SQL Server 2008 データウェアハウスシナリオ Tips and Tricks Part 1

ご無沙汰しております、マイクロソフトの植田です。    最近まで、SQL Server 2008のシナリオ検証に長らく携わっておりましたがようやく落ち着きましたので、これから何回かにわたって検証の中で得られたTipsや注意点などについてお伝えできれば、と考えております。今回行われました検証の結果はすべて、以下のサイトで公開させていただく予定ですので、ここではドキュメントの中では詳しく紹介できていない注意点などについて綴っていきたいと思っています。 SQL Server 徹底検証シリーズ   私が主に参加していたのは「大規模データウェアハウス」シナリオですので、そのシナリオに関連したトピックをご紹介していく予定です。   今回は導入として、テストデータベースの構成などについてご紹介したいと思います。検証で使用したデータベースは以下のテーブルで構成されています。 テーブル名 種類(ファクト/ディメンジョン) 行数 サイズ(KB) SalesFact ファクト 2,400,000,000 2,348,810,000 MCalendar ディメンジョン 4,748 744 MProduct ディメンジョン 43,852 13,104 MStore ディメンジョン 1,300 88 MCustomer ディメンジョン 1,050,000 76,536 MAddress ディメンジョン 122,483 8,312 MAge ディメンジョン 68 8 MJob ディメンジョン 97 8 MSalary ディメンジョン 12 8 MCheck ディメンジョン 6…

0