Visual Studio 2010 CTP を Hyper-V で展開

昨日のエントリーでお約束しました通り、Visual Studio 2010/.NET Framework 4.0/Visual Studio Team System 2010 の CTP を Hyper-V 環境で展開する方法について、手順だけをまずお伝えします。

ザックリと:

  1. Visual Studio 2010 and .NET Framework 4.0 CTP をダウンロードし、解凍します
  2. Hyper-V Manager で新しいバーチャル マシンを作成します
    • CTP のイメージは Windows Server 2008 x86 版を利用しているので、メモリーは 2048 MB アロケートすれば充分です (x86 なので、3.5GB 以上アロケートしても意味ないので、上限は3GBくらいですかね)
    • ネットワークの構成としては未接続の状態にしておくことをお勧めします―マシン名の変更ができないので、ネットワーク上で他の方も CTP を展開していると、同じマシンが複数存在してしまい、ややこしいことになります
  3. 展開した VHD ファイルを新しく作成したバーチャル マシンに紐付けます
  4. バーチャル マシンを一度起動します
  5. 英語環境ですが、まず Control Panel から Programs and Features に行き、Virtual PC VM Additions をアンインストールして下さい
    uninstallVMAdditions
  6. その後、コマンド メニューから msconfig.exe を実行し、Boot タブのAdvanced options… をクリックし、オプション画面で Detect HAL を有効にします
    detectHAL
  7. 再起動・・・
  8. Hyper-V のアクション メニューから Integration Services をインストールします (セットアップ ディスクをアタッチします)
    installIntegrationServices
    • インストール・・・
  9. 再起動・・・
  10. 新しいハードウェアの検出がされます
    hardwareDetection
  11. 再起動・・・
  12. イメージのスナップショットを撮り
  13. CTP を試して、色々と遊んでみて下さい♪

CTP のフィードバックも忘れずに!

フィードバックはこちらから!