味開き直りです。
残念なことに Database Edition 2008 GDR (日本語版) をお見せする時間がなくなっちゃったんですが… 少しだけここで紹介できれば良いな。

 

セッション開始時に、簡単に以下の質問をしました。
① アプリケーション ライフサイクル管理 (マネジメント) [ALM] を「聞いたことある」、「知ってる」、「なんとなく理解している」と言う方は挙手お願いします。
② ソフトウェア デベロップメント ライフサイクル [SDLC] を「聞いたことある」、「知ってる」、「なんとなく理解している」と言う方は挙手お願いします。

合計、3名に挙手いただきました・・・..・ヾ(。 ̄□ ̄)ツ ギャァ!!

 

アカン、アカン。チャント ALM のお話もせねば!
と言うことで、急遽、非表示のスライドを表示するように変更。

 

マイクロソフトが考えるアプリケーション ライフサイクル マネジメントとは…
要は、どう言った理由で Visual Studio Team System を作ったか… と言うことです。

スライド4

スライド5

スライド6

まず、ALM とは、要求定義から開発、デプロイメント (展開)、サポート・メンテナンス (保守)、そして更なる要求定義へと、アプリケーション開発においての工程をその名の通りマネジメント (管理) するプラクティスをさします。
SDLC との簡単な違いとしては、「管理するか否か」そして「蓄積した情報を次に活かすか否か」と言ったところだと思います。

そのプラクティスを実行していく中で、マイクロソフトの考えとして 「ビジネス バリュー (価値)」 を定義し、成果物として最終的に提供することが最重要なテーマだと考えています。
この考えについて、僕はかなり Agree なんですが。
そして、そのビジネス バリューを定義するためには、ビジネスと IT ガバナンス (緑のギア) が関係してきます。
また、そのビジネス バリューを作り上げていくために、実際にアプリケーションを開発する (青のギア) があります。
出来上がったアプリケーションはデプロイし、運用する必要があるので、当然 IT Operations (赤のギア) もあります。

要は、緑のギアの中でニーズを見出し、ビジネス バリューの定義をします。
青のギアの中で、それを実装するためのアプリケーションを作っていきます。
そして、赤のギアの中で、ニーズを満たしているアプリケーションであることを確認することができ、足りない部分も満たしている部分も理解していきます。
その結果として、また緑のギアの中で、ニーズを出していく…そんな感じです。

これら個々のギアを連携するためにあるのが、Visual Studio Team System (VSTS) と考えています。
VSTS は ALM を完全に網羅しているツールではない・・・と言うのは、実は結構キモだったりするのですが… だからこそ、System CenterBizTalk ServerOffice Project ServerOffice Project Portfolio ServerExpression Studio などを活用して、隙間を埋めていく… 他のツール (他社様製品含む) との連携をもって、ALM の完全図と言うものを描いて行くのです。

 

と、いざ書き出してみると、かなり理屈っぽい説明になりますが、まず、このお話をさせていただきました。
ザッと10分~15分くらい。

 

残りの時間の中で、じゃあ VSTS の中でも、Development Edition Database Edition がどのように「開発者を支援」して、更に「ビジネスのニーズに応えて行くか」と言ったことに入ってお話させていただきました。
背景としては、まず、Development Edition + Database Edition 最大活用キャンペーンの一貫でセミナーを実施したと言うことと、更には Visual Studio Team System 2010 (Codename “Rosario”) の中で、この2つの製品が統合されるようになるから・・・そして、各製品の目的は「コードを書くだけでなく、データベースの開発も含め開発者を支援するツール」であると言うことです。

PPT そのものは、結局「男パワポ」になってしまったので、載せませんが…
あ、男パワポですか?文字多し。絵少なし。アニメーションはゼロに近し。と言ったものです。

 

Development Edition を一言で:
効率的な品質確保

Database Edition を一言で:
本番環境を壊さないスキーマ変更

 

と言う風に、紹介させていただきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~\\ セミナーについては、この辺までとして \\~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

現在、ホワイトペーパーを書いています。
グローバル ホワイト ペーパーなので、英語で書いているのですが、当然、同時進行で日本語版も書いています。
要は、英語版+日本語版を同時にリリースしてやろう!! と言う魂胆です。
だって、チョットかっこいいじゃないですか?

 

内容は、そんなにテクニカルではなく、でも分散開発についてです。
Off Shoring だとか、複数のブランチ オフィスでの開発…と言ったところですね。
そこに TFS、 Proxy TFS、などをどう活用することを想定しているか…なんて言った内容です。

すこぉ~~~~しだけ、Active Directory にも触れています。
が、AD の活用や OU、Group Policy、Multiple Forest なシナリオは、別途ここに載せて行こうと思っています。

・・・・・・・・・・その内、気が向いたら (笑)
いや、でも、リアルにそのシナリオは面白いと思うので、書いて行きますね。
・・・・・・・・・・来年

~~~~~~~~~~~~~~~~~~\\ もう一つ、追加の情報として \\~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

僕が今のチームに移動するきっかけを作ってくれた、筏井さんのブログを紹介させて下さい。
僕がまだ Systems Management Server や Microsoft Operations Manager のサポートをやっていた頃、彼は Visual Studio Team System の PM をやっていました。日本での初代 VSTS PM なんじゃないですかね?あくまで、予想ですが…

現在は、弊社の北陸オフィス (金沢) で、こんなブログも書いています☆

特に最近は Office OneNote の活用術なんかを、結構こまかに書いています。
僕自身は、余り OneNote を使わない人間なんですが、これを読んでて 「おぉ~。いいじゃん♪」 と普通に思えました。
皆さんも是非読んでみて下さいね☆

多分、定期的に、宣伝します。

 

 

と言ったところで、本日はこの辺で!GDR のスクリーンショットなどは、また後日…
また、ホワイトペーパーが書きあがったら、ご報告しますっ♪♪

再来週はお誕生日なロバートですが (そりゃまた宣伝) クリスマスに向けてちょっくらデジタル クリスマス カードを作ろうかと Expression をいじくってるのでした。