SQL Server 2008 CQI 書籍 (MS-Press) 出版

マイクロソフトの星川です。   SQL Server 2008リリース時に日本独自にパートナー様と共同実施したCQI (Center of Quality Innovation) の成果がホワイトペーパーだけでなくさらなる有益な情報を加えて書籍となりました。日経BPソフトプレス様より順次出版とのことですので、書店等でぜひご覧いただければと思います。技術者の方にはじっくり読める書籍もまだまだ重要と位置づけております。     徹底検証 SQL Server 2008 コンプライアンス&情報セキュリティ 徹底検証 SQL Server 2008 移行・アップグレード&データベースサーバー統合 徹底検証 SQL Server 2008 データウェアハウス構築 (近日公開) 改めまして、ご協力していただいた皆様、本当にありがとうございました。

1

CQI 徹底検証シリーズにデータウェアハウスシナリオのホワイトペーパーが追加されました

マイクロソフトの植田です。    たびたび予告させていただいていました、SQL Server 2008データウェアハウスシナリオのホワイトペーパーが公開されました。 SQL Server BIBLE(技術者必読情報), SQL Server 徹底検証  非常に規模の大きな検証となり、ホワイトペーパーも複数あります。大きく2つのカテゴリーがあり、環境構築編と運用管理編があります。   環境構築編 データウェアハウスDBの設計からキューブの設定方法、レポートの作成/アップロード手順、および、ExcelからAnalysis Servicesキューブに対する自由検索、レポートアクションの設定などがカバーされています。「大規模データウェアハウス実践ガイド(環境構築編)」では概要が説明され、細かな設定方法などは「詳細編」に、なるべくわかりやすいように記載させていただきました。概要編を読んで興味のある部分を掘り下げるために詳細編を読む、といったように活用いただけると幸いです。アクセス制御の実装に関しては弊社コンサルタントを交えて、なるべく実践的な内容になるよう心がけました。   運用管理編 データウェアハウスDBやAnalysis Servicesキューブのメンテナンス(日次データロード、バックアップ、ディメンジョンテーブルの更新、キューブの更新、など)から障害時の対応手順などがカバーされています。こちらは実際の検証で得られたデータを元に、SQL Server 2008のパフォーマンスに関する考察などを盛り込みました。特にSQL Server 2008の新機能である、データ圧縮/バックアップ圧縮に関しては大変有意義なデータが得られたと思っていますので興味のある方は、是非ご一読ください。こちらも概要編と詳細編に分かれておりますので、まずは概要編をさらっとお読みになることをお勧めします。なお、本検証で使用したSQL Server Integration Servicesのサンプルパッケージもダウンロード可能です。全ての環境で動作する保障は出来かねますが、何かの参考になれば幸いです。   ご意見やご感想を持たれた方はお気軽にポストしていただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。

1

SQL Server 2008 CQI 徹底検証シリーズ ホワイトペーパー追加のお知らせ

マイクロソフトの笹瀬です。   SQL Server 徹底検証シリーズ、ご活用されていますか? 弊社では、SQL Server の製品出荷前から、各機能の多岐にわたる検証作業をフィールドから集めたシナリオをベースに行っています。 この検証作業は、CQI(Center of Quality Innovation)というプロジェクトで、マイクロソフト調布技術センター (東京都調布市) にて、マイクロソフトの製品開発担当部門、SE 部門、コンサルティング部門、サポート部門の各担当者およびマイクロソフトのパートナー各社との共同プロジェクトとして実施されています。 その検証結果をホワイトペーパーにまとめ、「SQL Server 2008 徹底検証シリーズ」として公開させていただいております。   既にご好評をいただいている 「コンプライアンス実現のためのガイドライン」に加え、新たに以下の3種類のホワイトペーパーを追加いたしました。   l  データベース サーバー統合実践ガイド l  ISMS/ISO27001 コンプライアンスのためのガイドライン l  旧バージョンからの移行とアップグレード実践ガイド   「データベースサーバー統合実践ガイド」は、分散されたデータベースサーバー環境を SQL Server 2008 に統合するための実践ガイドです。データベース サーバー統合を三種類の手法で解説しています。関連する SQL Server の各機能、性能測定の結果を解説しながら各手法のメリット、デメリットも解説しています。本シナリオは、日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)殿と共同検証を行い、その結果をホワイトペーパーにまとめたものです。一方で、現在、日本HP殿で性能測定の検証結果を詳細にまとめたホワイトペーパーを作成中です。   「ISMS/ISO27001 コンプライアンスのためのガイドライン」は、SQL Server 2008 を利用したデータベース運用環境において、情報セキュリティのマネジメント サイクルを確立し、ISMS (ISO27001) コンプライアンスを実現するためのガイドです。ISMS 規格 (ISO/IEC 27001:2005) からデータベース運用に深く関わる 31…

1

Hyper-V 環境における SQL Server 2008 のベストプラクティスとパフォーマンスの推奨事項

マイクロソフトの星川です。   仮想化技術は現在の ITトレンドの中で非常に注目度が高く、その適用範囲もデスクトップ、サーバー、ネットワーク、ストレージと非常に幅広いです。様々なシナリオのひとつであるサーバー統合を例にとっても、管理コストの削減だけでなく、電力および冷房にかかるコスト削減につながります。また、開発・テストのシナリオは我々のような開発チームに効率化をもたらしてくれます。特に、最近は弊社から Windows Server 2008 Hyper-V をリリースし、SQL Server とHyper-Vを組み合わせた場合、実際のパフォーマンスはどうですか、という質問を受けるようになってきました。この疑問に対応するお勧めの技術ドキュメントが先日 US CAT Best Practice Testing チームから公開されたので紹介させていただきます。我々のチームと日頃から関係の深い部署になります。Appendixを含まなければ約30ページのボリュームで、現在ドキュメントの日本語翻訳を関係部署と進めております。今回は、参考までにイントロ部分の日本語翻訳を記述させていただきました。 Title: Hyper-V 環境における SQL Server 2008 のベストプラクティスとパフォーマンスの推奨事項 Published: 2008年10月 Writers: Lindsey Allen, Mike Ruthruff, Prem Mehra Reviewers: Cindy Gross, Burzin Patel, Denny Lee, Michael Thomassy, Sanjay Mishra, Savitha Padmanabhan, Tony Voellm, Bob Ward Download: Running SQL Server 2008…


SQL Server 2005 Books Online(BOL)2007年5月アップデート 日本語版リリース

マイクロソフトの Coast です。 先日、SQL Server 2005 のヘルプファイル、Books Online(以下 BOL)の日本語アップデート版がリリースされました。 MSDN ライブラリ http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/ms130214.aspx ダウンロードセンター http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=be6a2c5d-00df-4220-b133-29c1e0b6585f BOL は、年に数回アップデートをされていて、英語版リリースの後、少し遅れて日本語版がリリースされます。今回にリリースされたのは、英語版BOL 2007年5月版の日本語訳になります。 SQL Server 2005 のBOL は、これで、製品版公開以降 4回目のアップデートになります。これまでに、2005年12月、2006年4月、2006年7月、2007年2月に英語アップデート版がリリースされ、日本語版は、ほぼ4か月後の2006年4月、2006年8月、2006年11月、2007年5月にリリースされました。 各アップデート版では、判りにくい説明や、誤記の修正、お客様からのフィードバックを反映した修正がされています。ドキュメントの不備な点で時間をとられないようにするために、最新版のBOL をダウンロードしてご覧になることをお勧めしたいです。各アップデートでの新しいトピックと更新されたトピックは、BOLの[SQL Server 2005 と SQL Server Books Online の新機能]ページで確認いただけます。 このようにSQL Server ドキュメント担当は、お客様からのフィードバックをドキュメントに反映させるように努力をしています。判りにくい説明や、誤記の修正、リンク切れなど、日本のお客様からのより多くのフィードバックをお待ちしています。フィードバックは、BOL の[フィードバックの送信] リンクやMSDN オンラインの[クリックして評価とフィードバックをお寄せください] リンクから、簡単にお送りいただけます。 コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。

4

SQL Server 2005 のインターナショナル機能 日本語版アップデート(2007/6版)

マイクロソフトの Coast です。先日、このブログでご紹介させていただきました、ホワイト ペーパー「SQL Server 2005 のインターナショナル機能」の日本語版がアップデートされました。 http://go.microsoft.com/?linkid=6743837改訂内容は多くはありませんが、下記のとおりです。 改訂内容 旧(2007/2版) 暗黙的な変換 照合順序間の非 Unicode 文字データの暗黙的な変換は非決定的です。照合順序間の非 Unicode 文字データの暗黙的な変換についても、互換性レベルを 80 以下に設定しない限り、非決定的であると判断されます。   OLE DB OLE DB は、Microsoft Data Access Components (MDAC) の中心となるコンポーネントです。OLE DB は COM に基づいているため、すべての文字列は Unicode BSTR です (Windows XP、Windows Server 2003、および Windows 2000 では UTF-16、他のすべてのオペレーティング システムでは UCS-2)。ただし、MDAC 2.8 SP1 より前のバージョンの MDAC は、名前付きインスタンスをサポートしません。アプリケーションで SQL Server 2005 の名前付きインスタンスに接続できない場合があります。SQL Server…


「SQL Server の JIS2004 対応に関するガイドライン 」 2007/6 アップデート公開

マイクロソフトの Coast です。   ホワイトペーパー 「 SQL Server の JIS2004 対応に関するガイドライン 」 がアップデートされましたのでお知らせします。2007年6月版になります。   主な改訂内容 ・SQL Server 2005 SP2 リリース版での動作確認(動作は変わりませんが、以前はSQL Server 2005 SP2 CTP3 での確認でした。)・REPLACE, peplace_s のOS、照合順序別の動作確認結果追加・サンプルが付きました。 その他詳細な改訂点に関しましては、ドキュメントの最後にある改訂履歴をご参照ください。 SQL Server の JIS2004 対応に関するガイドライン (自己解凍 exe, 3.69 MB) はこちらからダウンロードしていただけます。   尚、今回の改訂には間に合わなかったのですが次の点にご注意いただけると幸いです。   P.10 の「IME 2007 の変換文字制限」は、「Microsoft Windows Vista に搭載されている Microsoft IME および 2007 Microsoft Office systems に付属する…

2

MSDN オフラインセミナー [SQL Server JIS2004 対応に関するガイドライン] 技術ポイント解説 開催

マイクロソフトの Coast です。   3月の Post 「JIS2004 と ユニコード対応 」 でご紹介させていただきました、 ホワイトペーパー「SQL Server の JIS2004 対応に関するガイドライン 」に関する技術ポイント解説を、下記のとおり、 MSDN オフラインセミナーでお話しさせていただくことになりました。   当日は、「 SQL Server JIS2004 対応に関するガイドライン」に沿って、JIS2004、Unicode、フォント、外字、データ型、照合順序、文字列操作 T-SQL 、 更に、Unicode 対応をした場合のパフォーマンスの考慮点などに関する技術的なポイントを解説させていただきます。   ガイドラインをお読みいただいて、内容をご理解しづらかった方は、ご都合がよろしければ、ご参加いただけますと幸いです。東京エリアの開催だけで恐縮です。 http://www.microsoft.com/japan/msdn/events/offline/   MSDN オフラインセミナー 第 48 回 「SQL Server 2000/2005 [JIS X 0213:2004 対応に関するガイドライン] 技術ポイント解説」  ■日    時: 2007年 7 月 9 日 18:30-20:00 (18:00 開場) ■場    所: マイクロソフト株式会社…


SQL Server 2005 のインターナショナル機能 日本語(Ja)版リリース

マイクロソフトの Coast です。先日、ホワイト ペーパー「SQL Server 2005 のインターナショナル機能」の日本語版がリリースされました。http://go.microsoft.com/?linkid=6743837このホワイト ペーパーでは、SQL Server 2005 のインターナショナル機能について説明しています。取り上げているトピックは、Unicode の説明、SQL Server 2005 の補助文字の追加サポート、さまざまなバージョンの SQL Server における照合順序、データ型の変更、パフォーマンス、データ プロバイダの更新、SQL Server 2005 Analysis Services および Integration Services の新しいインターナショナル サポート機能などです。先日のブログ 「JIS2004 とユニコード対応」 の技術的なバックグラウンドとしてSQL Server 2005のインターナショナル機能の理解を深めていただくための、重要な参考ドキュメントになります。 英語版 [International Features in Microsoft SQL Server 2005] はこちらです。http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb330962.aspx参考までに、SQL Server 2000 用のホワイト ペーパーはこちらになります。日本語      http://www.microsoft.com/japan/msdn/sqlserver/sql2000/intlfeaturesinsqlserver2000.aspx 英語        http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa902644(sql.80).aspx コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。

1

SQL Server 2005 Books Online(BOL)2007年2月アップデート 日本語版リリース

マイクロソフトの Coast です。 先日、SQL Server 2005 のヘルプファイル、Books Online(以下 BOL)の日本語アップデート版がリリースされました。 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=be6a2c5d-00df-4220-b133-29c1e0b6585f BOL は、年に数回アップデートをされていて、英語版リリースの後、少し遅れて日本語版がリリースされます。5月にリリースされたのは、英語版BOL 2007年2月版の日本語訳になります。 SQL Server 2005 のBOL は、これで、製品版公開以降 4回目のアップデートになります。これまでに、2005年12月、2006年4月、2006年7月に英語アップデート版がリリースされ、日本語版は、ほぼ4か月後の2006年4月、2006年8月、2006年11月にリリースされました。 各アップデート版では、判りにくい説明や、誤記の修正、お客様からのフィードバックを反映した修正がされています。ドキュメントの不備な点で時間をとられないようにするために、最新版のBOL をダウンロードしてご覧になることをお勧めしたいです。各アップデートでの新しいトピックと更新されたトピックは、BOLの[SQL Server 2005 と SQL Server Books Online の新機能]ページで確認いただけます。 このようにSQL Server ドキュメント担当は、お客様からのフィードバックをドキュメントに反映させるように努力をしています。判りにくい説明や、誤記の修正、リンク切れなど、日本のお客様からのより多くのフィードバックをお待ちしています。フィードバックは、BOL の[フィードバックの送信] リンクやMSDN オンラインの[クリックして評価とフィードバックをお寄せください] リンクから、簡単にお送りいただけます。 尚、BOL は MSDN からもオンラインで提供しておりますが、こちらも近日中に2007年2月版にアップデートされる予定です。http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/ms130214.aspx  コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。