Desktop Bridge と Windows 10 S について

2017年5月2日に Windows 10 S と Surface Laptop が発表されました。 当初は日本語の FAQ のストア アプリの説明に「Desktop Bridge 対応のアプリも含む」と記載されていました。この記述は、英語版の FAQ に記載がなっかたことが理由かどうかは知りませんが、現在は「Windows ストア アプリ」とだけ記載されています。また、Build 2017 では、現在の Linux SubSystem を使った SUSE や Fedora なども Windows ストアから配信されると発表がありました。Winodws 10 S でコマンドラインの扱いがどうなるかについては、コマンドライン チームが Windows 10 S では動作しないと明言しています。具体的には、以下のようなものは動作しないことが確認できています。 コマンド ライン(cmd.exe) PowerShell (powershell.exe) レジストリ エディタ(regedit.exe) etc つまり、OS に影響を与える可能性のあるプログラムが動作しないようにロック ダウンされているのが、Windows 10 S という OS になります。Windows ストア から配信される Desktop…

0