MVP OPEN DAY JAPAN 2008♪

この寒い中、何故か半袖のシャツで現場に向かいました、ロバートです。
帰りは死ぬかと思いました… (汗)


さて、本日のイベントでは、本当は僕は出るか否かが定かじゃなかったんですが、「友情出演」と言う形でデベロッパー製品開発部の皆さんのセッションで、Visual Studio Team System 2010 CTP の紹介をさせていただきました。
今更ながら一つ暴露すると、実はもっと組み込んだデモを作っていたんですが (テスト → 修正 → チェックイン → レイヤー ダイアグラム確認 → アーキテクチャー エクスプローラ → などなど) 今朝、デモ環境を破壊してしまったものでして…作り直す暇がありませんでした。申し訳ありません。
そんな事実もありましたが、お見せしたかった機能は見せることができたと思うので、良かったです。


テンパってスクリーンの切り替えの順番を完全に間違えましたけどね。お恥ずかしいばかりです。


 


今回デモで使った Visual Studio Team System 2010 の CTP と、関連する Walkthrough は、先日のデベロッパー製品開発統括部のブログからダウンロードしにいけますよ!本日ご覧いただいた物は、全部 VPC を展開したタイミングで実行できますよ♪
こちら、Hyper-V での展開も可能ですので、手順や注意点については明日にでもアップしたいと思います!


 


今日お見せしたデモでは、Tech Ed で使用した April CTP ではまだ今のレベルに出来上がってなかった Architecture Explorer!より良い状態・姿のものをご覧いただけたかと思います。
後日、スクリーン ショットと一緒に、説明・紹介をさせていただきます。


また、マイクロソフトがテストに力を入れています!と言うのを実感いただけたかと思います。
「こんなの、欲しかったんじゃないですか?!」と言う部分を、今回ご覧いただけたと思いますし、映像での紹介になりましたが Test Lab と言うものも、少しお見せすることができましたね。リアルに「おぉ~!」と、リアクションいただけたり、話ながら質問をしていただけたり、僕としては一番好きな形のセッションでした。

他のイベントとかでも、もっと挙手いただいて、もっと質問していただいて、インターアクティブに「一緒に」セッションができると望ましいなぁ…と思ったりしてます。
これもまた、僕がアメリカ人だからなのでしょうか?日本の方たちは、静かにお話を聞いて下さるのですが、リアクションも大して見えないので、「本当にこの内容って響いているのかな?」と思ってしまうことも、少なからずあります。


もっともっと絡んだセッションをやっていきましょうよ!
日本でもできるじゃん!
と思えた時間でした。超嬉しかったです。若干グダグダだった部分もあったかと思いますが、本当にいい時間を過ごすことができました。
MVP の皆さん、ありがとうございました!!


 


もっともっと「いいねぇ~~~」と思っていただけるデモや、Team System の各エディションの強みなどを感じていただけるよう、これからも努力していきますので、フィードバックやご要望も含め、皆さん、これからもご指導・ご支援のほど、宜しくお願い致します!


 


<関連リンク>



<更にフィードバックについて>


本社 Team System の開発を統括している Brian Harry のブログにて、CTP のフィードバックがまだ余り来ていません…
とのことでした。

良い部分についてもフィードバックして下さいね!
「この機能は絶対に残してほしい」と言う声も大事なフィードバックになります。


フィードバックはこちらから!