[DLR]IronRubyのMonoでの動作

早くもMonoで動作させるためのパッチを作成した人が居るようです。http://sparcs.kaist.ac.kr/~tinuviel/download/IronRuby/ 色々と試していると、それなりに動きますねぇ。まだ、難点もありますが。そこはプレアルファですから。Windows Formsを使うだけなら、require ‘System.Windows.Forms’で大丈夫なのですが、WPFを使おうとするとアセンブリの識別子を書かないといけないようです(書かれていたんですけど)。早速なのでASTを調べていました。IronPythonと違って、ASTのデータの構造が少し異なっています。基本はastという変数に格納しているのですが、その中身の持ち方が異なるという意味です。言語が異なるので、当たり前なのかもしれませんが…8月からRubyforgeをプロジェクトのホームページにするようです。IronRubyプレアルファに含まれているDLRですが、IronPython 2.0A2よりも開発が進んでいる模様です。このため単純にIronRubyのDLRを使って、IronPython 2.0A2を動作させることができません。


[DLR]IronRubyプレアルファが出ました

John LamのBlogでIronRubyのプレアルファのアナウンスがされています。私も内容を見るのはこれからなのですが、どの程度の完成度なのかを確かめるのが楽しみです。 お知らせまで。 追記:内容を色々と確認しています。今回の提供はソースコードのみで、実行モジュールはVSかMSBuildを使ってビルドする形式になっています。これを使って、Windows Formsのインスタンスを作成するには以下のようにします。 require ‘System.Windows.Forms’ f = System::Windows::Forms::Form.new() f.ShowDialog() こんな感じでFormを表示することができます。