Visual Studio Team System Web Access 2008 Service Pack 1 をリリースしました

皆さん、お元気ですか?気付いたら9月になってしまい、若干時間の流れについていけていない感があります、ロバートです。


さて、本日はご報告です。
Visual Studio Team System の Web Access Power Tool Service Pack 1 を先日リリースしました。
   (こちらからダウンロードできます)
今までに増して、機能の強化をしているので、Team Foundation Server 2008 をご利用されている環境で、是非お試しいただきたいと思います。


Service Pack 1 では、下記の機能強化がされています。



  1. 単一のインスタンスで複数の言語を使用できます。

  2. URL を使用して、初期値を持つ作業項目を作成できます。

  3. URL を使用して、アドホックな作業項目クエリを共有できます。

  4. シェルブセットの検索と表示が可能になります。

  5. 作業項目の検索構文が強化されています。

上記に加え、クライアント アクセス ライセンス (CAL) を持たないユーザーでも作業項目を確認 (ビュー) することが、Web Item Web Access (WIWA) 機能を利用して、できるようになります!
エンド ユーザー ライセンス許諾書に準じて、CAL を持たないユーザーでも特定の作業を Team Foundation Server に対して実行できるように、機能を制限したツールとなっています。


以前にリリースされた Team System Web Access 2008 (2008年1月30日リリース) の機能も含めた Service Pack 1 のリリースですが、旧バージョンからのアップグレードは自動的にされません。
Team System Web Access 2008 Service Pack 1 をインストールされるマシンに旧バージョンのものが既に存在している場合は、旧バージョンのアンインストールを先に実行する必要がありますので、気をつけて下さい。


<旧バージョンについて>
以前のバージョン (2008/01/30 リリース) については、こちらのリンクからご確認いただけます。
機能として、以下が含まれています。



  • 作業項目、結果リスト、相違点、変更セットなどへの直接リンク
  • 作業項目フォーム上でのカスタム コントロールの表示
  • 新しくキューに配置されたビルドの表示、新しいビルドのキューへの配置
  • 新規作業項目の追加および既存作業項目の編集
  • カスタム作業項目を含むすべての種類の作業項目を操作可能
  • 新規作業項目クエリの追加および既存作業項目クエリの編集
  • SharePoint チーム ポータル上のドキュメントの表示、ダウンロード、アップロード、チェックイン、チェックアウト
  • レポートの表示、PDF 形式または Excel 形式でのエクスポート
  • ソース管理リポジトリの表示、ファイルのダウンロード、変更セット、相違点、履歴、および注釈ビューの表示
  • ビルド結果の表示、ビルドの開始および中止
  • 作業項目に含まれるキーワードの検索

Hope you’re all having a wonderful September day!
Cheers!