ブロックチェーンで発行した「0 円札」で見えない価値を可視化 ~人々の行動と連動した新たなリワード モデルの確立を目指す~

2015 年 2 月にイスラエルで創業し、現時点ではまだステルス モードで活動を進めているゼロビルバンク社 (ZEROBILLBANK LTD.) 。ここではブロックチェーンで企業コインを発行する基盤と、コインを人々の行動と結び付ける IoT のしくみを融合することで、新たな報酬モデルを作り上げることが目指されています。その基となったアイデアが、社会貢献を行った人々に「0 円札」を発行し、貨幣価値と切り離した形で貢献の価値を可視化するというもの。今回はこのゼロビルバンクの創業者/CEO である堀口 純一 氏と、COO を務める安藤 庄平 氏、イスラエルでの創業をオーガナイズした株式会社サムライインキュベート (以下、サムライインキュベート) の阿部 愛 氏に、ゼロビルバンクのビジネス コンセプトとこれまでの経緯、今後の目標などについてお話を伺いました。 写真右より、ZEROBILLBANK LTD. 創業者、CEO 堀口 純一 氏、ZEROBILLBANK LTD. COO 安藤 庄平 氏、 株式会社サムライインキュベート メディアグループリーダー&システムグループリーダー 阿部 愛 氏   人々の「行動」に基づきコインを発行するしくみを開発 より柔軟性の高いポイント プログラムの実現などが可能   ―― まずは貴社のビジネス概要やコンセプトをお教えください。 堀口 親指 1 つで」できるコイン経済圏を、ブロックチェーンを活用して作り上げるための事業を展開しています。当社が現在提供しているものは、大きく 2 つあります。1 つはコイン発行やコイン付与条件設定を行うための「ZEROBILL コア」、もう 1 つは人々の行動情報の収集とコインのやり取りを管理する「Z-WALLET」です。これらはいずれもプライベート型のブロックチェーン上で機能します。この 2 つを連携させることで人々の「行動」を可視化し、それに基づいたコイン発行を行います。…

0

目標は「スパコンの民主化」を実現すること ~ハードルを大幅に下げることで利用領域拡大へ~

現在でもユーザーが限られており、多くの人々にとって「高嶺の花」であり続けているスーパー コンピューティング (スパコン)。その利用ハードルを下げることで「スパコンの民主化」を目指しているのが、2015 年 2 月に設立されたエクストリームデザイン株式会社 (以下、エクストリームデザイン) です。現在はスパコン利用に必要なノウハウをクラウド上に集約したサービス「XTREME DNA」を開発しており、2016 年末までに正式リリースする予定。その基盤には Microsoft Azure の HPC 向けインスタンスが採用されており、BizSpark Plus による支援も活用しています。今回はエクストリームデザインを創業し CEO を務める柴田 直樹 氏に、同社のビジネス概要や創業の背景、今後の展開などについてお話を伺いました。 エクストリームデザイン株式会社 CEO High Performance Cloud Architect 柴田 直樹 氏   スパコンをクラウド上で実現し利用ノウハウも機械化した スパコン フレームワーク「XTREME DNA」を開発中   ―― まず御社のビジネス概要についてお聞かせください。 柴田 当社の主力ビジネスは「XTREME DNA」という、クラウド上で実現されたスパコンを動かすためのフレームワークの提供です。ユーザーは XTREME DNA を利用することで、仮想的なスパコンを時間単位で効率よく使うことができます。現時点ではまだ開発フェーズですが、今年 (2016 年) の終わりころには正式にリリースする予定です。   ―― スパコンのフレームワークというのは、具体的にどのような機能を提供するものなのですか。 柴田 大きく分けて 3 つの機能があります。第 1 は仮想マシンで構成されたスパコンをクラウド上にデプロイする機能です。Web インターフェイスだけはなく、チャットボットも実装しており、ユーザーとの会話によって最適な構成を判断し、それを自動的にクラウド上にデプロイします。第 2 は運用管理機能です。機械学習を利用することで運用管理の自動化を実現します。そして第 3 は稼働監視とそれに基づくシステムの最適化です。スパコンの各種パラメーターやログを多角的に分析してこれらをスコア化し、独自に開発した判定モデルによりその閾値を超えた場合にはリソースの追加や削減のリコメンドを行います。ここでも機械学習を活用しています。   ―― 多くの読者はスパコンには馴染みがないと思うのですが、このようなフレームワークを作ることの意義は、どこにあるのでしょうか。…

0

日本国内に厳然と存在する「暮らしにおける安心・安全の格差」 Azure x IoT を活用したシンプルなしくみでこの問題を解決する Secual

高所得者層では 14.7% なのに、それ以外はわずか 1% という、日本のホーム セキュリティ導入率。日本には明らかに、収入による「安心、安全の格差」が存在しています。この社会的課題を解決するため設立されたのが株式会社Secual (以下、Secual) です。その解決方法とは、低価格かつシンプルなデバイスによって、ホーム セキュリティ導入のハードルを一気に下げること。既に初回ロット 1,000 セットは完売しており、1 年間で 10,000 セットの販売を見込んでいます。今回は Secual の CEO 青柳 和洋 氏と COO 西田 直樹 氏に、同社が提供するセキュリティ デバイスの概要や事業化までの経緯、今後の展望などについてお話を伺いました。 写真右より、株式会社Secual CEO 青柳 和洋 氏、株式会社Secual COO 西田 直樹 氏   最小構成ならわずか 1 万円以内で購入可能 低価格かつシンプルなホーム セキュリティを提供   ―― まず御社のビジネス概要をお教えください。 青柳 当社の主力事業は、IoT を活用したホーム セキュリティ サービスの提供です。センサーを窓に貼り付けていただき、家庭内のコンセントにゲートウェイを差し込んで使用します。ゲートウェイの横にはスイッチが 1 つだけ付いており、これを押すことで WPS (Wi-Fi Protected Setup) が作動、センサーとの通信が自動的に設定されます。不審者が侵入して窓が振動するとセンサーがそれをキャッチし、ゲートウェイからご家庭で契約しているインターネット回線を経由して、スマートフォン アプリに通知が送られます。 Secual…

0