SQL Server 2008 CQI 書籍 (MS-Press) 出版

マイクロソフトの星川です。   SQL Server 2008リリース時に日本独自にパートナー様と共同実施したCQI (Center of Quality Innovation) の成果がホワイトペーパーだけでなくさらなる有益な情報を加えて書籍となりました。日経BPソフトプレス様より順次出版とのことですので、書店等でぜひご覧いただければと思います。技術者の方にはじっくり読める書籍もまだまだ重要と位置づけております。     徹底検証 SQL Server 2008 コンプライアンス&情報セキュリティ 徹底検証 SQL Server 2008 移行・アップグレード&データベースサーバー統合 徹底検証 SQL Server 2008 データウェアハウス構築 (近日公開) 改めまして、ご協力していただいた皆様、本当にありがとうございました。

1

CQI 徹底検証シリーズにデータウェアハウスシナリオのホワイトペーパーが追加されました

マイクロソフトの植田です。    たびたび予告させていただいていました、SQL Server 2008データウェアハウスシナリオのホワイトペーパーが公開されました。 SQL Server BIBLE(技術者必読情報), SQL Server 徹底検証  非常に規模の大きな検証となり、ホワイトペーパーも複数あります。大きく2つのカテゴリーがあり、環境構築編と運用管理編があります。   環境構築編 データウェアハウスDBの設計からキューブの設定方法、レポートの作成/アップロード手順、および、ExcelからAnalysis Servicesキューブに対する自由検索、レポートアクションの設定などがカバーされています。「大規模データウェアハウス実践ガイド(環境構築編)」では概要が説明され、細かな設定方法などは「詳細編」に、なるべくわかりやすいように記載させていただきました。概要編を読んで興味のある部分を掘り下げるために詳細編を読む、といったように活用いただけると幸いです。アクセス制御の実装に関しては弊社コンサルタントを交えて、なるべく実践的な内容になるよう心がけました。   運用管理編 データウェアハウスDBやAnalysis Servicesキューブのメンテナンス(日次データロード、バックアップ、ディメンジョンテーブルの更新、キューブの更新、など)から障害時の対応手順などがカバーされています。こちらは実際の検証で得られたデータを元に、SQL Server 2008のパフォーマンスに関する考察などを盛り込みました。特にSQL Server 2008の新機能である、データ圧縮/バックアップ圧縮に関しては大変有意義なデータが得られたと思っていますので興味のある方は、是非ご一読ください。こちらも概要編と詳細編に分かれておりますので、まずは概要編をさらっとお読みになることをお勧めします。なお、本検証で使用したSQL Server Integration Servicesのサンプルパッケージもダウンロード可能です。全ての環境で動作する保障は出来かねますが、何かの参考になれば幸いです。   ご意見やご感想を持たれた方はお気軽にポストしていただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。

1

SQL Server 2008 CQI 徹底検証シリーズ ホワイトペーパー追加のお知らせ

マイクロソフトの笹瀬です。   SQL Server 徹底検証シリーズ、ご活用されていますか? 弊社では、SQL Server の製品出荷前から、各機能の多岐にわたる検証作業をフィールドから集めたシナリオをベースに行っています。 この検証作業は、CQI(Center of Quality Innovation)というプロジェクトで、マイクロソフト調布技術センター (東京都調布市) にて、マイクロソフトの製品開発担当部門、SE 部門、コンサルティング部門、サポート部門の各担当者およびマイクロソフトのパートナー各社との共同プロジェクトとして実施されています。 その検証結果をホワイトペーパーにまとめ、「SQL Server 2008 徹底検証シリーズ」として公開させていただいております。   既にご好評をいただいている 「コンプライアンス実現のためのガイドライン」に加え、新たに以下の3種類のホワイトペーパーを追加いたしました。   l  データベース サーバー統合実践ガイド l  ISMS/ISO27001 コンプライアンスのためのガイドライン l  旧バージョンからの移行とアップグレード実践ガイド   「データベースサーバー統合実践ガイド」は、分散されたデータベースサーバー環境を SQL Server 2008 に統合するための実践ガイドです。データベース サーバー統合を三種類の手法で解説しています。関連する SQL Server の各機能、性能測定の結果を解説しながら各手法のメリット、デメリットも解説しています。本シナリオは、日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)殿と共同検証を行い、その結果をホワイトペーパーにまとめたものです。一方で、現在、日本HP殿で性能測定の検証結果を詳細にまとめたホワイトペーパーを作成中です。   「ISMS/ISO27001 コンプライアンスのためのガイドライン」は、SQL Server 2008 を利用したデータベース運用環境において、情報セキュリティのマネジメント サイクルを確立し、ISMS (ISO27001) コンプライアンスを実現するためのガイドです。ISMS 規格 (ISO/IEC 27001:2005) からデータベース運用に深く関わる 31…

1

SQL Server 2008 RTM (開発完了)!

マイクロソフト 星川です。   約3年の開発期間をかけたSQL Server 2008の全開発工程が終了しました。    改めて、製品開発に関わっていただいた社内・社外の多くの皆様、ありがとうございました。いろいろな方と一緒にいい仕事ができたと思っております。ある程度長く製品開発に参加すると、対象は「ソフトウェア」ではありますが愛情が芽生えかわいく思えるときがあります。今回、すでに実績のあるSQL Server 2005のコードベースに開発を進めてきたことは、製品品質が重視される今日において正しい選択だったと思っております。同時に魅力的な機能追加とSQL Server 2005リリースから3年以内というスケジュールを守ることが我々の使命であったわけですが、社内の開発プロセスの大規模な変更と継続的なカイゼンによりいい成果が出せたのではと考えております。   自信をもって製品を出荷したとはいえ、今後の市場の反応がどう出るかは非常に気になるところです。今年に入って特に日本市場も含め世界経済の先行きの不透明さが増し、企業のIT投資が厳しくなっているように思えます。エンタープライズ製品の結果が出るのは場合によっては1年以上かかると思います。しかしながら、ポジティブな側面としてデータに関する市場は情報量増加のトレンドとストレージデバイスなどのコスト減により爆発的に伸びております。より大規模環境にも対応できるデータベースの役割、それら蓄積された大規模なデータ (データウェアハウス) を経営に活用するためのBI市場が非常に伸びており、我々の製品も年々2桁成長を続けております。SQL Server 2008の登場により、コンプライアンスや既存のSQL Server 2000/2005のユーザー様からの移行シナリオを含めて成長を期待しております。   我々の日本の開発メンバーは日本独自の取り組みであるCQIで蓄積した一部のノウハウを反映したホワイトペーパー公開にむけての活動、TechEd 2008での準備作業などがあり、9月あたりまではフィールド、パートナー様と一緒に活動する予定です。ちなみに、より深い広範囲なノウハウは関わった社内・社外のエンジニアの方に蓄積されております。また、すでに次期バージョンの計画を始めており、それにあわせてUS本社開発側と共同チームを編成し、日米往復しながら着々と準備を進めております。   横浜で行われる弊社のイベントTechEd 2008会場で皆様にお会いできることを楽しみにしております。私自身も含め、SQL Server 2008の開発に関わったメンバーが最終日のPeerTalk Lunchには顔を出す予定ですので、気軽に声をおかけください。   日本のSQL Server 2008 サイト http://www.microsoft.com/japan/sql/2008/ (20本以上の質の高い自習書を含め、この時点でのコンテンツの充実振りは驚くはずです。) TechEd 2008 サイト http://www.microsoft.com/japan/teched/2008/       コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。

0

SQL Server 2008 CTP6 をリリース

マイクロソフトの星川です。   昨日、CTP6である 「Microsoft SQL Server 2008 CTP – 2008 年 2 月」 版をリリースすることができました。これで SQL Server 2008 で予定されているほぼすべての機能が入ったことになります。今回のリリースにて Windows Server 2008 への対応、Side by Side のインストール、クラスタの機能強化 (制限事項あり) などが含まれます。また、SQL CQI (Center of Quality Innovation) プロジェクトや早期導入プログラムなど一部の日本のパートナー様、お客様にはすでに日本語版を使用して検証開始していただいておりましたが、本リリースで日本語版を含めた9言語のローカライズ版を全世界に公開させていただきました。ローカライズに関しては現在作業中ですので、まだ UI や Books Online (ヘルプドキュメント) には不完全な部分も残っているかと思います。今後様々なアプローチでの製品検証作業を進め、お客様のフィードバックをもとに製品品質を上げていきたいと考えております。   現在、製品リリースをターゲットに社内では世界規模で様々なチームが準備を行っております。そこで今回、日本マーケット向けに特別に用意させていただいているコンテンツとして自信を持ってご紹介したいのが 「SQL Server 2008 自習書シリーズ」です。自習書シリーズは SQL Server 2008 を試す際の最初のステップとして、コンテンツ内容の質が高くお勧めです。各ドキュメントは画面ショット、サンプルコードを含め各100ページ以上のボリュームになっております。現在、日本のパートナー様と進めている CQI プロジェクトは今後これらの自習書を補完する実検証結果を反映したドキュメントになる予定です。   – SQL Server…

1

SQL Server 2008 早期共同検証プロジェクト (CQI)

マイクロソフト 星川です。   9月から11月にかけてUS出張などがありとても忙しく、寝不足の毎日が続いておりました。最近やっと通常通りのペースになってきました。   現在、我々日本の開発チームは日本独自の SQL Server 品質向上プロセスである CQI (Center of Quality Innovation) を社内のフィールド、パートナー様と共同で推進しております。我々の部隊は米国本社の開発チーム直下ということもあり随時情報共有しており、この日本での取り組みは米国本社でも高く評価、期待されております。次期リリース予定の SQL Server 2008 では大きく4つのシナリオ (コンプライアンス、データ ウェアハウス、サーバー統合、旧バージョンからのアップグレード / 移行) にフォーカスし、それぞれのシナリオをパートナー様である NEC様、日本HP様、日本ユニシス様と共同で取り組んでおります。各パートナー様のエンジニアの方々には今後、我々開発チームがいる調布技術センターに常駐していただき、ラボでの深い実検証を通して製品品質を向上し、パートナー様・お客様が実際に製品を選択していただく際や展開する際に役立つノウハウを早期入手、またそれらの情報を技術文書として幅広く提供したいと思っております。今回名前が出てないパートナー様以外にも本当に様々な方のご協力を得ており、とても感謝しております。例えば、技術文書をお願いする方々もとても信頼しており、検証内容だけでなく技術文書もレベルの高いものが提供できると考えております。また、それと同時に人間的ですが、パートナー様を始め様々な方とは長期的なリレーションシップを育てていきたいと思っております。   この取り組みですが、実際には SQL Server 2005 から引き続き行っているプロジェクトであり、実績として徹底検証シリーズとして6本の技術文書をすでにリリースしております。今回の SQL Server 2008 のプロジェクトには前回の経験と知識を踏まえ、常に改善しております。また、より多くのリソースを集中させ来年度に予定している SQL Server 2008 の製品リリースを成功させたいと考えております。すでに幅広く国内の主要なメディアにてカバーされておりますが、先日発表されたパートナー様とのCQI に関する共同プレスリリース、特にその記者会見ではパートナー様からの力強いお言葉を頂くことができました。この場をお借りして、お礼を申し上げたいと思います。   SQL Server 2008 早期共同検証プロジェクト CQI に関するプレスリリース http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3271 日本語 SQL Server 2008 サイト http://www.microsoft.com/japan/sql/2008/ SQL…

1